医大生・たきいです。

医大生的独言。

医大生的炎上論

2015-06-25 23:59:59 | 医大生的生活

「腹部エコーをレジさんにやってもらったら俺見事にFatty Liver―脂肪肝―だったわ☆」

と明るく言っていた同級生と一緒に、そのあと実習終わりにニンニクたっぷり油たっぷり系のラーメンを食べに行きました。おれ大丈夫かな…。医大生・たきいです。




かなり勉強を教わっているレジさんの先生に、ついにブログを読んでいただきました(笑)。「医大生・たきいです。」というブログの存在は知っていても読んだことがなかった、って冷静に考えてなんだか芸能人的な扱いです。それからチームで夕方の回診が終わってからなぜかブログの話題に。チームカンファの議題は「この時代に不用意に情報を発信する危うさについて」です。笑

ブロガー女王のはあちゅうさんなんかはブログは炎上してなんぼと思っているはずですが、個人的に医学部生個人のブログは立場上炎上したらまずいとは思っています。炎上というのは往々にして曲解されて受け取られているケースがほとんどではないでしょうか。

はあちゅうさんは、ネットで顔公開が珍しい時代に「ブスが顔出すな」と言われてショックを受けたので、開き直って「日本のブス代表として頑張る」と言っても、今度は「普通の顔なのにブスっていうのは本当のブスに対して失礼」と叩かれたという話をよくされていますが、この一連のやりとりだって、捻じ曲げて受け取られているということに終着するはずです。

ブロガーは炎上して打たれ強くなる、だなんてブロガー界に足を突っ込んでいる筆者はよく耳にしますが、立場上炎上するわけにはいかないですから、医大生ブロガーというのも難しいものです。

ただ、書いていいこと/わるいことを識別する能力は、書くことでしか培われないというのが持論であります。情報化社会においてはネットから疎い医者のほうが逆に危ういのではないでしょうか。個人情報扱いまくりの環境で勉強させていただいているので、今まで以上にブログの内容には気を付けなければなりません。少なくともベッドサイドの話題は一切出さないのが基本でしょう。こういったことは書いちゃいけないんだと普段から意識していることで、こうした能力が鍛えられている実感があります。



「この業界は話題に事欠かないからねぇ」

とチューベンの先生が急にブロガー的視点からの発言を(笑)

分かります。だけども、そういった話題の分別が付くのはベテランドクターだけでしょう。ネタは心の中にしまっておいて、第一線を退いた数十年後に小説書きおろして本屋大賞でもかっぱらうことをお約束しますので、それまで秘めておきます。

刑法134条の守秘義務。忘れてはなりません。





(風呂場で隣にいた後輩から「たきいさん今日ニンニク食いました?」と聞かれてゴメンってなった人(笑))
コメント

患者様?患者さん?

2015-06-24 22:40:17 | 医大生的生活

立っている時間が長い1日でした。足がパンパン。先生方はわれわれ学生の1億倍くらい大変そうだけれど、俺って将来やっていけるのだろうかと今から心配になる毎日。医大生・たきいです。





「うちの病院では患者さんに“様”をつけないことになっている」

という話がカンファ中に出てきて、それまで眠かったはずなのに妙に目が覚めた。病態生理の話も、治療計画の話も、圧倒的知識不足であると自覚しながらもそろそろお腹いっぱいなだけに、こういう話のほうが興味をそそられる。きっとわたくし文系人間なのです。その話題はすぐに流されていったが、ついつい考え込んでしまった。

まず気になったのが、「うちの病院では」という発言。他はどうなのか。まさかうちの病院だけ「様」づけしないという驚愕の事実が得られてしまっては、これはブログには書きづらい事項となってくる(笑)

ググって得られた情報によると、

「患者」という名称は「患った者」という意味であるため、この言葉に尊敬語である「様」をつけるのは日本語として問題がある

と2006年に京大が発表して以来、「患者さん」「○○さん」という呼び方が一般的となってきたようだ。たしかに医学部の学生が病棟実習前に受験する“OSCE”という実技試験の対策ビデオでも、患者の呼称は「さん」付けだったかと記憶する。うちの病院だけではなく、全国的に「様」より「さん」が広がってきているようだ。

なぜ「様」が不適切かと考えた。蓋し、利潤の追求の香りがするからではないか。経営をうまく回していくためには、顧客を大事にすべき。顧客は敬ってなんぼ。「お客様」なのである。お客様は神様だ。しかし、かかる態度は医療現場において不適切だというのが、「様」が不適切な理由に違いないと考えた。確かに医療はサービス業ではあるが、お金を第一に考える態度は誤っているだろう。医療者側が――お金第一だ――なんて決して考えていないとしても、「患者様」と呼ばれながら会計に行って、受診費用が嵩んでしまった日には患者サイドにそう受け取られてしまいかねない。「様」という尊敬語にはいやらしさが見え隠れする。要は「金」の問題だろうというのが筆者の意見。

友達に意見を求めてみた。

医者―患者関係は対等なものでなくてはならない。医者が上位に来る構図はパターナリズムであるとして批判される。これは医学部生の正答率100%なんじゃないか常識問題としてたまに試験に出てくる。109回国試でもパターナリズムに関する問題が出題されてはいなかったか。対して、患者が上位に来る構図というのもよくないのではないかというのが彼の意見。「患者様」に医療者が「させていただく」という図式は治療に悪影響をきたしうる。医療者が最善の治療をしたとしても、服薬をきちんと継続してもらうとか、疾患によってはよく身体を動かしてもらうだとか、患者の協力なしには治療目標は達成されない。信頼関係を築いた上で医者―患者が共通した目的意識を持つことこそが治療に好影響を及ぼすであろうと。だから「患者さん」と呼ぶべきではないかとの意見。なるほど、「金」のことにしか考えが及ばなかったわたくしが恥ずかしくなるような模範的な解答を頂戴した。さすがは頭いいねぇ。

しかしながら。それなら医者を「先生」と呼ぶ風習もどうなのよと思わなくもない。この業界には、まだ医師免許を持たぬ学生まで「先生」と呼ばれるという変な風習がある。医者と患者は二人三脚で歩むべしという主張を過激に押し通したら、医者が先生と呼ばれるのは不適切ではないかとさえ思う。「先生」だなんて呼ばれてしまうから、天狗になって潜在的にパターナリズムの構図も生まれるのではないか。先生―患者様と呼び合うことで両者はなんとか対等な関係に近づくという考えも、個人的にはあまり支持はしないけれど、ありかもしれない。

なぜ先生と呼ばれるのか問題。そういえば、今夜はレポートを仕上げなければいけなかったので、この問題はとりあえず心にしまっておこう。笑






(今使っているパソコンがそろそろ寿命な気がしなくもない気がしてきた人(笑))
コメント (3)

150万PVありがとうございました!

2015-06-23 23:59:59 | ブロガー

19:00に解散になって、「わーい!今日は早く帰れるや!」となんとはなしに呟いていた数秒後、これがBSLかと気づかされました。去年までは毎日16:15に帰宅できていたことを考えると去年までは如何に楽だったのか。8:30開始16:15終了は超楽だって病棟出ると分かるよと、酒を飲み過ぎた夜によく先輩から聞かされていましたが、ようやく意味が分かってきました。医大生・たきいです。




さてさてさてさて、本ブログ「医大生・たきいです。」が、ブログ開設から遂に150万PVを突破いたしました!!

150万というと、神戸、京都、福岡あたりの人口と同じくらいということで。いずれも美人が多いイメージ、だなんてことは置いておいて、ブログのアクセスは自分のアクセスも含まれているし(笑)、延べ人数とはいえでも、それぞれの大都市に住むのと同じだけの人が開設4年目でこの一般人のブログにアクセスしていただいたと思うと実に素晴らしいことでございます。みなさまどうもありがとうございます。次は札幌、名古屋あたりの人口に準ずるアクセス数を狙っていきますよー。

最近病棟実習が辛すぎて、日付改竄翌朝更新ブログが激増しておりますが、今のところ大学入学から1日も欠かすことなく更新できているのは、ひとえに読者の皆様のおかげに他なりません。365日連続更新というよりは、365“回”連続更新を達成していこうと考えますので、どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

これからも一発、よろしく頼む!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

↑これからもクリックよろしくお願いします笑







(控室で惰眠をむさぼっていたらいびきを録音されていた人(笑))
コメント

分かりやすく書くということ

2015-06-22 23:59:54 | 医大生的生活

AKBの顔がどれも同じに見えるというのはおっさんの戯言かと思っておりましたが、自分にも同じ現象が現れました。髪を後ろでお団子にして統一の実習着に身を包んだ病棟実習中の看護学生たち。全員同じ顔に見えます(笑)。医大生・たきいです。




そろそろ症例発表的文章の書き方も身についてきたことだろうと高を括っていました。先生に自分が書いた文章をお見せしたら見事に劇的ビフォーアフターに仕上げてくださいます。原型をとどめておりません。なんということでしょう。細かい言い回しまで添削していただいてありがたい限りです。

日々の診療内容を記載するカルテや症例の要約を記載するサマリーに使う文章に求められているのは、きっと「医療者であれば誰でも一読すれば同様に受け取れる文章」ではないでしょうか。

「分かりやすく書かないとダメだよ、先生」

と指導されましたが、かかる能力が君には足りていないということなのでしょう。

毎日ブログを綴る生活を続けてきた副作用なのか、自分の文章にはクセがあることに気がついています。全てを書くのはアホらしくてどうも好みではない。文系的な発想で、前後関係の類推で文脈を読者さんに埋めて欲しい、だなんて偉そうに考えて文章を世に出すことも多い気がしています。怠惰なのかもしれないし、下ネタだから直接的なことは書けないということかもしれません。とにかく、うまいこと行間の意図を汲んでくれという投げやりな文章が好みなのです。
こういう文章のあり方も悪くはないのでしょうが、医療者が業務上書く文章はこうあってはならないはず。業界のお作法も学ばなければならないし、「分かりやすく書く」とは、簡単そうで難しいことなのです。







(無事に今週終わってくれとしか思ってない人(笑))
コメント

アウストラロピテクスの今

2015-06-21 23:59:03 | 医大生的生活

新たな趣味を見つけてしまいました。スーパー銭湯巡り。老後かよ。潜在的な心身の疲労が窺えます。土曜の夜も日曜の夜も二日続けてひとりで温泉へ。炭酸水素泉がお好みです。やはり源泉かけ流しであります。医大生・たきいです。






カテキョへ。定期試験前指導。数学は自信あります!という生徒さんが言うので、心の中でホントかよぉウソだろとか思いつつも口には出さず、他の科目の試験勉強へ。地理を持ってこられましたが、中学校の内容でさえ地理は分かりません(笑)。うーん、地理ねぇとかいいつつ歴史のワークを取ってきてそれやらせるように仕向けます。よしよし。

ゆとり教育の恩恵を受けてきたのが我々現在大学生の世代ですが、パッと見今の中学生が使っている教科書のほうが内容が多い気がします(笑)。理系にしては珍しく日本史選択だったので歴史だけは今でもいけますが他の社会科はお手上げでございますね笑

さておき。「最古の人類は?」と問われれば

アウストラロピテクス!!

ってみんながみんな答えるはず。400万年前だったっけね。これね、今の教科書にはなんと載ってないんです…!中学生の時テストで出たのに、今やあれは不適切問題ってことなのか。

体毛の多めな中学校の先生のことを生徒同士仲間内で「アウストラロピテクス」とか呼んでたのが今となっては懐かしいですが、「アウストラロピテクス」という単語を知っているだけで年齢がバレる時代が来ます。若作りしたい平成一桁生まれのみなさんは特に要注意。

これからは、

サヘラントロプス・チャデンシス

だそうです。みなさまお忘れなく。覚えとかないと年齢誤魔化せなくなりますよ?笑








(自分は覚える気なかったのに「最古の人類は?」って質問しまくってたら自分も覚えちゃったから勉強で反復って大事なんだなって改めて思った人(笑))
コメント (1)