外国語学習の意味、そして母国語について考えましょう

社内公用語の英語化、小学校での英語の義務化など最近「英語」に振り回され気味ですが、何故、どの程度英語を学ぶか考えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

語学教育は商売にすべきでないということ エスト21の宣伝。4

2019年09月08日 | クエスト21の効果的学習 宣伝!

語学教育は商売にすべきでないということ クエスト21の宣伝。4

秀逸な小学生向け英語番組『<<旧>>プレキソ』の監修者、小泉さんは、「レッツエンジョイエングリッシュ!」という標語に疑問を感じると述べていました。ここでは社会人向け英語講座ですが。事態は似ています。宣伝しながら、商売ではないとは、との、数人の英語塾のためご容赦ください。

なぜ、英語を学習する動機が生まれるのでしょう。それは英語自体ではありません。ましてや点数などではありません。知らないことを知りたい、伝えたいことを伝えたい、それがく行かなくても、そういう気持ちが人々を語学にいざない、覚えさせてくれます。秀逸な小学生向け英語番組<<旧>>プレ基礎英語(あくまで「旧版」では、監修者の小泉さんは

「エンジョイ・エングリッシュ!」という標語に疑問を覚えると述べています。英語自体は面白くもなんともありません。英語をとおし何を学習するかが英語学習をつづけさせてくれます。

旧プレキソ

大人の英語の場合も、関係詞の使い方をいくらで教えるとか、契約書の書き方をいくらで教える(弁護士に!)とか、そのような動機で学習した後、何か虚しさが残りませんか。言葉は習う人の発展と同時にどしどし伸びていくものです。教える方ももちろん自然に了解し、損得とは違う頭の働きが自然に行われます。まずは、こうした学習の基礎姿勢から!。

じつは、次回に、中級について触れたいのですが、そのときのポイントは、「英語と日本語」の二股をかける!という点!。あまり触れられていない点です。

yo

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 初級者のビジネス英語とは ... | トップ | 社会人の英語は日本語と英語... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

クエスト21の効果的学習 宣伝!」カテゴリの最新記事