そよかぜから-映画

見てきた映画の記録です
ネタばれあるかも、気をつけて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キャッチ ア ウェーブ

2007年12月30日 | ラブロマンス/青春

2006年 日本 116分
■2007.12.26 wowow
■監督 高橋伸之
■出演 
   三浦春馬(佐々木大洋)  加藤ローサ(ジュリア)
   木村了(小林誠人)  濱田岳(田口浩輔)
   三船力也(ニック)  西宮佑騎(サーファー)
   高樹沙耶(貴子)  とよた真帆(ジュリアの母)
   坂口憲二(マーク)  竹中直人(デューク川原)

 《story》

「僕らは出会ってしまった。一生を変える一夏に--」

高校一年生の夏休み。大洋と誠人と浩輔は、湘南の海にいた。サーファーのかっこよさに目を奪われた。浩輔の別荘で寝泊まりするはずが、鍵をなくして砂浜で一夜を明かす。朝、パンツをはぎ取られたおじさんを連れて帰ったところが、サーファーショップ。彼らはそこでバイトをしながら、サーフィンを教えてもらうことになる。大洋は、ローラーボードの修理にきたジュリアに一目惚れ。おじさんのパンツをとった3人の金髪サーファーは、彼らを目の敵にする。そして、台風がやってきた海の荒れた日、金髪ニックと大洋のサーファー対決が・・・

 この物足らなさは何だ
実際にサーファーをしている映像と登場人物たちとの差が激しすぎる。それらが別物だとすぐにわかってしまう。彼らが本当にサーファーをしていないだけに、間近に見るサーファーの迫力に迫れない。大きな波に乗るサーファーたち。突然穏やかな海に漂う登場人物たち。激しい落差。登場人物たちが本気でチャレンジして迫力がでるものだろう。「フラガール」のように実際に踊るから言いたいことが伝わってくるのだ。サーファーがメインでありながら、登場人物たちが本当にしないのは見る者をバカにしている。題材はいいのにスカスカの映画でした。

 公式サイト「キャッチ ア ウェーブ」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 私たちの幸せな時間 | トップ | Little DJ 小さな恋の物語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラブロマンス/青春」カテゴリの最新記事

トラックバック

竹中直人 豊臣秀吉 関連最新情報 (竹中直人 画像・動画 最新情報ブログ)
ネギま 小野真弓の濃厚なキスシーン《切込隊長BLOG》【小野真弓】(-_-;) ...