福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治。」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

娘が写した韓定食

2016年09月01日 |  ○B級グルメ編

2016年夏、妻といっしょにプサンに滞在した末っ子(中3)が、
カカオトークを使って「ヲタク」に写真を送ってくれた。

下の写真は、妻の故郷、草梁洞にある韓国料理店で食べた
(妻が注文した)料理。



いわゆる韓定食、韓国式の定食だ。この種の店では、大概、2人分
以上の注文が基本になる。

値段は1人分約700円。


(終わり)





参加カテゴリ:地域情報(アジア)


この記事をはてなブックマークに追加

ミョンドンと韓中英3か国語

2016年08月27日 |  ○生活・社会

규정 준수 냉방 영업
規則を守って冷房営業
(連合ニュース 8月11日)

개문냉방 영업 상점에 대한 단속이 시작된 11일 서울 중구 명동 상점들이
문을 닫고 영업을 하고 있다. 업소가 문을 열고 냉방영업을 하다가
적발되면 처음에는 경고 조치를 받게 된다.
冷房を入れドアを開けたまま営業する店舗への取り締まりが始まった
11日、ソウル市中区ミョンドン(明洞)の店舗が
ドアを閉め
営業している。違反が
摘発された場合、1度目は警告措置を受ける。

이후 1회(50만원), 2회(100만원), 3회(200만원), 4회 이상(300만원) 등
여러 차례 단속될 경우 과태료가 올라가게 된다.
2度目以降は反則金が課せられ、2度目(5万円)、3度目(10万円)、
4度目(20万円)、
5度目(30万円)と違反を重ねるほど反則金が
上がっていく。

(終わり)

・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・

上記の記事にある通り、この夏、ソウルでは電力の無駄遣いを防ぐ
目的で、冷房を入れているにも関わらずドアを開けたまま営業する
店舗に対する取り締まりが行われた、とのこと。

実に韓国らしいニュースだとは思うが、特にその取り締まりに関心を
引かれたわけではない。

このニュースで「ヲタク」が注目したのは、記事で使われた画像の
中の注意書きに日本語が登場していないことだった。

ミョンドン(明洞)と言えば、ソウルで最も有名な繁華街であり、
外国人観光客も多い。

韓・中・英の3か国語による注意書きは、近年、ミョンドンで
日本人観光客の存在感が低下していることを示す端的な
例なのかもしれない。



(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)


この記事をはてなブックマークに追加

箱崎ふ頭と大型客船

2016年08月24日 | ■訪韓番外編


△博多港国際ターミナル

2016年8月下旬の夕刻、プサンに里帰りしていた妻が、同伴して
いた末っ子(中3)と共に博多港国際ターミナルに帰って来た。


△ターミナル3階テラス

船は、
高速船ビートル号の最終便。


△桟橋に接岸したビートル号

例によって、「ヲタク」は、愛犬といっしょに2人を出迎えに行った。


△最終便を迎えるターミナルは閑散としている

ここでは、当日の見聞を写真とともに記録しておく。

箱崎ふ頭と大型クルーズ船

その日、「ヲタク」はターミナルのある中央ふ頭に行く前に、
箱崎ふ頭に寄った。目的は、係留されているはずのビートル号や
コビー号を見物するためだった。

しかし、なぜか、当日の6時過ぎ、箱崎ふ頭の浮き桟橋には1隻の
高速船も係留されてなかった。(博多港に向かっている最終便以外の
5隻が全てプサン港で夜を明かすというのか?)

期待が外れがっかりしたが、その後、すぐに「ヲタク」の
落胆を
吹き飛ばしてくれる光景が目に飛び込んできた。


△愛車と大型クルーズ船

箱崎ふ頭の西側岸壁に、まるで巨大なリゾートホテルのような大型クルーズ船
オベーション・オブ・ザ・シーズ)が停泊していたのだ。



駐車場の入り口で警備員に制止され、クルーズ船に近寄ることは
できなかったが、その代わり、警備員と立ち話を交わすことが
できた。


△アジア最大の豪華客船を前にビビる(?)愛犬

警備員の話によれば、このサイズのクルーズ船に乗った中国人を
送迎するバスは、100台を超えるという。また、日本への入国審査は
船内で行われているとのこと。

「ヲタク」にとっては、目の前の巨大クルーズ船こそが、急成長を
遂げた中国経済の象徴だ。


△博多港国際ターミナル3階ロビーから窓越しに見たクルーズ船

大型クルーズ船を使った中国人の日本旅行が、この先、さらに活性化
するのか?あるいは尻すぼみになるのか?


△日本の港湾への外国籍クルーズ船の寄港回数

「ヲタク」にはさっぱり見当がつかない。


△博多港を出港するクルーズ船

ただ、少なくとも現在、政治的には冷え込んだ日中関係をしり目に、
大型クルーズ船はひっきりなしに日中間を往来し、日本の特定の
業界はしっかり「特需」をおう歌している。


△船体上の塔は折りたたみ式の展望カプセル

大型クルーズ船に、日中間の政治対立の緩和や友好ムードの増進まで
期待するのは無理な話だろうか。


△写真に写っていた展望カプセル

なお、当日目にした大型クルーズ船の巨大マストのような塔が
折りたたみ式の宝石型展望カプセル(「ノーススター」)であることは、
帰宅後、ネット検索で初めて知ったことである。

コビーではなくヴィーナス

ターミナル3階テラスからは、夕刻の博多港に高速船が入って来るのが
見えた。



遠目からもわかる赤っぽい船体から、韓国側の日韓高速船、コビー号に
違いないと思って眺めていると、実はヴィーナス号だった。


△博多港(博多ふ頭)に入港するヴィーナス2

ヴィーナス号とは博多港と壱岐・対馬を結ぶ高速船(2隻体制)。



(終わり)


参加カテゴリ:地域情報(アジア)


この記事をはてなブックマークに追加

韓国人と福岡のプール

2016年08月19日 |  ○日本を読む

ソウルに本社を置く韓国メディアが、福岡県内のしごくローカルな
レジャープールを紹介していた。

これにはちょっと驚いたし、福岡県民として大いに関心を
引かれもした。

当ブログで翻訳練習しないわけにはいかない記事だった。

何度も日本を旅行し、日本の有名観光地や大都会に
飽き足りなさを感じる韓国人も増えているのだろうか。

考えてみれば、レジャープールに限らず、日本人の日常的な
生活文化そのものが、外国人旅行者にとっては、全くの
非日常であり、新鮮な発見に満ちあふれていることだろう。

是非、多くの韓国人旅行者には、韓国から目と鼻の先にある
福岡の日常の中に入り込むことで、日本を体験してほしい
ものである。

・・・・・・・・・・・・・・・

현지인처럼 놀아보기, 후쿠오카 워터파크

現地の市民のように遊ぶ、福岡のレジャープール
(CBSノーカットニュース 7月21日)

우리나라에서는 볼 수 없던 놀이기구로 더욱 짜릿
韓国では見たこともない遊具に増す楽しみ

푹푹 찌는 여름 무더위는 워터파크를 더욱 생각나게 한다. 여행을 가서도
현지인들처럼 워터파크를 찾아보면 어떨까? 여름 더위도 식히고
현지인들의 삶에 들어가 즐거운 문화 체험의 기회도 가질 수 있다.
真夏のうだるような蒸し暑さは、レジャープールを思い起こさせる。
旅行に行っても、現地の市民のようにレジャープールを訪れて見ては
どうだろう?夏の暑さも忘れ、現地の市民生活の中に入り、
楽しい文化体験の機会を持つこともできる

재패니안이 전하는 후쿠오카의 인기 워터파크 TOP4를 참고해 지금
바로 떠나보자.
日本専門旅行社のジャパニアンが選ぶ福岡の人気レジャープール
TOP4を参考に、今すぐ福岡に行ってみよう。

스페이스 월드
 スペースワールド(北九州市)

 ※紹介画像と解説は省略。以下も同じ。

아쿠아시안
 アクアシアン(遠賀郡芦屋町)

선샤인 풀
 サンシャインプール(福岡市)

어드벤처 풀
 アドベンチャープール(北九州市)


(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)


この記事をはてなブックマークに追加

韓国の芋ラテ

2016年08月17日 |  ○B級グルメ編



現在(2016年夏)、プサンの妻の実家にいる娘たちが、「ヲタク」に
カカオトークで写真を送って来た。

写真左のドリンクは、고구마라떼

芋ラテ?サツマイモラテ?

日本語訳にはちょっと困るが、ネットで調べてみると、韓国では
そこそこ人気の飲み物のようだ。


(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)


この記事をはてなブックマークに追加