goo

へぎそば

旅の食事は、何を食べるかはすごく大事です。
食を知ることは、その土地の暮らしを知ることです。
まちがってもパンにハンバーグをはさんだり、牛肉をごはんの上にのせたものを食べてはいけません。

さてに今回の1度だけの昼食は、新潟名物へぎぞばでした。考案した小嶋屋でいただきました。
皆様はご存知だと思いますが、私は初めて知ったことばかりでした。

其の1  布海苔に使っているので時間がたってもつるつるとした食感が楽しめる
其の2  へぎとはそばを入れる器のこと・・・・これはちょっと知っていました。
其の3  わさびがとれなかっため、刻み葱とからしをつけること
其の4  小分けにして丸めて盛り付けるのは絹糸の形から来ていること。

私にとっては、へぇーということばかり。旅って多くのことを学びますね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新潟県妻有(つまり)地区のアートのあれこれ

先日 ご紹介したように、新潟県妻有(つまり)地区の広大な里山地区に200近くのアートがあります。
今日のその中いくつかをご紹介します。
写真を見ていただけるだけで、おわかりいただけると思います。今日はゆかいなものをご紹介します。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

申請がおりました。

本日、都内観光促進事業取扱事業者の登録完了のお知らせが、東京観光財団から簡易書留で送られてきました。
東京都民が都内宿泊したり、都内の日帰りした時に助成金をうける取り扱いができるようになりました。

GO TOと東京都の助成金をあわせて使うこともできますので、かなりお得です。
GO TOG始まってから、お客様からお宅でもできるの???とよく質問を受けます。
はい!!まだ十分枠がございます。お問合せくださいませ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

富士山がみえました!!

先日 京都からの帰り、車窓から富士山がみえました。いつでも、どんな時でも
富士山がみえると嬉しくなってしまうから不思議です。
見えないことも多々あるので、それだけに一層うれしくなってしまうのでしょうか?

富士山は女の神様なので、きれいな女の人を見ると隠れてしまいます。今日はそのせいで
みえませんね・・とお客様に良くお話しするのですが・・・・。
私はよく見えることが多いです。残念!!!笑
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

花咲ける妻有(つまり)

ここにも草間彌生さんの作品がありました。
いろんなところで拝見しています。
青森県十和田市・香川県直島・東京六本木・・・どうせなら、全部見たいと
思います。後は鹿児島と松本でしょうか?
見るとつい 写真に撮りたくなるので不思議です。
この作品の題名は花咲ける妻有(つまり)
作者一番のお気にいりだそうです。個人的には直島の作品が私は好きです。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新潟県妻有(つまり)地区の大地の芸術

新潟県に疎い私は、多くのことを学んだ研修でした。
新潟県妻有(つまり)という地区の名前も初めて知りました。
新潟県南部に位置する十日町市と津南町の妻有郷からなり、日本一の長さを誇る信濃川中流域に開けた盆地を中心に栄えた地域です。日本でも
有数の豪雪地帯だそうです。その里山を舞台に20年にもわたって芸術祭が開かれています。6つのエリアからなる760km2の広大な地域に約200のアート作品が点在しているそうです。
バスの中からもアート作品をみることができます。
アートかと思ったら、ただの看板だったり、アートだったり、なかなか楽しいです。

棚田に置かれたアート


前に置かれた文字と一緒にするとすてきな背景に


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

清津峡トンネルのフォトジェニックトイレ

清津峡の中には様々なアートがあります。写真に写っている銀色の物は実はトイレです。
外からは見えませんが、中からは美しい峡谷の景色がみえるそうです。(未体験)
そして外側はフォトジェニックトイレ。ご覧のようにすらりと美しく映ります。(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新潟 十日町清津峡谷

2日目は周辺地区の視察です。
期待以上におもしろく、大いに勉強になりました。
最初に訪れたのが清津峡です。
日本の三大峡谷のひとつだそうで、紅葉が美しいことでも知られています。
と書いたものの 日本の三大峡谷を知りませんでしたので調べてみました。三重県の大杉谷峡谷、富山県の黒部峡谷
そして新潟県十日町の清津峡谷だそうです。

また この地域は大地の里芸術祭を開催する地域で、自然美と現代アートのコラボが面白かったです。



長い峡谷トンネルには、様々なアートがあり、その奥には峡谷の景色。不思議な空間です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新潟の夕食

新潟へ行った後、次の週には京都へいったので、皆さんにご紹介したいものがたくさん。
ゆっくり、じっくりあれこれご紹介しようとおもいます。
まづは 新潟から・・・ということでおつきあいくださいませ。

今日は新潟 六日町ryugonの夕食のご紹介です。宴席でしたのでゆっくりと説明が聞けず残念でした。
雪国で食べ継がれてきた食材がならんでいます。(おそらく)
雪国の食文化がいっぱい
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

京王プレリアホテル

宿泊は、京王京都プレリアホテル京都烏丸五条です。
京都の宿泊はあまりにも多すぎて、どこをお勧めしようか悩みます。お客様のご要望をよく伺わないと失敗してしまいます。

このホテルは、若い女性・ビジネスマン・ご夫婦・一人旅など幅広くお勧めできそうです。最近できたホテルだけに
室内も細かいところまで気を配っています。欠点は、できたばかりなので、タクシーの運転手さんが知らないことでしょうか!

5つ星のホテルばかりでなく、安心してお勧めできるホテルをみつけて、ちょっと うれしく思いました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

京都の紅葉

京都に来ています。今日の京都の気温は高く、まるで9月のようです。
苔寺の参観を申し込みました。コロナ対策で、お寺もいろいろ苦労しているようです。
境内が混みあわないように、事前に葉書で申し込みます。まづは、写経をしてから
庭園へ。
まだまだ 紅葉には早いのですが、1本だけ色づいていました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ryugon

ryugonが今回の宿泊したお宿です。以前は、龍言という名前で営業していたようですが
今は名前を変えています。
古民家を移築して建てられています。旅館でもホテルでもない新しい形の宿というのでしょうか?
コンセプトは雪国を感じる古民家ホテルです。
地元の雪国の文化を世界中の皆様に伝えたいという熱意をかんじました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋海棠

旅館 ryugonは古民家を移築した旅館です。和風の庭園を取り囲んでお部屋があります。
お庭の秋海棠の花がたくさん咲いていました。
秋海棠は秋の季語だそうです。

秋海棠 西瓜の色に 咲きにけり 芭蕉

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新潟は黄金色

新潟はご存知ように日本屈指の米どころです。いろいろなお店で新米を売っていました。
ほとんどの田んぼは稲刈りが終わっていたのですが、この地域だけはこれからのようで黄金色の田んぼが広がっていました。
美しい日本の風景ですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

旅は開運・・・連載始めます


一年の中で最も月が美しい季節を迎えました。満月には完全無欠な美がありますが十五夜前にほんの少しだけいびつに見える月もなかなか粋な感じがするものです。
それにしても「立待月」「居待ち月」「「寝待ち月」をはじめとして月には素敵な別名もありそんなことひとつとっても日本っていいなぁなんて感じてしまいます。

さて、ここで突然号外的な話ですが先月の終わりに友人の占い師さんに会いました。遊・食・話の感性が合いいつも楽しい時間を共にしています。でも今回は楽しいだけでなく運が良くなるお話しも!まるで開運サプリを飲んだように元気になって帰宅してすぐにこの原稿を書きました。うれしいことに「旅は開運」への参画を快諾してくださったので早速今月今日から開運番組をスタートします。
ぜひ ご覧ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ