ネットショップ応援ブログ

全国のネットショップ様を応援するためのブログ

東海大学トークライブにお招きいただきました

2018年11月26日 | 出来事・エピソード
11月12日に東海大学で「トークライブ~挑み続ける経営者からの熱いメッセージ~」として、アクアリーフ代表の長谷川が講師で招かれ、講演を行いました。

今回の講演は、中小・ベンチャー企業の魅力発信の場として、平塚市と東海大学の共同主催によるもので、講演の後は、東海大学 政治経済学部 遠藤誠二教授をコーディネーターに、東海大学OGの弊社スタッフも参加し、「社員を含めたパネルディスカッション」も行われました。

AIが台頭するこれからの時代、社会に出ていく学生の皆さんに、「若い人たちに、何らかの人生のヒントになれば」という思いで、お受けいたしました。


サラリーマン時代~起業のエピソードなどをお話ししました


講演の中では、自身が大企業で学んだことやそこから独立し起業したエピソード、そして「最初は損に思えることも、実はラッキーの始まり」というお話をさせていただきました。


どの学生さんもとても真剣な眼差しで耳を傾けてくださって、パネルディスカッションでは、起業後の考え方の変化や、就職活動へのアドバイスに関する質問も上がり、また、コーディネーター・遠藤教授の軽快なトークパフォーマンスもありと、とても有意義な時間でした。



遠藤教授のトークと学生の質問で盛り上がったパネルディスカッション



アンケートでは、

「講義で学んだことのない体験談はとても新鮮で、考え方の幅も広がった」
「未来は自分自身で切り開くことが出来ることを学んだ」
「卒業までに自分の武器を磨いていきたい。」
「起業したいという思いが増した。」

といった声や、

「中小企業と大企業の比較を自らの経験を元に説明して下さり、非常に分かりやすかった。」
「自分の中にあった大企業でなくてはいけないという固定観念がなくなり、考え方の幅を広げることができた。」
「今まで、大企業しか調べてこなかったが、中小企業のしくみを詳しく聞くことができる良い機会だった。」
「絶対に大企業か子会社に勤めようと考えていたが、大きく考えが変わった。」
「中小企業に対してネガティブなイメージがあったが、選択肢に入るのではないかという考えになった」等々

他にも「中小企業のメージが良くなった」という感想を多数いただくことが出来ました。
全国の中小企業を応援する中小企業であるアクアリーフとしましては、ちょっとは中小企業さん達のお役に立てたかな(笑)、と。

日頃は、なかなか学生の皆さんの目に触れる形で、中小企業が魅力を発信できる機会は少なく、今回は良い機会をいただいなあと、感謝いたしました。

中には、
「自分の親も会社を経営しているので、今回をきっかけに、もっと話をしてみようと思った。」
と、ちょっとジーンとくる感想もありました。

参加させていただき、若く感受性豊かな学生の皆さんのフレッシュな感想が、沢山いただけてとても嬉しかったですし、お受けしてよかったなと思いました。

この場を借りて、このような機会を頂けました平塚市と東海大学 遠藤誠二教授にお礼申し上げます。

ぜひ、若い皆さんのこれからの人生が、
ワクワクするチャレンジングなものになることをお祈りしています。


関連記事:本ブログの講師に関する記事一覧






コメント   この記事についてブログを書く
« IT導入補助金に月平均5000件... | トップ | 【緊急決定!】『東京』で助... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

出来事・エピソード」カテゴリの最新記事