漫画家アシスタント物語

漫画家アシスタントの馬鹿人生40年と、リタイア後のタイ移住生活。

漫画家アシスタント移住物語 こりゃタイ編 その3

2018年10月14日 23時58分04秒 | 移住



( ↑写真は、チェンマイのサンサイという小さな商店街の写真です。私が暮らす借家か
 ら歩いて5~10分ほどの場所です。一日中、自動車が行き交う場所なのですが・・・・・ド
 ライバーを除くと歩行者がほとんどいないのです・・・・・《 2018年、10月、撮影 》 )





( ↑写真は、上の写真の少し先へ行った場所になります。タイの裏街道は蛇の様に曲っ
 た道が延々んと・・・・・《 2018年、10月、撮影 》 )





( ↑写真は、私がよく利用する定食屋さんの玄関先です。近くに池があって蚊が多い
 のが難点なのです・・・・・《 2018年、10月、撮影 》 )



 【 はじめての方は、どうぞ 「漫画家アシスタント 第1章 その1(縮小版)」 よりご覧下さい。 】  

 

                        その3


     《 漫画業界からタイへ疎開・・・・渋滞、飲酒、逆走の三拍子・・・・!? 》


近所の定食屋が安くて美味しいのは、タイ国全域で共通していると思います。( 味に格
差はありません )

ただ、首都圏と地方と物価が随分と違うのですが、この「 美味さ 」に関しては共通して
いるかと思います。

時々、一人でテクテク歩いて定食屋さんで150円~300円で晩御飯を済ませるのですが・・
・・・・・

安くて美味いのは良いのですが・・・・・・・・・・行き帰りの徒歩が危険なのです。

タイでは、一般に自動車が一番安全で、次はバイク、そして、自転車と徒歩が一番危険
だと言われています。

日本の様に路側帯や歩道がまるで整備されていないからです。

路側帯らしきものは形成的に存在しますが、歩行者用にはなっていないので、バイクが
通行したり、泥だらけで歩行できなかったりと不完全なのです。

首都圏では、歩道も整備されているのですが、一般道や地方はまったく歩道がありませ
ん。

そのため、すれ違う自動車やバイクと接触しそうになる事が多いのです。

おまけに、路上駐車している車やバイクが多く、そのためそれを避けて歩く時には走る自
動車やバイクに対して細心の注意をはらう必要があります。

私は、近所しか歩きませんが、定食屋さんの女将さんなどから・・・・・

 「えっ~~、あんた歩いて来るの?」

・・・・・・・などと驚かれる事もあります。( しばらく歩いていると、何故か孤独になる )

上記の写真は、私が借家から歩いて定食屋さんまでいく途中の道路を撮影したものです。

一番上の写真は、行き交う自動車が車道いっぱいに走っているのが分かると思いますが、
左側には逆向きに車が駐車しています。

こんなのは、ちょっと幅があればどちら向きにでもすぐに駐車してしまいます。

空いているスペースには、先に駐車したものの勝ちなわけです。( もう少し先へいくと、
明らかに廃車になったポンコツがズラリと駐車されている場所もあります )

しかし、こうした駐車行為は歩行者を危険にさらす事になりますので、常に前後左右に注
意を払っていなければ、気楽な隠居暮らしが哀れな故人になりかねません。

この国に来て、つくづく思うのは・・・・・・・・・

 『 徒歩ほど危険なものはない 』


さて、2枚目の写真ですが・・・・・・・・・・

これは、定食屋さんの少し手前から撮影した写真です。

ご覧の通り、S字カーブですが・・・・・・・・実は、S字と言うよりも「蛇道」です。

ウネウネウネウネウネ・・・・・・・・とS字カーブが続きます。

これだけ商店街や住宅街が形成されているのに、どうして道路は不安定にグニャグニャ
しているのか?

大きな国道や高速道路は、逆に真っ直ぐ一直線で信号機や交差点が全然ない不気味な
ほどに単調な構造になっているのに、一本裏側に回ると見通しの悪い蛇の様な道になる
のです。

こうした道も歩道は整備されていませんから、歩行者はカーブなどですれ違う自動車に
ハラハラする事になります。

常に、背後から通過する自動車を意識していないと歩けないのです。

ちなみに、ここまで読まれた方の中には子供さんがおられる方もおいででしょう・・・・・・・・・・

 「 それじゃ~、子供なんか危なくて学校へやれないじゃないか!? 」

その通りなんですね!

私は、この商店街を子供が歩いているのを見たことがありません!( 1年間! )

つまり、皆さん子供をバイクか自動車に乗せて移動するわけです。

下校時には、学校へ必ず(!)親や親類がバイク( 自動車 )で迎えに行きます。

そのため、日本では考えられないほど登下校時の渋滞が発生するのです。

小学生や中学生が、皆バイクに乗せられて移動していきます。( 中には小中学生でも二
人乗りで無免許運転している子供もいます)

当然、「 集団登校 」なんて平和な光景は見られません。

集団登校、つまり集団自殺になるからです。

もちろん、公共交通機関としてバスや乗り合いタクシーなどもあるのですが・・・・・・・・日本
の様に歩道を仲良くお喋りしながら歩く子供たちの姿は見られません。

下校時には、学校の門をすごい勢いで車やバイクがゾロゾロ出て来るんですよね・・・・・・・
・・・・・・いったい、ここで何があったんだろう?・・・・・・・・なんて思っちゃったりします。いや、
ホントに!


私は、いまだにこちらでバイクや車を運転できません。( ちょっと怖いので運転を覚えたく
ないってのもありますが )

そのため、行動半径は徒歩20分以内・・・・・・・・・ほとんど外出はしません。

そのため、青白い顔のまま、どこから見ても純粋日本人!

美味しい定食で体は丸くなり、危険な道路で気は細くなり・・・・・・・・

のん気な暮らしで脳は溶けていく・・・・・・・・


さて・・・・・・・・

3つ目の写真が私が利用させてもらっている定食屋さんの写真です。

食事の話は、いずれゆっくり出来ると思いますが・・・・・・・・

次回は・・・・・・・・

麻薬や飲酒など、危険なタイの交通事情については、もう少し書いてみたいと思います

麻薬をやっている人間がどんな運転をするか・・・・・・・・・・日本でもテレビで違法ドラッグ
の画像を見ている人はご存知かと思いますが・・・・・・・・・・

タイの北部、このチェンマイからさらに北の国境地帯・・・・・・・麻薬の産地として有名な山
岳部から数キロ、私が暮らすことになる北部地域はヤバい人が多いのです・・・・・・・・そん
な困った方々のお話は次回に!



               「 漫画家アシスタント移住物語 こりゃタイ編 その3 」 へつづく・・・・

     ( 月一連載を目指していますが、無理だと思います )




   


【 各章案内 】  「第1章 その1」  「第2章 その1」  「第3章 その1」
          「第4章 その1」  「第5章 その1」  「第6章 その1」
          「第7章 その1」  「第8章 その1」  「第9章 その1」
          「諦めま章 その1」   「古い話で章 その1」
          
「もう終わりで章 その1」
          ( 但し、第1~3章は『縮小版』になります )


コメント (7)