畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

霧の宿「雲海」に行く(その6消えゆく霧の海)

2018-06-07 07:59:07 | 旅行

 風呂の後ろには木製の椅子があり、そこで火照る身体を冷やします。

泉質は特筆するようなものも無く、我が家の近くの「越後川口温泉」ほど温まることも無い。

 

  7時近くになると雲海は晴れ上がり、下の作業小屋がはっきりと見えるように。

そして、その向こうに松代高校の体育館の屋根も見え始めます。

 

  低くなった雲海はそれでも流され、形を変えながら小さくなっていく。

新緑と朝霧の雲海と小鳥たちの鳴き声。心が洗われるような時間を過ごしました。

 

  松代高校の実では無くて周囲の町並みも少しずつ見えてきます。

スベルべママの言葉は「下からこの宿を見上げたらどんな風に見えるのかなー」です。

 

  ほぼ雲海は無くなってしまいました。

なお、当初希望した31日の翌朝1日の朝は雨で、全く雲海はは現れなかったと聞きましたから幸運な事でした。

 朝から晩で昼寝さえままならないような多忙な日々をやりくりした旅。

ハウスの野菜苗が気になり、9時頃には帰宅して娘には「ゆっくりしてきたら良いのに」と笑われてしまった。

               (終わり)

コメント (4)

霧の宿「雲海」に行く(その5霧を露天風呂で)

2018-06-06 12:46:52 | 旅行

 

 急いで一旦部屋に帰り、タオルとカメラを持って露天風呂に。

風呂に行くと先客が何人かいて、「おはようございます」と大きな声で挨拶をして入る。

 

  また山の説明を少し。左奥、送電線の鉄塔の向こうが「巻機山」です。

10数回、いやもっと登ったかなー。白眉は親子4人で当時飼っていた犬の「チロ」を伴って登ったこと。

 ヌクビ沢コースで残雪の残る8月末、娘たちの夏休みの終わりころだった。

「チロ」は岩場で爪をすり減らし、出血してしまう。スベルべは以降「チロ」を担いで登った。

同じコースで、翌日登山者が一人転落死してぞっとしたものでした。

 

  幻想的な雲海の風景はまだまだ続きます。

先客たちは、「こんな雲海は初めて見た、良い物を見させてもらえた」と話しつつ引き上げる。

 

  一人残ったスベルべは誰に気を使う必要も無くなり、カメラも自由に使えます。

風呂の縁には、転落防止用のアクリル板がある。そして3か所に春夏秋の風景写真で遠くの山々が説明されいている。

 

 こんな風景を露天風呂で独り占めですからたまらない事です。

いや、隣の女性用露天風呂ではスベルべママが独り占めにしていることでしょう。

            (続く)

コメント

霧の宿「雲海」に行く(その4霧の海出現)

2018-06-06 06:11:53 | 旅行

 まだ濃くなったり薄くなったりを繰り返していますが、下の水田にある作業小屋が見え隠れする。

失礼ながら、作業小屋が必要なほどの水田は無いと思うのだが、風景のポイントにはなっています。 

 

  中央の向こうに見える、先が少しとがって見えるのが「鳥甲山」です。

昔、先年亡くなった同級生と、同じく同級生の女生と3人で行ったことが有った。

 亡くなった同級生は元気な盛りで健脚。そして何か気をまわしたのか、一人で登りスベルべと女性が残った。

彼が登頂を果たして下山してくるまで、二人で残っていたのだが、どんな会話をして待ったのかさえ忘れてしまった。

 

  雲海は少しずつでは有るけれど、刻々と変化を見せてくれる。

喫煙所の下には、カメラを構えた何人かの人影が見え始めました。

 

 正面少し左の奥手に谷川岳も見えます。

双耳峰と呼ばれる、二つの突起のような姿が谷川岳の特徴でもあります。

 谷川岳にも家族4人に義母を加え5人で登ったことが有る。

谷川岳ロープウェイを使うのでと、スニーカー程度で登ったら言わばが多くて、全員が足痛に悩んだ。

          (続く)

     (ブロックを一件アップしてから山の畑へ、さつま芋の水やりに。只今帰宅してこれから朝食です。)

コメント

霧の宿「雲海」に行く(その3霧は徐々に薄くなり)

2018-06-05 04:06:59 | 旅行

 霧に包まれてはいるけれど上々の天気らしく、霧の上の空は青空のようだ。

ようやく急斜面の木々が見え始めてきました。

 

  簾の衝立があり、外に突き出て見えるのが露天風呂の男性用。

そして、見えないけれどその向こうが女性用の露天風呂で、これは通年このままで男女用が変わることは無い。

 

  そして、すぐ下には道路が通っているのだけれど、気にはならない。

何せ、早朝など写真を撮るための人が乗る自動車がたまに通る程度ですから。

 

  霧は風に流され、濃くなったり薄くなったりを繰り返す。

これは霧の海「雲海」の出現が期待できそうです。朝の露天風呂は6時オープンですから行ってみましょうか。

 

 徐々に霧が下がり雲海が出現しました。

感動の一瞬です。ほぼ正面の真ん中が少しくぼんで見えるのが「苗場山」です。

               (続く)

コメント

霧の宿「雲海」に行く(その2霧は出たか)

2018-06-04 04:44:38 | 旅行

 宿の布団って意外に寝にくい。

酔いが醒め、目が覚めるとなんと2時。もう一眠りして再び目覚めると4時半。

 

 カメラを担いでロビーに出ると嬉しいことに一面の霧。

でも、ベランダから外に出たいけれどもドアが施錠されている。喫煙コーナーを見つけて狭いベランダを見つけた。

 

 雲海と言えばまさに雲海。

でも、これでは五里霧中も良いところで何も見えやしない。

 

 5時前には朝日が昇って来たらしい。

朝日の光が空を青く見せてくれるけれども風景は見えません。

 

 ほら、こうして見ると、少々風情には欠けるけれども突き出たところが露天風呂ですよ。

露天風呂のオープンは6時からとだと言います。いったん部屋に帰って先ずは朝風呂と行きましょうか。

            (続く)

コメント