福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

映画チングと冷やしソバ

2019年07月27日 |  ┣麺類

2019年夏のプサン訪問では、映画「チング」でトンスの絶命シーンが
撮影されたロケ地(東区凡一洞)で食事した。


△トンスがもたれて絶命した電信柱は、今はない

食べたのは「냉모밀」(冷やしソバ)。



和風の味付けで、なかなかの美味だった。


(終わり)


プサンで食い倒れ

2019年07月26日 |  ┣麺類

2019年夏のプサン訪問では、大いに歩き、大いに食べた。



ただし、食事では反省する場面もあった。


△赤い調味料は、甘酸っぱい酢味噌風味なので辛くない

草梁洞でミルミョンを食べた時、いっしょにワンマンドゥ(蒸し餃子)も
頼んだのだが、これは失敗だった。


△一旦は持ち帰りを考えたボリュームたっぷりのワンマンドゥ

量が多すぎたのだ。


(終わり)


プサン深夜のミルミョン

2018年12月28日 |  ┣麺類

2018年冬のプサン訪問では一度、深夜、プサン駅前の24時間食堂で
夜食を食べた。



選んだのは、今回2度目のミルミョン。



やさしく甘酸っぱい風味の麺料理である。

ちなみに、「ヲタク」が座った座席から少し距離をおいて右に
中国人(台湾人かも)女性2人、斜め右前方にロシア人風の青年が
座っていた。「ヲタク」より遅れて韓国人青年が1人、入店し、
「ヲタク」の前方に座った。

近年、とみに外国人比率が高まっているプサン駅前である。


(終わり)


韓国情報 - 海外生活ブログ村    ← 応援のクリックをお願いします。


草梁と薄味の豚骨スープ

2018年12月26日 |  ┣麺類


△店名は「草梁ミルミョン」

2018年冬のプサン訪問では、真冬と言うのに氷入りのミルミョンを

食べた。



あっさり風味で胃にやさしそうな料理が食べたくなり、思いついたのが、
このミルミョンだった。



例によって白くて長い麺は、調理バサミで切ってたべる。

期待通りの風味だった。


△小さなやかんに入ったユクススープ

また、豚骨を湯がいて作ったユクス(肉水)スープも、薄口のあっさり
風味で、「ヲタク」の舌と胃をリラックスさせてくれた。



(終わり)


韓国情報 - 海外生活ブログ村    ← 応援のクリックをお願いします。


草梁市場で冷麺

2018年07月26日 |  ┣麺類

2018年夏のプサン訪問では、初めて妻方の姪家族と食事をした。

草梁市場の韓国牛焼肉の店でごちそうになった。

その際、締めで食べたのが冷麺。



暑い夏には、やっぱり冷えた冷麺がおいしい。


(終わり)


韓国情報 - 海外生活ブログ村     ← 応援のクリックをお願いします。


釜山駅前で年越しうどん

2018年01月01日 |  ┣麺類

プサンで過ごした2017年の大晦日。

結局、「ヲタク」は年越しそばの代わりに「칼국수」(韓国式うどん)を
食した。

やはり、せめて麺類でないとそばの代わりにはならない。



さいわい、プサン駅前のホテルだったので、周辺には屋台も含め、
深夜になっても麺類の料理を食べさせてくれる店が何軒もあった。



「ヲタク」は駅前の昔風の食堂で、あったかい「
칼국수」を食べながら、
新年の無病息災を祈った。



一杯4,000ウォン。






△「あけおめ」  




△「새해 복 많이 받으이소」






(終わり)





韓国情報 - 海外生活ブログ村    ← 応援のクリックをお願いします。

 


初めてのミルメン

2016年08月01日 |  ┣麺類

2016年夏のプサン訪問を前に、「ヲタク」は妻に、まだ
「ヲタク」が
食べたことがなさそうなプサン名物をたずねた。

妻は「ミルメンは?」と逆に「ヲタク」にたずねた。

若いころ、食べたような気もするが、名前は確かにミルメン
ではなかった。


△路地の奥には冷麺店

いずれにしろ、気になっていたそのミルメンを、今回、
南浦洞で初めて食べた。


△これは冷麺店の宣伝

実は、一旦は冷麺を食べるつもりで横丁に入ったのだが、
冷麺店のすぐ横がミルメン店だったのだ。


△ミルメンの専門店

そのことに気付いた後の気持ちの切り替えは早かった。


△キンキンに冷えたミルメン(大盛)

ミルメンは、やはり専門店で食べるのが一番だ。



専門店以外の店では、大概、ミルメンは店で最安の料理なので、
わざわざミルメンだけを注文するのは気が引ける。



すでに一度、そういう経験をしているのだ。

いずれにしろ、腰の強い白い細麺の冷麺である「ミルメン」は、
実に美味だった。






(終わり)




参加カテゴリ:地域情報(アジア)


韓国式うどん

2014年08月23日 |  ┣麺類

2014年夏のプサン訪問では、帰国当日の朝食を国際旅客船
ターミナルで食べた。

時刻にして7時30分頃だったか。



1階の軽食コーナーでうどんを賞味した。



なかなかの美味であった。


(終わり)




参加カテゴリ:地域情報(アジア)


激辛冷麺

2010年12月30日 |  ┣麺類


2010年冬のプサン、草梁洞の焼肉屋さんで食べた混ぜ冷麺は、
激辛だった。



表面的な甘さに油断して冷麺を食べ進めた「ヲタク」は、
時間差をおいて舌を襲ってきた強烈な辛さのため、しばらく何も
口に入れることができなくなった。

5分間くらいの間、ひたすら、お冷をちびちび飲むしかなかった。


(終わり)


     参加カテゴリ:地域情報(アジア)

キンキンに冷えた冷麺

2010年08月17日 |  ┣麺類


△草梁洞釜山高校下にある豚カルビ店

やはり、冷麺はこうでなくちゃいけない。

2010年夏のプサン訪問で、「ヲタク」はたくさんの氷が入り
キンキンに冷えた冷麺を賞味した。


△出されてすぐの冷麺

場所は、草梁洞の豚カルビのお店。

時間は、お酒を飲んだ帰りの深夜。


△調理用ハサミで麺を切り、具をかき混ぜた後の冷麺

実に美味な冷麺であった。


(終わり)



ブログランキング 韓国情報ブログ     ← 応援のクリックをお願いします。


草梁の細麺うどん

2010年01月03日 |  ┣麺類



2009年冬のプサン市草梁洞で、「ヲタク」はあっさり風味の
국수」を賞味した。

日本語では「細麺うどん」とでも訳しておこうか。



あるいは、「韓国風にゅうめん」と言ってもいいのかもしれない。

なかなかの美味であった。

(終わり)


    参加カテゴリ:地域情報(アジア) 


ラーメン代わりに冷麺

2008年07月29日 |  ┣麺類


△草梁洞の一角に並んだ屋台

2008年の夏、「ヲタク」と妻はプサン草梁洞入り口の屋台で
予定外のお酒を飲んだ。

すでに屋台で一杯やっていた妻の知り合い(昔のご近所さん)に
呼び止められ、結局、同席することになったのだ。

聞くと、この年配の男性、妻の妹の結婚式の時は妻方の親戚と
いっしょにバスに乗って式場のある馬山まで行ったこともあり、
「ヲタク」のこともご存知だった。

屋台ではパジョンなどをつまみにビールや焼酎をごちそうになった。

屋台からの帰途、無性にラーメン(博多ラーメン)が食べたく
なった「ヲタク」は、代わりに冷麺を食べた。


△冷麺

酒を飲んだ後に食べるあっさり味の冷麺。これがまた、なかなかの
美味であった。



(終わり)



ブログランキング 韓国情報ブログ     ← 応援のクリックをお願いします。


緑茶冷麺

2008年07月26日 |  ┣麺類


△豚カルビ(プサン草梁洞)

2008年夏のプサンでも、親戚たちといっしょに行き付けの
豚カルビ屋を訪れた。



チシャやゴマの葉を基本に、大根キムチやその他様々な野菜類と
いっしょに包んで食べる豚肉は、いつ食べても美味で健康的だ。

ところで、「ヲタク」は今回、その豚カルビ屋で、「녹차냉면
(緑茶冷麺)
」なる料理を初めて賞味してみた。



緑茶成分が加わった麺は、微妙に緑がかっている。



緑茶風味はほんのり味覚に伝わって来る程度でそんなに濃くない。

なかなかおもしろい冷麺だった。

(終わり)



ブログランキング 韓国情報ブログ     ← 応援のクリックをお願いします。  


オデンウドン

2007年12月31日 |  ┣麺類


2007年冬のプサン訪問中、「ヲタク」は地下鉄プサン駅につながる
地下街で「오뎅우동(オデンウドン)」を賞味した。


△「オデンウドン」2500ウォン(約300円)

オデンにしろウドンにしろ、日本人「ヲタク」が慣れ親しむ食べ物で
あるとは言え、日本ではオデン入りのウドンは食べたことがない。


△オデンウドン(手前)とラーメン(奥)

午後になってお腹がすいたという家族や親戚に付き合って
注文したのだ。


△キンパ(韓国風海苔巻き)

ウドンやラーメン、キンパ(韓国風海苔巻き)が出来あがるまで、
子どもたちは近くのお店でオデンやゆで卵(唐辛子味噌煮込み)を
つまんでいた。


△長い串に刺さったオデン

末っ子の大好物は棒餅を串刺しにしたオデン。ほんのりオデン汁の
風味は染み込んでいるが、ほとんど餅の味しかしないあっさり味の
オデンだ。


△棒餅のオデン

彼女はプサンに来るたび、この棒餅を食べることを大の楽しみに
している。

(終わり)

      参加カテゴリ:地域情報(アジア)/語学・英会話

生ラーメン

2007年12月30日 |  ┣麺類

韓国では街中の食堂でも「라면(ラーメン)」と言えば、一般的に
インスタントラーメンを調理した料理を意味する。



そこで、本格的なラーメンは、インスタントラーメンと区別して特に
생라면(生ラーメン)」と呼ばれている。


△同室だったインドネシア人と「ヲタク」の末っ子

2007年冬の訪韓時、行きのニューかめりあ号の中で同室に
なったインドネシア人の旅行客が、船内のレストランで昼食として
食べたのがその「生ラーメン」だった。


△カツカレー(手前)とビビンバ(奥)

ちなみに「ヲタク」はカツカレー、妻はビビンバを注文した。

こうしたメニューが当たり前のように同じテーブルの上に並ぶのが、
日韓国際フェリーの風景なのだ。



途中、対馬海峡で大阪行きのパンスターフェリーとすれ違ったが、
パンスターの船内レストランでもおそらく同じような光景が見ら
れるに違いない。

様々な国籍の人間を乗せた国際フェリーが、プサン港で乗客を
降ろしたのはその日の夕刻だった。


△ニューかめりあから見た夕刻の影島

冬至直後ということもあり、すでに日はとっぷり暮れていた。

(終わり)


ブログランキング 韓国情報ブログ     ← 応援のクリックをお願いします。