桜岡設計事務所のブログ

東旭川、桜岡にある設計事務所の日々の事、仕事の事、愉快な仲間達。

日々の風景を家族と眺める

2018-10-15 09:54:54 | 風景・風土・気候
秋の桜岡はとても綺麗です。いつも綺麗なんだけど、今時期は晴れた日が素晴らしいです。
こんな朝や


こんな日もあったり


朝晩の気温差でガスがかかるのも綺麗です。


東向きの我が家は朝の風景が格別。


先週の休みに、道北に住む友人が帰省の途中にうちに立ち寄ってくれました。
新しい家族を連れて。


私は遠慮なくガンガン触るのですぐ泣かれ、高橋さんは泣かれながらもあやすのが上手なので、このあと抱っこに成功。
赤ちゃんの相手は私より夫の方が得意かもしれません。


これから初孫を連れて帰ったら、きっとご実家でも沢山食べるだろうと思って我が家では軽めの昼食。
いつも二人だけで食事するので、たまに友人が来てくれて食卓を囲めるのがとても嬉しかったです。

ゆっくりと風景を眺める暮らしを、これからも大切にしたいと思います。

刻々と移ろう秋。雪が降る前に草刈りもしてすっきり。
家の裏は湿り気があるのか、刈らなくても綺麗なコケが生えていつも綺麗に見えます。
コメント (4)

黒岳北鎮岳 2018夏山

2018-10-01 15:53:54 | 登山・スキー・キャンプ
(一ヶ月以上前の8月27日に登った山の話です)

今年は休日の天気に恵まれず、思ったより登山が出来ません。恨めしく天気予報を見る毎日です。
今まで山に行くとストイックに行動食と水分補給しかしなかったのですが、今年からおやつを持ち歩くようになりました。
他の登山者が美味しそうなものを食べていると羨ましかったからです。


95円のミニカップラーメンがこんなに美味しく感じるとは…カップラーメンを真剣に撮ってしまうのも山の魔法です。


冷静に見ると美味しく無さそうに見える「潰したチョコパン」。私達にはご馳走級のおやつです。
ザックの中で型くずれしないようにあらかじめ軽く潰して入れます(これは高橋さんのアイディアです)。

私は塩分も摂れるあんパン派なのですが、チョコパンもハイカロリーで長時間運動には良いかもしれません。
これに珈琲を入れると最高の一時が過ごせました。

夏の終わりに行った大雪山、黒岳→お鉢平→北鎮岳。8月末で既に紅葉が始まっていました。


ここは今頃紅葉全盛期かもう過ぎた頃でしょう。






北鎮岳の山頂で「山ポーズ」。膝を曲げている私の脚が無いように見えて心霊写真っぽいですね。


黒岳も花と紅葉の綺麗な山です。このハイオトギリ(?)も今はもう葉っぱも落ちているぐらいでしょう。

あぁ…台風、地震、もう来なくていいです。泣
気づけば10月。季節が過ぎるのはあっという間ですね。

コメント (2)

嵐の前に

2018-09-30 17:20:59 | 庭・植物の事
台風のニュースを見ながら、北海道に上陸する前に庭の整理をすることにしました。
気づけば9月も終わり庭も紅葉し始めています。


晴れの日にゆっくり観る事は出来ませんでしたが、家の樹も赤や黄色でにぎやかです。


奥さんは大型の草花を刈り込み




捨てる場所に困らないのがうちの庭の良い所。


僕は草刈りです。これから寒くなるし、心が折れる前に刈っておきました。


雨でダメになる前に花を飾って楽しみ


「休憩をいかに楽しむか」と全力でアイディアを出します。
肌寒かったのでシナモンやスパイスの香りが効いたチャイを淹れました。


「そこ気持ち良さそうだから私座る」と席を取られ、満足そうに休んでいます。

嵐の前に平穏な時間を楽しみました。どうか被害が少なくて済みますように…
コメント (2)

加齢カレーに目覚める

2018-09-25 14:26:43 | 食べもの
稲刈りの季節になりました。旭川でもあちこちの田んぼが黄金色に輝いています。


良いですよね、米。やっぱり米ですよ。


最近私は加齢が原因でカレーライスを食べると胃もたれ・胸焼けするようになりました。
ですので市販のルーカレーではなく、自分でスパイスを調合して作るカレー作りに目覚めました。「加齢カレー」です。

胃もたれの原因は糖質・脂質、小麦粉のグルテンでは、と友人の助言がきっかけです。
その助言通り小麦粉を使わないで作ったら結構サクサク食べられて美味しかったのでまたやってみようと思います。

加齢の胸焼け現象は他にもあります。珈琲です。
好きなんですけど、一日2杯以上は飲めなくなりました。その分朝の珈琲タイムがとても大切に感じるようになりました。


アンは毎朝おやつの包み紙で遊ぶ時間を大切にしています。


庭は紅葉し始めてすっかりカレー色です。


次は何のカレーにしようかなぁと考えながらぼんやり眺めています。





コメント (2)

「母の家」を賃貸住宅に

2018-09-18 16:26:59 | 現場・建主さん
この度、2016年に完成した「母の家」を賃貸住宅として貸し出す事になりました。


建主さん(大家さん)とお話を伺いながら、うちの事務所では不動産業が出来ないため、㈲旭川総合宅建さんに賃貸の仲介をしていただく事になりました。
ご見学の際は、不動産屋さんまたはうちの事務所にお問い合わせ下さい。ご希望に応じて建物のご案内なども行います。




詳細は既にIRI旭川不動産情報でも掲載されています。そちらの方が写真が沢山載っていますのでご興味ある方はご覧下さい。


間取りは2LDK、単身住まいまたは手狭でなければご家族数名で住まわれるのも良いかと思います。



これまで多くの暮らしづくりに関わらせていただき、時間とともに建主さんの生活リズムや暮らし方が変化する場面にも多く立ち会わせていただきました。
その中で「快適な家なので、なるべくこの建物の魅力を感じてくれる方に」という建主さんの温かい心遣いをいただけたことに心から感謝します。

暮らしづくりに関わらせていただき、貴重な経験を積ませていただいた立場として、ご協力していきたいと思います。
コメント