ホタルの独り言 Part 2

ホタルの生態や生息環境を研究し保全活動をしていますが、様々な昆虫や美しい日本の四季
自然風景の写真も撮っています。

ホタル販売

2008-05-15 23:07:34 | ホタル
 仙台のある団体がホタルまつりを開催した。自然発生のホタルが飛ぶかどうかわからなかったので、保険としてホタル養殖販売業者から数百匹のホタル(ヘイケボタル)を購入していた。結果は、数十匹の発生があったため、購入したホタルは放すことはなかった・・・あるテレビ番組の一場面である。

 実は、購入したヘイケボタルは、兵庫県のホタル養殖販売業者が北海道の自然発生地で乱獲したものなのである。ホタルまつりの開催時期が遅かったため、自前の養殖ホタルでは対応できず、当時、発生最盛期であった北海道から調達したのだ。この業者は、全国各地のホタル自生地から平然と乱獲を続けている。テレビ番組の中でも紹介されていたが、車のハザードランプを点灯させ、捕虫網を持った数人で次々と捕獲していくのである。養殖施設を持ち、数十万匹という幼虫を養殖しているようだが、それらの種ボタル用として乱獲する他、上記のようにそのまま販売している。養殖数を上回る需要があるのである。買い求める人々は、学校、自治体、ホテル、旅館、料亭・・・何と多いことか!買われたホタルは、教材として飼われたり、まつりやイベント等の客引きとして放される。自然環境から離された可哀想なホタルたちを見て、人々は自然環境に思いを馳せるのか?そして真に癒されるのか?

 年々、ホタル養殖販売業者は増加している。需要があるから商売が成り立つ。日本人はホタルが好きだから、販売戦略も立てやすい。それに世間では難しいと思われているホタル養殖も、人工的ならばそれほど難しくもないのだ。ホタル養殖販売業者にとって、ホタルはただの商品にかすぎない。生態系だの遺伝子など関係ない。法的規制もないホタルビジネスは、もはや3億円市場だ。身近な場所でホタルを見せようという買い手の勝手な思惑のために、特に保全されていない、いわば自然のままに発生している貴重なホタルが、次々と乱獲されているのである。遠方への移動によって遺伝子攪乱も頻繁に起こり、固有種は絶え続けている。餌として外来種の巻き貝も持ち込まれ、河川の生態系が崩れ掛けている。何と悲しいことだろう。「美しい日本」は、どこへいくのだろうか。

 絶対にホタルを購入してはいけない。本当にホタルが好きで、自然を大切に思うならば、そしてホタルを里山という豊かな自然環境の結晶として捉え、日本の原風景の証のまま、いつまでも生きていて欲しいと思うならば、絶対にホタルを買ってはいけない。売ってもいけない。

東京ゲンジボタル研究所/古河義仁    ホームページ/東京にそだつホタル
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカからホタルに関するお問い合わせ

2008-05-06 12:29:24 | ホタル
アメリカからホタルに関するお問い合わせが来ました。
以下に転載させていただきましたので、良きアドバイス等、コメントいただけますと幸いです。

----------------------------------------------

hello!
I am a graduate student in The ohio state university. I am doing research on fireflies. I would like to take some photos of the firefly population as a record. However I can not get very good results. Can you give me some advice? What parameters and equipments are you using for the photos on the website? thanks!

name = yang

----------------------------------------------



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加