農家の長男

「許さんちゃ、安倍政治!」
空地を活用し家庭菜園を営む自称「長男」の菜園日誌。     Since 07/9.26

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

里芋の初収穫

2008年10月30日 |  △里芋・自然薯

△赤丸に囲まれた2株を収穫

先日、ついに今シーズン初めて里芋を掘った。近所のおじいさん
から苗をいただき、東から3列目の畝に植えていたやつだ。

今回は、4株のうち2株のみを収穫した。



茎をすべて切り落とした後、スコップで里芋の根を掘り起こした。



そして、芋を1個1個もぎ取った。



「長男」が期待していた以上の出来だった。

今度、おじいさんに会ったら、お礼を兼ねて報告しておこう。きっと、
おじいさんも喜んでくれるに違いない。



(終わり)



野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント (2)

春菊の初収穫

2008年10月30日 |  △春菊・ホウレン草

△ホウレン草(左)と春菊(右)

先日、春菊を初収穫したので、記念撮影した。

取れたての青野菜は、見ているだけでも幸せな気持ちになる。
もちろん、手塩にかけて(?)育てた野菜なだけに、味も格別だ。



(終わり)


野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント (2)

ナスとピーマン

2008年10月28日 |  △ナス・ピーマン


先週末もナスとピーマンを収穫した。11月を目前に控えたこの
時期になっても、たくさんの実をつけてくれている。



素人に毛が生えたレベルの栽培方法でも、すくすく育ってくれる
野菜たちを見ていると、自然と感謝の念がわいてくる。

実にありがたいことだ。


(終わり)


野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント (2)

秋の緑

2008年10月27日 |  ◎菜園風景


秋も深まる中、菜園では多くの緑たちがゆっくりと成長を
続けている。

落ち着いた秋の緑は、最近、憂鬱になりがちな「長男」の心を
しっとり癒してくれる。

「長男」は秋の菜園が大好きだ。


(終わり)

野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント

大根の葉

2008年10月27日 |  △ニンジン・大根

△葉を整理した大根

生い茂った大根の葉の整理も兼ね、大根の葉を収穫した。



これらの葉は、味噌汁やサバの韓国風煮付けの材料として
活躍してくれた。

ありがとう、大根の葉!

(終わり)


野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント

レタス初収穫

2008年10月27日 |  △水菜・レタス類


この秋、初めてサニーレタスとチマサンチュを収穫した。

週末、「長男」家の食卓を飾ったシャキシャキの緑野菜たちを
記念撮影してみた。

(終わり)


野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント

ほうれん草の収穫

2008年10月26日 |  △春菊・ホウレン草

△収穫前の様子

この週末、ホウレン草を初めて収穫した。



準備していたザルがいっぱいになるまで収穫した。


△収穫後の様子

ありがたいことに、畝にはまだかなりの量のホウレン草が
残っている。

この秋、あと2、3回は収穫できそうだ。

ホウレン草、ファイト!

(終わり)


野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント

虫も仲間

2008年10月26日 |  △白菜・キャベツ
「長男」は、多い日には1日に3回くらいキャベツや白菜、
ブロッコリーの虫の駆除を行っている。

虫の卵と思われる白い点々や5mm~2cmくらいの小さな
幼虫などを、目につき次第、補殺するのだ。

しかし、中にはそういう「長男」の目をかいくぐり、かなり大きく育つ
幼虫もいる。


△キャベツの虫

週末、キャベツの葉で見つけた黒い幼虫には、今まで「長男」に
見つからずに、よくもここまで大きくなったものだと、小さな敬意まで
感じてしまった。

もちろん、撮影後、お陀仏(補殺方法は非公開)してもらったが、
懸命に生きる幼虫たちの姿に奇妙な「共感」を感じてしまった。

考えてみれば、様々な幼虫たちも「長男」の菜園に生きる立派な
仲間たちなのだ。

かと言って、あまり調子に乗られると困るが、野菜たちに致命傷を
与えない範囲内で、そこそこにがんばって生きて行ってほしい
ものだ。

(終わり)

野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント

自然薯を掘る

2008年10月26日 |  △里芋・自然薯

△西から1列目の畝

この週末、西から1列目の畝に植わっている自然薯(じねんじょ)
3株のうち2株を掘った。



前回と同じく、小さなシャベルと手で慎重に畝を掘り進めた。


△掘りたての自然薯2株

ありがたいことに、西側の畝の自然薯もかなり大きく育って
くれていた。



ついでに今シーズン最後のむかご(自然薯の実)も採集しておいた。

秋の恵みに心から感謝・・・。


(終わり)


野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント

2本の自然薯

2008年10月19日 |  △里芋・自然薯
秋の深まりとともに自然薯(じねんじょ)のツルがほどよく枯れて
きたので、いよいよイモを掘り出すことにした。



ある程度予想はしていたが、自然薯は畝のかなり深くにまで
根を伸ばしていた。


△自然薯の頭

いくら短型の自然薯とは言え、やはり山芋は山芋だ。


△自然薯を掘りだしたあと

大切なイモを傷つけないように、小さなシャベルと手で、少しずつ
掘り進めた。

今日のところは、西から2列目の畝の2本を掘り出すので
精一杯だった。


△2本の自然薯

さいわい、自然薯は畝の底でかなり大きく成長してくれていた。
初挑戦にしては上出来だ。

まずはこの2本をじっくり賞味した後で、残る3本を掘り出そうと
思う。


(終わり)


野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント (2)

ブロッコリー追加

2008年10月18日 |  △ブロッコリ・青梗菜



「長男」の心配をよそに、3株のブロッコリーが順調に成長して
くれている。

この調子なら、数年前の大失敗が元で「長男」がブロッコリー
栽培に持ち続けてきたトラウマも、なんとか払しょくできそうだ。

いや、すでに払しょくできているのかもしれない。



週末、隣町のホームセンター(ナフコ)に立ち寄った折り、何の
抵抗もなく、ブロッコリーを4株衝動買いしてしまったのだ。

4株のブロッコリーは、ニンジンを収穫した後の畝に植えてみた。
これで、菜園のブロッコリーは合計で7株。

虫なんかに負けるな、ブロッコリー!

(終わり)

野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント (2)

ホウレンソウも順調

2008年10月18日 |  △春菊・ホウレン草


ずいぶんまばらな状態にはなってしまったが、ホウレンソウたちも
かなり大きくなってきた。

そろそろ、大きなものから収穫してもよさそうだ。



一方、シュンギクの方も順調に成長してくれている。

がんばれ、ホウレンソウ&シュンギク!

(終わり)


野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント

10月中旬のナス

2008年10月18日 |  △ナス・ピーマン


長らくお世話になっている4株のナスをデジカメに収めてみた。
10月も中旬を過ぎようとしているが、ナスたちはまだまだ元気だ。



この週末もたくさんの実を収穫させてもらった。ピーマンと
いっしょに、あと2、3週間はがんばってくれそうだ。

ありがとう、ナス&ピーマン!

(終わり)

野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント

順調な白菜

2008年10月18日 |  △白菜・キャベツ


日夜、虫の攻撃にさらされながらも、菜園の白菜たちが、なんとか
順調に成長している。

6株のうち4株は、すでに中心部で球を作りはじめ、見かけも白菜
らしくなってきた。

がんばれ、白菜!

(終わり)


野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント

ニンジンは不作

2008年10月18日 |  △ニンジン・大根


週末、末っ子と一緒にニンジンの取り入れをやった。葉が大きく
育っているものを10本ほど引き抜いてみた。



結果はごらんの通り。

半分くらいがおかしな形のニンジンだった。自然の厳しさを思い
知らされた「長男」は、正直、かなりへこんでしまった。

もう一度、基本に立ち戻って、畝の土づくりから地道に
取り組んで行くしかないだろう。

ファイトだ、「長男」!



(終わり)


野菜には水を    ブログにはクリックを→ 

コメント