畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

忙中の閑「バドミントン指導」

2018-06-13 13:03:30 | バドミントン

 

 昨年は小学校のバドミントン指導も前期後期に別れ、1ケ月に2回ほどだった。(これは子供たちのラケット)

今年から方針が変わり、年間を通してやると言うが1ケ月に1回ではどうも調子が出ない。

 

  シャトル(羽球)はコーチを務める相棒が使い古しを持参。

学校でもナイロンシャトルを準備してあるが、どうしても本物の羽根を打たせたいから。

 

  こちらは小学生では有りません。

担当の先生二人だけれど、初心者。でも若いから体は動きますね。

 

  次回、と言っても来月になるけれど、先生を先ず鍛えようかな。

先ずは指導者の育成からですよ。そして、ご自身が面白さを感じたらきっと指導にも熱が入るはず。

 

 まさにバドミントン指導は「忙中の閑」と言う感じ。

朝早くから畑に出て仕事。そして、バドミントンを終えたら山の畑でさつま芋植え。

 本当に身体が二つ欲しいような日々が続きます。

あ、バドミントンクラブの子供たちの中にも先日の「健康ウォーキング」に出てくれた子もいたぞ。

コメント (2)

バドミントンの楽しさを教える

2017-12-10 07:51:28 | バドミントン

 木曜日7日で今年後期のバドミントン指導が終わりました。

課外活動ではなくて、授業の一環として行われるために服装もバラバラで遊びのような雰囲気。

 コーチを始めた当初はプログラムを組んで、基本からと思ったけれどもこれでは無理。

それでは、バドミントンと言うスポーツの楽しさを少しでも知ってもらい、将来につなごうと考えを改めた。

 

  今回は最終日であり、試合数をこなして終わろうと考えた。

「今日のペア決めは君たちに任せる。試合方法はトーナメントかリーグ戦か」と問う。

 「トーナメントだと負けた時点で終わりでしょ、それならばリーグ戦」と言う意見が多数。

相棒のコーチが対戦表を作って、試合を始めることに。

 

  みんな、結構気合が入っていますよ。

やはり、負けるよりも、勝った方が嬉しいという気持ちが伝わってきます。

 

  全校児童数70名あまりと言う小規模校。今回のバドミントンクラブも4、5、6年生合わせて10名。

途中で、来年からクラブ活動が始まる3年生が見学に来ました。

 相棒のコーチと、ハイクリアー、スマッシュ、ドライブと基礎打ちを見せてあげます。「オー」と言う感嘆の声。

「よしっ、来年からは教えてあげるからね」と言うと、嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

 

 もう10数年も使い続けているラケットケースです。

中にはラケットだけでは無く、シューズはもちろんの事、指導内容のプリントも入っていますよ。

 さて、古希を越えたスベルべです。後任を選びコーチの立場を譲ろうと思っています。

でも、なかなか見つからず担当の先生には「来年もお願いします」なんて言われてしまいました。

コメント (2)

へなちょこスマッシュ

2017-09-18 05:54:47 | バドミントン

 先週の木曜日から、後期のバドミントン指導が始まった。

未経験者も多く、先ずは得点の数え方、ゲームの進行方法を教えるための自作の資料持参です。

 

 急に秋の風が冷たく感じられるようになり、コットンのベストを着用。

昔、会社の地域代表に選ばれていた際に着ていたユニホームでもあります。

 

 ストレッチで準備運動を済ませ早速開始。

今回は指導するパートナーが所用で遅れるために、毎回見せる基礎打ちは後回し。

 

 前期後期でメンバーも変わり、毎回初心者が入るため先ずは実力の見極めから。

今回の子供たちは、結構運動能力が高いと見ました。後はスベルべコーチの教え方次第でしょう。

 

 楽しそうに打ち合っています。

スベルべコーチは二面のコートを回りながら欠点を指摘し、修正させます。

 終盤、終了時刻直前にパートナーが到着。「みんな集合これからどういう風に打つか教えます」。

さて、初心者を驚かそうと、最初に素早いタッチの「ドライブ」を打って見せます。

 次には後方からネット際に落とす「ドロップ」ネット際でやり取りする「ヘヤピン」などを披露。

最後には、見せ所「スマッシュ」です。

 初めて見るスマッシュにスベルべの「へなちょこスマッシュ」にも、

歓声と拍手がわきました。指導はとびとびになってしまうけれど11月まで続きます。

コメント (2)

バドミントン、懐かしのプログラムを入手

2016-07-10 04:35:15 | バドミントン

 先日、母校でもある小学校にバドミントンのコーチとして出かけた際に貴重なものを頂きました。
もう一人のコーチの相棒は、現役の選手でもあり、その関係で余ったプログラムをプレゼントしてくれたのです。



 平成28年度、第35回大会ですって。中越地震の年には中止になりましたから実質36年目ですね。
この第一回の大会から、監督兼選手として出場し続けたスベルべでした。



 毎年こんな日程で、新潟県の中越地域を転戦していました。
長岡市北部体育館なんて、懐かしさと恥ずかしさが入り混じった思い出。

 第一回大会で、なんと女性ペアと対戦し、熱戦ではありましたが負けてしまったのです。
当時は珍しい女性ペアの試合ということで、たくさんの観客が見物に来た中での敗戦でした。



 こんな見事な看板を作ってくれた後輩たちに後事を託し引退したのは7~8年前。
一時期は15部の中の4部まで昇格して頑張っていたのでしたが・・・・。



 この年辺りを頂点に、職場の勤務関係がそろわず、結局解散したようです。
創始者のスベルべに連絡が無かったことは悲しかったけれども、致し方ないですね。



 その後、還暦を過ぎてからも乞われて別のチームで出場もしてみました。
なんと、若いペアを相手に、テクニックを存分に発揮して勝利を得たのでしたよ。



 うわー、懐かしいなー。昭和58年度第二階とありますよ。
バックハンドサービスの体制に入っているのが、若き日のスベルべです。

 30歳を超えてから熱中したバドミントンは30年以上も続けました。
生来運動は苦手のスベルべではありましたが、人間何か一つは取り得もあるものですね。

 今、こうして元気に毎日働けるのも、バドミントンのお陰の部分も大きいと思います。
そうそう、サラリーマンとしての現役時代も多くの職種の仲間と知り合えたり、大きな財産となりました。
コメント (4)

ゼンマイとバドミントンと

2016-04-24 12:10:15 | バドミントン

 背中に一杯のゼンマイを背負ってようやく家に帰り着く。
正午を少し過ぎて帰宅しましたがこの日の午後は小学生へのバドミントン指導の初日でした。



 昼食後、少し休んで小学校へ行き、新任の校長先生に挨拶。
そして、相棒の到着を待って体育館へと向かいます。

 協議の説明と柔軟運動、ストレッチに続いて基礎打ちを披露します。
「ハイクリアー」「ドロップショット」「ヘアピン」「ドライブ」「プッシュ」と進めます。

 4年生から6年生までの8人のメンバーの感嘆の声。
それぞれの打ち方に拍手さえ聞こえましたが最後の「スマッシュ」には拍手と大歓声です。



 所で久しく手入れをしていないラケットのグリップがポロポロ。
もうとうに巻き直さなければならない時期になっていたのでした。



 そこで急遽グリップテープを小出のスポーツ用品店で購入。
300円から800円まで有ったけれども最安値のテープで我慢です。



 古いグリップテープを取り除き、新しいものに取り換える。
ガットなど手張りでは無くて、スポーツ用品店にテンションを指定して張る人もいるけれどスベルべはいまだに手作業。



 もう一本の手入れが済んでいないけれど、これはガットも張り替える事にしましょうか。
こうしてラケットの手入れをしていると、昔の競技、試合が思い出されて懐かしい。

 今回もゼンマイ採りでへろへろになった身体で良くぞ打てたものと自分でも感心。
「お若いですねー!」の担当女性教諭の言葉に鼻がビクつくスベルべトーちゃんでした(笑)。
コメント