図形曼荼羅好きな方 (^O^)/

ラピスラズリの蒼とトルコブルーの重なりに魅かれます。色と形は何かを現わすような気がします。

ひふみの龍神様

2018-12-07 06:41:00 | 日記



12月3日

なんとなく「 ひふみ 」の言葉が心によく浮かび

夕方、時間があったのでひさしぶりに本屋を覗きました

本屋には一年ぐらい行ってないような気がします

驚いたのは、以前置いてなかった

龍神の塗り絵、龍神で運気アップみたいな本がいくつも有りました

曼荼羅の塗り絵などがあるのは知ってましたが

今は、龍神様かと思いました



夜Googleの12月3日の地震の地図をみると

震度3、震度2.震度1が日本の太平洋側に万遍なく発生していました


4時01分   宮城県沖    M3.6  震度1
11時46分  岩手県沖    M4.1  震度2
17時08分  和歌山県南部  M4.1  震度3
17時15分  青森県東方沖  M4.5  震度3
19時01分  新潟県下越沖  M3.3  震度1
20時27分  沖縄本島近海  M2.2  震度1
23時13分  福岡県筑後地方 M2.8  震度1
23時41分  埼玉県北部   M2.8  震度2


なんとなく地龍が万遍なく日本上を行き交っているのか?











そんなことを書いていると

6日のGoogleに

11月11日アフリカ東岸で発生した振動がザンビア、ケニア、エチオピア

さらにチリ、ニュジーランド、カナダ、ハワイにまで到達したとあります。

発生地は古いゴンドワナ大陸の端

いにしへの感性から何か話かけられている?

1が四つの象徴は、初まりが広がる?




十年ほど前、秋分の日に夕陽の写真を撮りに行きました

秋分の日は自然の何かが示されるような気がして

函館山の上から流れるように渦を巻く不思議な雲があるなと思ったのですが

後から気づくと

上から覗き込む龍頭の半分とその顔を見る龍頭が写っていました


神社で鱗までハッキリ見える龍神様にあったこともありますが

龍神様の祠でジェット気流のような轟音や、風が止まり、全くの無風の静寂

屈斜路湖の双頭の龍神様は、雨に促されてたどり着きました


龍神様は独特な気が現れる、そんな気がします


昨日の朝テレビで三峯神社の敷石に龍頭が現れたと放送されていました。


その三峯神社は白い気のお守りで有名になった神社



なんとなく、気が形として現れる



そうささやいているような気がします



一二三 ひふみは火水風という言霊があります



火水風で示されるものは何か




この記事を書いている途中書こうか迷った、石油の有機質起源説

無機質起源説も有りますが

動植物が一機に流されて生成された

石炭は植物が腐食せずに炭化されたもの


人間の時代は数万年

恐竜の時代は一億年


中生代のジュラ紀、白亜紀は動植物が繁栄した時代


古生代カンブリア紀は生命が爆発的に産まれた時代



命という視点からは胎児の成長が示すように


全てを遺伝子が記憶している



その潜在的な、どの部分に眼を向けるか




龍神様は創造と破壊の現れのような気がします






コメント

火山雷

2018-11-23 20:57:16 | 日記




諏訪の瀬島 御嶽山噴火、桜島の噴火と続く中


火山雷が噴火の神秘を象徴するよう


冒頭のウィキペディアの火山雷の画像


解説では

火山が噴き上げる水蒸気、火山灰、火山岩などの摩擦電気により生じる。また、水蒸気が少ない場合でも発生できる。



火の噴く山を神が住まうところとしたいにしへの祖先は何を感じるだろう



in deepさんの噴火の画像では


桜島





新燃岳






グアテマラ フゴエ山










2018年の世界中の噴火した国

パプアニュウギニア

インドネシア

日本

カムチャッカ

メキシコ

コスタリカ

グアテマラ

チリ


環太平洋の国々



インディオの酋長は

先祖から引き継ぐパイプの煙が精霊に繋がると考え



津波の起きたインドネシア スラウェシ島

トラジャ族が伝える先祖を大切に祀る有史以前の風習




環太平洋には祖霊崇拝した国々



今日は出雲大社で神在祭 満月


農業、漁業、医療、縁結びと国づくりにはげまれた神々が集まる



縄文の遺跡の空に一なるものを探すと何かつながるものがあるような気がします



感性が磨かれてゆくと祖霊を敬う国々もつながるのだろうか



火山の神々もつながれるのだろうか





コメント

諏訪の瀬島 御岳噴火

2018-11-13 09:00:45 | 日記



いにしへの毛無山のブログの中で北の毛無山と南の御岳、御嶽が同じように土地を守る所と書いていました。


そうしたら、諏訪の瀬島 御岳噴火


昭和新山の最初から生成発展を定点観測


山は生きていると話した三松正夫氏


山は、人間の時間の尺度ではなく何千年の自然の尺度で変化する




昭和新山の記念館に飾られる書












かつて我々の祖先は火を噴く山を神の住まう山として崇めた


噴火を御神秘(火)(とした


そこから自らの国を火の国  肥の国とした


そこには火の山の上に住む日本人の生活と恐れ戦く歴史があったことを知る。


火と噴煙を吐く山は生きているのだ。






生前、三松正夫氏の書かれた本に、自らの体験を通し


子供達に自然の神秘、不思議を感じ、自然の何かを感じてほしい


第二のミマツが産まれることをたのしみにしている。



と書かれています







自然の何かを恐れるではなく






崇めることが日本の先祖の示す道










コメント

いにしへよりつづくケナシ

2018-11-06 21:11:04 | 日記




毛無山はウィキペディアによると日本に25有るとされています

そのうち道南には5つの毛無山

函館市、北斗市、南茅部森町、ニ海群八雲町、久遠郡せたな町

ウィキペディアには載っていない木古内町にも一つあります。





鷲の木環状列石と駒が岳を結ぶラインから見ると


















鷲の木環状列石の桂川の上流

鷲の木環状列石を眺める場所に森町の毛無山があります。


















画像では左1/3くらいにあるお椀形の山です。


ケナシという言葉はアイヌ語が語源とされて

アイヌ語でケナシの意味は

川端の木原

森町の毛無山はちょうど鷲の木遺跡の水源上流の川端

遺跡がよく見渡せる場所



北斗市の毛無山も

サイベツ沢縄文晩期遺跡を見渡せる水源上流の川端


函館市の毛無山も

中野B縄文前期遺跡を見渡せる水源上流の川端


いづれも遺跡の水源を登り遺跡を見渡せる場所です。





小樽毛無山









毛無山(標高548.2m)の山腹の標高約470mにある展望所です。
赤井川村、倶知安町につながる国道393号(通称:メープル街道)のドライブルート上にあり、紅葉のシーズンはもとより、天狗山など付近の山並みや四季おりおりの眺望を楽しむことができます。
小樽の市街地や石狩湾、晴れた日には遠く暑寒別連峰(増毛連山)を望むことができるビューポイント。夜景スポットとしても人気です。


小樽にも環状列石が数か所あり

日本では珍しく洞窟壁画が保管されている地です







山梨県・静岡県 毛無山











日本二百名山・山梨百名山にも名を連ねる毛無山。麓には朝霧高原が広がり、山頂からは富士山を見ることができる絶景スポットです。都心からも近く、日帰りで登れる二百名山として、季節を問わず多くの登山客で賑わう人気の山です。






鳥取県毛無山










ブナの原生林が美しく、山頂付近には希少な「かたくりの花」が群生。森林浴やハイキング、登山と幅広い層に支持の高い毛無山(けなしやま)。俣野のサージタンク前の登山入口、また反対の岡山県新庄村からもアプローチ可能で、山頂からは、四季の大山の雄姿だけでなく、中国山地の山並みを一望。毎年4月末に登山道開祭が開催され、GWには待ちわびた多くの登山家がこの場所に訪れます。






秋田毛無山













男鹿半島の西海岸寄りにドーム型の主峰・本山を中心として、北に真山、南に毛無山(けなしやま)を連ねる山並みは、愛称として男鹿三山と呼ばれ親しまれている。古くから赤神権現を祀る信仰の山で、平安末期からの熊野詣でにちなんだ大峰道と称する修験者の道場として栄え、「詣で道」「お山かけ」として多くの参拝者で賑わった山である。
男鹿三山への登山は北浦側のなまはげゆかりの真山神社からと、門前側の赤神神社や長楽寺から、また航空自衛隊のレーダー基地の車道を使ってのコースがある。





なまはげは、言霊を呪術と呼んだ後世の霊性への偏見かな





毛無山は、土地の精霊と感性を琢磨した場所





山岳信仰の元型があるのかもしれない






毛無山は北海道西部から東北に半数があり、九州にはない







山岳信仰といえば御嶽山


御嶽山も日本に26有ります


御嶽山または御岳山(おんたけさん、みたけさん、みたけやま、みたきさん、みだけやま、おたけやま)とは、
山頂に御岳神社(御嶽神社)がある山がある。類似名として、山の付かない御嶽・御岳と名付けられた山も存在する




御嶽山は、関東から南九州に存在し北海道にはない







御嶽(うたき)は沖縄では聖地







ケナシ ウタキはいにしへの精霊と感性を琢磨するところ








縄文の磨製石器をみているとそんな気がします
































コメント

マンデブロ集合体の立体的思考

2018-10-23 09:36:45 | 日記



ブノア・マンデブロは、ウィキペディア英文翻訳によると


マンデルブロは、IBMのコンピュータへのアクセスのために、フラクタル幾何学的画像を作成して表示するコンピュータグラフィックスを初めて使用した人の一人で、1980年にマンデルブロを発見しました。彼は、雲や海岸線のように典型的には "粗い"、 "混乱"、または "混沌"と考えられるものは、実際には "秩序の程度"を持っていたと言いました。彼の数学と幾何学中心の研究のキャリアはなどの分野への貢献含ま統計物理学、気象学、水文学、地形学、解剖学、分類学、神経学を、言語学、情報技術、コンピュータグラフィックス、経済学、地質学、医学、物理的宇宙論、エンジニアリング、カオス理論、経済物理学、冶金及び社会科学




雲やリアス式海岸などの粗いと思われる図形は一定の秩序を持った数式に現わすことができる

その研究対象が自然から人工物にまでの広範囲に渡っている



その思考はいにしへの自然の何かを崇拝した思考と重なるような気がします


なぜ幾何学が象徴としていにしへから使われてきたか



人工のものさえ自然の何かの現れ



たとえば 中島みゆきの「 時代 」


そんな時代もあったねと


恋のあつれきを


まわるまわるよ時代はまわる


と時間軸をすりかえる感性


さだまさしが嫉妬する感性


ユーミンに一人身をいじられる感性


マンデブロ集合体でたとえるなら


右回りの図形の範囲を広げるさだまさしとユーミン感性


左回りの図形から右回りの図形を眺める中島みゆきの感性


そう表現するとわかりやすいような気がします


「 糸 」の歌詞


なぜめぐり逢うのかを


私たちは なにも知らない


いつめぐり逢うのかを


私たちはいつも知らない


どこにいたの 生きて来たの


遠い空の下 ふたつの物語




時間と空間が産む何かの視点からみた感性


視点を変える感性を持った人はいつの時代もいるような気がします






ユング最後の作「 人間と象徴 」の序文に初めユングはこの本を書くことにNOと言った


なぜならユングの象徴という思考を一般の人が受け入れるとは思えなかった


夢からの知らせで書くことを了承することになる


象徴を理解するうえで役に立つものは



いにしへの

神話

図形

曼荼羅

トーテムポール

仮面




それは言葉による思考ではなく




イメージによる魂の思考



いにしへの遺跡の存在は自然の何かを現わしているのなら





縄文の展示物よりも縄文の遺跡で心の底と向き合うことが





感性の鍛錬




鷲木環状列石と駒が岳を結ぶラインに何かを




連想するものがあるような気がします。













































コメント