ある医療系大学長のつぼやき

鈴鹿医療科学大学学長、前国立大学財務・経営センター理事長、元三重大学学長の「つぶやき」と「ぼやき」のblog

”アイスまんじゅう”が恋しい季節とオープンキャンパス

2013年06月22日 | 高等教育

 今日の三重県亀山市は夏の暑さが戻ってきました。この前の日曜日(6月16日)に食べた”アイスまんじゅう”が恋しくなってきます。ネットで調べてみると、”アイスまんじゅう”は昭和20年代から造られているらしく、今でも全国各地で造られで販売されていますね。三重県桑名市では名物にもなっており、昭和25年から造り続けているお店がありますね。つまり、僕が生まれた年から造り続けているということ。僕が1週間前に食べたのは、鈴鹿市にある中野製餅店というお店の”アイスまんじゅう”です(写真)。このあたりでは、このお店の”アイスまんじゅう”は、けっこう有名なんです。

 この”アイスまんじゅう”をどこで食べたかというと、鈴鹿医療科学大学のキャンパス内です。16日は鈴鹿医療科学大の今年度第1回目のオープンキャンパスで、僕も新学長として初めて参加したんです。来学者のみなさんには、学食での昼食券とアイスの引換券が配られるのですが、僕もその券をいただいて、”アイスまんじゅう”をいただいたというわけです。

 この日は、前日までの雨とうってかわって快晴で、真夏の暑さだったので、”アイスまんじゅう”はとってもおいしく感じました。それで、千代崎キャンパスで1個いただいたのですが、白子キャンパスでも、もう1個いただいてしまいました。

 さて、鈴鹿医療科学大学の今回の関心事は、なんといっても来年4月開設予定の看護学部(定員80)のオープンキャンパスにどれだけ高校生が集まるのかということでした。鈴鹿医療科学大は、看護学部の設置を、認可ではなく届出で書類を提出しています。まだ、正式の許可はおりておらず、学生募集はできないのですが、開設予定ということで広報をすることは許されているんですね。従来、新しく開設する大学や学部は、国の認可スケジュールの関係上、既存の大学よりも、かなり遅れて学生募集を始めることになるので、もし広報や通知すらもできないとなると、新しい学部や大学がうまくいくかどうかを決定づける初年次の学生募集に大きな支障が出てしまいます。

 そういえば、去年の11月は、当時の田中真紀子前文部科学大臣が大学設置・学校法人審議会の答申を覆して3大学の設置認可を認めないと発言して、大きな混乱が起きましたね。設置認可には、カリキュラムや教員の確保、建物はもちろん確保されていないといけませんし、医療系の大学だと、何年か先の実習先の病院もすべて確保できていないといけないなど、その準備にはたいへんなものがあります。膨大な書類を提出し、準備万端整えて、オープンキャンパスなどの広報活動をやって、あとは正式の認可を待つだけという段階で、突然認めないという話になったのですから、大学側も、進学を希望していた生徒たちも、ほんとうにたまったものではなかったでしょうね。

 この田中前大臣の一件のあと、大学の設置認可の審査はより厳正化され、鈴鹿医療科学大学の看護学部は認可ではなく届け出による設置だったのですが、市場調査の結果の提出を求められることになりました。もちろん、市場調査の結果は、入口も出口も十分に需要が大きいという結果でした。

 しかしながら、市場調査でOKという結果でも、実際にたくさんの志願者があるのかどうかということは、やはり気になりますね。そして、第1回目のオープンキャンパスの来場者数は、必ずしも志願者数と一致しない面もあるとはいえ、学長としては気になるものです。

 果たして、どうだったのでしょうか?

 僕は、大学につくなり、まず最初に看護学部の説明会の会場に向かいました。会場はほぼ満員。大学事務局長の村田さんが鈴鹿医療科学大学全体の説明をしていました。看護学部の開設で、医学部以外の医療系専門職養成の学科やコースがひと通り揃うこと。そして、医療系の”総合大学”としての強みを生かして、他の大学では実施困難な教育を提供しようとしていること。具体的には来年度の1年生から”医療人底力実践”という新しいカリキュラムが開始すること。これは、専門の異なる各学科の学生さんを完全に混ぜた形のグループを作って、現代の医療サービスのキーワードとなっている”チーム医療”に必要な医療人としての”底力”を涵養しようとする、たいへん意欲的な取り組みなんです。

 

 この日、最終的に看護学部の説明会に参加した人数は約100人ということで、まずまずの手ごたえだったのではないかと思っています。

 他の学部・学科の説明会もひと通り回ってみました。各学科によって増減があるようでしたが、おしなべるとほぼ前年度並みとのことでした。下の写真は理学療法学科の説明会の一風景です。講師の浅田啓嗣さんが、運動学について説明をしているところなんです。


 白衣を着ているのは、理学療法学科2年生の学生さん。僕が救急医学概論を教えている学生さんですね。オープンキャンパスには、多くの学生さんにもご協力をいただいています。先生方も、それを手伝っている学生さんも、ほんとに一生懸命、来学されたみなさんに説明し、接していました。まだ、僕が学長であると知らない学生も多くいると思われるのですが、来学者に配られる布袋を手にしている僕を学長とは気づかずに説明してくれる学生さんの対応はなかなかいい感じで、彼らは、将来医療人としてちゃんと患者さんに接することができるだろうと思われました。(自画自賛的ですが・・・)

 受付を担当している学生さんたちに聞くと、岩手からわざわざ来ていただいている方がいらっしゃるということで、この日は日曜日なのに、明日の学校に間に合うように三重県から帰っていただけるのかな、と心配していました。鈴大には全国区の学科があるんですね。

 学生たちが帰りがけの来学者にボールペンと冊子を渡しているので、僕にも頂戴と言ったら、少し怪訝な顔をして渡してくれました。学生たちが怪訝な顔をした理由がすぐにわかりました。それは、鈴鹿医療科学大学の入試の過去問集だったのです。

 鈴大の教職員の皆さん、学生さん、ほんとうにお疲れ様でした。

 第2回オープンキャンパスは7月13日(土)、第3回は8月17日(土)に予定されています。どれだけ多くの来場者に来ていただけるか、楽しみにしてますよ。まさに真夏の真っ最中なので、”アイスまんじゅう”も、きっとおいしいと思うよ。

 

コメント

学生浪曲師、真山隼人くんがんばれ―作野前学長慰労会にて―

2013年06月17日 | 高等教育

 6月15日の土曜日に、この3月まで鈴鹿医療科学大学の学長をお勤めになった作野史朗先生の慰労会がホテルグリーンパーク鈴鹿で行われました。作野先生は三重大学教育学部長、三重県教育委員会委員長、放送大学三重学習センター長を歴任され、鈴鹿医療科学大学の学長をこの3月までお勤めになられました。現在78歳ですが、りっぱなご体格で、お年をまったく感じさせない迫力です。

 作野先生が学長をされた8年間は、鈴鹿医療科学大の前理事長の中村實さんから現理事長の高木純一さん(下の写真の左端)への交代の時期でもありました。4年制の医療系大学は、開学23年目を迎える鈴鹿医療大が日本で最初とされているのですが、その後、数多くの医療系大学や学部が設立され、競争はたいへん厳しくなっています。その厳しい状況の中で、新たに薬学部を設置するなど、鈴大が「医療系総合大学」として発展する基盤を確立されました。たいへんお疲れ様でした。

 

 僕はそのような作野先生のあとを任されたわけですが、作野先生の時代が鈴鹿医療科学大の発展の歴史のセカンド・ステージであるとすると、僕には、その基盤をもとに、「医療系総合大学」としてのブランドを名実ともにいっそう確固たるものにし、さらに飛躍をするサード・ステージの改革をすることが期待されているわけです。責任を感じるとともに、大いにやる気を感じているところです。

 来年から始まる「医療人底力実践」という大きな初年時カリキュラム改革を準備された鎮西康雄先生(元三重大学医学部長、上の写真右端)にさっそく副学長になっていただき、来年度開講予定の看護学部や薬学研究科、そして、ロボット・スーツをはじめとするライフイノベーションの産学官連携への貢献なども含め、さまざまな教学改革を実行していきたいと思っています。

 さて、作野先生の慰労会のアトラクションでは、今年4月に鈴鹿市にある白子高校から鈴鹿医療科学大の鍼灸学科に進学された真山隼人さん(本名は内田隼人くんです)の浪曲が披露されました。

 実は、彼は正真正銘のプロの浪曲師なんです。小学生のころにラジオで聞いた浪曲に感銘を受け、高校生になると大阪の浪曲師、二代目真山真一氏に弟子入りして、昨年11月にプロデビューしたとのこと。現在、18歳で、全国最年少のプロの浪曲師です。そして、この5月26日には三重県文化賞の「文化新人賞」を受賞されました。

 たぶん、今どきの若い人は浪曲なんてまったく関心がないんでしょうね。そういう僕も、今までは浪曲にはまったく関心がなく、今回、始めて浪曲なるものを直に聞かせていただいたんです。題目は忠臣蔵の俵星玄播。この世界では、超有名な定番になっている題目のようです。

 感想は、すごいの一言。かぶりつきで聞かせていただいたこともあるかもしれませんが、演歌歌手の氷川きよしを連想させる細めの体から発せられる歌や言葉の迫力に圧倒されました。それを30分間続ける。これぞプロのなせる技。洋楽やフォークやポップスに慣れ親しんできた僕たちには「ああ、こういう世界もあったんだ」と、とっても新鮮に感じました。

 裏方で浪曲に欠かせない楽曲や拍子をタイミングよく挿入していたのはお父さん(下の写真右から2番目)。それまでお父さんは浪曲とは縁のなかったかたですが、今では息子さんといっしょに二人三脚で、全国を回っておられるとのこと。

 隼人くんが浪曲にモダンな風を吹き入れてくれれば、もっと多くの層のファンが増えて、ブレイクする可能性もあるんじゃないかな、と思いました。

 7月27日(土)には東京浅草の木馬亭で「火花を散らせ 決戦若手浪曲大会」に出演が予定されています。ポスターには「関西より学生浪曲師 浪曲演歌 真山隼人 18才 出演」なんて書かれています。日本の浪曲界も大きな期待を抱いていることが感じられますね。

http://blog.goo.ne.jp/genroku1701

 そんなことで、東京の読者のみなさん、お時間があれば覗いてやっていただければ幸いです。

 隼人君の生き方を見ていると、同世代の友達が見向きもしないような”浪曲”という伝統芸能に価値観を見出し、自分の夢を明確にして、それを追及し、それに賭けてみるという一種の”ベンチャー精神”に通じるものを感じさせられます。これは、今の日本の安全志向で内向き志向の多くの若者に欠けていると言われている資質の一つですね。

 そして、もう一つ僕がえらいな、と思うことは、隼人君が今回鈴鹿医療科学大に進学して、学業と浪曲の2足のわらじを履くことにしたことです。1つのことを追及するのか、学業との両立を目指すのか、このあたりは考え方が分かれるところだと思いますが、僕はまだまだ若い彼には、ぜひとも学業と浪曲の両立をしていただきたいと思います。

 隼人くん、大いに期待してますよ。ぜひとも頑張って下さいね。

(2~4枚目の写真は鈴鹿医療科学大学理学療法学科の 馬 寧 教授の撮影による。)

 

 


コメント

「眠たい」講義卒業?

2013年06月05日 | 高等教育

 4月1日に学長に就任して早2か月、入学式から始まって慌ただしく2か月が過ぎました。今日は、先ほど組合との団体交渉が終わり、学食に来たところです。

 学生たちが熱心に勉強してますね。僕が救急医学概論を教えている理学療法学科2年生の学生が僕の顔を見て「こんちわ」と声をかけてくれました。レポートの提出がたいへんで、毎晩9時まで学食で一仕事をしてから帰るとのこと。昨年の中教審の答申で、日本の大学生の自習時間が少ないことが問題にされ、大学側の教育指導の改善が求められているところですが、鈴大の理学療法学科には、まったく当てはまらないようです。

 僕が毎回の授業でとっているアンケートにも、「理学の勉強量つらいです。」「理学療法の2年の負担が大きすぎるので、運動学など2年でやる基礎を1年でやるように変えて欲しい。1年生の時から厳しくした方が、2年以降も充実した勉学ができると思う。」なんていう書き込みがありました。

 「朝、もうちょっと早く学食を開けてくれると、朝も勉強できるのに・・・」とさっそく要望をお聞きしました。「先生のブログ、時々読んでますよ。」と言われては、なんとかしてあげないとね、と思います。それと、ブログの更新もね。

 4月19日のブログ

学生による授業評価の点数はどこまで上げられるか?(クリッカーの効果)

では、クリッカーを用いた授業により、学生による授業の評価点が上がり、特に「眠たさ」という評価項目が改善したことを書きましたね。そうしたら地元の朝日新聞の高木さんから取材の申し込みがあり、5月13日の講義を見学していただきました。

 そして、その記事を6月2日の朝日の「三重」のページに載せていただいたので、ブログの読者の皆さんにもご報告します。(朝日新聞社の許可を得て、その記事の写真を下にアップします。なお、この記事の無断転載は禁止されています。)

 この記事はかなり正確に書いていただいています。特に、学生のアンケートで、取材の時のカメラのフラッシュについて学生がクレームを書いたことについても正直に記事にされるなんて、高木さんという記者の人柄が表れていると思います。

 取材の時から回数を重ねて、クリッカーもかなりスムースに使えるようになってきました。ある程度予想はしていたものの、分かっているはずだと思い込んでいたことがいかに学生たちに理解されていないか、リアルタイムに見せつけられ、改めてどう教えたらいいのか、試行錯誤をしているところです。

 クリッカーに少し慣れてくると、クリッカーを持っていながら眠ってしまう学生もいて、眠たさの解決に万能ではないことがわかりました。新聞の見出しの『「眠たい」講義卒業?』に、「?」をお付けになったのは、当りですね。でも、眠っているかどうかは着実に把握できるので、すぐに学生さんを起こすことができます。アンケートには「昨日はよく寝れてなかったのか、講義は眠くないのに眠ってしまった。」という書き込みがありました。

 学生からはポジティブな意見もたくさんいただいています。

「先生がすごく学生の意見を取り入れて下さるのでとても助かります。」

「もっと、頑張って勉強しようと思った!」

「とてもおもしろい勉強だった。」

「難しい所を復習できる時間があり、ありがたい。」

「毎回、復習問題があるので、理解しやすくてとてもいいです。」

「毎回、感度と特異度の問題を出してもらえたので、見直しができて、完璧に理解できました。」

 こういう感想をいただくと、先生の方もやる気が出ますよね。

 さて、学生たちが学食から帰る時刻の21時が近づいているし、そろそろ僕も家に帰ることにしよう。


コメント