goo

久能山東照宮

今年は、徳川家康がなくなって、400年に当たる年です。静岡市内のいたるところで徳川家康公御鎮座400年大祭の文字をみました。
ちょうど良い機会でしたので、久能山東照宮を参拝いたしました。
この日は、駿府本山お茶壺道中行列・口切りの儀 が執り行われる日でした。さすが 茶所 静岡です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

すし慶のさばの棒寿司

近江米原より琵琶湖東岸を南北につないで越前今庄を経て直江津につながる道を北国街道というそうです。
今回 立ち寄ったすし慶はその途中の木之本にあります。

創業は、大正元年 初代がリヤカーにつんでさばの棒寿司を売ってあるいたのが、はじまりだとか。
若狭の国から京都へいたる道を鯖街道はさば街道とよばれていますが、おそらく 北国街道も日本海の魚がはこばれたのでしょうね。
身の厚い、みごとなさば寿司でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

近江商人の街

近江商人という言葉があるくらい、多くの商人が近江地方から、日本全国そしていまでは世界中で実業家として活躍しています。
バスの中で、こちらが伊藤忠兵衛記念館と説明され、伊藤忠兵衛さんって???と考え、伊藤忠の創始者だったことに気がつきました。
近江商人の三方良しという考え方は、仕事をするうえで、私も常に大事にしたいと思っています。

後ろに見えるのが、寝具メーカー西川産業の西川家

メンソレータムの近江兄弟社
マークがいつの間にか変わっているのに、今頃気がつきました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

近江路は秋の色

今回 旅した近江路は紅葉の名所です。
湖東三山そして観音の里 木之元では本当に美しい紅葉がみられるそうです。
今回は紅葉にははやく、ほんのりと色づく程度でした。でも おかげで観光客も少なく、ゆっくりすることができました。

湖東三山のひとつ、西明寺です。
低い樹木が、真っ赤になるそうです。良くみると少し 紅くなっています。

隠れた名刹 東光寺
山門の外から中をのぞくと、とてもきれいだそうです。

紅葉の時期は比較的長いので、これから予定しても十分に間にあいます。
混んでいるとはいえ、京都や奈良に比べればずいぶん 余裕もあるようです。お出かけになりませんか・近江路へ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

招福楼の菊雑炊

招福楼は、滋賀県東近江にある日本料理の名店です。東京駅丸ビルにも支店があるのでご存知の方も多いと思います。
中華も洋食もいいのですが、和食の良いところは季節をかんじるところでしょうか?
先日 訪ねた折、〆にだされたのは見事な菊雑炊でした。
お碗のふたをとると見事な菊の花びら。日本人ならではの感性だと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

森内茶農園

昨日は、1日静岡観光でした。
まづ、久能山東照宮にご在位400年を記念してお参り、三保の松原そしてミクニ・シミズで昼食でした。

午後からは、静岡市郊外にある森内茶農園をたずねました。静岡茶はブレンドが中心なのですが、こちらは
夫婦で管理をしたお茶畑の新芽を摘み取り、自宅の工場でお茶を作って いるちいさなお茶農家です。
こんな所にとおもうような急な斜面にもきれいにお茶の木が植わっています。
お部屋で手もみ茶を頂戴しました。
形も大事といわれていましたが、まるで松の葉のようなお茶に水をそそぎ、5分以上まったでしょうか。いただいた お茶のおいしかったこと。少々疲れ気味の体にしみわたるようでした。
開いた茶葉も美しく、感動いたしました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日本平ホテル その2

二日めの朝、カーテンお開けたら、富士山が見えました。
早速 写真をとったのですが、皆様 ご覧いただけるでしょうか?
ご覧なれない方は、心の目でみてください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日本平ホテル

きょうは、静岡県の日本平ホテルへ来ています。
天気が良いのに、富士山が見えません。残念!

本当は、この正面に富士山が見えるはずなのですが!

代わりにしあわせそうな、新郎新婦を見ました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

長濱浪漫ビール

一昨日 宿泊した オテル・デュ・ラクのミニバーで地ビールを発見しました。長濱浪漫ビールとかかれています。長濱の中心から車で30分以上走ったので、この場所が長浜市ということをわすれていましたが、奥琵琶湖も長浜だったことに気がつきました。
ひろいベランダにでて、奥琵琶湖を眺めながら一杯、なんと幸せ!という時間を過ごしかったのですが、忙しく朝 撮影だけいたしました。というわけで、写真はイメージです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロテル デュ ラク

二日めの宿泊は、ロテル デュ ラクです。三度めの訪問。
奥琵琶湖に面した小さなホテルです。目の前に浮かぶ竹生島が墨絵のようにみえます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

びわ湖は、青空

今日の午前中は、近江八幡を見学。午後は、竹生島へ。
一日中 青空が広がりました。

長浜で見た、桜の木。虫食いの葉の穴から青空がみえました。

最終便で長浜港へもどりました。夕陽で湖面がキラキラとかがやき、美しい風景でした。
素敵なサンセットクルーズでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

近江牛

突然ではございますが、今日から滋賀県に来ています。米原で、下車 招福楼で昼食、湖東の寺をまわり、近江八幡に着きました。
夕食は、美人シェフが焼いてくれる近江牛です。
また 食べていると思われますが、これも仕事です。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モントリオールの夜

モントリオール 旧港の近くの夜の風景です。
雨が降ったせいもあり、人影も少なくなりました。電灯の明かりが日本とは違い
暖かみがあります。なんだかすっきりしていると思ったら、電線がないことに写真をみて気がつきました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カナダ ケベックシティのだまし絵

ケベックシティの観光は、ロウワータウンとよばれる旧市街から始まりました。
この地区がケベック発祥の地。
並んでいるおみやげやさんは、かつては裕福な商人の邸宅だったそうです。
そこでみかけたのが、このだまし絵です。
遠くからみるとまるで町があるようです。いきいきと人々の暮らしが描かれていて、みあきませんでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カナダのクリスマス用品のお店

モントリオールでもケベックでもクリスマス用品専門店がありました。時期だけでなく、一年中やっている
お店です。さすが、クリスマスを盛大に祝う国ですね。

店内にはいると、キラキラしたクリスマスグッズに囲まれ、うれしくなります。いろいろな ツリーのバージョンがありみあきません。
クリスマスの時期には、こんナツリーが街中でみられるのでしょうか?
クリスマスの時期に行ってみたくなりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ