畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

サラダ畑へどうぞ

2018-10-31 08:36:01 | 野菜

 8月末から9月初めに蒔いた野菜はほとんどが虫の餌食になってしまった。

でも、後半そう9月中旬近くから蒔いた種は順調に育ちました。これは「赤リアスからし菜」です。

 

 これは何でしょうか。

紫色の水菜ですよ。葉を見ただけでは分からないかな。

 

 ほら、根元はこんなにきれいな紫色ですよ。

シャキシャキとした歯触りと、色合いはサラダにピッタリですよ。

 

 「レッドマスタード」です。

辛いのだけれど、「蓼食う虫も好き好き」なのか、やはり初めに蒔いたものは虫の餌食に。

 

 他にもラディッシュとか、緑色の「リアスからし菜」とか・・・・。

お好みのドレッシングと、冷え冷えの白ワインをお持ちになって我が家のサラダ畑にどうぞ。

コメント (2)

グッドフードフェスティバル(その3)

2018-10-31 05:05:32 | 暮らし

 

 後の黄色い車は「スズキチグループ」のキッチンカーです。

下ごしらえに忙しいメンバーたちは、ほとんどが顔見知り。おや?新顔と思ったら「インターンです」なんて。

 

  先日は女性のインターンも我が家を訪れたし、大卒が就業する時代になったようです。

飲食業、それも大規模に展開し新しいスタイルでの営業になると、大卒にも人気が有るのでしょうか。

 

  降水確率が50パーセントの週間天気予報で心配されたがなんと晴れ。

前日までの雨の影響で、未舗装の道路には水たまり。もっとも小さい子供たちは喜んで水たまりに足を入れていましたが。

 

  始めに紹介した手作りの正面ゲートです。

人が入れるゲートって目ずらいでしょう。と、紹介されましたがなるほど中には椅子も見えます。

 

  「いらっしゃいませ」とは言わなかったけれども猫が顔を出した。

 近くに、そっくりの模様の子猫もいました。幼稚園児が可愛がっているようで逃げたりはしません。

 他にも何匹かの猫が居ましたし、誰かがそっと置いていくのかなー。

鶏、ウサギ、猫たちと子供たちの触れ合いが想像できて、スベルべの気持ちもほっこりと。

            (続く)

コメント

ブルーベリーの引っ越し大作戦(その1)

2018-10-30 08:44:18 | 暮らし

 前回、「ブルーベリーの引っ越し」と題して準備を投稿してから10日経った。

満を持し、助っ人3人に依頼し、四人体制で出かけた。チェーンブロックは前日に近くの設備屋さんから借用。

 

  チェーンブロックで引き、根を浮かせ余分の土を欠き落とします。

根元にロープを絡め、方向・角度を変えながら土を欠き落とす作業を続けます。

 

  全体を四人がかりの力で引き、アルミ製のラダーに載せます。

これで、軽トラに載せる準備はようやく終わったのでした。

 

  少し道路にはみ出ていますが、交通量の少ない通り。

少々通行する自動車には我慢して頂きます。

 

  先ほどとは反対の方向から見たブルーベリー。

45年もの古木となると、魂が有るようにも思える。何処へ行くのか不安では無かったかなー。

 

  掘り上げたブルーベリーの穴です。

掘った際に出て来た大石、そして根についた土の分で大きな凹みになってしまった。

 でも、そこは抜かりなく計算済み。

我が家を出発する際に、畑の土を肥料の空き袋にいくつも詰めて持参していました。

           (続く)

コメント (2)

グッドフードフェスティバル(その2)

2018-10-30 05:40:24 | 暮らし

 「もりのようちえん」の説明が有りました。

立ち上げて10年なんですね。園児の皆さんが我が家の山の畑きたのはなんねんまえだったかなー。

 なんでお出でになったのか、ご縁も忘れていました。

すると、通りがかった女性が「あら、スベルべさーんなんて」。この幼稚園の関係者でお話でようやく思い出しました。

 

  10年の歴史を物語るかのように、記念植樹があちこちに。

これは今年の春の卒園児の植樹かな。もっと大きくなった記念樹もたくさんありました。

 

  さてさて、余熱も無事に済みました。

釜の蓋を開けて、さつま芋を入れましょうか。

 

  スズキチグループの社員の準備も着々と進行中。

「グッドフードフェスティバル」の建看板も中々のグッドデザインです。

 

  お、お弁当の容器もたくさんありますねー。

スベルべはフードコーナーの立派さに比し、お客さんの少なさに最初は心配していましたが・・・。

 

 何か所かにメニューが出ていました。

これは黒板に書いたメニューです。美味しそうですねー。

        (続く)

コメント

連載176「アルバム」(その3終わり)

2018-10-29 04:28:49 | 山菜

    アルバム(その3終わり)

 そこで、妻にその話をして写真を見せると、私、亭主の顔写真を見て驚いた。

「トーちゃんが一番変わったよー」なんて驚きの声。

そう言えば、私が分からなかった男のほか、もう一人最後まで不審そうな目つきでこちらを見ていた男がいたが、

そうだったのか。


 少なくても二人は最後まで私の正体が分からなかったようだった。

「年々歳々花相似たり年々歳々人同じからず」だ。

「40歳になったら、自分の顔に責任を持て」と、言うのはリンカーンの有名な言葉。

その年齢になったら、品性、知性、考え方がそっくり顔に出ると言うのがその意味。

そうすると私の場合、よほどの成長をしたのかな、いやよほど怠けて生きてきたのかなあ。

            (終わり)

コメント