goo

▲自宅でがんばる要介護の方への支援不足!

高齢者世帯を訪問

 昨日、一人暮らしの高齢者のお宅に伺い、日頃の生活支援の調整をさせて頂きました。

 ゴミ収集の時間が早く、ヘルパーさんが来る時間には、ゴミ収集が終わってしまっている。前日に出すとルール違反になるので、ゴミが出せない😱

 ケアマネさん、遠方にすむ娘さんと一緒に話し合い、地域の有償ボランティアさんにお願いができました。
 少しずつ地域のつながりを作っていこうと思いますが、行政サービスも高齢化社会にあった手法に転換していく必要があると、つくづく感じました。

 市には様々な高齢者サービスがあります。
 しかし、特に独居世帯や高齢者世帯には、理解が困難で、うまくサービスが使いこなせていません。今後、様々な改善が必要です。ガンバ!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

▲西尾市の巨大産廃反対!の勉強会でお話しさせて頂きました

西尾市文化会館で産廃問題についてお話をさせて戴きました。
 ~ 三河湾汚染は、私たちの食もおびやかす ~

▲市外の方もご協力ください

女性中心の参加の集会でした。
負の遺産を残して欲しくない❗️これからもガンバ💪🏽

ありえない巨大な計画です。
2013年9月、中日新聞トップ記事に載ったとき、西尾市の方に「とんでもない計画だよ」と伝え、その後、みんなと一緒に公文書公開や県への交渉ごとをしてきました。

是非是非一人でも多くの方に関心を持って戴きたい❗️❗️

全国でもまれにみる処分場の規模と手法です。
 県が許可取り消しにして放置した処分場(跡地ではない)を買い、埋まっているゴミを掘り起こし、3倍くらいの敷地に拡幅する計画です。

【当時の新聞記事はこちら】
https://blog.goo.ne.jp/aiainet_2005/e/f52469ad0afd5f86fc56b807f585b33a

【この産廃問題の詳細は、西尾市のホームページ】

詳しいことは、西尾市のHPご覧下さい。
https://www.city.nishio.aichi.jp/index.cfm/6,0,68,675,html

【市長の反対を宣言した動画はこちら】

~市長が、動画で反対の話をしています~
西尾市一色町生田地区産業廃棄物最終処分場建設について
ダイジェスト版
詳しい版
海への汚染も心配です。
漁協もがんばっています。
 

【市民活動のfacebookです。是非「いいね!」をお願いします】

昨日まで市長が代表をしており、昨日、若者に代表をバトンタッチしました。
こちらをクリック → facebookのページ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

介護保険料滞納、差し押さえ最多 65歳以上、約2万人

facebookの議員ページに書きました。
みつこのイラストをクリックして下さい。

 

😰介護保険料滞納、差し押さえ最多 65歳以上、約2万人 とてもショッキングなニュースです。  今後、更に介護保険料の値上げとサービスカットが見込まれます。日頃は、高齢者支援の市民活動もしていますが、何歳まで生きるかわからない中、年金が減り...

吉川みつこ(愛西市議会議員)さんの投稿 2020年10月11日日曜日
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

◆弥富市議会で起きたオンブズマン議員辞職勧告、その後

全国で市民オンブズマン活動する方々から批判の声!

 弥富市議会の最終日、9月23日に起きました。
 議員の仕事は、税金の使い方が公平か正しいかの行政チェックしていくのが仕事です。そんな活動をしてきた新人議員に対して、議会が辞職勧告をしました。

 新聞にも載り、全国でオンブズマン活動をする方々から
「今年一番の事件だよ😡」とか
「弥富市議会、どうなってるの❓」といったご意見が届きました。
 また、市民オンブズマンの方曰く、「議会がしっかりしていてくれれば、オンブズマン活動をこんなにする必要はないのに・・・」と。



▲弥富市議会、YouTubeでご覧になれます。
【9月定例会最終日の本会議、全員協議会のインターネット配信を開始】
 36分後から 議員辞職勧告決議案に入ります。特に47分からの 提案者の発言に驚きました。
こちらからご覧ください。
【本会議】https://www.youtube.com/watch?v=dYJ0gqxZrCs
 

▲辞職勧告を受けた議員の方のニュース
 そんな中、辞職勧告を受けた議員の方の活動報告ニュースが、周りに回って私の手元に届きました。本人の承諾も得ましたので公表します。
(小さな図をクリックすると別タブでご覧になれます)





【みつこはこう思う】
 私もまさに市政のチェック活動をメインにし、裁判をしたりしている議員です。
 ご本人には本来の仕事をしていることに対し、正々堂々と戦ってほしいと思います。

 つい最近、他市の女性市議が辞職勧告を受け、全国に呼びかけが有り議会に抗議がされ、私も協力しました。
 また、「議員辞職勧告決議等をしたことが名誉き損に当たるとして法律上の争訟に当たるとされた判例」もあり、法的根拠なしに議員辞職勧告をすることは、裁判にまで発展し、賠償責任を問われるケースもあるということだと、私は思う。

 議会として、議員同士が協力し、市民のために働くことを節に望みます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

▲明日の一般質問の準備、やっと終わりました

明日の一般質問で使うパワーポイントです。
facebookのページに更新しました。

 

【終わった!明日の一般質問の準備!】 ~公共下水事業の不祥事の解決について~ ・特定業者への770万円の忖度 ・10年間、延滞金をとってこなかった ・法遵守しなかった責任問題 などについて聞きます。 ~公共下水道事業の採算について~ ・公共下水道地域に空き家が多い ・公共下水道地域の高齢化率が高い(宅内工事をしない世帯が増えている。空き家予備軍) パワーポイントを使って質問します。

吉川みつこ(愛西市議会議員)さんの投稿 2020年9月3日木曜日
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【一般質問で登壇します】4日金曜日の2番です。

😡公共下水道事業における忖度はやめるべき!

 3月議会で取り上げた下水道条例違反の問題をとりあげます。

 公共下水道供用開始地域では、宅地面積に応じて、負担金を納めることになっていますが、「理由なく770万円を免除した」、「条例で定められている延滞金を10年間も徴収してこなかった」事実に対し、今後の対応を質問します。

 愛西市では、合併直後には、固定資産税の評価漏れがあり、約1500件について5年さかのぼって課税されることがありました。

 今回のことは、まじめに納税してきた市民の方には、許せないことであり、忖度で負担金免除することは、森友問題とか加計問題とかのミニ版だと、私は思っています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

▲コロナは、怖がりすぎず&油断せず

愛西市他での感染者を、
県資料を使って感染元も含めて時系列に並べてずっと調べてきました。

・同居者していて一緒に食事をしていても感染していない人もいる
・接触していた人でもごく一部の人しか感染していない
・感染者のお宅に出入りしていても感染していない
などのケースがみえてきました。

 しかし、油断はいけません❗️

たぶん、
どんな環境下で接触したのか(マスク・密・距離など)
念入りに手洗いをする人は、感染リスクが低い
とかがあるのではないかと思っています。

身近なところで感染者が出ると、必要以上に心配したり、また、差別をしてしまったりということが起きがちです。

この先、いつまで続くかわからないコロナ禍です。みんなが冷静に判断し、必要以上に怖がらず工夫し暮らしていくのが大切だと私は思っています。

また、義務づけられていないのに行政に報告をされ、感染拡大を防ぐための協力をして下さったご家族の方もあります。ほんとに頭が下がります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コロナ感染された方のお話を聞いて

体調が悪くなって病院を受診したときの対応。
体調が更に悪くなったときの保健所の対応のこと。
その後の生活こと。
更に病状が悪くなって、救急車で運ばれたときのこと。
そんな話を高齢者の方から伺う機会がありました。

 「味覚がなく、体がだるくてしょうがない」と、病院を受診したが、コロナのコの字もなく「胃腸が弱っているからだろう」と味覚障害の漢方薬を処方。

 しかし、どんどんひどくなるので、保健所に電話をし指示を仰ぐが「医師がそのような指示をしたなら、しばらく薬を飲んで様子をみるように」と言われる。
 何らコロナの可能性の話がなかったため、体調の悪い中、家族の運転で○○科(内科ではない)を受診してしまった。

 翌日、もう我慢ができなくなり、救急車を呼び、やっとPCR検査を受けることができ、コロナであることが判明し、入院したとのことです。

🌞《みつこは思いました》
 たぶん、医師や保健所はルールに則って仕事をしており、過失はないと思いますが、ルールがひどいんだと思う。

PCR検査の数を増やすべき!

 軽度の感染者も入院させていた頃は、PCR検査をすると病床が足りなくなると当初は言っていましたが、専門家の考え方も変わりました。
 
 しかし、濃厚接触者以外で症状のある方がPCR検査をしてもらえるには、かなり病状が進まないとしてもらえないことに驚きです。これでは、高齢者が重症化するのは当たり前と思いました。

 また、PCR検査を早期にしていれば、家族や他人への感染を防ぐこともできる・・・と思いました。

 それに加え、濃厚接触者の厳しい定義を満たしていないと、濃厚接触者として認められず、PCR検査もしてもらえないこともわかりました。
 感染経路不明とされている感染者は、この厳しい定義から漏れてた人が多いのではないか!と私は思いました。

 濃厚接触者の幅が狭く、身近で感染者が出たことも知らされないだから、その人はいつも通りの生活をする。これでは感染者を増やすことになりかねない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

▲子ども食堂の仲間とフードパントリー活動!

私もお手伝いしました。
1週間くらい肉体労働が続き、体はボキボキになってます。

軽トラに乗って寄付を集め、誰かのために何かをしたい方や企業がこんなにあるんだと言うことを知り、うれしくなった1週間でした。

関わらせて頂き、ありがとうございました🙇‍♀️


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

▲愛西市で26日にコロナ感染。周辺自治体でも増!

家族や職場からの感染が増え、誰が感染してもおかしくない状況になってきました。
マスクや手洗いを徹底することでかなり防ぐことができるそうです。
↓ みつこのイラストをクリックして下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ