畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

越後駒ケ岳の思い出

2018-11-03 17:54:00 | 登山

    小屋仕舞(連載の再掲)

 昭和45年の11月3日、文化の日の越後駒ケ岳は降雪の後の通例で、眩しいほどに晴れ上がっていた。

10月の初雪から、何回かの降雪を経て、根雪となり深い雪に覆われるのだ。

 山友達が、駒の小屋の番人「星六松」氏と付き合いがあり、小屋仕舞の手伝いを約束していた。  

そのため、私を入れて3人の仲間と、通称「駒の六さん」と彼の娘さんの、

小学校6年生のミチ子ちゃんの5人で新雪の駒に登ったのである。 

 私にとって、その年は春山から初めて、最も数多くの山行をした年だった。

 

 駒の湯からの、コースの急登も徐々に雪が深くなり、小屋に到着する頃には膝を越える積雪となっていた。

元気な5人は小屋で、ゆっくりと昼御飯を食べ、小屋仕舞に取りかかった。

 私は小屋から一登りした山頂のステンレスの道標を外し、小屋まで担いで小屋に片付けた。

他のメンバーは、小屋の掃除、気象観測の結果を送信する無線機器の撤去等、仕事は多かったが、

天候の変化を考えると、小屋の時間を何時までも楽しむゆとりは無かった。

 

 取り外した、無線機器等を背に帰途についた。

雪で白く輝き、青空に吸い込まれるような駒ケ岳の、山頂を振り返りつつ、

他愛の無い冗談を交わしながらの下山は楽しかった。

交替で重い無線機器を背負ったが、なぜか六さんが背にすると、斜めになり背中から落ちそうになるのが可笑しかった。

 真面目なのに、何をやってもユーモラスになり、しかし、何処かにペーソスを漂わせた、

独特の人格で多くの登山家に愛され、山好きな人達の間では結構有名な、小屋番だったのだ。

 

 その翌年の10月末、あれほどベテランで、駒ケ岳の気象にも地形にも精通した六さんが遭難した。

一旦下山してから、風邪気味の体調を押し、連休に登る登山者の面倒を見るために小屋を目指し、

小屋の直下、もう一歩でたどり着く所で、吹雪の中無念の死をとげってしまった。

 葬式に小屋仕舞の約束をした友と、駆け付けた。

その友も、十年余り後、越後三山の縦走中に、滑落して、六さんの後を追ってしまった。

 

コメント (2)

予想されていたとは言え最悪の結果

2018-05-31 04:23:41 | 登山

 3日ほど発見できなかった時点でスベルべは最悪の事態を予想していた。

ハイキングのような軽装で、コンビニを出る後ろ姿が防犯カメラに記録されていました。

 山に入った5日以降はずいぶん冷え込んだ日も有り、とても軽装でビバーク出来る条件では無かった。

それでも、翌日6日朝にこれから下山すると連絡が入ったと言うから、一晩は無事に越したようです。

 従妹の連れ合いが「米山」で遭難した際も同じような季節で同じような条件。

道に迷ったのは残雪上に残ったゼンマイ採りか何かの足跡を頼り沢に迷い込んでしまったのでした。

 助かったのは冷静な行動で、沢の途中に突き出た大きな木に腰かけて朝を待ち、県警ヘリに発見された。

それでも、低体温症で病院に入った時は心臓と肺だけが機能している状態だったとか。

 奇跡の生還とも言うべき助かり方でしたが、5月の一晩を山中で過ごすだけでもこんな状態なのです。

お二人のご冥福をお祈りするのみですが、春山の危険性を周知することにはなった。山好きに対する警鐘です。

 

  我が家の畑のある山もずいぶん緑が濃くなってきました。

杉の木の先端付近に土の出た沢が見えますが、その下にはまだ雪が沢山あります。

 この付近の沢も、春先には遭難が出かねないほどの危険な様相を見せます。

沢に滑り落ちて積もった雪は、土に触れる部分から溶け出して大きな口を開けることも多い。

 そんな穴に滑り落ちて、行方不明になり後日亡くなって見つかった人もいました。

ブロック雪崩の危険もあります。よほど地形を熟知していないと、入られる場所では無いのです。

 今年は比較的に山菜採りの事故は少なかったようですが、それでも何人か亡くなっています。

登山、山菜取り。簡単に見えても命を落とすような危険も伴う事を忘れてはならないのです。

コメント

山での遭難(一部抜粋再掲)

2018-05-14 05:44:38 | 登山

     山での遭難(一部抜粋)

 急いで現地対策本部に行くと、地区の町内会長、警察署の副署長、

消防署の副署長を始め多数の人達が詰めています。私は大きな声で名乗り、迷惑をかけていることを詫びた。


 着いて十数分たった八時過ぎ、ヘリから県警本部に報告する無線が傍受された。

「八時二分遭難者発見。無事の様子。」全員からどよめくような喜びの声が上がった。

「おい、生きていたぞ、無事だぞ、良かったなー。」その場全員の喜びの様子に私も目頭が熱くなった。


 その後収容作業を終えたヘリは、市営運動公園に着陸し当人は近隣の総合病院に運ばれた。

現地から警察署に行き、署員に先ずお礼を申し上げ、病院に急いだ。病院の救急治療室に恐る恐る入ると、

気配に気付き私の方を見た。「無事で良かったなー」と声をかけると、

擦り傷と血行不足で青黒くなった手足の治療を受けながらポツリポツリと状況を語った。


 下山途中に二回、道を間違え一回目は元の道に帰れたのだが、

二回目は最悪で残雪の残る沢に迷い込んでしまった。

そこで濡れた着衣を着替えたのだが悪いことは重なり、大切なリュックを取りに行けない下方に落としてしまったのだ。


 しかし、そこから沈着に無理な行動を取らなかったことが生還につながった。

斜面の大きな木に腰かけ雨の降り続く夜を過ごしたと言う。名前を呼びながら飛行するヘリコプターを見て、

助かったと思い、手を振ったが中々見つけて貰えずもどかしい思いをしたそうだ。


   前にアップした文章の一部です。

 連休中に新潟県五頭連峰に登ったと思われる親子の消息が途切れて一週間以上が過ぎた。

登山経験も少なく、途中立ち寄ったコンビニの防犯カメラでとらえられた二人の服装も全く軽装。

この時期の1000メートル級の越後の山は積雪が残っていて危険なのです。

残雪上に残る足跡を頼りにしても、全くあてにはならないのです。

親子の無事を祈るばかりですが、あの軽装で何日かあった低温の日を乗り越えられたとはとても思えない。

一日でも早く発見されることを祈りますが、連休ゴールデンウイークでも雪が降ることも有るのが山なのです。

コメント

六万騎山に登る(その4終わり)

2018-04-25 04:59:48 | 登山

 帰りに五日町スキー場方面を眺める。

スキー場と魚野川の間、中間あたりにスベルべママの弟の家があります。

 

  もう一度我が家の方向、そして旧小出町辺りを眺める。

両側から山が接近し、盆地が狭くなっていて、旧小出町も魚野川による水害で悩まされていました。

 

  もうすぐ、登山口に着こうかと言う所、反対側から登ったら登り始めてすぐのところ。

カタクリはもう終わっていましたが、登山口から数分、いやもっと近いところでもこんなお花畑が見られるのです。

 

  六万騎城の歴史や地理的形成が書かれた看板です。

400年もの昔に築城されていたなんて、夢のまた夢。「つわものどもの夢の跡」ですね。

 

 手前、駐車場マークのところに自動車を停めて登り、30分コースを20分で登った。

そして、左の現在地と言うマークのところに下りたのですが、写真を撮ったりで遅れるスベルべは一歩遅く下山。

 すると、スベルべママは駐車場まで自動車を取りに帰り、しばらくして乗って来た。

写真を撮ったことも有るけれど、連日のゼンマイ採りに疲れたスベルべの足には結構辛いハイキングでもありました。

             (終わり)

コメント

六万騎山に登る(その3)

2018-04-24 05:00:04 | 登山

 山頂に咲いていた、山桜です。

カタクリの花の終わりは残念だったけれど、他の花が満開ですから満足し極。

 

  山桜の花の近接撮影。

可憐ですねー。スベルべは実は桜はこの花が大好きなんです。

 

  同じ平坦地に距離を置かずに咲いていたのは「ソメイヨシノ」か。

ま、これだって本当にきれいな花なのですけれどもね。

 

  濃いピンク色の中々の美しさ。

だれが植えたのか、山桜の傍にあり、同時に咲くのも珍しいのではないでしょうか。

 

  残念ながら、花の最盛期を終えたカタクリのお花畑です。

こんな風に、城郭があったと思われる平地、そして見張りの櫓跡か何かの平地もすべてこんな風な状態。

 

 

 我が家の方向を眺めます。

 下の平地は、全体的に魚沼盆地とでも呼んだらよいのかな、両側の山の迫り方で幅は広くなったり、狭くなったり。

 そして、旧小出町付近で破間川、佐梨川と合流するあたりも狭く、そこから広がって旧堀之内市街。

そこから4キロほど下って我が家となり、我が家のすぐ下手で両側の山が最も近くなり川幅も狭くなるのです。

           (続く)

コメント