ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




読売新聞山梨版記事、「甲府城に天守閣」示す絵図…県教委27日会見(2017年03月25日)

 甲府城に天守閣があったことを示す絵図が見つかったことが24日、わかった。天守閣が存在していたかどうかは明確になっておらず、意見が分かれていた。県教育委員会は27日、詳細についての記者会見を開く。

 甲府城は、豊臣秀吉の家臣だった浅野長政が1600年頃に完成させた。現在は天守台が残っているだけだが、天守閣が存在した可能性もあるため、県教委は1960年代から、文献と絵図の調査や発掘調査などを実施。しかし、天守閣の存在を記した史料は見つからなかった。

 2015年秋には、天守閣の復元を検討する委員会を発足させ、絵図などの調査を実施。16年4月には「天守閣の存在を示す史料は発見できなかった」とする調査結果をまとめたが、調査を続けていた。
甲府城天守閣 2点の写真は2007年3月の撮影、甲府市中心商店街に設置されていた甲府城天守閣の模型です。
下の写真(解説掲示板)にあるように甲府城天守閣早期建設促進協議会が制作されたもので、かすがも~ると銀座商店街通りとの交差点角に置かれていました。

今回の新発見により建設促進協議会さんの活動再開があるかも知れません。 リニア新幹線開通時に合わせた甲府城天守閣再建計画が生れるかも・・・

山梨県教育委員会の記者会見詳細は報告されると思います・・・・
山梨県教育委員会ホームページ あるいは 学術文化財課

甲府城天守閣

2008年3月4日 私はブログで記事を書いていました・・甲府城最古の絵図
Webサイトでは(最近は更新もしていませんが)、甲府城跡・舞鶴城公園案内、久しぶりに天守台に出かけてみたくなりました。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング
NHK山梨のニュース(2017年03月27日 18時10分)
16世紀末に築城された甲府城に天守閣が存在したかどうかについて調査を進めてきた県教育委員会は27日「天守閣の存在を示す直接的な資料は見当たらなかった」と発表しました。

甲府市中心部にある甲府城の跡地には天守閣の土台となる「天守台」が残っていますがこれまでの県教育委員会の調査で天守閣の存在を示す資料は見つかっていませんでした。
甲府城をめぐっては天守閣の復元を望む声が多く寄せられていて県教育委員会はおととしから全国の図書館や資料館で甲府城の絵図の調査を行い天守閣の存在について改めて調査を進めてきました。
この調査結果について県教育委員会は27日会見し、有識者で作る検討委員会の萩原三雄委員長は今回の調査で39の甲府城の絵図が見つかったものの「天守閣の存在を示す直接的な資料は見当たらなかった」と発表しました。
今回見つかった江戸時代中期以降の絵図には「天守」が書かれているものもありましたが、会見によりますとすでに存在が確認されている「月見櫓」を当時の人が天守閣と認識していた可能性が高いということです。

会見で萩原委員長は「甲府城の歴史的価値を損なわないためにも史実に基づいた整備を行うべきだ」と述べました。
甲府城「櫓を天守」と表記した絵図(UTYニュース 2017.03.27 18:55)
甲府城の天守閣復元を検討する委員会は、甲府城の櫓(やぐら)を天守と表記した絵図が新たに見つかったことを明らかにしました。 「これまで存在が明確にされておらず、意見が分かれていた甲府城の天守閣、1年9か月に及ぶ調査の結果、真相解明に大きな一歩を踏み出しました」(記者)。 天守の存在を示す絵図の存在は、復元を検討する委員会が会見をして、明らかにしました。 それによりますと、江戸初期から後期までの文献や絵図など、新たに見つかった62点の史料の中に、甲府城にあった「月見櫓」(つきみやぐら)が天守と表記された絵図が見つかったということです。 この絵図は江戸中期の軍事学者が、当時の史料から江戸初期の甲府城の様子を描いたものと推測され、委員会では月見櫓を天守または天守代わりに認識していた可能性があるとしました。 しかし、この1枚の絵図だけで天守閣が実在したかを評価することは難しいため、今後も検討を重ねていく必要があるとしました。 県教育委員会は、およそ2年かけて行われた調査を報告書にまとめます。

天守閣の存在裏付ける史料は見つからず(山梨県)(2017/3/27 21:36 山梨放送)
 甲府城の天守閣復元の可能性を探ってきた県教育委員会が今年度の調査でも天守閣の存在を明確に裏付ける史料は見つからなかったことを明らかにした。  調査では甲府城の月見櫓の上に「天守」の文字がある軍学系の絵図が新たに見つかった。  絵図の作成時期は江戸時代中期で、月見櫓を天守閣として認識していた可能性があるため、今年度も「天守閣」の有無について結論は出なかった。県は今後も調査を続けていく方針。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山梨県甲府市のシティシャトル、「レトボン」が3月26日に運行終了でした。 山梨放送のニュース記事で知ったので記録しておきます・・・「レトボン」26日に運転終了(山梨県)(3/26 17:55 山梨放送)

 乗車無料のシャトルバスとして観光客や買い物客に親しまれてきた「レトボン」が26日を最後に20年の歴史に幕を閉じる。

 「レトボン」は1997年に甲府駅前と中心街を25分間隔で周回する乗車無料のシャトルバスとして運行が始まった。
 毎週、土曜と日曜日にJR甲府駅北口と南口を起点とする2つのコースで中心街を巡り、観光客や車のない買い物客にとって欠かせない足として親しまれていた。

 しかし、ここ数年は利用者が低迷していたほか、車体の老朽化が進んでいたことからバスを運行するLLCまちづくり甲府は26日を最後にバスの運行を終了することを決めた。
甲府レトボン

2月半ばに自分のサイトで 交通案内 を更新した時にリンク先確認したきりで、最近はサイトを訪問していないので広報されている記事を知りませんでした。
甲府シティシャトルバス『レトボン』の運行が終了します(甲府市広報ページ 2017年2月28日)
レトボン(LLCまちづくり甲府)

交通案内ページは画像を削除して終りですが、私は街づくりテーマの一環として レトボン(甲府シティーシャトル) を書いていました。街づくりの観点からレトボンの活用についても考えたし、何度か体験利用したこともあります。なんだかとても淋しい気がしますが、これも時の流れでしょう。
レトボン=レトロ・ボンネットです。一般公募で選ばれた名前とのこと・・・私の記事から転載して、レトボンちゃんにお別れのご挨拶といたします。

レトボンの運行は平成9年度商店街駐車対策モデル事業として平成9(1997)年8月16日(土)から運行が開始され、その日は中心商店街内で出発式、愛称募集の表彰式他記念イベントが実施されました。平成10年3月29日(日)までの事業期間の記録としては、運行日数76日で乗客数は21,475人だったとの事です。これは買い物客の集中する年末年始に実施された特別運行期間を含みます。


甲府市の記事から まちづくり甲府ホームページ(別サイトへリンク) を再見して、どうもオカシイと思ったので以下に引用、記録しておきます・・・ 【「耐用年数も十分経過いたしました」 というのはオモシロイ表現で、なんだか運行停止の言い訳のようにも聞こえます。 このメッセージの下に書かれている以前からの記事には何年の4月1日からなのか不明です。】

平成9年8月より運行開始されました甲府シティシャトルバス『レトボン』は、20年目に入り、耐用年数も十分経過いたしました。ご利用されるお客様の安全等を考慮し、平成29年3月26日(日)の運行をもちまして運行を終了させていただくこととなりました。長くご利用いただきありがとうございました。

甲府シティーシャトル「レトボン」は4月1日より運行体制が変更になります。 土曜日は南口ルート、日曜日は北口ルートのみの運行となりますのでご了承ください。 なお運行するバスのカラーは両日とも同じです。
にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりに開いた「醍醐聰のブログ」2017年3月25日記事で、ゼロ回答ではなく、「口利きの顛末」を報告した文書~安倍夫人付き政府職員発のFAX~ を読みました。『FAXの「別紙」を見れば安倍首相の言いくるめは破たんする』 とのことです。
それでいつもの習慣でソース確認したい思って検索していたら・・・ 首相夫人付職員が「関与」 踏み込んだ見出しつけた新聞は...(J-CASTニュース 2017/3/24 19:13) この記事から各紙社説が取り上げていることを知りました。

(社説)森友学園問題 説得力ない首相の説明(朝日新聞 2017年3月25日)
社説 夫人付の職員 不自然なファクス送信(毎日新聞 2017年3月25日)、FAX画像をアップロードした記事が社説に付属しています。
森友問題審議 首相夫人の立場を整理したい(読売新聞社説 2017年03月25日 06時04分)
真相解明にはさらなる国会招致がいる(日本経済新聞社説 2017/3/24付)
「主張」籠池氏喚問 国有地売却の疑問とけぬ(産経新聞 2017.3.24 05:03)

私は年度末仕事で忙しく新聞サイトや国会審議などを見ていませんでしたので、テレビニュースの音だけ聞きながらも、何かおかしくなっているなと思っていた程度です。FAXの事は知りませんでした。
醍醐さんが記事で紹介されたFAX画像は、毎日新聞掲載画像とは異なり、下線なども引いてあるので、おそらく国会審議に関係して議員・政党などが書き直したものかもしれません。毎日新聞の画像は小さいですが全文をテキスト化して記事に転載しているのはお見事です。

そして今日読んだ記事の極めつけは、森友事件から見えてくる官僚の知恵の出し方(日々是好日日記・伊藤洋先生のブログ)でした。
リニア新幹線事業でも地域行政のお役人さま達は法令に則り国策事業のお手伝いを粛々とこなすだけの「無重力状態の平穏な日常の中」におられるようです。

以下は3月初めに『「忖度」の構造と結果責任、「リニアゲート」にも至るのだろうか』 とタイトルした記事で公開を忘れていたものですが、ついでに掲載しておきます。
水島朝穂先生の2017年2月27日記事・「トランプゲート事件」と安倍政権――終わりの始まり? を拝読しました。

米国トランプ大統領について書かれた前段は無学な私には理解が難しいことでしたが、「トランプゲート」は「ウォーターゲート」のもじりなのかと確認すると Wikipedia で ディープ・スロート (ウォーターゲート事件) がヒット。毎日新聞西山記者事件も思い出しました。

水島記事の後段でまとめられた「大阪の学校法人の国有地払い下げ問題」はテレビニュースもナガラ聞きの私には参考になりました。
巨大な「忖度」の構造が存在する との指摘は何かの組織に籍を置いて決定過程に関わったことがある人なら分かることでしょう。 ちなみに 忖度(そんたく)とはネット辞書によると 『他人の気持ちをおしはかること。推察。「相手の心中を-する」』

「その結果に対する責任」 と聞けば原発推進から福島原発人災事故に至った過程、さらにはその後の対応の現状まで考えてしまいますし、「リニアゲート」という言葉がありえる事にも思いが至ります、悲しい事ですが現実はそんなものでしょう・・・

そして、これらの事を考察するに必要な情報へのアクセスまで制約することで全ては無かったことになる日本国が到来する危機感がある・・・このような国情を子々孫々には引き継がないようにしたい・・・いつ、どこで、なにを、斬るか・・・
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山梨県市町村議会・議員名簿のリンク集 /gikai_ymn_area.htm

とりあえず県と市町村議会のリンク先を再確認して更新しました。その他の議会関係リンク集は未処理です。

甲斐市の議会事務局さんが KAI-SHIGIKAI.JP ドメインを登録なさって、甲斐市議会ホームページ を甲斐市ホームページ www.city.kai.yamanashi.jp とは別に公開されていることに気付きました。
もちろん甲斐市ホームページと議会ホームページとはそれぞれのトップページから分かり易く相互リンクされています。
そして、議会事務局は甲斐市ホームページで行政組織として案内されています。

甲斐市ホームページには「市長」「議会」「教育委員会」が分かり易く案内されていますが、選挙管理委員会が見えないので確認したら、総務部の仕事として 「選挙に関すること」 に集約されていました。

地方自治体の二元代表制の下で議会情報は行政ホームページの中で扱うべきか、切り離してサイトを構築すべきかという話を聞いたことがあります。

国政でみれば、電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ から衆参両院サイトへのリンクはありません。
衆議院関連リンク では e-Gov各府省へのリンクが設定されていますが、参議院にはこのようなリンクも無いようです。

二元代表制の理念をまっとうするなら甲斐市のスタンスも私は理解できます。しかし私は地方自治体を総体として観たい、山梨県ホームページは山梨県行政のホームページではなく、山梨県という地域のホームページであり、その中に行政と議会の二元が存在するものだと理解できます。 この意味で私は自治体ホームページの中に議会ホームページが置かれることに違和感はありません。
甲斐市行政は議会を重く見ている、それは議員を選出した地域の人々の想いを大切にしているのだと理解すると、行政と議会のサイトを切り分けたスタンスはそれを外形的に示していると考えました。
甲斐市の今後の発展に注目していきたいと思います。

リンク集ページを更新していて、北杜市、南部町、山中湖村、丹波山村の今後に注意していきたいと感じました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「国友学園」問題の国会審議などをテレビニュースが流しているので音だけ聞きながら仕事をしています。
この「gooブログ」には登録ユーザーが書いた一年前の記事を自動的にメールで知らせてくれる機能があり、昨年この日に山梨県議会について記事を書いていたことに気付きました。
その後の状況は分かりませんので後日のためにメモ記事として残します。

2016-03-23 22:50:22 投稿記事 来年度予算廃案になった@山梨県議会3月23日

流し読みしながら思い出しましたが、議会流会に端を発したのか山梨県議会基本条例を策定する話、私はフォローもしていませんので気が向いたら後日確認しておくつもりです。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ