海杉 木材コンシェルジュ エクステリア 弥良来杉 モックル処理 DIY フランク・ロイド・ライト 鳥居

海杉の日記というか、記録ですね。コツコツ、疲れるので毎日は、書きません。

簡易分電盤

2018年04月15日 09時54分05秒 | 古民家


良い雰囲気の分電盤。

かっこいいですよね。

中もヒューズでかっこいい。

碍子なんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

優秀な社員が会社を辞めていく7つの理由

2018年04月10日 08時33分44秒 | ビジネス
思い直せば、反省することばかり。

1、有能な社員に仕事が集中する
2、仕事以外の個人的なコミュニケーションがない
3、会社に貢献しているのに評価がない
4、社員の成長を評価しない
5、誤った人事昇格を行う
6、裁量権を渡していない
7、尊敬できない上司や管理者下で働いている



㈱経営改善支援センターの「とじきレポート」より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イオンで

2018年04月04日 02時46分42秒 | 日々のこと


大増床してリニューアルした宮崎イオンに海野建設のポスターを掲載しました。



新しく新設した木育コーナーです。

ぜひ!見に来てください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベンチをリニューアル

2018年03月20日 19時11分33秒 | 屋外木材講座

建築士会の皆さんが、ボランティアで道の駅 フェニックスにあるベンチを弥良来杉でリニューアルしてくれました。



そこに弥良来杉を採用していただきました。

腐った木材を取替え。

既存の脚をそのまま使用。


木部を弥良来杉に取替え。





弥良来杉がミラクルたる所以です。




ここまで信頼していただくと弥良来杉冥利につきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木材のカビ

2018年03月19日 23時39分18秒 | 屋外木材講座
木材(ルーバー)にカビが発生したそうです。

当然、カビは発生します。発生しやすいです。

特に屋外であれば・・・。

なぜ?カビが発生したのでしょうか?

一番は、生材を使用したためと考えられます。

生材のことをグリン材と言います。

水分が多く、木に含まれる養分も豊富です。

グリン材は、当然カビやすい材です。

そこで、製材所では、防カビ薬液に浸します。

防カビ薬液がいやなら乾燥材(KD材)を使います。含水率の低いKD材はカビが基本的には発生しません。

カビが生えた材を責任は誰でしょうか?

果たして保証対象でしょうか?

誰の責任でしょうか

カビは、木材以外でも発生します。

例えば、ユニットバス。

プラスティックなのにカビが発生するのです。

一番は、湿気でしょう。しかし、浴室であれば壁や天井に垢や石鹸などが付着して養分となってカビを発生させます。

湿気と養分そして、酸素があれば、カビは、どこにでも発生するのです。

浴室のカビは、管理の問題となります。

木材にはカビの菌が、はじめから付着していると考えて間違いないです。

同時に納めた軒天とルーバーですが、ルーバーだけカビが発生しました。

どちらも防カビ薬液は使用していません。

なぜでしょう?軒天には、カビが発生していないのです。

原因は直ぐわかりました。

材料を軒天とルーバーの含水率が違っていました。材をそれぞれ違うところから仕入れていました。

どちらも防カビ薬液は使用していません。

軒天は、KD材。

ルーバーは、グリン材でした。

しかもルーバーの近くには、大きな丸太を製材したグリン材の材が・・・。

ルーバーの材は、施工会社からの支給品の材だったようです。

防カビ材を塗布していないグリン材を使用した施工会社の責任。

木材の乾燥状態を確認しなかった設計監理しなかった設計会社の責任もあると思います。

(含水率計で計測します)

ちなみに塗装では、カビを防ぐことは難しいです。

木材保護塗料には、カビを殺す強力な防カビ剤は、ほとんど入っていないのです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にっぽんの宝物 グランプリ 全国大会の会場が決定‼️

2018年03月10日 20時36分39秒 | 日々のこと
にっぽんの宝物 グランプリ 全国大会の会場が決定しました。

場所は、カレッタ汐留です。

パレットホームプレゼン

2年連続で敢闘賞でしたが、3度目にグランプリを獲得して出場権を得ました。


パレットホーム


日程が5月24日、25日か、5月31日、6月1日のどちらかまだ未定だそうですが、グランプリ向けて準備を始めたいと思います。

カレッタ汐留


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ゴッドハンド輝」の山本航暉(ヤマモトカズキ)さんにお会いしました。

2018年03月05日 18時07分47秒 | 日々のこと




「ゴッドハンド輝」の山本航暉(ヤマモトカズキ)さんにお会いしました。

新作は「スピノザの海 ~蒼のライフセーバー~」で日向市の伊勢ヶ浜を題材にしたライフセイバーの高校生の物語です。

3冊買い求め、このように手書きのイラストも描いていただいて感激です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古材

2018年02月11日 22時04分06秒 | 古材



新宿駅ビルで見かけた内装の壁。

古材だ!





うちにもありますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パレットホームトークショー

2018年01月16日 03時52分22秒 | 日々のこと
パレットホームトークショー




皆さん、参加しませんか!

祝!にっぽんの宝物日向大会グランプリ受賞!=パレットトーク@麹中=
●日時:2018年1月29日(月)19時〜20時(18時半開場)
●会場:発酵するカフェ麹中(東京都文京区本郷2-35-10本郷瀬川ビル1F)
●定員:30名
●参加費 無料(当日ドリンク代別)
●申し込み koujichu@kusukichi.jp(担当:崎谷090-9158-8960)

みなさん、お発酵んにちは〜!

2016年8月、宮崎県北西部の美郷町の渡川(どがわ)地区に一軒の商店ができました。
こちらは「こんにちや」という地域商店で人口約350人の里山集落で唯一の商店なんですが、実はこの建物、木材パレットでできているのです。

注目すべきはそのパレットのサイズで日本の運送用パレットの標準サイズ1100mm×1100×144(通称イチイチ)でつくられています。

この木材パレットをつかったエコハウス「パレットホーム」は建物の坪単価をおよそ20万円(基礎、電気、給排水設備は除く)に抑えることで災害時の仮設住宅への活用も検討中で、昨年11月に開催されたにっぽんの宝物日向大会では見事グランプリを受賞!



発酵するカフェ麹中では、宮崎県日向市からパレットホームの考案者であり、自称木材コンシェルジュのをお招きして開発の経緯や工夫、思いをお聞きしたいと思います!

クラフトビールを飲みながらパレットトークでワイワイしませんか!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仮設住宅 パレットホーム

2017年12月24日 09時45分10秒 | 建築関連
パレットホーム

簡単で快適な仮設住宅パレットホームは、いかがですか?


にっぽんの宝物グランプリ日向大会でグランプリを獲ました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古材

2017年12月08日 09時43分17秒 | 古材


古材。

結構、売れるんです。



ただ、ところで買うか?知らないんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工業高校に賭ける

2017年12月06日 08時12分17秒 | 日々のこと
日本の教育をどこが救うのか!

こんな大上段から話を高校の先生にしました。

それも校長先生にも

日本の教育の最後に切り札は「工業高校だ!!」

と断言したのです。



日本の産業は、これから訪れるイノベーションに対応できるかと言う問題です。

「ものづくり」で勝負してきた日本が「イノベーション」でできるかと言うことです。

今までの日本の学校教育では、未来がないということです。

人生には、大切な時期があります。

想像力を、創造力を自分のモノにできる時期が、人生の中でほんの一瞬あるのです。

それが、16歳から20歳の期間なのです。

その大切な期間を大学受験に費やしている日本の教育は、とても悲しい結果が待っています。

そこで日本の教育の最後に切り札は「工業高校だ!!」言いたいのです。

人生の中でもっとも大切な時期に何をすべきか?

これからの日本の教育が問われる事になると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紙書籍か電子書籍か

2017年12月04日 07時11分14秒 | 日々のこと


先日、コンゴ在住の西原智昭氏の講演会「木育・森育楽会の基調講演」を聞きました。

西原氏は、講演の前に「紙書籍か電子書籍か」と言う問いを先に投げかけて話を始めました。

マルミミゾウの話、ヨウムの話、森林伐採の話など興味はつきません。

鋭く、現場にいる人の視点での話は、とても、リアルになります。

西原氏は、一通りの話が終わって聴講するする人に改めて問います「紙書籍か電子書籍か」

とても、難しい問題です。

西原氏の話は、、問題を解決する手法の話だと気づきました。

問題が起きています。

その問題を解決するには、今までの手法ではなく、別の次元での技術であったり、別の業界の意見やアドバイスであったりします。

西原氏は、「火山型???」と呼んでいました。(すみません。メモを取り忘れていました)

ある意味「未来対応型問題解決法」とでも呼べばいいのでしょうか。

白か黒かはっきりさせるのではなく、グレーがあっても良いのでは・・・。

「紙書籍か電子書籍か」

下記の文章は、私なりの答えです。

時代の流れと個人の趣向は、違うと思うんです。慣れ親しんだモノを大切にする、残しておきたいという気持ちと時代の流れでなくなるのは、仕方がないものです。

しかし、未来のことを考えると地球規模や人類の事を考えるとこれから生まれてくる未来の私たちの子孫のことまで考える事がこれからの問題解決には必要な条件になってきてくると思うんです。

「紙書籍か電子書籍か」は、ある日突然やってくる事ではなく、徐々にやってくる問題です。西原氏は言うようにバランスも大切ですし、それが本当に地球や人類にとって最善な選択なのかと考えながら答えを見つける努力が必要になってくるのではないでしょうか。

受動的に問題を受け入れて解決策を探す事ではなく、能動的にさまざまな角度から問題の本質を見抜き、地球に、人類に、未来の子孫にとって最善策は何を問うのではないでしょか?



そんな、講演会でした。

木育・森育とは、よく分かりませんが、今の子どもたちに木に触れさせて地球ののこと、人類の事、そして、未来の子孫のことを考える教育になってくれればと願っています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

循環型社会を目指して

2017年12月03日 19時23分58秒 | 経済・社会
便利だから。

簡単だから。

儲かるから。

安易に限りある資源を無駄に使っていないか。

大切な資源を絶滅や枯渇に追い込んでいないか?

未来に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テゲバが、JFL昇格

2017年11月26日 07時07分13秒 | まちづくり・ボランティア


テゲバジャーロ宮崎が、地域チャンピオンリーグを勝ち抜いてJFL昇格を決めた。

宮崎には、まだ、Jリーグチームがない。

J1、J2、J3とあり、全国には50チームがあるのに

宮崎にはまだ、Jリーグチームがないのだ。

ないものねだりではない。

Jリーグチームは、自らが作るものなのだ。

子供の頃から資本投資をして

作るものなのだ。

JFLに甘んじては、決してならない。

そもそも、クラブチームが強くなれば、企業よりも経済効果でる。

旭化成当たりがスポンサーになると違うのに。

世界発信するためには、Jリーグが一番早道なのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加