癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO805・・・御祈願札

2019-12-09 | ヒーリング
 Q:6万円以上購入すると3万円の祈願札(絵馬)が期間限定でサービスと書いていますが、何時まで購入したらよいのでしょうか?
A:とのご質問がありました。ので、ご説明させて頂きます。先ず、御祈願札とは、神社などが行っている願い事を書いて木などに括り付けて祈願するお札の事ですが、期間は長くて1年でお正月に焚き上げの儀式(火の中で燃やす)をする習わしですが、私が考えているお札は、今作っているムクター行を行う小屋の中の壁に貼り付け「癒しの森湯布院」が続く限りエネルギーを送り続ける事ですから、絵馬の祈願札とは多少違うと思います。

 そのためには、小屋を完成させ次に内部にレンガかタイルを張り付けエネルギーが籠るようにしなければなりません。それが完成するまでは、私が思っているエネルギーは生まれませんので、その期間という事になります。外装が終わりますと、常時火を焚きアグニー神を呼び事により御祈願札に書かれた願い事に対して一番ふさわしい神に届けて頂くことになります。



 アグニー神に依頼を受けた神は出来る限りの事を依頼者に返そうと努力して頂くのですが、それを常時行っていただくために、毎晩9時に香木を火で焚き、それから発生するエネルギーをご供物としてアグニー神に捧げなければなりません。それを代表として私が行うのであり、御祈願札に参加した人も連名で行うという事になります。

 3万円は高い様に思われる方もいるかもわかりませんが材料の購入や火を絶やさない燃料や設備費などを考えて頂きますとご納得して頂けると思うところであり、このようにしないと神様だけに仕事をさせて自分は何もしないでは十分なエネルギーが返ってこないのは理だと思います。

 このエネルギーは、私が提供する(提供した)グッズにも自動的に流れて行きますが、受け取る方が真剣にならなければ効力が変わるのは当然でありましょう。ですので9時になりましたら瞑想を行いながら受け取ることをお勧めしているのであり、そのエネルギーが明確的に伝わるために御祈願札には名前や住所ではなく、爪か髪の毛を貼るようにしています。

 ご神木プージャとの違いは、ご神木プージャはシルディーサイババ(ババ)の代理で私が行っている儀式ですので、ババの儀式という事になり、その時々の願い事をババにお願いし、ババからアグニ神経由で神々に届けられることになります。この時一枚一枚をババが読み取り即座に解決する方法を考えて頂けますので最大の努力をして頂けるでしょう。その為に大量の香木やオイルを捧げていますので、合わせてご参加されることをお勧めします。

 私と一緒に修行しているヒーラーの方には、時期が来ましたらホーマーの灰の中に発信機を安置し受信機で受け取るように考えています。この工程は1年前から始まっていますので小屋の進化とともに強力なヒーリングが出来るようになります。つまりスワミヒーリングと同じ手法でヒーリング出来るのが目的の工程を行っているのです。

 スワミヒーリングとは、第三の目から火のエネルギーを注ぎ込み、ハートチャクラから全身に火のエネルギーを巡らせ、そのエネルギーで退散した邪気を孔雀の羽で祓い火のエネルギーで消滅させるヒーリングになります。もちろんマントラを唱えながら行う事になりますので、地のエネルギーの行と火のエネルギーを授かる行は基本中の基本ですからしっかりやらなければなりません。

 、
この記事についてブログを書く
« NO804・・・地のグッズ... | トップ | NO806・・・地と火のエ... »
最新の画像もっと見る