ホタルの独り言 Part 2

ホタルの生態や生息環境を研究し保全活動をしていますが、様々な昆虫や美しい日本の四季
自然風景の写真も撮っています。

これぞ、ホタルの生態写真~ホタルの孵化~

2005-07-29 22:31:18 | その他
この約一ヶ月間を通して、ホタルの卵の写真を撮り続けてきた。産卵したばかりのホタルの卵は薄い黄色だが、やがて中の幼虫の姿が分かるようになる。その間も卵はずっと発光し続けている。そして22~25日経つと、いよいよ孵化である。0.5mmの卵からおよそ1.5mmの1齢幼虫が孵化する。卵から這い出た幼虫はコケをつたって水中を目指す。この一部始終をカメラで捉えた。

写真は、東京にそだつホタル >「蛍と里山の写真集」>生態写真集・源氏螢>産卵~孵化 にある。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホタルの卵の発光を撮影する

2005-07-21 21:07:28 | その他
3年前にも撮影に成功しているが、今年もう一度、ホタルの卵の発光の撮影を試みている。卵の位置がはっきりと確認できる場所に産み付けられているものは、まだエンブリオが確認できないために、その発光はひじょうに微かである。卵のついたコケとカメラを暗幕で覆い、外界の光を一切遮断してもようやく確認できるほどの弱い発光である。肉眼では、卵を見るのではなく視線を闇にそらすとその発光が分かるのである。以前は、かなりはっきりとした発光を撮影したが、微かな発光の卵の写真は、初めてである。成長が進むと、発光もはっきりするが、卵の中の幼虫が発光しているために、幼虫が卵の中でぐるぐる動き、よって光がぶれた写真になる。今回、上手く撮影できれば、丸いホタルの卵全体が発光しているように写るはずである。ホタルの成虫の飛翔で使用する開放値の明るいF1.8の50mm標準レンズでは、ペローズと組み合わせてもピントが合わない。しかたなくF3.5の50mmマクロとペローズを組み合わせた。この場合、フィルムはISO1600が望ましいが、日中の卵の撮影にも併用しているためISO400のプロビアをそのまま使用した。被写体(発光体)が動かないので何とか撮影できるのではないだろうか。露光時間は1時間である。現像は来週になる。東京にそだつホタル /「ホタルの写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モリアオガエル

2005-07-20 22:14:32 | 動物
モリアオガエルのその後であるが、先日ほとんどすべてを里山に帰してやった。正確にカウントはしていないが、およそ200匹はいたであろう。皆、うれしそうに山林めがけてジャンプしていった。このうち何匹が成体へと成長してくれるだろうか・・・。現在、1匹だけを飼育している。本当の生態を観察することはできないが、生活ぶりは観察する事が出来る。大きなプラスチック水槽に鉢植えのポトス(偽)を入れ、その根本だけに水をはっている。モリアオガエルほとんどをポトスの葉上で暮らす。日中は寝ており、動くことはあまりない。夜になると葉から葉へと飛び移ったりして虫を捕らえている。22時くらいになると活動を始めるが、これは室内に設置しているためと思われる。野外では夕暮れから活動を始めるのではないだろうか。餌は、ヨーロッパイエコオロギの2齢~3齢の幼虫を与えている。与えるというより、多くのコオロギを同居させて自由に食べられるようにしてある。動くコオロギに対して、俊敏に反応しためらうことなく一口でくわえて飲み込む。なかなか元気である。今後の成長を見守りたいと思う。東京にそだつホタルモリアオガエル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホタルの卵の写真を新規アップロード

2005-07-20 19:56:46 | ホタル
産卵から近日までのホタルの卵の写真を新規アップロードした。一部のホタルの卵はエンブリオが確認できるまで成長しているのだが、上手く撮影できない場所に産卵している。今回は、孵化までの成長過程の連続写真が撮影できそうな場所に産み付けられている卵の初期の写真である。今後、その卵の孵化までを追っていきたいと思う。撮影では、135mmにレイノックスレンズを組み合わせたものを主流にした。しかし、5倍以上の拡大はできるが、解像度が低く、ピント合わせも非常に難しい。50mmマクロにオートベローズの組み合わせも試したが、拡大率は劣るものの、こちらの方が解像度が高くとてもシャープな画像が撮影できた。東京にそだつホタル /
ホタルの写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘラクレスオオカブト死す

2005-07-08 19:17:31 | その他昆虫と話題
ヘラクレスオオカブトのオスが急死してしまった。休眠あけから1年くらいは生きるらしいが、僅かな命だった。原因は分からない。ガラス蓋付きの桐の標本箱に入れた。メスは相変わらず元気であるが、繁殖の機会を失ってしまった。飼育は2度目で、しかも立派な成虫にすることができた。もう飼うことはないだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モリアオガエル

2005-07-05 19:54:23 | 動物
モリアオガエルのおたまじゃしく6匹に前脚が出た。昨日見たときにはなかったが、前脚が出た途端、水槽の壁をよじ登ってきた。顔つきもカエルになってきた。しばらくは、尾の栄養だけで何も食べないらしい。これまでの草食から肉食へと変えるためだろう。他のおたまじゃしくも明日か明後日には、皆、前脚が出るだろう。山里の森に帰る日も近い。東京にそだつホタルモリアオガエル
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モリアオガエル

2005-07-03 13:41:06 | 動物
モリアオガエルのオタマジャクシの後脚が大夫大きく伸びてきた。体長も5~6cmある。みな元気で食欲も旺盛である。一ヶ月もしないうちに子ガエルへと変態してくれるだろう。東京にそだつホタルモリアオガエル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加