ネットショップ応援ブログ

全国のネットショップ様を応援するためのブログ

深夜作業でも『タイマー機能』で購入者様に細やかな心配り!

2018年09月11日 | 新人奮闘記
こんにちは!「助ネコ通販管理システム」新人サポートです。

店舗様のお役に立てるよう、勉強の日々を過ごしております。


システムの勉強を続けている中で、
購入者様と店舗様の間くらいの立ち位置で考えたとき、

「これはありがたいなあ!」

と思ったシステムをご紹介いたします。


けっこう見落とされがちな機能なんですが……

助ネコには、購入者様にメールを送るときに、
携帯メールに送信する場合には、配信時間の設定ができる機能がございます。

なぜ、この機能に「ありがたい」と思ったといいますと、
私がネット通販をしたときに、真夜中にメールが送られてきて、
起きてしまった経験があるからなんです。

深夜までお仕事をなさっていたのでしょう。

「こんな時間にメールを送るなんて、よほど忙しいんだな……」

そうわかってはいるのですが、
できれば真夜中はやめてほしい……
と思ったのでした。

きっと店舗様も、メールが遅い時間になってしまうと、
送信しづらいのではないでしょうか。

しかし、セールや繁盛期には、
どうしても遅くなってしまう場合が、あると思うんです。

そんなときに、このタイマー機能が登場です!
(※本機能は受注管理Basic以上のプランに搭載されております)


助ネコの携帯メール送信設定

タイマー機能を使用するにチェックして、送信可能時間帯をセットしておくだけで、
例え作業が深夜におよんでも、携帯メールへの送信時間をコントロールできるんです!

送る側にとっても、受け取る側にとっても、
すごくありがたい機能だと思います。

購入者様には見えづらい心配りかと思いますが、
ホスピタリティ機能のひとつとして、ご活用いただければ嬉しいです。


これからも、助ネコが店舗様にとって
「商売繁盛の招きネコ」になるよう、便利な機能をご案内させていただきます!


助ネコサポート でした!



コメント

「[新]助ネコ勉強会2018」9月:愛媛で開催決定!

2018年09月05日 | お知らせ
「助ネコ」コンサルタントが、全国13都市をまわり『[新]助ネコ勉強会』を開催中!
9月:愛媛で開催決定!


進化した「[新]助ネコ」の活用方法、リピーター育成術等を対面で案内します!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
こんにちは!「助ネコ通販管理システム」サポートです。

多くの新機能を盛り込んだ完全リニューアル版「助ネコVer.2(新管理画面)」の正式リリースに伴いまして、
全国13都市を回って、「助ネコ」のサポートコンサルタントが「[新]助ネコ勉強会2018」を開催しております。

次回の開催都市が決定いたしましたので、ご案内させていただきます!

【9月開催】
 愛媛県『JR松山駅』周辺 9月20日(木)


この勉強会では、進化した「助ネコVer.2(新管理画面)」の新機能に加え、
より効率化を図る為の便利機能活用方法、リピーター育成術、
そして、最近お問合せの多い「楽天ペイAPI」連携について紹介します。

さらに、ご参加いただいたネットショップの皆様との情報交換のお時間もご準備します!
座談会形式で、ネットショップの日常の業務で困っていることなど具体的な質問や相談を伺い、
皆様と一緒に考え、ネットショップ運営に関する悩みを解決できる機会にしたいと考えています。

9月以降、残りの開催予定地は、「札幌、広島、宮崎(開催順不同)」です。
こちらも決定次第、ご案内させていただきます!

■[新]助ネコ勉強会 第十回
愛媛会場 2018年9月20日(木)
14:00~16:30(13:45 開場) 参加費無料

参加を希望の場合は、電話かメール、または[新]助ネコ勉強会特設ページより、参加の旨をご連絡ください。
お申込みいただいた方には別途、開場場所等、当日の詳細をご連絡させて頂きます。

■『[新]助ネコ勉強会』申し込み先
TEL:0800-800-6344
MAIL:info@sukeneko.com
[新]助ネコ勉強会特設ページ

9月以降の開催詳細は決定次第、随時助ネコ勉強会特設ページに掲載いたします!

皆様にお会いできるこの機会を心より、楽しみにしております!

助ネコサポート でした!


コメント

楽天市場の商品画像登録ガイドラインが変更!文字の入れすぎにはご注意を!

2018年09月03日 | お知らせ
こんにちは!「助ネコ通販管理システム」サポートです。

2018年10月から
楽天市場の商品画像登録ガイドラインが変更!文字の入れすぎにはご注意を!

楽天ではこれまで、推奨レベルだった商品画像の「テキスト要素20%以内」「枠線なし」「白背景ベタ塗り・白を基調とした写真背景」といったガイドラインを、
2018年10月から「楽天市場」に出店している全店舗様を対象に必須化するそうです。

そして、2019年1月からガイドラインに違反する店舗様に対しては違反点数を科すとのこと。

楽天では店舗様の個性を生かせるネットショップとして、ユーザの目を引きやすい「にぎやかな商品画像」を推奨していたそうですが、
スマートフォン所持率の増加や、SNSの利用増加に伴い、ユーザが商品画像に対して求める内容が急激に変わってきているようで、
楽天が行った様々な調査から、これまでの「にぎやかな商品画像」では、「見にくい、安っぽい感じがする」という評価が多かったようです。

そのため、商品画像登録ガイドラインを必須化する必要があると判断したそうですが、
今回は、サーチ結果やランキングに利用される商品画像欄の商品画像(1)のみが対象となります。

では、どのようなガイドラインに変更になるのでしょうか。


1:テキスト要素占有率20%以内

テキスト要素とは、商品画像に載っている商品画像以外のものを指します。
主に以下がテキスト要素に含まれるものです。

 ・ロゴ(商品・ブランド・企業)
 ・商品名
 ・商品のスペック情報や特徴
 ・販売促進文言やキャッチコピー など

上記以外にも、キャラクター(人物・動物問わず)やリボンのイラスト等の装飾要素もテキスト要素に含まれます。


2:枠線なし

枠線とは画像の4辺を囲う線のほか、L字・帯状などの要素を指し、辺の太さに依らず、枠線の使用は不可で、
ベタ塗の合成や、透過をかけていたり、境界線をぼかしていても枠線と判断されるようです。

画像の合成は可能ですが、画像を切り抜いていない状態で合成する場合は、画像同士の境界線が見えない状態である必要があります。
境界線が明らかな場合、枠線と判断される可能性が高いようです。

また、カラーサムネイルや画像の切り抜きに施した縁取りは枠線と判断されないようです。
縁取りが画像の幅いっぱいに伸びている場合等は、枠線と判断される場合があるようなので注意が必要です。


3:白背景ベタ塗り・白を基調とした写真背景

商品の背景には単色の白ベタ塗り、もしくは写真背景にしなくてはいけません。
写真背景は、一枚画像か商品に関連した画像背景の利用は可能ですが、関連性の無い写真背景に、商品画像を合成することはできません。

一枚画像とは主に以下を指します。

 •「商品のソファと室内」や「ワンピースの着用モデルとスタジオの壁」のように、商品と同時に撮影した一枚画像
 •「ワンピースの着用モデルの一枚画像に、切り抜いたワンピースの画像」
 •「商品で作成したかき氷の一枚画像に、切り抜いたかき氷機の画像」

画像の合成はカラーバリエーションやセット内容等、商品本体の画像の合成はOKとのこと。
商品以外の画像を合成する場合は、テキスト要素のカウント対象となるようなので注意が必要です。


詳しくは、RMSの店舗運営Navi内にございます「商品画像登録ガイドライン」をご覧ください。


助ネコサポート でした!


コメント

ネットショップさんが叶えてくれた夢

2018年08月24日 | 新人奮闘記
こんにちは!「助ネコ通販管理システム」新人サポートです。

アクアリーフに入社してからというもの、
すっかりネットショッピングの魅力にはまっています。


私事ですが、コーヒーの飲み歩きを趣味にしています。

カフェや、自家焙煎のお店を渡り歩いていますと、
ふつふつと、こんな欲望が沸き上がってきます。


「自分で焙煎したコーヒーを飲みたい!」



コーヒー好きなら、
誰でも一度は思い浮かべるような、ひとつの夢です。


しかし、焙煎したコーヒー豆は、どこにでも売っていますが、
生豆を売ってる店なんて知りません。

「自分のオリジナルブレンドが作れたら、楽しいだろうなあ…」


妄想は膨らみますが、なにもしない日々が過ぎていきました。


それから、しばらく経ったある日の夜。


「そうだ! ネットショップがあるじゃないか!」


急に思い立って、
「コーヒー 生豆」で検索したら、

なんとまあ、たくさんのコーヒー屋さんが、
生豆を販売しているではないですか!


地球の反対側で栽培されているコーヒー豆を、
カフェの経営者でもない。業者でもない。
ただのコーヒー好きの私が、生豆の状態で、買えるのです!


よく考えたら、これって、奇跡みたいにすごいことです。


焙煎する機械も、家庭用の小さいものから、
業務用の巨大なものまで、選びたい放題です!
数千円のものから、一億円を超えるものまであります。


興奮状態の私は、寝る間も惜しんで、
何軒も何軒も、ネットショップをはしごして、

二種類のコーヒー豆と、一番手軽な焙煎機を買いました。



数日して、届いた段ボール箱は、
クリスマスプレゼントのように、キラキラと輝いて見えました。



もし、生豆を扱っている店舗様が、
店舗の販売のみで、ネットショップをやっていなかったら…

私の夢は、
こんなにも早く、叶っていなかったでしょう。


ネットショップがなかったら、
手に入らなかった欲しいものって、
たくさんあるのではないでしょうか。


それ以来、休日には、
せっせとコーヒー豆を煎って、

自分だけのオリジナルコーヒーを楽しんでいます。


ネットショップを運営されている店舗様方のおかげで、
私はひとつ、夢を叶えることができました。

ありがとうございます!


まだまだ新人の私ですが、
皆さまのお役に立てるよう、精進してまいりますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします!

助ネコサポート でした!


コメント

完全連携可能!助ネコの【楽天ペイAPI】連携

2018年08月07日 | お役立ち
こんにちは!「助ネコ通販管理システム」サポートです。

2018年8月1日から多くの店舗様が切り替わった【楽天ペイ】!

助ネコにも、「楽天ペイ」に関するお問合せを大変多くいただいております!

助ネコでは、楽天ペイとのAPI完全連携を実現いたしておりますので、
RMSの画面を操作しなくても、助ネコの管理画面だけで、
「受注データ自動取込」「注文確認(与信)」「伝票番号、発送日の反映」処理が可能です!
さらに「助ネコで変更した注文データもRMS側に自動反映」します。

もちろん、「注文確認」処理の漏れがないよう、
助ネコ画面上で、抽出することもできます。

このような、楽天側との完全連携が実現できる助ネコの楽天ペイAPI連携機能につきまして、
簡単にご紹介させていただきます!



助ネコの楽天ペイAPI連携


楽天ペイの注文も取込の手間ゼロ!受注データ自動取込!

受注データは、APIで自動取込しています。
CSVデータをアップロードしたり、ボタンをクリックするといった手動の作業は必要はなく、
初期設定をしていただくだけで、後は自動で受注データが取り込まれます!

ご注文に関するすべての情報が「助ネコ受注管理」の画面上で確認できるので、
他モール・カートの注文と共に、一括でメール送信や送り状の発行が行え、注文データを一元管理します。


助ネコ上で変更した注文情報は楽天RMSに自動で反映します!

助ネコの「楽天ペイAPI」連携は、助ネコ側で変更した注文内容(注文者情報や金額など)が自動で楽天RMSに反映します!
「RMSと助ネコのどちらも修正しないといけない…」といった手間もミスもなくなります。


注文データの注文確認が完全自動!

「楽天ペイ」では、全ての注文に対して注文確認(与信)が必要です。
助ネコなら、別途注文確認(与信)処理を行わなくても、
サンクスメールの送信によって、同時に注文確認(与信)がかかるので、余計な工数がかかりません!
(サンクスメール送信前に、一括で注文確認(与信)を行うことも可能です)


伝票番号をワンクリックでアップロード!

助ネコから送り状発行をした後、伝票番号(お問い合わせNo)をなんと、ワンクリックで楽天RMSへ反映!
コピペでの登録やCSVデータのやり取りは一切必要ありません!


RMSいらず!助ネコだけで受注管理が簡単に!

自動で取込まれた注文データは、「助ネコ受注管理」でステータス管理が可能!
新規注文から、発送待ち、発送作業、処理済みなどのステータスがあるので、注文データの状態を細かく管理できます。
さらに、イレギュラーな注文等、通常注文と処理を分けたい場合は、お好きな名前を付けたステータスを作れるので管理も楽々。


楽天側のキャンセル日を助ネコがお知らせ!

「楽天ペイ」では、注文確認処理が一定期間行われないと、RMS側で自動的にキャンセルとなるのですが、
そのキャンセル日を助ネコの画面上で確認ができるので、注文確認処理の漏れを防ぐことが出来ます!


今後も、より便利にお使いいただけるよう、
システムを強化して参りますので、ご要望などございましたら、
お気軽にご連絡をいただけますようよろしくお願い致します!

助ネコサポート でした!


コメント