畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

男ばかりの同級会

2018-11-21 04:24:08 | 暮らし

 日曜から一泊で群馬県みなかみ町の水上温泉に同級会に出かけました。

みなかみ町は、20代の後半を5年間過ごした懐かしい街で、新所帯もそこがスタートでした。

 結婚するまでは、仕事もしたけれど、酒にマージャンにと遊びも盛りだった。

いや、結婚してもマージャンは止めなかったから、若き日の妻も泣いたっけなー。

 昔を偲んででも無いけれど、鈍行、普通電車で1時間半をゆっくりと楽しみました。

途中で、仲間の誰かが乗るかと思ったけれど、最後まで一人。準備したウィスキーを飲みながらの旅に。

 宿の自動車でホテルのロビーに到着すると「待ってたよ、最後の一人」なんて言われてしまう。

一風呂浴び、記念撮影の後は宴会開始。同級会ですから先ずは校歌の斉唱ですよね。

 

  力の入っている同級生は高校2年から3年にかけての春休みに、今は亡き友と三人で東北貧乏旅行。

今でも昨日のことのように思い出してしまいます。その後彼は畑違いの旅行業に就き活躍。

 世界80か国を回り、アメリカも40州訪れたとか。英語も自在に操られるらしい。

そんな暮らしの影響か若々しいですねー。特におつむはスベルべ脱帽のフサフサ加減(笑)。

 

  宴会の締めは当時の応援団副団長の掛け声で応援歌。

そして、お互いへのエール「フレーッ フレーッ長工」で締めました。

 そうだ、彼は柔道部員で運動とは無縁ながら、組打ちには自信のあるスベルべとレスリングをしていた。

いきなりレスリングとは行かないけれど、同好会として立ち上げようなんて相談までしていましたよ。

 

  そして、お定まりの二次会へと。

酔うほどに昔話も出るけれど、今の話題としては上下の話題。上はもちろんオツムだけれど、下は・・・・・(笑)。

 

 カラオケ自慢、声自慢も何人も。一人は「テネシーワルツ」を見事な発音で歌い切った。

聞くと、本格的に発声練習に取り組んだことが有ったとか。こりゃのど自慢合格間違いなし!

 最初は遠慮していたスベルべだけれど、酔いが回ってきたら喉が何だかむずむずと。

「良いかーみんなー、70歳の『恋』だぞー」なんて言いながら松山千春の『恋』を歌い切りました。

 うーん、結構みんなが聞いて気に入った様子でしたよ。

翌日は朝風呂に行くと、次々と仲間が。温泉を楽しみ、朝食を楽しみ帰りは友人の車で無事帰還でした。

コメント

連載177「休憩代わりにゼンマイ揉み」(その3終わり)

2018-11-20 04:30:03 | 山菜

        (これは余裕の一枚。家の裏で西日に当てています)

      休憩代わりにゼンマイ揉み(その3終わり)

 しばらく畑仕事で汗をかき、水分補給を兼ねて、そして休憩を兼ねてゼンマイをもむのだ。

忙しい中で考えた窮余の一策とでも言えようがこれは中々効率的。

そうですね、妻がまだ現役で勤めていた頃も一人でこんなことをしていたなー。


 冷やかすつもりでも無かろうが、ウグイスが近くの木にとまって歌声を聞かせる。

ウグイスの奴は、日がな一日縄張りのチェックで同じ木々の枝を定期的に回りながらこうして鳴いているのです。

他にも忙しそうに「シジュウカラ」が小枝を渡り移りながら鳴きかわす。


 春の暖かな日を浴びつつ、畑仕事をし、そしてゼンマイをもむ。

ゼンマイを広げた農道の畑の反対側はカタクリがお花畑のように咲き誇る。

こんな田舎暮らしも悪くはない、なんてつくづく思いながら、腰を上げ再び鍬を握る。

帰りにはもう一度ゼンマイを採りながら山を降りようか。


                  (終わり)

   (掲載新聞の都合で2週間休みになったしまった連載です)

コメント

自然薯トロロ蕎麦!

2018-11-19 11:56:36 | 食べ物

(再掲写真)

 秋の山芋シーズンは毎日でも山芋掘りに行きたい。

でも、畑仕事が優先でままならない。晴天の日に掘りたいなー。それがささやかな夢です。

 

  特に注文はしなかったけれど、昼食に自然薯山掛け蕎麦が出てきました。

乾麺でも今は美味しい蕎麦がありますからね。うん、頂いたばかりの「イチカラ畑」の蕎麦でないのが残念。

 

  自然薯、山芋のとろろは単純な煮干し出汁で伸ばしたもの。

お玉で掬い取れないほどの、粘り気の強いとろろ汁を蕎麦に掛けます。

 

  もう、ずるずると啜り込む音なんて遠慮している場合では有りません。

「美味いなー」「美味しいねー」と啜り込む間に交わす言葉です。

 

 カリカリカリとお玉の音を立てながら最後まで掬い取る。

さて、ご馳走様。この味は来年までお目にはかかれませんね。

 先日、小雨の中二回目の山芋掘りに行ったのでした。

でも、いわゆる「蔓が飛ぶ」状態で、蔓の関節から切れて、探し出すのが困難な状況。

 スベルべはそんな条件でも、地際から残る最後の一節を見つけ出す眼力を持っています。

雪が降り、雪崩状態で雪が斜面を落ちると、頼みの綱の最後の一節も流れ落ち見つけることはお手上げになります。

コメント (4)

連載177「休憩代わりにゼンマイ揉み」(その2)

2018-11-18 05:15:36 | 山菜

         (おや、古い一枚ですね。マックスが見ていました)

        休憩代わりにゼンマイ揉み(その2)

 ご存知のように、ゼンマイは採ってからの処理も大変な仕事。

お昼休みもそこそこに寸暇を惜しみゼンマイの綿毛を取り大きな蒸かし釜で茹で上げる。

何回も繰り返すと山の畑からの帰りで採っただけでも「ムシロ」二枚に広げるほどの量になるのだ。


 ゼンマイ採りにだけ励んだらかなりの収穫も見込める。いや体力的な問題も有るかも知れないが。

でも、時は春。畑仕事も大切な季節だから大変。厄介なことに茹でたゼンマイは広げたままとは行かない。

一人がゼンマイを揉む残る訳にも行かず、そのために仕方なく、

ゼンマイを広げた「ムシロ」を軽トラの荷台に載せて山の畑へと向かう。


 山の畑の農道にムシロを下ろしゼンマイを広げて仕事を始める。

ご存知でしょうが、ゼンマイは丁寧に揉むことを繰り返してこそ良質な「干しゼンマイ」乾燥ゼンマイになるのです。


           (続く)

   (今日は午前中は神社の冬囲いと、遊園地の遊具片付け。終えて群馬の水上温泉で高校の同級会。

  一泊してきて、明日の午後は会議のために早めに帰宅します。記事のアップは遅れます。)

コメント (2)

晴れの日の午後に大根一気採り

2018-11-18 04:53:33 | 野菜

 湯沢町、岩原スキー場のレストランと言う来客は午前でお帰りになられた。

勿体ないような秋の貴重な晴れの日。早めに昼食を食べ婿殿を伴って再び山の畑へ。

 

  長江青長大根とか、単に青大根、そしてビタミン大根とも呼ばれる緑の大根。

不思議なことに、皮が緑色の部分は中も緑色、白い部分は白くて美味しくないのです。

 

  次いで、お客さん、特に飲食店に人気の「紅クルリ」です。

毎年、年の瀬、暮れに近くなると品薄で悲しがられるので、今年は沢山作りました。

 

  発芽直後は「ダイコンサルハムシ」に襲撃され息も絶え絶えの大根でした。

気温の低下とともに息を吹き返し、太り始めましたが何故か少し成長、大きさが不ぞろいです。

 

  下に持ち帰った大根は、農天市場の水道で洗い、泥を洗い落とします。

奇麗な緑色が現れてきます。今年は緑色の部分が長くて品質は上々ですよ。

 

  土を洗い落とすと「紅クルリ」の赤色が際立ちます。

この「紅クルリ」は、中も全く同じ、いやもっと鮮やかな赤色ですね。

 

 これは赤大根とか「もみじ」などと言う名前の大根。

断面は薄い紫から、城に近い色合いですが、酢、酸味に合わせると鮮やかな赤色になります。

 変わり大根、色付き大根は他にも「北京紅芯大根」があります。

こうしてかなりの数の大根を収穫し、洗ってスズキチの仕入れに備えたけれど、なんと一回で全部持っていきました。

 計算すると、40キロ以上お持ち帰りになったことになり驚く。

そして、その量を一週間で使い切ると言いますから、スズキチグループ6店舗の繁盛ぶりがうかがわれます。

コメント