なごみの散策

旅を楽しみ、心がなごむ写真をめざして掲載しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

明石海峡大橋・ブリッジワールド

2008年08月29日 | Weblog
世界一の吊り橋を体験しょう!・・に応募して本日登頂が叶った
主塔からの(高さ300m)からの展望は素晴らしい眺めである
春は「しまなみ海峡」の主塔に登頂したが、どちらの大橋も甲乙がつかない。

まず登頂についての説明を聞き、誓約書にサインをして出発となります
明石は格子状の床面を歩行しながら主塔まで行くのですが、足下には海が広がり
思わず足がすくみます。
塔頂からの神戸側、淡路島と大パノラマは体験しないとわからないが
絶景が広がります
残すは瀬戸大橋を征服すれば四国に架かる三つの橋の登頂となる










 
コメント (8)

消えゆく・・ 倉敷チボリ公園

2008年08月28日 | Weblog
倉敷駅そばにコペンハーゲン(デンマーク)の世界最古のテーマパーク型の
倉敷チボリ公園が1997年7月に開園された。開園当時は300万人近く
あったものの、累積欠損がかさみ年内限りで閉鎖が決まった。

お役所仕事の第三セクター施設は全国同じ憂き目にあっているようだが
施設や緑地公園はなんとか残せないのもかと思う一人である
消えゆく寂しさから今夜はチボリへと車を走らせてみた








コメント (8)   トラックバック (1)

なにげない・・たまゆら

2008年08月27日 | Weblog
「一生一度の劇的瞬間もいいけれど、日々の「なにげない瞬間」もいいもんです」
私の好きな言葉の一つである 
今日は色紙に書いてもらった

夏が去り秋を迎える雨が歩道をぬらし
街角の犬のオブジェも、主人の帰りを濡れながらいつまでも待っていた

 





コメント (2)

「華火」写真展

2008年08月25日 | Weblog
花火写真家の福田武さんがルネスホール(岡山)で写真展を開いている
昨日プロの撮影した花火をみて驚愕した。
はじめての岡山での開催にもかかわらず、気さくに質問にも応じて頂き
プロの魔術の手ほどきを教授してもらったものの、今の私には到底届かない
黄金の「指先」である
花火写真に興味がある方は見ることをお進めします











コメント (4)

入選しました・・「県展」

2008年08月22日 | Weblog
2年前からデジカメで楽しんできた「写真」ですが
この度おかやま県民文化祭「第59回岡山県美術展覧会」に
出品しました
昨日「入選」通知が舞い込みました
今年は例年より多く419点と、多くの作品が出品され
初の挑戦で喜びもひとしおです
兵庫県の山奥深い静かな谷の、洞窟の中にある「シワガラの滝」です
これからも心に響く写真を写せる様に精進してまいります


コメント (20)

1,2秒の芸術

2008年08月18日 | Weblog
ぱっと咲いてぱっと散る花火
この一瞬に花火師は命をかける

そんな花火師の思いを写真で表現したくて
今年もいろんな美の芸術を狙ってみた

おっさん、ワイドで写さんときれいに撮れんデ~と
声を掛けてくれる人もいる

花火の芸術を求めて私はファィンダーを今夜も覗いていた
あと一つを残す今年の花火大会も終焉が近づいてきた







コメント (8)

夏の思いで

2008年08月16日 | Weblog
今夜は和文字焼き祭りでした 京都の和文字と点火は同時だそうで
共に平和を祈る「和」と夜空に咲いた花
その前の晩は、夜のイベント、バルーンショーを楽しみました

これらは夏の思いでとして、いつまでも記憶に残ることでしょう







コメント

帰郷の盆

2008年08月15日 | Weblog
かやぶき屋根の残る山里の盆は、都会から子供達が帰ってくる
毎日が夏の思いで作りの連続だ 
来て嬉しい、帰ってやれやれだが
秋はそこまで忍び足でやってきている
(写真:高原ふるさと村)





コメント (6)

花火 いろいろ

2008年08月14日 | Weblog
花火を肉眼で観ると気づかないが、レンズを通して見ると
おもしろい形のものが沢山あっておもしろい

そんな花火を今夜写しに日生(ひなせ)港に出かけてみた
県境近くなので、兵庫県赤穂から駅に到着する毎に
ゆかた美人や家族連れが列車からはき出されていた。







コメント

青い海

2008年08月11日 | Weblog
日生湾(ひなせ)は青く、入道雲とカキ筏が白く浮かぶ
遠くには小豆島も眺められるこの山に汗をかきかき
今日初めて登ってみた  
すばらしい景観が疲れを癒やしてくれた
朝日が出る頃はどんな景色をみせてくれるだろうか
真っ赤に染まる日生湾が楽しみです





コメント (2)