医大生・たきいです。

医大生的独言。

牛丼並つゆだくAセット豚汁で

2015-06-18 23:59:53 | 医大生的生活

病院で単独行動するときには日頃の運動不足を解消しようという魂胆で、エレベーターを使わず階段を上り下りするよう心がけております。これまた意外に疲れるのですがこれくらいは運動しとかんとね。おかげさまで夜になると足が棒になってバタンキューでございます。今日もまた日付詐称してごめんなさい(笑)。医大生・たきいです。



実習の終わる時間が一緒だったみんなと吉野家に行きました。やっぱ牛丼は吉野家が一番うまいっす。疲れた後の牛丼最高やわ。朝から晩までずーっと病院にいる気がするけど、研修医の先生方はもっと早くからもっと遅くまで働いていらっしゃるんだなぁ。

「ギュウドンナミツユダクエーセットトンジルデ」

と捲し立てるように、牛丼並つゆだくにAセットを味噌汁から豚汁に変えてちょと注文したら班の女子に引かれました。え。

吉野家といえば思い出すのは浪人の冬です。当時はもちろんバイトもしておらずお金がなかったのでセットをつけるなんてリッチなことはできませんでした。大学生になったらトッピングやサラダも追加してやりたいと、無理矢理モチベーションを上げて勉強に勤しんでいたものです。300円そこそこの牛丼並つゆだくを頼んで紅ショウガをたくさんのっけて唐辛子。日本史の暗記とかしつつ、ひとりで牛丼食べておりました。外気も心も冷え切った中で食べる牛丼は心に沁みたものでした。

お勘定の時、浪人生だとバレバレだったのか、吉野家のお姉さんは「勉強頑張ってくださいね…!」と声をかけてくれました。流石に常連すぎたか(笑)。力になったものです。吉野家のお姉さん、今でもがんばっておりますよ。







(大学のすぐ近くに吉野家欲しい人(笑))
コメント