福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

韓国映画と死刑囚

2018年07月22日 |  ○映画・映画音楽

우리들의 행복한 시간  2006年
私たちの幸せな時間」     〇〇〇〇-
(342)




2006年、240万を超える観客を動員した社会派映画(年間7位)。

プサン方言を話す死刑囚の男性と自殺に3度失敗した美大の女性教授、
さらにはカトリックのシスター(女性の伯母)や被害者遺族らとの
魂の交流を通じ、死刑制度の持つ矛盾や残虐性を鋭く告発している。


△ボタンを押すことをためらう1人の執行官(映画より)

映画では死刑が執行されたが、現実の韓国では、1997年以降、死刑の
執行が行われておらず、事実上の死刑廃止国になっている。


반창꼬  2012年
ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士」  〇〇〇--
(341)




2012年の年末から13年にかけ、240万を超える観客を動員した
ヒット作。救急救助隊の隊員と女性医師の恋の物語を描いている。

前半は軽いコメディータッチ、中盤以降は非常に重いシリアスな
展開に変る。

少なからず戸惑ったが、全体的になかなか見ごたえのある映画で
あった。




(終わり)



韓国情報 - 海外生活ブログ村     ← 応援のクリックをお願いします。


この記事をはてなブックマークに追加

本田が朝鮮学校訪問

2018年07月20日 |  ○在日コリアン

일본 축구대표 혼다, 조선학교 깜짝 방문…“꿈을 포기하지 말아요”
日本サッカー代表の本田、朝鮮学校サプライズ訪問...「夢をあきらめるな」
(京郷新聞 7月20日)

ㆍ재일동포 안영학 선수와 친분 깊어
・在日同胞のアン・ヨンハ(安英学)選手と深い交友関係


△가나가와 조선중고급학교 페이스북 사진 캡처.

 神奈川朝鮮中高級学校のフェイスブックより

-本文省略-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨今の日本の風潮の中で、日本の中の朝鮮学校を普段着で訪問し、
子どもたちを激励し、さらに彼らに夢を与えることのできる日本の
有名人がいた、という何でもないニュースに、日本人の一人として
久しぶりに清々(すがすが)
しい気持ちになった。

本田選手を見直した「ヲタク」であった。


(終わり)


韓国情報 - 海外生活ブログ村     ← 応援のクリックをお願いします。


この記事をはてなブックマークに追加

韓国映画とタルトンネ

2018年07月20日 |   ┣注目女優

1번가의 기적  「1番街の奇跡」 2007年  〇〇〇--
(340)




2007年、250万を超える観客を動員したヒット作(年間6位)。

ソウルにある架空のタルトンネ(山肌の集落)「1番街」を舞台に
繰り広げられる、心温まるコメディ劇。


△山肌の集落、タルトンネ(映画より)

東洋チャンピョンを目指す女性ボクサーと、住民に立ち退きを迫る
ため集落に乗り込んできた地上げ屋の男が主人公。


△プサン方言を話すタルトンネの兄妹(プサンから上京した設定)

この映画も、多くの韓国映画の例に漏れず、ほとんどのシーンが
荒嶺山の実際のタルトンネを中心に、プサンで撮影されている。


釜山フィルムコミッションより

なお、鑑賞後に初めて知ったことだが、この映画には、「ヲタク」が好きな
(はずの)女優、カン・イェウォンが脇役で出演していた。


△助演で出演していたカン・イェウォン(映画より)

しかし、「ヲタク」が好きな彼女のイメージと微妙に異なっていた
ため、全く気が付かなかったのだ。


△気が付かなかったカン・イェウォン(映画より)

つくづく、女性のイメージ(化粧、髪型など)とは、恐いものである。


△気が付かなかったカン・イェウォン(映画より)

あるいは、単に「ヲタク」にファンとしての熱意が欠けているだけ
なのだろうか?


(終わり)



韓国情報 - 海外生活ブログ村     ← 応援のクリックをお願いします。


この記事をはてなブックマークに追加

韓国と日朝開戦の危機

2018年07月19日 |  ○映画・映画音楽

굿모닝 프레지던트 
グッドモーニング・プレジデント」 2009年 〇〇---
(339)




2009年、250万を超える観客を動員したヒット作(年間9位)。

舞台は、韓国の大統領府。



国民の直接選挙で選ばれた3代の大統領(架空)の私生活を、調理人
との交流や漫画チックなエピソードを加えながら描いた、心温まる
コメディ映画だ。



ただし、北朝鮮のミサイル実験と日本の海上自衛隊による北朝鮮沖
での大規模演習(架空)をめぐり、日朝間の軍事的緊張が極度に
高まる、というシリアスな場面(架空)もあった。


△日本の海上自衛隊(映画より)

その場面で、戦争を回避させるため、韓国の大統領が北朝鮮や日本、
アメリカを相手に必死の外交努力を繰り広げる姿は、昨今の現実世界に
おける、韓国政府の外交努力を彷彿(ほうふつ)とさせる部分も
あり、そこそこ興味深く鑑賞させてもらった。



(終わり)



韓国情報 - 海外生活ブログ村     ← 応援のクリックをお願いします。


この記事をはてなブックマークに追加

韓国映画のエロと陰謀

2018年07月18日 |  ○映画・映画音楽

후궁: 제왕의 첩後宮の秘密」 2012年  -----
(338)




2012年、260万を超える観客を動員したヒット作(年間13位)。

朝鮮王朝の王宮を舞台に繰り広げられる、ちょいエロ時代劇だ。



主人の娘である主人公と恋仲になった罰として去勢されるも、自分の
子を宿した身で側室として王宮に入った主人公への想いを断ち切れず、
自らも宦官(内侍)として王宮に入り、主人公を見守り続ける日陰の男。



一方、母親が王(異母兄)を毒殺した後、王位を継承しながらも、
先王の側室だった主人公へのよこしまな欲情を抑えきれず、ついには
主人公の命をねらう母親の派閥(自らの権力基盤)をつぶし、主人公と
その息子を守った王。


△情事が絶頂を迎える時、自らの手で王を殺害した先王の側室(映画より)

それにも関わらず、主人公の女は、その2人の男を殺害し、幼い王の
母親(後見人)として王宮内での権力を固めて行く。

男の純情や欲情を上手に利用しながら、ついには宮廷内の最高権力を
手に入れて行く悪女の一代記。

「ヲタク」の趣向には、全く合わない映画であった。


(終わり)


韓国情報 - 海外生活ブログ村     ← 応援のクリックをお願いします。


この記事をはてなブックマークに追加