goo

東京銀座 趙陽

昨日は、中国料理研究会の夏季講習会で、銀座の趙陽へ行きました。四川料理の店でオーナーの名前がお店の名前になっています。

四川料理の特徴は唐辛子の辛さと山椒のしびれです。四川には蜀犬日に吼ゆということばがあります。四川の天気は毎日曇っていて、日がでると犬が吼えるという意味です。湿度も高く病気を防ぐため、辛いものを食べます。

昨日は、料理をいただくだけでなく、厨房に入って、実際に作るところを見せていただきました。伝統料理の麻婆豆腐をつくってもらいました。講師はもちろん趙陽さんです。


私が普段作っている麻婆豆腐とは、細かいところでかなりちがい驚きました。普段 中国料理のコックさんはなかなかつくるところをみせていただけないので、たいへん参考になりました。

次回からは、また 一味違った麻婆豆腐がつくれそうです。
今年の夏は、麻婆豆腐でのりきろうと思います。


故郷 四川の料理を前にピコパンだも大喜び!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京神楽坂 阿ら井

お友達と神楽坂で食事をしました。
神楽坂は普段から行きたいと思っているのですが、会社から行きにくいので
なかなか足を運ぶことがありません。

お友達は神楽坂に詳しいので、すべておまかせでした。
普段は自分が店を選ぶことが多いので、こういう機会はうれしいものです。

表通りから、階段をおりて裏通りへ。
お風呂やさんの向かいは牛乳屋さん。
お風呂から出た後の牛乳はおいしいんだよなぁ…などと思いながらお店へ。



まるで一軒のお宅のようなお店です。中をあけると和服の方がお出迎えです。

先付けから始まり、お料理が6品。一品一品きちんとつくられた料理です。
だしをきちんととってあるのがわかります。
最後はお茶漬けと水菓子。最後までしっかりいただきました。



たまには、音楽も流れていない静かな和室でも食事もいいものです。
お値段もリーズナブルで驚きました。



壁には昔の神楽坂の写真が。往時の神楽坂の華やかさを思わせる写真でした。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

東京南青山 まめ

 


『まめ』は和菓子さんの名前です。

青山通りから長者丸通りを入ってちょっと曲がったところに、ひっそりとお店があります。
以前は当社の近くの1軒屋で営業していたのですが、今はちょっと遠くなってしまいました。

ご夫妻(多分?)でお店をなさっています。
京都出身の奥様が毎日 手こしであんこを作っています。
ですから、量も限られていて、夕方遅いと売り切れなんてこともあります。

さすがに、あんこにこだわっただけあって、いただくと小豆の風味が
やさしく口の中にひろがります。
豆大福とかわらび餅といった定番のものと、今なら水羊羹とかくず桜などの
季節のものとがあります。

お店に並んだ水羊羹や葛桜をみて、夏の訪れを知るというのは和菓子ならではですね。

私のお勧めの和菓子屋さんですので、近くにいらしたらぜひお立ち寄りになってください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

小田急線 湘南マリン号


私の利用している小田急線は、夏休み期間の7月20日から8月20日までの毎日
成城学園発片瀬江ノ島行きの、湘南マリン号を運行しています。
8時52分に成城学園をでて、10時9分には片瀬江ノ島に着きます。

私は成城学園駅を利用していますので、通勤途中、新宿方面で電車を待っている時
向かいのホームはリゾート気分の親子連れや若者たちが、この列車を待っています。

そうです。世の中は夏休みです。

夏休みは海水浴が定番ですよね。海水浴に行かなくなって何年たつのでしょう。
小さい頃、父の会社の保養所が鎌倉材木座にあり、毎年、海水浴に出かけるのが
我が家の夏休みの恒例でした。
朝は海辺の散歩、昼は海水浴、夜は花火大会と本当に定番でしたが懐かしい思い出です。

会社を興して以来、夏は働く時期…というわけで、夏休みをとったことがありません。
でも時々、向かいのホームの青い列車に乗って、海に行きたいなぁと思っております。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大阪交野市  パティスリーウグイスヤ




当社のお客様で、大阪の大学の名誉教授をなさっている方から大きな箱が届きました。
なかには、たくさんのシュークリームが!
お店の名前はウグイスヤ。なんでも、大阪一おいしいシュークリームだそうです。
当社が大企業だと思われたのか、大食いだと思われたのかわかりませんが
本当にたくさんのシュークリームをお送りいただきました。

このシュークリームたちが遠く大阪からやって来たと思うと、なんとなく可愛くなってきます。

味はごまとミルクの2つの味です。
しっかり焼いたシューに負けない濃厚なクリームが入っています。

今日はお客さまが4名 ご来社なさったのですが、ご来社なさった方には
もれなくお茶とシュークリームをださせていただきました。

先生、いつもありがとうございます。この場をお借りしてお礼申し上げます。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

ユンディ・リ


今年は、ショパン生誕200周年にあたります。
いろいろな所でイベントも開催されています。

当社もということで、オークラガーデンホテル上海様のご協力をいただき
ユンディ・リ コンサートツアーを企画しました。
ユンディ・リは中国で最も注目されているピアニストです。
世界的なコンクール、ショパン国際コンクールで、最年少にしてかつ中国人初の
金賞受賞者になりました。
美しい音色と確かなテクニック、そして深い音楽性を持っているだけでなく
その容姿から中国のキムタクと呼ばれているとか…(お会いしたことがないので、真偽のほどはわかりませんが。お写真を拝見する限り、キムタクというより玉三郎って感じですが)

宿泊はもちろん、オークラガーデンホテル上海です。
お庭の見えるガーデンビューのデラックスルームです。
秋ならではということで、ホテル内のチャイニースレストランでの
上海蟹フルコースディナーもおつけしました。

 この秋、ユンディー・リーの奏でるショパンの世界に、お出かけになりませんか。

 2名様で出発できますので、お友達やご夫妻でお気軽に!

 問い合わせは  戸井川  toikawa@picotour.co.jp まで
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京調布 花火大会

昨日は、6時過ぎに会場に到着しました。
早速、テーブルクロスをひき、宴会の準備です。
料理研究家の城順子先生や、料理じょうずの酒井ゆきえさんも一緒なので
工夫された料理が並びます。
この日は酒井さんの誕生日でしたので、シャンパンで乾杯!
川風に吹かれて冷えたシャンパンは最高でした。

あまりにもおいしく、花火が始まる前に2本が空になりました。
隣のテーブルの長野県の木島平(調布と姉妹都市)の方がビールをくださいました。

いよいよ、花火の開始!おなかにドーンと音が響きます。
夜空に次々と打ち上げられる花火は本当に見事でした。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

東京調布 花火大会

今日は、東京調布の花火大会です。
知人が4500円の席をとってくれました、4人で座るテーブル席です。
各自、食べ物をもちよります。
私は、シャンパン2本を用意し、いなり寿司をつくりました。
どんな宴会、いや、花火大会になるのでしょう。では、いってきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京銀座 共同溝



地下鉄銀座駅から地下道を松屋方面に歩いていくと、松屋の入り口の手前に
小さなガラスの窓があります。
前から気になっていたのですが、先日、じっくりのぞいてみました。
よく見ると、上下水道などのライフラインをまとめて収容している共同溝というものだそうです。

この共同溝をはじめて取り入れたのはフランスのパリで、1832年のことだそうです。
日本では関東大震災の終わった1925年に取り入れたとか。

銀座の街を歩いていて気持ちがいいのは、電柱がないことだと思い出しました。
こんな地下にまとめられていたのですね。
銀座は1丁目から8丁目まで2キロにわたってあるそうです。

昔 地下鉄はどこから入るのか…という漫才がありましたが
どこからこのライフラインは地上に出ているのでしょうか?
今度、新橋あたりを探してみたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京成城 ビール坂


暑い毎日ですね。
こんな時は、仕事帰りに冷たい生ビールを飲むのが一番…という方も多いと思います。

ビールといえば(あまり関係ありませんが)私の家の近くには、ビール坂という坂があります。
かつて、この坂の下にサッポロビールのグランドがありました。
そこから、地元ではそう呼んでいます。
ビール坂というのは恵比寿にもあるそうですが、そちらのほうが本物ですよね。

私が小さい頃はこのあたりは湧き水がわく湿地帯、その後、グランドにかわり
ゴルフ場とプール、そしていまはマンション群になっています。

写真をみると何でもないようですが、かなり急な勾配で
自転車では一度降りないとのぼりきれません。
いわゆる武蔵野台地の国分寺崖線にあたる部分で、武蔵野の面影がたくさん残っています。
今でも雑木林がしげり、季節を感じる所です。
  
先日、タクシーの運転手さんが、ここでたぬきに会いましたといっていました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京目黒 わさ

まもなく 開業して1年になる『わさ』は、今 好調で元気といわれている中国料理店
です。
 予約がとれず、先日 ようやく行ってきました。場所は目具区八雲です。オーナーシェフの山下さんは高級広東料理店や岐阜の名店※開化亭で修行をなさった方です。

 お料理は、コースではなくアラカルトです。グランドメニューのほかに黒板に書いたものがあり、楽しいです。
 悩んでいろいろ 注文してしまいました。





 写真はピータン豆腐と鮎の春巻きです。ピータン豆腐は豆腐とピータンをセルクルで重ねたものです。ピータンも裏ごしして、とてもマイルドになっており、ピータンが苦手な方でもおいしく食べられると思います。


鮎の春巻きは天然の鮎が丸ごと一匹はいっています。手でもって、がぶりと食べる鮎独特の香りと風味がひろがります。春巻きの皮で大事に包んでいるので、当然ですよね。

 カウンターとテーブル席8席の店ですから、大勢でというわけにはいきませんが、家族や友人と行くにはお勧めです。


  シェフの山下さんが修行した岐阜の開化亭へ行くツアーを中国料理研究会が企画し
当社が手配しています。開化亭でお料理を楽しむほか鵜飼いをみたり周辺の観光を楽しみます。翌日の昼食は、岐阜を代表する和食の店 たか田八祥です。会員以外の方の参加も歓迎です。ご希望の方にはパンフレットをお送りします。
             連絡先  ピコツアー 戸井川toikawa@picotour.co.jp 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京平河町 オー・プロヴァンソー

今日のお昼は、中国料理研究会の代表の木村春子先生と打ち合わせを兼ねたランチでした。
先生のご案内で、紀尾井町交差点を入った所にある、オー・プロヴァンソーに伺いました。

オー・プロヴァンソーとは、南仏のプロヴァンスのリゾートにいるように
リラックスしてほしいとのオーナーの思いからつけられた名前だそうです。
こんな暑い夏の日にふさわしいレストランですね。
入り口のオープロヴァンスの文字の上に、ローマ字でNAKANO SHOKUDOの文字が気になりました。

メニューをみますと、コースで選べるようになっています。
その最後に、ちょっと美味しいハヤシライスと書いたコースがありました。
ハヤシライスってどこの料理だっけ?と考えながら、気になったので注文いたしました。



前菜の後は、ハヤシライスです。丸いお皿に四角いお肉と白いごはんそしてルーだけです。
一口食べると赤ワインの風味が口の中にひろがります。
しっかりと濃くはありますが、しつこくありません。
お肉はやわらかくとろけるようです。
ちょっと美味しいどころではなく、かなり美味しいハヤシライスでした。
もしかしたら町の洋食屋さんのように、入り口のNAKANO SHOKUDOは
このハヤシライスのためにつけられたのかも…と思いました。



その後、デザートがワゴンで運ばれてきました。
迷っていると全種類少しづつでもけっこうですとうれしいお言葉
遠慮せずに全部いただきました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

みょうが

今日は、海の日です。みなさん、いかがおすごしでしょうか?

朝、起きてあまり良いお天気なので、以前から気になっていた、庭仕事をすることにしました。

植木屋さんにお願いしたのですが、いそがしくて8月末と言われてしまいました。
この時期の草木の伸びは本当に早く、このままだと庭を歩けなくなってしまいます。

はさみを持ち、植木をきり、草をぬきました。

いつの間にかはえたみょうがの一群をはじからぬきました。
可愛いみょうがが4つとれました。
もう少し待てば、もっととれたとおもいます。

市販のものより、少しこぶりです。
でも、我が家で育った子たちですから、大事にいただきます。
何の料理に使おうかなぁ?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京 駒沢球場

梅雨があけました。夏本番です。
朝起きて、窓を開けると真っ青な空が広がっていました。
この青は、今日試合のある高校のスクールカラーですので、なんとなく良い予感がしました。

一昨日に続き、高校野球の応援にでかけました。場所は駒沢球場です。
10時プレイボール、この試合に勝てば、ベスト16です。

駒沢球場は、住宅地にあるため、楽器を使っての応援はできません。
メガホンをたたいての応援です。相手は部員70名をかかえる野球部です。
応援にも迫力があります。
そんな応援にも負けず、1点差で逃げ切ってくれました。ありがとう!

ちなみに相手校は小山台高校、こちらは成城学園高校でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

福島県双葉町 大塚さん

大塚さんは、福島県双葉町で農業をなさっています。
お願いして、奇数月の第三土曜日に、福島県のものを送っていただいています。
何が届くのはわかりませんが、福島県の季節が体感できます。

今日届いたものです。

手作りお味噌1キロ、キャベツ、なす、きゅうり、じゃがいも1.5キロ、たまねぎ、
にんにく、いんげん、坊ちゃんかぼちゃ、手作りちまき、以上で3千円で送料込みです。

今日も福島県の味を満喫しました。大塚さん、ありがとうございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ