漫画家アシスタント物語

漫画家アシスタントの馬鹿人生40年と、リタイア後のタイ移住生活。

漫画家アシスタント移民物語 こりゃタイ編 その2

2018年08月16日 01時01分15秒 | 移住

 ( この写真は、チェンマイの借家の2階ベランダから撮影した朝日です。 このベランダからの風景が気に入ってここを借りたのです
  が・・・・・・・月々の家賃が7万円と高いので、毎月赤字が続き大変でした。 中央、朝日の下に広がるのは、この街のシンボルの大
  きな池です・・・・・《 2018年、7月、撮影 》 )

  【 はじめての方は、どうぞ 「漫画家アシスタント 第1章 その1(縮小版)」 よりご覧下さい。 】  

 

                        その2


        《 漫画業界からタイへ疎開・・・・良さそうかい・・・・!? 》


仕事を辞めてから、半年もブラブラしていると「仕事がしたくなる」って聞いていま
した・・・・・・・・・

リタイアした人が、家でボンヤリしているだけで何をやったらよいか分からなくなる
とか、趣味や遊びだけやっていても飽きてしまうとか・・・・・・・・

ところが、私は仕事を全て辞めてから1年が経つのに・・・・・・・・「仕事がしたい」みた
いな気持ちはまったく起きません。

それどころか、仕事しないで延々と夏休みを楽しんでいる状態を否定する理由な
んてどこにもありません。

例えば・・・・・・・・

7月、8月と楽しかった夏休みが終わり、明日から学校が始まる子供に向かって「来
年も再来年もこのままずっとお休みだよ」と告げたらどれだけ喜ぶことか・・・・・・・・!

「え~~、ボクちゃんは学校へ行って勉強ちたいでちゅう~~」なんて言うガキは、
天才か変態のどちらかではないでしょうか。

私は、去年の夏に退職、秋からタイへ移住して早1年・・・・・・・・・・・・

漫画を描く事も、アシスタントの仕事の事も、また仕事場へ戻りたいなんて事も、冗
談にも考えた事はありません。

これほど、キレイさっぱりと忘れてしまうのは自分でも意外なほどです。

最近の漫画業界の話を見たり聞いたりしても、私が入り込める余地などなく、ただ
時代の流れが過ぎていくのを傍観するだけです。

私の様に万年アシスタントで終わった者にとっては、リタイアがそのまま心地の良い
「安息日」になる様な気がします。

実際の話・・・・・・・・・・

漫画家目指して死に物狂いの毎日で、本当に気が変になったり、自殺したりする人
間を見てきました。

逆に、漫画とスッパリ縁を切った人が、「鬱病が治った」とか「健康になった」「元気
になった」なんて話を聞いた事があるほどです。

私は、20代、30代の頃には随分とカリカリ痩せ犬の様に生きていたものですが・・・・
・・・・60歳を過ぎるとこれほどのんびりとした人生を生きるとは、まったく想像もしま
せんでした。

「昔ハングリー 今スローリー」

若い頃には、「遅い」「怠ける」「何もしない」・・・・・・・そうした事が犯罪ででもあるか
の様に嫌っていたのに、今ではありがたい贈り物でももらった様に受け入れてい
るのです。


私は毎日、飽きもせずに(ホントに飽きない!)お昼過ぎにグズグズと起き出し、好
きなゲームだけをやって暮らしているのですが・・・・・・・・

このチェンマイの夏休みの様な暮らしには、「飽き」が来る気配はまったくありませ
んのです。


さて・・・・・・・・

そんなわけで、すっかり私の体は運動不足でブヨブヨにたるんできました。

こちらでは、「夏バテの食欲不振」・・・・・・・・なんてものがありません。

これは、きっと暑い「夏」が悪いのではなく、無意識に過度なストレスにさらされてい
る事が原因で「夏バテ」が起きるのではないでしょうか。

ストレスらしいストレスもなくのんびり暮らしていると、食欲が衰える事もないような
のです。

私のカミさんは、月に10日間だけ実家(チェンマイ市街から車で4時間の田舎)へ戻
って老母の介護をしていますので、その留守の間に私は毎日外食するわけです。
(私も一緒に行く事があります)

夕方になると、近所の定食屋さんへ出かける事が多いのですが、少し足を延ばして
ショッピングモールの「ロータス」(イオンに似た感じの大きなマーケット)へ出かける
事もあります。

「ロータス」には、屋台村の様な大きな食堂があって、好きな料理を専門店でチョイス
して自分で食卓へ持ってきて食べるシステムがあります。

実のところ、これが結構安くて美味いのです。

タイ風のきしめんと野菜炒めで200円とか。エビチャーハンとパパイヤのサラダでも
200円とか。

帰りに「ミスタードーナツ」で夜食のドーナツを2つ買って120円。

「ロータス」での食事は、近所の屋台で食べる食事代とほぼ同じ料金でお腹いっぱい
になるので助かっています。

ブヨブヨした体がフワフワとお湯の中に浮いている様な暮らしです。

ですので、逆に時間が経つのが恐ろしく早く感じるのです。

60歳を過ぎてから、この様に体がお湯の中で溶けていく様な人生を送れるとは・・・・・
・・・ありがたい事だと思います・・・・・・・・・・・

しかし・・・・・・・・

美味しくて安い料理・・・・・・・・・・それはとても結構な事なのですが・・・・・・・・・・

実は、行き帰りの足が大変なのです・・・・・・・・

毎日が命がけのタイ交通事情・・・・・・・・

その辺りの話は次回に・・・・・・・・



               「 漫画家アシスタント移住物語 こりゃタイ編 その3 」 へつづく・・・・

     ( 月一連載を目指していますが、無理だと思います )




   


【 各章案内 】  「第1章 その1」  「第2章 その1」  「第3章 その1」
          「第4章 その1」  「第5章 その1」  「第6章 その1」
          「第7章 その1」  「第8章 その1」  「第9章 その1」
          「諦めま章 その1」   「古い話で章 その1」
          
「もう終わりで章 その1」
          ( 但し、第1~3章は『縮小版』になります )




コメント (2)