アンダンテのだんだんと日記

ごたごたした生活の中から、ひとつずつ「いいこと」を探して、だんだんと優雅な生活を目指す日記

20分間のプログラム

2016年06月24日 | ピアノ
ところで、昨日の練習会は少人数なのでひとり20分という枠をもらっていて、これは通常よりやや長い。

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←聞く人がいての練習会

20分あるとけっこう弾けるので…主催者ひろたまさんはベトソナ「悲愴」を全楽章弾いてましたよ!! 20分ぴったり、これは聞きごたえありました。

私はただ、練習したい曲を持って行って順繰りに無批判に並べていただけなので

・ベトソナ テレーゼ第一楽章
・ショパン エチュード「エオリアン・ハープ」
・Kinki Kids フラワー
・モツソナ K.V.282 第一楽章、第二楽章途中まで

時間を考えずに弾いて、タイマーが鳴ったところでやめるので、まとまりも何もあったものではありません(^^;;

別に、練習会だし、誰も私の演奏をわざわざ聞きに来ているわけじゃなし、それで悪いということではないですけど、せっかく20分もの枠をもらうなら、20分をどう使うか(聞いていただくか)考えたらおもしろいなぁということをつらつら考えていました。

耀星さんはさすがちゃんと持ち曲それぞれの演奏時間を把握して適切に組み合わせているらしく、いくつかの練習会でご一緒したとき、たいてい時間枠ぴったりで曲を弾き終わっています。すごい。

そもそも、練習中の曲が「今」何分かかるか把握してないからなぁ?? (しかもそれはどんどん変わっていく。)

ピアノの腕は急に「演奏会レベル」に上がるわけもないので、なにも20分間をリサイタルのように聞き映えのあるものにしたいというほど大それたことは考えていませんが、たまたま練習会の中でもそれなりに耳を傾けてくださっている方が、その時間内に「あぁおもしろいな」「いい曲だな」「ここはちょっと素敵」「好きなんだねぇ」とかあるいは逆に「なるほど、あぁ弾いてはいけないな」とか(笑)なんらかの発見があってそこに座っていた時間なりの価値があるように。

つまり、もし今の技量のままでも、「聞いていただく」ことを考えるならば違った発想で並べることになると思うんです。

もちろん、「(純粋に)練習する会」もないと、自分のベストを尽くす曲並べもできませんので、いつも練習会をそんな「(誰も気が付かないレベルで)自分的本気モード」にすることはできないですけど、一年に一回くらいそんなときがあってもいいかも?

「発表会」だと一曲だけ全力で弾きますよね。たとえば7分間とか。でも、20分間のベストってどんな感じ?

と思うと、やはり何度か練習会で弾いたような、弾きこんである曲が必要で、そういうのを数曲用意するとなるとその曲のメンテナンスが必要、時間やシチュエーションに合わせてうまく組み合わせるとなると、自分が弾いたら何分になるという実演奏時間のデータが必要。

曲の組み合わせは、ソナタ全曲や組曲のようなひとまとまりのものでもよいし、逆にバラバラでもそれに何か自分なりの「軸」や「対比」があるならかえっておもしろいかもしれませんよ。ちょっと考えてみるとおもしろそうじゃないですか? ハードル高いけど。


にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトソナビギナー

2016年06月23日 | ピアノ
今日は、平日練習会+ランチという贅沢な会の、少人数バージョンに参加してきました(^^)

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←ベトソナ入門編。この先はあるのか?

全部で五人。弾きやすいスタインウェイがある小ホールで、内装もゴージャス。気分よく弾けます♪

五人中の五番目で弾いたんですが、私の前の人がみんなベトソナ(o_o)
そこへ私もベトソナ弾こうってんですから…(そして五番目まで、曲かぶりなし)

なんの会ですかこれは(-_-;;

でもその中で私だけベトソナビギナーです(^^;;

「手に当てとくぞキャンペーン」第二弾は、ついに未踏の大規模分野「ベトソナ」に手をつけたのですが、どうもこれは第一弾「ショパンエチュード」よりさらに難物で、というのもなんか自分的に馴染みがないからなんでしょうね。

エオリアンハープを譜読み始めたときには、取りつかれたようにそればっかり練習していたのに比べると、
どうも捗りません。

だって素敵じゃないんだもん。

曲がいけないんじゃなくて、私の弾くテレーゼがね。

音階もアルペジオも下手なんですがそれは想定内で
急にフォルテとかピアノとか…そういうノリのほうがなんかしっくりこなくて苦労しました。

それで、あんまり練習しない→あんまり前進しない、ってなごく当然な流れで来ていましたが、ここへ来て急に違和感が小さくなり、弾いていて楽しくなってきました。ほんのこの一週間くらいのことです。

自分的劇的ビフォーアフター(ただし他人から見ると顕微鏡的)

てなもんです。何が違うかというと強弱とかのノリがね。納得できたというか、必ずしもそのように弾けてるわけじゃないんですけど、気持ちの上ではそのように動くようになりました。

で、お初にお披露目テレーゼはこんな→本日の録音

はぁ~(-_-;;
家で弾いてるときは「なかなかいいカンジ?」と思うことも(急に)増えたのですが、それにしても物理レベルでお指がきちんと動かないというか、そういう訓練は積んでなし(笑) 部分練習するとなんとかなったような気がしても、通して弾くとダメで、まぁ要するに安定しません。

さらに、人前で弾く緊張が合わさると、数か所で迷子になるのはいかんともしがたく。
まぁそんな状況ですが…
ほかの方々のベトソナ愛に影響され
素敵なピアノとホールに支えられ
わりと気持ちよく弾いたかな。


ベトソナ、ハードル高いわぁ~
けど、ひとつ最初の障壁は崩したような気がするので(障壁というよりふつうつまづかないくらい手前にあるつまづき石)

これに満足して別ジャンル(予定ではドビュッシー)に進むか、
それともせっかくなので「一曲丸ごと」ということで二楽章に進むか。というところですが
テレーゼの二楽章は難物らしいので、そこにかかずらわってるとキャンペーンの命運がそこで尽きるかもね(笑)

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寝て起きると弾けている(こともある)

2016年06月22日 | ピアノ
どうしても通らない、うまくいかないところは部分練習する、ってのはいいとして、丁寧に、何回も、練習してもうまくいかなくて、あーごちゃごちゃになっちゃうーー、ってなとき。

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←しっかり寝る。だいじ。

途中で諦めて、練習やめちゃって、夜寝て、朝起きて、翌日。

弾いてみたら、あれすんなり通っちゃった。ってことありませんか。

体感的にはわりと知られた現象じゃないかと思います。でも、ほんとにそんなことってあるもんなのかなぁ、と半信半疑な気持ちもあったりして…

今日、電車の中で読んでいた本「脳が認める勉強法」(ベネディクト・キャリー著)は全然まったくピアノの本ではありませんが、このことについて書いてありました。

寝てる間に、脳みその中がなんか整理されてる、そのことを示す実験としてはたとえばこんなのがあります:

色や模様の違う卵がA, B, C, D…といくつかあって、そのうち二つについて「序列」が示されます。
C < E、A > B、E < A
とかね。

被験者は、それを暗記するように言われるんだけど、直後のテストでは、さっき示されたペアがそのとおり出てきて
C と E、どっちが勝ち?
と聞かれるので、C < E と答えればいいのですが、

12時間後のテストで聞かれる問題はもっと難しくなります。
C と A、どっちが勝ち?
などと、直接は示されなかったペアについて聞かれるので、
C < E、E < A だから C < A
などと組み合わせて判断したうえで答えなくてはいけません。

実験では、被験者を2グループに分けて成績を比較します。
朝覚えて夜テストする(覚醒グループ)
夜覚えて朝テストする(睡眠グループ)

そして結果は?? おわかりと思いますが、睡眠グループのほうがいいのです。覚醒グループの正答率は69%、睡眠グループは93%でした!!

我々が寝てる間に、脳みその中ではこびとさんがせっせと情報を整理して、パターン認識したりしてくれてるのね。

寝るの大事です。

ま、そこまでは、まぁそんなこともあるかなという感じなんですが、最新の研究ではさらにその先があって、

睡眠って、均質なものじゃなくて、深さに段階があるでしょ。レム睡眠と、段階1(導入)~段階4(深い)とあって、それぞれ何を整理整頓するのが得意かというのが違うというんです。

レム睡眠…パターン認識
段階2…動作の整理
段階3、4…暗記(知識)の定着

だから、この本では、大胆な提案をしています。明日テストだ、時間がない!! ってときに、
数学のテストなら…レム睡眠を重視して、夜更かしして勉強し朝はぎりぎりまで寝る。
暗記物のテストなら…深い睡眠を重視して、夜は早く寝て明け方に起きて軽く復習する。

どうでしょうねぇ。素直に、前もって勉強して前夜はしっかり寝たらどうだろうかと思うけど。

ピアノの練習はもちろん、テストもないし(^^;; 「パターン認識」も「動作の整理」も「暗記の定着」も全部必要だから、慌てずしっかり寝たらいい(寝るしかない)んだけど、そういえば、
週末にまとめて練習するよりは、日々分散して練習したほうがよさそうですよね。睡眠が挟まってるから。

とはいえ、生活の都合があるんだから、思ったようにできるとも限りませんけどね~

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「工数」という考え方(ピアノの練習)

2016年06月21日 | ピアノ
ある友人(女性)に「ベランダに植木鉢を置いてたこともあったんだけど、なかなか維持できなくて今は何にもない」と言ったら、

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←あなたにとってピアノを弾く時間とは

「あーわかるー、植物選ぶときって、『工数少ないのはどれか』とか考えちゃうよね」だって。

…「工数」なんて言ってる時点で、あなたも植物育てるのに向いてないと思います(-_-;; ちなみにその観点で選ぶなら「ポトス」一択かと(ミントもなかなかよいという噂が)。

その人は開発系のお仕事してる人だからそういう言葉遣いになったんだけど(私はあまり「工数」とは言わない)、要するに手間のかかり方が「1人日」とか「1人月」とかね、そうやって見積もりを立てたり、膨らまないように管理したりするんだけど、そもそもベランダの植物に水をやったりするのにかかる時間を、「少なく済まそう」とか考えてる時点で

じゃあ植物置かなきゃいいじゃん

って話であって(それで実際私は植物を置いてないわけだ)、ベランダに植木鉢を置くのは、その時間が憩いであり楽しみである人がすることだよね。

…私も大きくなったら(?)そういう人になる予定なんだけどさっ(^^)

それで、あることにかかる時間を「工数」といって勘定するか、楽しみの時間と考えるかはものすごく違うことなので、だからたとえばその二種類の人種がPTAの「ベルマーク集め」なんかに関わろうもんなら話が合うわけはなくて。

ベルマークを集めてもらえるあの「ちょんぼり」したものにかかる「工数」は、と考えたらそりゃあ割に合うはずがないのでそんな活動やめちまえ、もしやらなきゃいけないとしたら預かって自宅に持ち帰ってちょきちょきしますって。

一方、それを口実に集まっておしゃべりに花を咲かせるところが楽しいと思えばお持ち帰りとかありえないし。

そういう、二つの時間の捉え方を考えてみると、そういえば「ピアノを練習する時間」って、そのどちらとも違うなぁと。

もちろん、ピアノを練習する時間なんてできるだけ少なくしたい、などと考えてるわけはなくて(だったらピアノやってない)、憩いの時間、楽しみの時間であるという面はあるのだけど、でも、それだけじゃない。「憩いの時間」とは言いにくい瞬間もあったりするし、効率というものもやっぱり考えますよね多少。多少だけど。

ただ、今この瞬間が一番心地よいように、癒されるように、というピアノの弾き方もできる。まぁ既にだいたい弾けるような曲をだらだら弾いてハイ次、みたいな、部分練習したりとかはぜんぜんしないで、流し弾き。これはあんまり練習とはいわないかも?? でも別に悪くはないよね、そんな日があってもかまわないとは思うけど。

でもそんな日ばかりじゃ実はあんまり楽しくないかもしれない。というか、楽しむくらいまで弾けるようにするところは練習したわけで、そうでなければ成り立たない(笑)

逆に、「ピアノがうまくなる」なり「この曲を弾けるようにする」なりの目標に沿って、ひたすら効率を追求するというのも…たとえばだけど、次のレッスンまでに練習できるのが10日間におよそ15時間、練習するのはバッハのインベンションとショパンのこれこれと、バッハには5時間、ショパンには10時間かけることにして、ショパンは4ページなので部分練習中心に2時間あたり1ページ、仕上げに全体練習を2時間、なーんてことをやって手帳にチェックつける人もあまりいないだろう(いるかもだけど)。

私も稀に、締切(合わせ練習とか、本番とか)があってぜんぜん間に合ってないときに、「工数」割り振るモードに突入し、がぜん本気に計画立ててがりがり進めることがある。いつもこんなに真剣に練習してたらさぞかし捗るだろうと思うけどそんなことはたぶんできないししたくもない(^^;;

たいていはこの二つのモードの間のどこかで「練習」しているけど、長続きする楽しみのためにはその自分なりのバランスを取るというのが吉だろう。

でも、稀に「工数」モードに入ってるときってハイになってるから、別に嫌々そのように練習してるわけじゃなくて、それを楽しいと感じてるんだよね?? もしかしたら人によっては、ぎゅっと効率よく、かつ進行を管理しつつガシガシ進めることが苦にならない、というかそれ自体がおもしろく楽しくて(癒しというとちょっと違うとしても)、いつもいつもそうやって練習してる人がいるかも。そしたらそれは(うまくなるための)才能があるっていうことになるんだろうな(ある意味)。

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人前でモーツァルト弾くのって、怖い?

2016年06月20日 | ピアノ
もちろん小さいころは怖いもへったくれもないんだけど、なにしろ私の「ピアノ歴」は「エリーゼのために」を最後に途切れていたので、モーツァルトを人前で弾いたことはないかもしれない。

   にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ←オフ会などでのモーツァルト頻度はそんなに高くない

でも仮に弾いたとしたら、「エリーゼのために」の録音を聞くかぎりとにかく平板でカタカタと何もおもしろくないけどそれなりに正確なピアノを弾いていたようなので、別にモーツァルトだからどうだということはないですね。単に、「まだソナタじゃなかった」から弾いたことがないんだろう…

時は流れて、大学生のころ、今度はフルート。

フルート同好会というぬるーいサークルで、人前で演奏するようになったんだけど、フルート曲っていうのが、妙に古い(バロック)のと、妙に新しいのばっかりで、その間が非常~に少ない。ない、わけじゃなくて少ないんだけど、ピアノだったらレパートリーの中心に当たるようなショパン、シューマン、ブラームスといった時代のものがほとんどなくて、あってもなんか超絶技巧をひけらかす系の、吹きたくもなし吹けるわけもなし。

だから貴重なレパートリーとしてモーツァルトの曲というのは気にはなったんだけれどもね。これがどうにも恰好がつかないというか、まともな演奏にならない。音が裏返ったり、音色が済んでいなかったり、間違った音を吹いたり、リズムがヨレたり、とにかく「なんかしたらアウト」「とてつもなく残念」で、傷のない演奏ができたらそこがスタートライン(だとしたら一生吹けない。当たり前だけど)。

だから表面上はずっとややこしいフランスの新しめの曲とかに走るんだけれども(^^;; (多少違った音を吹いても誰もわかりゃしない) まぁ間違ったら即わかるとはいえバッハやテレマンならまだしも人前で吹けるんだよね。あの違いはなんなのかしら。

モーツァルトは、穢れなく、あくまで純粋に美しく弾かねばならないみたいな…

そしてそのあと、ちょうど私が社会人になってすぐぐらいに放映されていた、ワルター・クリーンの「ピアノでモーツァルトを」という番組でその「呪縛」はさらに強固なものとなり(そのあたりのことは記事に書いたことがある「ワルター・クリーンのモーツァルトの呪縛」)、

そこからまた、イングリット・ヘブラー(この人の演奏がまたもうほんとに澄んだ美しさなの)のモーツァルトソナタ全集を買ってしまったためにその呪縛はさらにさらに強靭なものとなり、

…ということは、大人再開ピアノに辿りついたときには既に、「人前でモーツァルトなんか弾けない」というのは鎧レベルに強化されていたんですよ。そのとき30代後半。

それが今、50歳目前の今となってみると、その呪縛の「呪」の字も、というか「じ」の字(^^;; すら残っていなくて、けど呪縛がどのようなプロセスで解けていったのかの記憶があやふや。

ひとつには、年を重ねていくにつれ、ツラの皮が厚くなるとともに、「できるだけうまく見せたい」というような見栄のあたりがすり減ったというのが大きいとは思う。確かに、モーツァルトはちょい間違えただけですぐバレる曲の筆頭ではあるんだけど、まぁごまかすのうまくないしどうせどの曲だってミスしたらわかるわね、四の五の考えても無駄。。

もうひとつは、いろいろな機会に「大人ピアノ」を聞くうちに、そういった素人ピアノの演奏の魅力っていうのが、「傷のない演奏の上に」築かれるという性質のものでないってことが実感できたということかな。

モーツァルトの曲は、いろんなところにいろんな仕掛けがあって、実におもしろく(人を食ったようなところも)できていて、平板どころではない。それを「これはおもしろい」「これはきれい」「おっとこんな展開」と楽しんで弾いていたらそれはそれで聞くほうもそんなにつまらなくはないんじゃないかと(イングリット・ヘブラー路線でなくても)。

モーツァルトなんか弾けない、のコンプレックスの中には、「音階とかちゃんと練習してないし」というのもあったりしたのだけれど、ごくきれいに粒を揃えて快速に軽やかに、現実には弾けてなくても自分の弾きたい音階のそういうイメージ(?)を持って弾けば「そう弾きたいのかな」ということくらいは伝わるかもしれない…という、「妄想がだいじ」とおっしゃるおゆき先生の影響も大きいのかもしれない。
#おゆき先生は妄想だいじとはいったけど、音階弾けてなくてよいとはいってない

ともかく、今年も何かモーツァルトをどこかで弾きたいと思ってるんです。でも、「とりあえず手に当てとくぞプロジェクト」も佳境なので(というかてこずってるので)どうも時間的に辻褄が合ってないかもしれない。

にほんブログ村 ピアノ  ←ぽちっと応援お願いします
にほんブログ村 ヴァイオリン ←こちらでも
にほんブログ村 中高一貫教育


「はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと~アンダンテのだんだんと中受日記完結編」ダイヤモンド社 ←またろうがイラストを描いた本(^^)


「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社
(今回もイラストはまたろう)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加