アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

教材扱いされてる名曲

2016年12月07日 | ピアノ
マイミクさんのつぶやきを読んでびっくりしたんだけど
「メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は教材扱いされていて名曲であることが忘れられている、グリーグのピアノ協奏曲のようなものだ」(「クラシック音楽館」にて、ジョシュア・ベルの発言)

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←だいたい「一本のものさし」なんてちっとも音楽的じゃないよ

メンコン(メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲)が名曲であることが忘れられてるですって!?(o_o)

…っつか、グリーグのピアノ協奏曲が「教材扱いされて名曲であることが忘れられている」かというとちょっとまさか(^^;;

とりあえず、メンコンをハイフェッツの演奏でどうぞ:
Mendelssohn Violin Concerto e-moll op.64

これ聞いて、「なんか易しい曲弾いてら、子どもっぽーい」って思う人はいないと思うが??
それがなんで「教材扱いされてる」って話になるかというと、ピアノ弾きの人にはピンとこないと思うけど
「メンコン」ってそちらの業界(?)ではわりと子どもが弾くらしいんですね。

コンクールとかでは小学校高学年の課題曲になったり。

これが「チャイコン」になるとだいぶ難しいらしい。もちろん技術的な意味での比較ですけど。

でも子ども「も」弾くからといって、大人が弾くに足らない曲だとか、
よい演奏をしても感動できない曲だとか、
あるいは素敵に弾くのが簡単な曲だとか、
そんなことは一切ないのであって。

でも、まじめにヴァイオリンを「勉強」していく中で、学ばなければいけない(というか、学ぶとたいへん役に立つ)題材として出てくるという意味ではまさに「教材」なわけだし、その「教材」列の中ではそんなに「後」のほうに位置しないとすればそれを軽く見る人というのがいるものかもしれませんね。

そういえば昔(高校生のとき)、ふだんピアノ弾いてないのに突然思い立ってチャイコフスキー四季の一月を弾いて発表会に出たんです。その話を聞いた、母の友人(同じピアノ科出身、ピアノ教師)が「あらすごいじゃない、十月とかじゃ簡単だけど一月は」って言ったの。

ここで、彼女は別に私の演奏を聞いてすごいとかすごくないっていったわけじゃないんです。あくまで、十月なら(高校生が弾く曲としては)簡単すぎるが一月ならわりと難しいから、ずっとブランクあったあと発表会でる場合としては十分じゃないかというニュアンスでした。

十月っていうと、つい先日、私が内藤コンサートで感動した曲ですよ。確かに、「音符が立て込んでない」白い系の曲で、だからもう、内藤先生が弾くとめっちゃ素敵だったんだけど…まぁたぶん当時の私がもし弾いてたら悲惨だったろうなとも思うので、十月を弾かなくてまだしもだった(かもしれない)。

チャイコフスキーの四季が特に教材扱いされてる曲だってことはないけど、仮に教材扱いしてみるとすれば(ピアノの先生の頭の中としては、どの段階の生徒にどの曲を弾かせることが可能かってのは重要なことだろうから)、正しい順序でとにもかくにも打鍵するという、その一点において一本のものさし上に曲が並び、その順序の中では十月はものすごく手前のほうにある。

で、いつもその判断を正確にすることに心を砕いていると、じっさいその曲がどう弾かれたか、聴く人の心にどう響いたか、ということが頭から抜けてしまう…とまではいわないにしても、「ものさし」上で扱える話じゃないから脇に置いてしまいがちってことはあるかも。

でも、要するに「教材」としてのものさし上ではぐぐっと手近に存在する名曲ってのは、これはもう大人ピアノ的にはとてもおいしい曲の宝庫といってもいいんじゃないでしょうか。

「手に当てる」のが易しくて、その先をじっくり工夫できますからね…

教材として易しいけど単に駄作ってんじゃダメですよ(^^;;

元々、「教材」って別にけなし言葉じゃないですよね。その曲から学べることがあるという意味ですから、プラスの表現です。

シューマンのユーゲントアルバムの解説によれば、クララ・シューマンの日記にこうあるそうです:
「子供たちがふつうピアノのレッスンで習う作品はとても良くない。ただからローベルトはほんとうの子供のための小品集を作曲し、出版するという考えを持った」

教材であり、優れた作品であるものを、世に送り出そうとしたのですね。実際、この曲集はよく売れたそうです。

(易しい)教材扱いされてる名曲をどんどん探して弾いてみましょう♪(^o^)/

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

演奏してから飲むか、飲んでから演奏するか

2016年12月06日 | ピアノ
プロの演奏者で、飲んでから演奏する人はいないよね…たぶん…

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←ま、いずれにせよ飲むんだけどな

大人ピアノ再開からあまり経ってないころ、私は「機会(?)」があれば飲んでから演奏してたんだけど、それはもう、演奏クオリティを下げる最大の要因が「極度の緊張」(頭真っ白、手はブルブル)だったもので、お酒が適度に回っているほうが経験上、結果がよかったのだ。

その「適度」がどのくらいなのかは微妙なところだけど…(ワインをグラス1~2杯か?)

一番劇的な効果があったのは、バイオリン初心者アンサンブルで「パッヘルベルのカノン」を演奏したときだ。午前中にリハをして、みんなで近くの店でランチを食べたとき、「グラスワイン」のオプションがあったので飲める人は飲み(たぶん、10人ちょっとのメンバーで半数以上が飲んだ)、そしたらお酒も食事もおいしかったのでみんなで幸せな気分になって(^-^)(^-^)

本番ばっちり。なにしろ練習ではいちども(!)つじつまが合ったことはなかったのに(初心者でやるパッヘルベルのカノンは数え間違いの危険がいっぱい)、奇跡のようにピタリと合った。音色もことのほかよかった。客席で聞いてた先生が、「何があったんですか~!?(o_o)」ってびっくりしたぐらい。

それからもう何年も経って、今では「演奏前に一杯」と意図的にやることはまったくなくなった。緊張は、するにはするけどそこまでガクブルになることもないので、まぁ…気分としてはそりゃ、せっかくだから演奏が済んで一杯!!(あるいは、いっぱい?)飲むほうがおいしいよね。

というわけで、最近ではあまり「実験」したこともなかったんだけど、先日の「ピアノも、もっとアンサンブル!」で実験できてしまったので、その結果についてご報告します。こほん。

まず、素面のときの演奏はこんなでした:
アンダンテ
シューベルト アヴェ・マリア (with 海実さん)


それから、「がやがやタイム」に入ってからだいぶ経って(つまり、1~2杯といわずもうちょっとだいぶ飲んでから)同じ曲を演奏しました。こちらはがやがやしてたんで録音ないですけど、もっとこなれてやわらかくていい感じでした。上に貼ったシラフ録音だとちょっとミスタッチして怪しいところがありましたが(止まるというほどではない)そういうのもなかったし。

(ところで、飲んでから歌う人って滅多にいないと思うんですけど、海実さんはいくらでもいけちゃって余計ノリノリみたい)

じゃあ、やっぱり今でも飲んでから弾くほうがいいのかなっていうと、そういうことでもないらしく、同じくがやがやタイムで中川P先生とソナチネ9番の二台バージョンを弾きましたがこれはミスタッチだらけでした。特に、三度違うキーを叩く(不協和音ではない)という、ふだんあまりやらないことを何度もやらかしてたので自分で呆れました。あれは何なんだ??

ノリは悪くないし止まりもしないし、がやがやタイムとしては特に問題ある演奏じゃなかったと思うけど、とにかくそんなに良くはなかった。

思うに、アヴェ・マリアは「正しく打鍵する」という意味ではそんなにややこしい曲ではなく、流れにのっていければOKなところ、ソナチネはまぁソナチネなのできっちり「正しく打鍵する」というところがなきゃ話が始まらないし、難曲ではもちろんないけど、私にとってはわりと「正しく打鍵する」がシビアな課題なんですね。(そんなに練習を重ねているわけでもなく、楽譜を見て変換しながら確実に弾いていかなきゃいけないので)

…そういう課題と、アルコールってのは、相性が悪いのでしょう。

本番の海実さん演奏、ほかのもアップしました(下記録音はみんなシラフのときです-笑)

くさぴあ
シューマン 「詩人の恋」より 美しい五月に、私のあふれる涙から (with 海実さん)


ばっかいず世話係
シューベルト 糸を紡ぐグレートヒェン (with 海実さん)


* 懺悔: 今回の録音、特にグレートヒェンのほうはレベル設定に失敗してちょっと音割れしてます。ピアノで「こんなもんだろ」ってレベル合わせしとくと、声はずっとエネルギー大きかったりするんですよね。余裕みたつもりだったけど、油断した。

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シューマンの左、ショパンの右

2016年12月05日 | ピアノ
ここで皆さんにクイズです。「シューマンの左、ショパンの右」にいるのは誰でしょう?

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←聞きに行く価値のあるコンサートを開催するのはそりゃ大変

…答えは、「ドビュッシー」。ただし自称です。

どういうことかというと、ドビュッシーがデュラン(楽譜の出版さん)に送った書簡の中で
「正直に申しまして、これらの作品はよくまとまっていると思います。この曲集はピアノ音楽史上然るべき位置を占めるでしょう。シューマンの左か、ショパンの右に…お気に召すままに。 」
(1905年9月11日、ドビュッシーがデュランに宛てた書簡より)

といっているのだけれど、この右とか左とかいうのは要するにオリンピックの表彰台をイメージした表現で、二位、三位にシューマンとショパンがいて自分はてっぺんにいるという(^^;; すごい自信!!

シューマンやショパンを下に見ているということもあるかもしれないけど、とにかくほかの作曲家のことはあれこれけなしていたそうなので、シューマンやショパンなら認めてたともいえますね。

ちなみに、この「よくまとまっている」作品というのは「映像」第一集のことで、実際ちゃんと歴史に残ったわけで、すごいっちゃすごいです。クラシックがクラシックたるゆえんは、時代の波を乗り越えて残ったということであって、作られたそのときに、すぐさまその行く末を占うのって難しいですからね。(サリエリのほうがモーツァルトより有名だったとか、そんな具合に)

土曜日のコンサートは、この「シューマンの左、ショパンの右」をタイトルに掲げていました。

タイトルどおり、ドビュッシーの映像第一集が入っていて(shigさんが弾いた)、
ショパンもあるけど(shigさんが弾いた)、軸はシューマン。

ユーゲントアルバムがartomrくん、子供の情景がshigさん。

そして演奏の合間あいまに、二人の掛け合い漫才トークが入っていました。

shigさんがコンサート告知のときに「ソンはさせません!」といっていましたが、ほんとに行ってよかったコンサートで、楽しくてあっという間でした。

そしてコンサートのあとshigさんがつぶやいていたとおり「なんと演奏者より客席の方が人数が多い」コンサートで、しかもみんな満足して帰ったというのは、立派に成功したコンサートといえましょう。

ふだん、演奏者のほうが多い事態になるというのは、自分が弾くからほかの演奏を聞くというのが基本で成り立っている会が多いからであって、その場合特に「価値ある」演奏が並んでいる必要はなく、お互い様の興味を持って聞き合って、あとは楽しく飲み会でも行けばいいわけです。プロであれアマであれ、「聞くだけを目的に」足を運んでもらえるというのはこれ、大変なことなのです。有料であれ無料であれそこはたいして関係ありません…タダなら行こうってわけじゃないですからね。

義理で行くのではなく、
自分が弾くから行くのでもなく、
聞きたいから行くコンサート、
行ってよかったと思って帰ってくるコンサートというのは、

ほんとうに有難いこと。この世の幸せの奇跡といってもよいことであって、
演奏だけよきゃいいわけでもない、もちろん演奏は基本ですけど
コンセプト、曲目や、トークや、会場の雰囲気(つまり、聞きに来た人)や、パンフや、そういったことが総合的に価値を作るのです。

もちろんコンサートがよかったのは主に出演者であるartomrさん、shigさんの功績ではありますけど、
実はその価値のベースを支えているのが作曲者(ショパン、シューマン、ドビュッシー)です。

彼らはもう、お墓に入ってから長いので著作権料ですら主張できませんから、
ドビュッシーに「おれさまいちばん」くらい言わせてあげてもいいですよね。
それだけのことがいえるような曲集だと思いますし…また、shigさんのドビ愛が伝わる演奏でした。

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シューマン、大きな子供のために

2016年12月04日 | ピアノ
シューマン、子供といったら当然「子供の情景」が浮かびますけど、「ユーゲントアルバム(子供のためのアルバム)op.68」というのもあります。

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←毎年、テーマのあるコンサート。

ピアニストがコンサートで弾くような大曲ではなし、かといって昭和のピアノ教室カリキュラムにも組まれていなかったのであまり認知されていないような気がするのですが、とても素敵な曲がてんこ盛りなんですよ!! …ということを昨日知りました。

バラでは有名曲もあります。「楽しき農夫」…これなら発表会とかで小さい子がよく弾いてましたよね。

この曲は、「ユーゲントアルバム」の中でも前半の「第一部 より小さな少年のための」にあるもので、昨日のコンサートでは「第二部 もっと大きな少年のために」とされた19~43がartomr氏により演奏されました。

数曲ずつ区切って演奏されて、合い間にトークが挟まるんですが、最初の「19.小さなロマンス」、「20.田舎風の歌」と弾かれたときには、おぅ、なかなかきれいな曲じゃん…、そして、21が弾かれたときには、おぉ!! めっちゃいい曲じゃん!!

そして、タイトルを見たら…ありません(o_o) ★★★

星三つは、今私が勝手に書いたものではなくて、シューマンが出版した初版の楽譜から、タイトルのない曲に付されていたものです。いくつか、タイトルのない曲があり、それはみんなタイトルの代わりに★★★。artomr氏がいうには、タイトルのない曲はみんなとりわけ素敵な曲だそうで、なんでそういうことになってるのかといえば「いい曲ならタイトルはいらないんですよ」

「子供」はふつうタイトルがあるほうが喜ぶと思いますけどね。具体的にイメージが湧くきっかけになるわけですから。でも、優れた曲ならばそんな(?)手がかりはいらないってことなんでしょうか。

ところでこの曲集がどう「子供のため」かというと、まず、1~数ページの短い曲です。そして、オクターブまで届けばそれ以上のでかい手はいらないということ。また、音符もあまり立て込んでなくてぱらりとしている、私のいうところの「白い系」ってことです。

でも、「白い系」といってもあまりやさしそうではなくて(特に、第二部の大きな少年用のは)、妙に内声が込み入ってたり、変なところにアクセントがついてたり、急な強弱とか、あるいはとても丁寧なレガートが必要だったり、結局のところかなり弾きにくいようです。

そしてかなり奇妙な、予測のつかない展開がどんどん現れてきます。

shigさんがいってたのですが「いつものごはん」というのと「特別なごはん」というのがあって、曲の中で「いつものごはん」…知っているものがそのまま繰り返されることの楽しさと、「特別なごはん」…未知のものとか、繰り返しでも何か変えてあることの楽しさというふうに分けて考えると、作曲家には、

「いつものごはん」派と「特別なごはん」派がある(^^;;

シューマンは圧倒的に「特別なごはん」派で、あるところにアクセントがついていても、次に似たようなところがあったら今度はついてないとか、とにかく意外な展開で来る。

そうなんです、意外で、そして奇妙で…短い曲が次々いろんな曲調で、楽譜が白くても難しそう。なんだかアルカンのエスキスを思い出します。(エスキスは、黒い系もいっぱい入ってるけどね!!)

「子供」とはいっても、「子供の情景」とはすごく違う感じの曲集になっていて、ざっくりいえば
「子供の情景」はシューマンが若いころに作曲した、リアリティーのない子ども。
「ユーゲントアルバム」はシューマンが娘の誕生日にプレゼントした曲集が元になっている、リアリティーのある子ども。

…弾いてみたい!!

「手に当てとくぞキャンペーン」が進まないまま今年が終わろうとしていますが、シューベルトも、シューマンも意外な出会いがあって、まぁ今年中には弾けないまでも、弾いてみようという機運は高まってまいりました。


私が買った楽譜はコレ→シューマン ユーゲント・アルバム 作品68: 新版 (ウィーン原典版 252)
* 解説も詳しく載ってて、初版版のイラストもついてる

artomr氏お奨めの楽譜はコレ→原典版 シューマン こどものためのアルバム 作品68
* 手書き譜の手がかりもきちんと汲んで載せている。お手頃価格

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主役を張れる音色

2016年12月02日 | バイオリン
ヴァイオリンとヴィオラって、ビジュアル的にはたいへん似た楽器で、ガタイがいい人がヴィオラ弾いてるのと、小柄な人がヴァイオリンを弾いてるのだったら見た目上、「ほぼ完全に一致」といってもいいくらいです。

   にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ←音色があまり素敵だからヴィオラも弾いてみたくなっちゃうよね(←錯覚)

弾き方も基本的には同じで、片方できる人はもう片方もある程度慣れればそこそこ弾けるでしょう…

でも、響きに関しては案外開きが大きいものですよね。そこがおもしろいところです。

昨日は、最初から最後までヴィオラ一人という、無伴奏コンサートでした。ヴァイオリンでだってそんなコンサートはさほど多くはありませんが、ヴィオラとなると激レアといってもいいくらいです。きーちゃんさんに誘われておもしろそうだと思って行くことにしたものの、聞いたことない名前(←失礼)の奏者、不便な場所の会場(トッパンホール)、さぞかしガラガラだろうと思ったら、なんと満席でした(o_o)

まぁ世の中物好きがたくさんいるもんだわ(自分を棚にあげ)。しかも知り合いに遭遇するし。きーちゃんさんの隣はきーちゃんさんの知り合いだったし。私の知らない人同士でも「あらこんなところで!!」とかいってるのが聞こえたので、そういう(?)コンサートなのでしょう。

あーそれで、奏者の名前は「アントワン・タメスティ」さんでした。知ってる? 知らないよねピアノ弾きはね…きーちゃんさんだって、知ってて誘ってくれたわけじゃないよ。

でもね、すごかったこの人。独特な音色と、卓越した集中力でぐいぐい引き込まれちゃうの。なんかコンサートの時間があっという間に感じました。

曲目は、ともかく無伴奏なので、リゲティの無伴奏ヴィオラソナタってのがあったんだけど(これがまたインパクトの強い曲で)、元々ビオラ用ってのはこれだけで、あとはバッハの
・無伴奏チェロ組曲第三番
・無伴奏チェロ組曲第一番
・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第二番
というラインナップ。

「無伴奏チェロ組曲第三番」というと、ヴァイオリン初心者の教則本にある「バッハ ブーレ」ってのが入ってるやつね。私も弾きましたけど…ヴァイオリンで弾いてもいい曲ではあるけど、ともかくこれっぽっちもチェロらしさはなくなっちゃいます。けどヴィオラで弾くと断然深みのある音色で、確かにかなりチェロっぽい…

でもチェロとはやっぱりちょっと違う感じもする。そう、違うんだけど無理してる感じではなくて、これはこれであり(器として十分なサイズ)。

一方、「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第二番」は、かの有名な「シャコンヌ」があるやつで、ヴァイオリンで弾いたって難曲中の難曲だけど。ヴィオラだと弾きにくくはないだろうかと私が心配しても始まらないが(^^;; ほんと、鮮やかに弾かれてました。

そして、単に鮮やかだとか超絶技巧だとかいうことでなくて、一貫して「音色」そのものにやられたという感じがするんです。「ざらざら」した質感の、渋い光沢…

千住真理子さんも「ざらざら」を大切にしてバッハ無伴奏を弾かれていましたよね。そういう意味では、「心に届く演奏」としてのアプローチに共通する部分があるのかもしれないけど、もちろん、音色の傾向はぜんぜん違います。

タメスティさんの音色って、なんといったらいいのかなぁ…もちろん、ヴァイオリンよりヴィオラのほうが深みのある音になるのは当然だろうけど、なんかヴィオラの音としてイメージしていたものとも違うんです。

ヴァイオリンからチェロまでまるっとカバーできちゃう、
舞台の上でたったひとり、
主役を張れる音色。
(ふだん、弦楽四重奏とかで下から支えてくれるヴィオラは、柔らかく深みがあるとはいっても、主張する音色ではない。)

もちろん、ピアノ演奏だって音色は重要だけど。でも、「音色」自体が演奏に占めるポジションというのは、やはり違いがあるかな?

いいなぁ、ヴィオラっていいなぁ…
ヴィオラすごい!!
いや、タメスティさんがすごいだけなのかな?
使っている楽器は1672年製のストラディヴァリ。楽器もすごいらしい。

いちばん気になったリゲティの入ったCDを買って帰りました。

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加