漫画家アシスタント物語

漫画家アシスタントの馬鹿人生40年と、リタイア後のタイ移住生活。

漫画家アシスタント移住物語 こりゃタイ編 その25

2024年01月27日 02時57分42秒 | 小説
               

       ( ↑写真、タイ東北部、チェンライのアカパミオというカフェです。最近人気が凄くて、Youtuve
        やブログなどで紹介される事が多いみたい。私が友人と行った時、動画やカメラ撮影をする人が
        何人もいました・・・・・《 2023年、11月、撮影 》 )




               

       ( ↑写真、カフェの内部です。美しい景色が素晴らしいです。内装や家具もタイ北部のカフェでは
        珍しく綺麗です。アベックが多いですが、なんだかスマホで写真を撮る事に忙しそうですね・・・・・
        《 2023年、7月、撮影 》 )




               

       ( ↑写真、チェンライの山の上にあるお寺のテーマパークです。最近のタイは、お寺の観光化が進
        んでいます。ここには、ガラス回廊があります。崖の上に作られていて、最初はちょっとだけスリ
        ルがあります・・・・・《 2023年、11月、撮影 》 )




               

       ( ↑写真、かなり高い崖の上です。あまり身を乗り出すのは危険です。清水の舞台から飛び降りる
        のと同じです・・・・・《 2023年、11月、撮影 》 )




               

       ( ↑写真、タイ北部ファンの街にあるショッピングモールです。一般的な純金のジュエリーを売買す
        るお店です。写真中央の二人の女店員の頭の辺り、一部、金の無い赤い壁になっています。そこに
        は、本来なら金のネックレスがびっしりと、展示されているはずなのですが‥‥。数時間前、強盗
        によって持ち去られています。画面右端に取材中のテレビカメラがあります。それにしても、営業
        してるってのが凄い・・・・《 2023年、12月、撮影 》 )



               

       ( ↑写真、私の自宅の裏庭です。バラの花が咲いています。ほとんどが、家人が剪定したパラの小枝
        を植えたものです。意外と早く、大きくなって花を咲かせました・・・・・《 2023年、12月、撮影 》 )




               

       ( ↑写真、チェンマイ市街へ向かう途中の山岳道です。交通事故で森の中へ滑落した大型トラック
        です。左の車両は関係車両、右は警察関係車両。このトラックの奥の方に事故を起こしたピック
        アップトラックがあります・・・・・《 2023年、12月、撮影 》 )




               

       ( ↑写真、中央のトラック後部と車体の左側は血だらけでした・・・・・《 2023年、12月、撮影 》 )




               

       ( ↑写真、私が暮らすタートンの町から、チェンライへ行く途中にあるフラワーパークです。こうし
        た花壇をテーマにしたテーマパークが、あちらこちらに建設されています。ただ、タイ人は飽きっ
        ぽいので、いつまでもつやら・・・・・《 2023年、12月、撮影 》 )




         【 はじめての方は、どうぞ 「第1章 改訂版」 よりご覧ください。 】

 
                    その25


今現在の、小説の進行状況は‥‥‥‥

410枚( 20×30、単行本仕様 )まで書き上がっています。

予定では、もうそろそろ終わっているはずなのですが‥‥‥‥

後、50枚前後は書きたいと思っています。

私が応募したい小説新人賞の締め切りが3月末日ですので、まだ時間はあります‥‥‥‥

募集原稿の規定枚数は、200枚前後ですので、かなりオーバーしています。そのため、半分を切る
か、それとも二冊分( 二巻 )を意識したものにするか迷っています。

初めての小説だし、普通なら半分削るのが良いかも知れませんが、すでにここまで30枚以上をカッ
トしているし、全ての登場人物を失いたくない‥‥‥‥そんな気持ちで焦っています。


さて‥‥‥‥

新年早々、日本は地震災害に飛行機事故と、まったく悲運な出来事に見舞われ、言葉もありません。

政治状況は相変わらず混沌とし、先の見通しも立たない状況は問題ばかりが降りかかる‥‥‥‥日
本人がどんどん、バラバラになっていく様で辛いものがあります。

私のタイでの隠居暮らしは、取り立てて変化もなく穏やかなものです。今回、アップした写真も、
比較的平穏な日常風景の一コマです。( たまに事件や事故がありますが )

私は、普段、一人で自室のノートパソコンに向かっている事が多いのです。そのため、外出する事
があまりありません。

写真の様に、友人などから誘われて、月に一度か二度ほどドライブに便乗する程度です。

今月は、ベトナムへ遊びに行こうと誘われていたのですが‥‥‥‥今のところ、その動きはありま
せん。( 内心、ホッとしています )

ベトナムなら、交通費も安いし、宿泊費もしれていますが、それでも年金生活者には大きな出費で
す。

小説を書く様になってからは、まったくゲームが出来ないし、正直淋しいのですが‥‥‥‥

それでも、小説の世界にどっぷりと浸り、自分が描こうとイメージする世界とは違う‥‥‥‥想定外
のドラマが展開した時の爽快感は格別です。

書いている本人がビックリするほどですので、きっと、良い小説になっていると信じています‥‥
‥‥‥‥

いや、ホントに!


ありがたい事に、今書いている小説のために、何人もの協力者や支援してくれ人がいるので助かっ
ています。

一人ではなく、多くの人に支えられている事で、元気をもらっているんだと思います。

ところで、前回、「 ヤングマガジンのちば賞に二度応募 」( 1986年 )と書きましたが、実際は
「 コミックモーニング 」だった様です。

私が最初に投稿したのは、「 ヤングマガジン 」だったのですが、その後、「 コミックモーニング 」
に投稿が替わった事を忘れていたようです。

随分長い間、私は勘違いをしていて、誤記を重ねてしまいました。まったくお恥かしい限りです。

こんなところで、お詫びしても仕方がないのですが‥‥‥‥

本当に、申し訳ありませんでした。

ブログを書き始めて、もう20年になるのですが、今頃になって気が付いた次第です。( 小説を書く
っていう事で、少し、慎重になっているのかも知れません )


それにしても、ブログに書くことがないなぁ‥‥‥‥

今の生活は、一人で「 YouTube 」なんか見て、リラクゼーション音楽を聞きながら小説を書いて
いるだけ。ホントに毎日、個室にこもって一人でいます。

こもっているだけじゃ、何事もないので、書くネタもないわけですが‥‥‥‥

でもね‥‥‥‥

老人の孤独って、意外と‥‥ありがたいのです‥‥‥‥

その一人の時間が、しみじみと‥‥楽しいのです。

そんな、引きこもり状態の私を家人や、その友人が外出するように誘いに来ますが‥‥‥‥それが、
怖く感じるほどです。

今、深夜の12時になろうとしています。

気味の悪いほどに静かな夜です‥‥‥‥

でも、この時間が大好き。

暗闇の中、月明かりに浮かぶ庭。

静かに‥‥ゆっくりと流れるピアノの音。

一人のこの時間こそ天国。

孤老‥‥万歳。
 
 
 
           「 漫画家アシスタント移住物語 こりゃタイ編 その26 」 へつづく・・・・
 
              ( 月一連載を目指していますが、無理だと思います )
 

               ★前の記事へ→ 「漫画家アシスタント移住物語 こりゃタイ編 その24」へ戻る 】

 
 

 
   


【 各章案内 】   「第1章 改訂版」  「第2章 改訂版」  「第3章 改訂版」
          「第4章 その1」  「第5章 その1」  「第6章 その1」
          「第7章 その1」  「第8章 その1」  「第9章 その1」
          「諦めま章 その1」   「古い話で章 その1」
          
「もう終わりで章 その1」 「移住物語 こりゃタイ編 その1」





コメント (21)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする