福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治。」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

セヌリ党本部前の2人

2016年12月10日 |  ○生活・社会

탄핵 찬반 1인 시위
弾劾賛成・反対、それぞれの1人デモ

(ニューシス 12月9日)

박근혜 대통령 탄핵안 표결일인 9일 오전 서울 영등포구 여의도
새누리당사 앞에서 탄핵 찬반 단체가 나란히 1인 시위를 벌이고 있다.
パク・クネ大統領弾劾決議案の表決が行われる9日午前、ソウル市
永登浦区ヨイドのセヌリ党本部前で、弾劾に賛成、反対する市民が
並んで1人デモを行っている。

<男性のプラカード>
非正規職量産!!簡単な解雇!!
労働法改悪を中断し
「虚偽事実」流布したセヌリ党は
コルト・コルテック労働者たちに
謝罪せよ

<女性のプラカード>
真相究明のない
弾劾
絶対反対!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大統領弾劾決議の表決を午後にひかえた12月9日(金)午前、与党
セヌリ党の本部前に立ち、それぞれの主張を静かにアピールしている
男と女。

「ヲタク」は、このフォトニュースを非常に印象深く見た。

男性が訴えている労働法改悪阻止は、韓国の未来にとって、もしか
すると、大統領の弾劾よりもはるかに重要な課題なのかもしれない。

また、主張の是非は別問題として、全体主義的なメディアや社会の
熱狂的雰囲気に真っ向から抗い、おそらくは多数の抗議デモ参加者を
前に、自己を主張する女性の姿勢は尊敬に値する。





(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)


この記事をはてなブックマークに追加

韓国政治とプラナリア

2016年12月10日 |  ○政治・外交

一旦、ある雰囲気が醸成されると、その雰囲気に異議や疑問を差し
はさむことが極めて難しくなる韓国社会において、ちょっとめずらしい
時事漫画を目にした。


△国民日報 12月9日 時事漫画

パク政権(的な政治)を驚くべき再生能力を持つ生命体、プラナリア
たとえて風刺した漫画だ。

落ち目の大統領を徹底的に叩き続ける漫画、デモを称える漫画が溢れ
かえる中、こうしたシニカルな視点は、意地悪だが貴重だ。



(終わり)


参加カテゴリ:地域情報(アジア)


この記事をはてなブックマークに追加

朝鮮族自治州の危機

2016年12月08日 |  ○中国朝鮮族

近年、韓国ではソウルを中心に朝鮮族タウン(新中国人街)が急速な
勢いで拡大を続けてきた。

しかし、その一方で、彼らの大部分の故郷である中国の延辺朝鮮族
自治州では、ここ15年間で7割を超える民族学校が廃校に追い込まれる
など、朝鮮族コミュニティーが解体の危機に瀕しているという。

また、こうした状況が続けば、中国内における自治州の地位まで
失いかねないところまで来ているとのこと。

ここでは、12月4日、チャンネルA(東亜日報系)で放送された
ニュースを、画像とともに紹介、記録しておく。

・・・・・・・・・・・・・・・

조선족 사회 위기…학교 10곳 중 7곳 폐교
朝鮮族 社会の危機...民族学校10校中7校が廃校に
(12月4日 チャンネルA)
















(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)


この記事をはてなブックマークに追加

韓国とビヨンセと美白

2016年12月07日 |  ○生活・社会

アメリカは、やはり恐ろしい国である。

黒人の肌を白人の肌に近づける皮膚漂白(ホワイトニング)技術が、
日進月歩の発展を遂げているという。

現時点で、巨額のお金さえ投入すれば、世界の歌姫、ビヨンセや
メジャーリーグで大成功したサミー・ソーサのように、まるで魔法でも
かけるようにごく自然に肌を白くできるのだ。


△白人化するビヨンセ

そして、韓国では、庶民にも手が出せるくらいの額のお金を積んで
数回の注射(あるいは点滴)を打てば肌が白くなるというビヨンセ注射
(別名「白玉注射」)、つまり美白注射が、女性の間で人気を集めて
いるという。

別の意味で恐ろしい話である。



現在、韓国社会で「동네북」(猫からも杓子からも叩かれる人)状態と
なっているパク大統領も、大統領府でビヨンセ(白玉)注射をはじめ、
アンチエイジング(胎盤)注射や疲労回復(甘草)注射を打っていた
という疑惑まで持ち上がっている。







<追記>

現在、義母の看病のためプサンに滞在している妻(韓国人)が、
「ヲタク」に内緒でこの種の点滴を受けてしまうのではないかと、
「ヲタク」は本気で心配している。

もし、読者の中で、奥さんの口から「韓国」と「ビヨンセ」という
単語がセットで出てきたら、早めに対策を打つことをお勧めしたい。


(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)


この記事をはてなブックマークに追加

中国の韓流と思密達

2016年12月07日 |  ○世界を読む



12月6日、ネイバーの中国語講座「今日の会話」は、上記のような
内容だった。

中国語の学習を終えた「ヲタク」は、内容が気になり、実際に中国の
baidu(百度)で確認してみた。

すると、少なくともネット上では、簡単に「思密達(スミダ)」の
使用例が発見できた。

中国の中高生の間で、語尾に「思密達」を付ける言い方がかなり流行して
いることは間違いないようだ。


△ある高校生が数学の質問をする際に・・・。

例えば、「謝謝」(ありがとう)に「思密達」をつけて

謝謝思密達<シェシェスミダ>。


△ある高校生が国内旅行の報告をしながら・・・。

「再見」(さようなら)に「思密達」をつけて

再見思密達<ツァイチエンスミダ>。

「ヲタク」や日本に直接の関係があるわけではないが、異文化の交流と
いうのは、実におもしろいものだ。


(終わり)


参加カテゴリ:地域情報(アジア)


この記事をはてなブックマークに追加