杉浦 ひとみの瞳

弁護士杉浦ひとみの視点から、出会った人やできごとについて、感じたままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

・「報道が犯罪・失言を誘発する」の論調は問題

2008-11-24 11:05:39 | Weblog
元厚生事務次官だったお二人宅に殺傷被害があった事件について、テレビでのゲスト出演者が、
「マスコミが厚生省・厚労省の批判、官僚の批判をするから、市民の刃が向けられた」旨の発言をされて気になりました。

そんなことを思っていると、23日の毎日新聞「時代の風」というコラムに精神科医が
「麻生総理の失言(「医師には社会的常識がかなり欠落してる人が多い」)」など、なぜこれほどまでに医療にまつわる「失言」が続くのだろうか。この文章が新聞に掲載されることを意識しつつ述べるなら、マスコミの偏向報道が最大の要因である。

と書いているのを読みました。


この視点はとても大きな問題を含むと思います。
  まず、マスコミが偏向報道したのかの検証はたしかに必要でしょう。
  でも、もっと大きな問題は、マスコミの報道によって国民が取った反応をどう評価すべきかということです。
つまり、偏向報道であろうとなかろうと
 悪いことをした人の事実を報道したら、視聴者がその人に私的に制裁を加えるということ、それ自体が問題です。

マスコミの偏向報道ゆえに無辜(罪のない)の人が私的制裁を受けるのはいけないのではなく、真実悪い人に対しても私的制裁という反応にでることが許されない、と指摘すべきです。

 報道は、すべてが正しくなければ行えないとすると、いつまでたっても報道機関は報道できません。その時々の状況で報道がなされ、その真偽が明らかになっていくものです。
視聴者はその過程を声や意見で批判を加え情報をただしていくべきだし、悪いことや悪いことを行った人には非難をすべきです。

報道を受け取る市民の反応の仕方に問題があることを、問題すり替えで、マスコミ報道の自制に追い込むような風潮は危険だと思うのです。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« ・父の認知届で国籍取得でき... | トップ | ・もがれた翼パート15「L... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「制裁」の風潮は意外なところから出ている (ウナギ)
2008-11-24 17:49:41
 今回の記事で「ひとみ」氏が指摘されたことは、テレビの「ゲスト」子だけでなく、自民党の厚生大臣経験者も新聞でコメントを発言していました(その意味に付いては、ここでは省く)。それに、そうした発言を受けてかどうか、あの殺傷事件以降、巷の報道に厚労省の年金問題、高齢者医療制度などの諸問題を批判するマスコミの姿勢に「自粛」の面が見られませんか?。「死者を鞭打つな」なのかどうか、変に勘違いして、知らず知らずのうちに影響が現れています。ひどいものです。

 それに、「制裁」の風潮を挙げるとすれば、大阪府知事でもある橋下徹氏が、山口県の母子殺人事件の被告を弁護した弁護士らに対し公共のテレビ番組上で懲戒請求を煽った行為に潜む「制裁」思想の背景とともに、その橋下氏を無批判に放映してきたテレビの出演者である「評論家」と自称する「ゲスト出演者」の態度も見ておかねばならないと思います。
 職務の責任上、同事件を弁護する弁護士の仕事までターゲットにしてひどい言葉でけなし、事件の真相究明の活動まで無視して、ひいては冤罪のチェック機能さえ意に関せずの態度丸出しで、「とにかく(あんなひどいことをした被告人を)死刑にすれば良いのだ」と煽る姿勢が公共の場で語られる現象こそ、今回の「ゲスト」子の「制裁」姿勢と表裏一体のものです。そら恐ろしさを感じます。

 そのように、事の真相を見極めようとせず、真実を探求し、被害者とか被告人に関わる将来の人生を社会的に立ち直すように周りが気持ちを寄せて「事件」に接しないで、極めて限定された「情報」だけで一つの「事件」センセーショナルに見て、それでいて感情任せに「制裁」ばかりを煽る「ゲスト」諸氏や評論家らの姿勢は、決して今の日本の風潮に良い結果を与えません。

 それに、もし、厚生事務次官の殺傷事件で図らずも浮き上がってきた「ゲスト」子の姿勢を論評するならば、そういう「制裁」の風潮を煽っている「弁護士」が一人でも存在する事に、同業者としてどう思われますか?。
自制は求めないが自省は求めたい (鉄甲機)
2008-11-24 23:48:17
> 報道は、すべてが正しくなければ行えないとすると、いつまでたっても報道機関は報道できません。

 誤報はあっても仕方ないと思いますが、小泉(当時)首相に「悪口を書いても良いけど、嘘は書かないでくれ」とまで言われた恣意的な取材方法の方が問題です。また、その後の批判された時の対応がまた…。
 KY珊瑚、侵略→進出、北朝鮮拉致、慰安婦取材、毒ガス写真などなど、誤りを批判されてもまず認めない。無かったことにする。責任転嫁をする。拡大解釈して正当化を図る。とても言葉を生業とする者の行いとは思えません。
 杉浦さんも「自衛隊が活動している地域 が 非戦闘地域」で騙されたでしょう?

 最近の閣僚「失言」や田母神論文など、嘘ではありませんが事の本質を明らかに外した記事を書いているような現実はどうでしょう。
 年金問題にしても、厚労省社保庁を責めるのは当然としても、過去数十年の間記事に出来なかった自分たちに反省は無いのかと。また責めるだけで良いのかと。

>報道を受け取る市民の反応の仕方に問題があることを、問題すり替えで、マスコミ報道の自制に追い込むような風潮は危険だと思うのです。

 その、市民が問題ある反応の仕方をするようになった責任の一端は、間違いなくマスコミにあります。
 とにかく事件があれば良い。センセーショナルなものならなお良いと、火のないところに水煙、いや火をつければ手っ取り早いと偏向捏造扇動報道を続けてきた責任はあるはずです。

 社会の木鐸・鑑であった新聞は、今や世間の耳目を集めるだけの半鐘・世間の興味を映すだけの鏡に成り果てました。
 出来もしないし、する気もないなら「公正中立」の看板はさっさと下ろして、赤旗・聖教新聞並みにその立場を明確にして報道してほしいものですな。
鉄甲機さま (TOJC)
2008-11-27 13:17:17
いつもご持論の展開すばらしいですね。これだけの文章をお書きになれるのでしたら、ご自分のブログをお持ちになられても十分やっていけますよ。少々無知な部分がおありでもだいじょうぶですよ。ネトウヨブログとして人気が出ますよ!きっと!多分、、、出るかも~、、、、、、
思いっきり、ご自分のすばらしいご主張を展開できるじゃないですか。他人様のブログのコメントではもったいないです。そのときはお約束通り「浮くコメント」をさせていただきます。ただ、「鉄甲機」って一度に変換できないのよねぇ、、、、、

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

高級官僚は悪いと思った (志村建世のブログ)
元厚生省次官連続殺傷事件の容疑者、小泉毅について、今日昼までのテレビニュースによると「高級官僚は悪いと思って殺した」という、動機についての供述が伝わってきました。移送される車の中で、被りものも拒み、傲然と顔を上げていた鋭い眼光と重なってきます。事件...
景気対策には、資産格差縮小を (ジョディーは友達)
 9月25日のメリルリンチとキャップジュミンの発表によれば、日本の富裕層は200
徹底的にイデオロギー主張を!!(2) (高野 善通のブログアネックス)
 飲酒運転致死事件が後を絶ちません。つい最近も大阪で連続して起きたように、「飲んだら乗るな」は口で言っていても、実際に「つい」やってしまった挙句事故を起こしてしまうケースが現実になくならないのでは、地道なキャンペーンは無論、根本的な社会システムを変える...
元厚生次官ら連続殺傷事件・・・摩訶不思議な動機 (わんばらんす)
報道が二転三転して・・・ このブログで書いてきた言葉・・・ 「連続殺傷事件」 に一斉になってきた。 それにしてもなぜ、34年も前...
年金問題報道を消し去った「元厚生事務次官連続殺傷事件」 (わんばらんす)
気づけば、大事な問題のすり替えが・・・ 「テロ攻撃」ってのが、やっと「殺傷事件」に修正されたところで・・・ 杉浦 ひとみの瞳 の ...
元厚生次官殺害事件:小泉毅容疑者を銃刀法違反で逮捕(容疑者の動画あり) (カナダde日本語)
元厚生事務次官妻刺傷報道関連(23日早朝版-05:00) 元厚生次官を殺害したとされる男が自首したそうだ。彼が出頭したときに乗っていたレン...
元厚労省次官殺害事件と個人情報 (政治)
個人情報の保護を強化することに関して此処で是非を述べるつもりはありません。 ただ、官僚のトップになるような人達にはいつも退職後は国民に首を差し出すぐら いの覚悟は持って仕事をして欲しい。 そうすれば、国民もあなた方を命を懸けて守るでしょう。 如何なる者に...
大丈夫かなぁ 重傷の吉原奥さん @「用意された」小泉毅は、単独犯で実行犯となって欲しい連中にとって。。。 (ぬぬぬ?)
実際に顔見た吉原奥さん、大丈夫かなぁ 「見たのはこの顔ですね!この顔ですね!」 ってお仲間の警察の言う通りにするのが 選択の余地のな...
遂に送検! ― 私、鳥居正宏に対する名誉毀損事件 ― (鳥居正宏のときどきLOGOS)
2008年6月7日から同年10月24日までの間、ほぼ連日のように私(鳥居正宏)に対して、私の名を名指しして「鳥居正宏は偽社民党員」「鳥居正宏...