医大生・たきいです。

医大生的独言。

笑いは偉大

2013-04-30 23:59:59 | 医大生的生活

睡眠欲の激しさはとどまることを知りません。それは山よりも高く海よりも深い。あな恐ろしや。医大生・たきいです。


友達と何人かで飲み屋に。同級生がバイトしているところへ。1時間ほど飲んだ後から愛くるしい顔の奴が入ってきたなと思ったら熊本の男だった。なんかいるぜ!みたいな顔をされたがそれはお互い様である。

よく、笑い方が変だと言われる。高い声でワハハと笑う。たまに肩も揺れる。それが変だと言われて久しい。失礼な話だが、納得できなくもない。わたくし笑いの沸点が非常に低い。筆者に笑われなかった芸人というのがいたら今後の見込みはないと言っても過言ではない。それだけすぐに笑ってしまう。

浪人時代の予備校でこんなことがあった。その当時というのは人生で人の話を一番よく聞いていたころであると思う。予備校講師がさかんにウケを狙ってくるとすぐさま最前列に陣取りながらケラケラと笑っているイヤラシイ浪人生が筆者だったが、なんだか時間差で教室が温まっていくことも多いと感じていた。

当時は、ジワジワとくる笑いというのはこういうものかとプロの技にしきりに感心していた素直な心を持ち合わせていたのだが、どうもそういうわけでもないというのを後日友達から聞いた。

聞けば、筆者の笑い方が面白くてそれに笑ってしまっていた人が教室のほとんどだというのである。そんなのありかとツッコみたくなるがどうやらそれが真実らしかった。勘違いがらせん状に回ってうまく機能していたクラスだったのか。予備校講師も誰もが楽しそうに授業していたし、確かに明るい教室ではあった。ムードメイカーという言葉があるが、本当に雰囲気を作っていたのかもしれない。

飲み屋で出くわした彼。こちらのテーブルでツマラナイ話に花を咲かせて高笑いしていたら、向こうから同じような声が聞こえてきた。真似しよったな。そのモノマネのクオリティーが高かったのか、飲み屋全体が明るい雰囲気に包まれた。笑いというのは偉大である。医大においても亦然り。






(おにぎり100円セールが嬉しい人(笑))







↓今日も一発、よろしく頼む↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へにほんブログ村
コメント

GW戦争

2013-04-29 23:59:00 | 医大生的生活

バイトの初任給で掃除機を買いました(笑)。ああ、なんて家庭的な男。逆に今まで持っていなかったのが首かしげられそうなものかもしれませんが、フローリングの狭い部屋の独り暮らしではなくてもいける。持っていない人、というか男は多いはず。

電気屋で物色してみたところ、予算的な候補は数点。去年私物化していた友達の掃除機だけは避けたかった。同じのは癪。しかし店員に相談してみたところ結局それを買わされてしまった。おそろ。ははは。医大生・たきいです。




GWまっただ中。わたくしの大学は10連休なのだが、全国的には珍しいらしい。暇をもて余してしまったので、ショッピングモールへ。すると、すごい人。ここには暇な人が多いようだ。といってもわれわれもおんなじか。

折角なので久しぶりに映画を。本当にたまたまなのだが、鳥取の男とはよく映画を見る。毎度その日のノリなのだが。というわけで見てきたのだが、『図書館戦争』。岡田准一と榮倉奈々。原作の存在は知っていたが、なぜかいままで手に取ってこなかったシリーズである。春休みの入院中も確か誰かから薦められたし、人気のあるシリーズなことくらいは知っていた。

軽いノリで見てしまった裏腹。取り扱っている内容が実に重かった。「表現の自由」が題材。大胆な背景の設定ながら、なおかつ面白いストーリー。

しかし。手放しでオモシロカッタというのは些か知性のかけるような気が本作品ではしてしまう。強いメッセージ性が息苦しい。なんだか考え込んでしまった。「戦争」というのは何かの比喩かと思っていたのだが、流血の意だったのも意外だった。

「正化31年」はできることなら迎えたくないもので、大衆の「無関心」というのも恐ろしい。

是非、劇場へ。







(おそろ掃除機を見て、熊本の男からなんと言われるか心配な人(笑))









↓今日も一発、よろしく頼む↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
コメント

これで勝てる!宇都宮デートプラン

2013-04-28 23:59:59 | 医大生的生活

怒涛の速さでGWの5分の1が終了という速報。ちなみにGWという言葉はNHKではつかえないのだとか。映画業界が使い始めた言葉なのだとか。そういえば「大型連休」とニュースで聞くかも。みなさんの楽しみな用事はなんですか?医大生・たきいです。



餃子の街・宇都宮。筆者が栃木県民のうちに日本一の座を奪還すべく努力する所存です。これは駅前。餃子以外に何もないと言っても過言ではありません。食べやめません、勝つまでは。



餃子アイドルもいるらしい。



あれ、もしかしてこれって噂のあの子だろうか。頑張ってね。陰ながら応援しております。

というわけで今日は宇都宮のおいしい餃子店をご紹介。観光にお越しの際はよかったら参考に。

まずは、一軒目。正嗣。16:00くらいに着くもお客さんが多すぎてすでに営業終了(笑)。ショックすぎて写真すら取っていなかった。気を取り直してお隣の人気店、みんみんの本店に。これまた長蛇の列で1時間待ち。列の前にいた関西人女子二人組が美しくて待ち時間も苦痛ではなかった。笑

お店に入ってとりあえずビール。店に漂う餃子の香りだけで瓶一本開けてしまった(笑)。餃子にビール。至言である。というわけで追加注文した地ビール。



濃い味でうまい。その名は餃子浪漫。濃い味で餃子によく合います。

みんみんの揚げ餃子。


みんみんの焼き餃子。ビールに合う。


宇都宮に来たからには餃子の食べ歩き。相場は一個あたり40円でございます。安い安い。

というわけで二軒目。味一番。焼きと揚げを注文。


ここはジューシーな感じ。みんみんよりも肉が多め。ついでに今マイブームのチャーハンも食う。

これは流石にプロの味。

オリオン通りに入って急遽向かった3軒目。遼順茶楼。テレビチャンピオンの店らしい。どことなく横浜中華街っぽい看板。

いや、学生には高いって。安い焼き餃子を注文。



肉汁マックス。ここほど濃厚な餃子はありません。店内にはU字工事のサインも。

最後はめんめん。みんみんとは違います。めんめん。ここもみんみんほどではないにせよ長蛇の列。



チャーハンの売り切れにやる気をなくすも、通な食べ方マニュアルを見てテンションを上げる。



黄金色の餃子の羽根。見た目の美しさはダントツの1位。


具が引き締まっていい感じでした。ここはかなりおすすめ。

4軒回って餃子攻め。いっぱいになったお腹を癒しに、夜のお散歩もあり。宇都宮を優雅に流れる田川。京都なら鴨川。仙台なら広瀬川。ここで愛を語らいましょう。



宇都宮は餃子だけではありません。実はカクテルも有名でございます。魅惑的な店内で彼女も投了です。ま、今日は男旅だったのでいかなかったがな(笑)

これで勝てる!宇都宮デートプラン、とか謳ってみたわりに食べてばかりでした(笑)。これだからおれはだめなのか。今日は38個の餃子、チャーハン、ビール2本を平らげました(笑)。いっぱい美味しそうにご飯を食べる女の子は好きですが、これは食べすぎです(笑)。フードファイター級な女の子にはちょっと引いてしまいそう。笑

さておき、是非宇都宮へ。グルメな街でございます。







(「住めば愉快だ宇都宮」というキャッチコピーにネガティブさを感じずにはいられない人(笑))







↓今日も一発、よろしく頼む↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
コメント

ローディーになってみる人

2013-04-27 18:23:11 | 医大生的生活

今日の1日の様子を悪意を持って要約すれば、焼肉→昼寝→酒。これは酷い(笑)。というわけでやってきましたGW。今年は体調不良に陥ることなく頑張りたいです。医大生・たきいです。


ロードバイクデビューを記念して、ネットで検索してたら、このような言葉が。



【ローディー】ロードバイクに乗ってスポーツ走行を趣味とする人たちのこと。一歩間違えればコスプレ手前のぴっちり系のサイクルジャージ、サイクルショーツ、もちろんヘルメットなどで完全装備の人たちである。



というわけで、「たきい、10kg痩せたってよ」と言われましょう企画は軌道に乗り始めました。膝に衝撃の少ない、かつ負荷をかけられるスポーツということで注目したロードバイク。これで痩せます。みなさん見ていてください。

今住んでいるところは気候が良くて、晴れの日が多いからロードバイク日和も多いはず。川のほとりのサイクリングは気持ちがいいに違いない。

連休後半にはロードバイクをゲッツできる見通しなわたくし。兎にも角にも、前述の【ローディー】のようにならないように気を付けます。笑

さてさて、本日のフルコース、メタボ誘因3連符は最後まで来ました。いまから飲み会行ってきます。ではでは。





(いずれは「自転車で痩せた人(笑)」という本を出版しようと目論んでみたらすでにそのような本は出版されていてズッコケた人(笑))






↓今日も一発、よろしく頼む↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
コメント

因数分解ムズカシー

2013-04-26 23:59:59 | 医大生的生活

もうそろそろ半袖でも行けるかと思って思い切って半袖のまま自転車に跨る休日の朝。ううむ、なんだか気持ちいい。朝に目が覚めてしまったと言っても決しておじいさんではございませんのであしからず(笑)。こう見えてまだハタチ。医大生・たきいです。



バイト先の塾の新しい先生として、筆者の悪友を連れて行く。全国模試一桁という裏情報を塾長に吹き込んでおいたら、新しい先生のご紹介の挨拶の時にしどろもどろになっていやがって面白かった(笑)

それにしても因数分解を懇切丁寧に教えるというのもなかなか難しい。受験生当時は無意識でやっていたことをすべて言語化せねばならないのがその理由か。無意識から意識への転換。自分だけ特異的に理解できる言語を用いても相手には伝わるはずもなく、質問に来た子の見えている景色を想像して言葉を選ぶ。そのうち慣れてくるのだろうか。

教育業界をちょっとかじってみたら実感したこと。筆者が浪人時代に大変お世話になった予備校の先生方はいろんなレベルの生徒を対象に指導ができるなんて驚愕のヒトコトであります。改めて凄さを実感いたしました。一対一で教えるのも難しいのに、大人数相手に教室を震撼させる授業を作りあげていらっしゃるなんてもはや神。

さて、「GWのはじまりだー!いえい!」とかいう記述は某教授先生には見せられないこのごろでございます(笑)。組織学的に。えっちあんどいー染色的に。高校生の子らのように頑張って勉強もするか。勉強も。





(人生で初めて給料支払明細書をもらってテンションが上がっている人(笑))







↓今日も一発、よろしく頼む↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
コメント