goo

衆参のちょっとした違い(本会議場)

久々に、「衆参のちょっとした違い」シリーズです。

本シリーズの初回が、「本会議場の議席とその配置」だったことから、初心に立ち返って、衆参の議場の違いについて、ちょっとした雑学を含めて紹介します。

まず、衆参の本会議場は、こんな感じです。
     
            衆議院議場
     
            参議院議場

衆参の本会議場で最も大きな違いは、天皇陛下がお座りになる御席があるかないかです。参議院では、天皇陛下をお迎えして開会式を行うため、議長席の後方に御席があります。 衆議院では議長席上部に天皇陛下の御傍聴席がありますが、参議院では議場後方にあります。
   
   

他にも紹介したい衆参の議場の違いはあるのですが、今回は、この違いだけ紹介します。

なお、参議院本会議場を参観する3階には、通常の傍聴席の他に、御傍聴席、外交官席、衆議院議員席、前議員席、第一公務員席、第二公務員席、皇族席、貴賓席、記者席があります。

御傍聴席は天皇・皇后両陛下の席ですが、今まで利用されたことはありません。

参議院議場の皇族席は、天皇・皇后両陛下以外の皇族が利用になられますが、これまでの利用は2回だけです。

昭和28年2月2日 皇太子殿下(今上天皇)衆議院も同日
昭和61年1月30日 徳仁親王殿下(現皇太子殿下)

貴賓席は、これまでノーベル賞受賞者が利用していますが、これまで4回だけです。

昭和41年1月18日 朝永振一郎理学博士(衆議院:昭和40年12月25日)
昭和44年1月27日 川端康成文学博士(衆議院:同日)
昭和49年3月30日 江崎玲於奈理学博士(衆議院:昭和49年3月29日)
昭和57年1月25日 福井謙一工学博士(衆議院:同日)

[衆参のちょっとした違いシリーズ]

衆参のちょっとした違い(本会議場の議席数とその配置)」 平成27年4月4日
衆参のちょっとした違い(本会議の出欠)」 平成27年4月5日
衆参のちょっとした違い(記名投票とは-その2)」 平成27年4月15日
衆参のちょっとした違い(総理入り委員会質疑の風景)」 平成27年6月17日
衆参のちょっとした違い(本会議-その1)」 平成27年8月16日
衆参のちょっとした違い(本会議-その2)」 平成27年8月17日
衆参のちょっとした違い(本会議-その3)」 平成27年8月18日
衆参のちょっとした違い(先例冊子等の呼称)」 平成28年2月28日
衆参のちょっとした違い(常任委員会の名称)」 平成28年3月14日
衆参のちょっとした違い(常任委員会の所管)」 平成28年3月16日
衆参のちょっとした違い(議院運営委員会-その1)」 平成28年4月10日
衆参のちょっとした違い(議院運営委員会-その2)」 平成28年4月11日
衆参のちょっとした違い(傍聴規則-その1)」 平成28年4月28日
衆参のちょっとした違い(傍聴規則-その2)」 平成28年4月30日
衆参のちょっとした違い-国会事務局の定員」 平成28年6月24日
衆参のちょっとした違い(閉会中審査・継続審査-その1)」 平成28年6月26日
衆参のちょっとした違い(閉会中審査・継続審査-その2)」 平成28年6月28日
衆参のちょっとした違い(VODの公開期間)」 平成29年1月26日
衆参のちょっとした違い(特別委員会の設置-その1)」 平成29年7月12日
衆参のちょっとした違い(特別委員会の設置-その2)」 平成29年7月13日
衆参のちょっとした違い(特別委員会の設置-その3)」 平成29年7月14日
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

18歳の夏

18歳の夏、何をしていたのだろうかと、ここ1ヶ月、よく思い出す。

生まれて初めて実家を離れての一人暮らし。
ただ、それは社会人ではなく、学生として。

地方で育った私にとっては、それでも不安だらけだったこと、一方で、知的好奇心にも溢れていたこと、様々な思いがないまぜになっていた18歳の夏。

他方、高校を卒業してすぐ社会に出て、それが初めて実家を離れる機会であれば、不安はきっと、もっと、大きいだろう。

今年4月、希望や期待に胸膨らませて社会に出たであろう18歳の新社会人のことを思うとき、様々な思いが去来する。

実家の家族は、新たな歩みを始めた18歳を「頑張れ」と見送ったことだろう。

18歳の新社会人がどんな思いを抱え、どんな状況だったのか、思いを馳せる機会が増えている。

小さいコミュニティであればあるほど、世間から隔絶された空間であればあるほど、視野は狭くなり、保身に走りがちだが、真実はひとつ。

真実に、光を当てて欲しいと切に願う。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

衆議院議長談話(今国会を振り返っての所感)

平成30年7月31日、衆議院議長は、先日閉会した第196回国会を振り返っての所感を発表されました。

本来でしたら、全文をここで紹介すべきと思いますが、一部のみの紹介とさせていただきます。ただ、多くの方にご覧いただきたいと思いますので、是非、衆議院Webページをご覧ください。

以下、衆議院議長所感の一部引用です。

衆議院議長談話(今国会を振り返っての所感)一部抜粋 平成30年7月31日

先般の通常国会は、1月22日にはじまり、7月22日まで、延長を含めて182日間の会期となりました。

1.この国会において、

(1)議院内閣制における立法府と行政府の間の基本的な信任関係に関わる問題や、
(2)国政に対する国民の信頼に関わる問題が、

数多く明らかになりました。これらは、いずれも、民主的な行政監視、国民の負託を受けた行政執行といった点から、民主主義の根幹を揺るがす問題であり、行政府・立法府は、共に深刻に自省し、改善を図らねばなりません。

2.まず前者について言えば、憲法上、国会は、「国権の最高機関であり、国の唯一の立法機関」(憲法41条)として、「法律による行政」の根拠である法律を制定するとともに、行政執行全般を監視する責務と権限を有しています。

これらの権限を適切に行使し、国民の負託に応えるためには、行政から正しい情報が適時適切に提供されることが大前提となっていることは論を俟ちません。これは、議院内閣制下の立法・行政の基本的な信任関係とも言うべき事項であります。

しかるに、
(1)財務省の森友問題をめぐる決裁文書の改ざん問題や、
(2)厚生労働省による裁量労働制に関する不適切なデータの提示、
(3)防衛省の陸上自衛隊の海外派遣部隊の日報に関するずさんな文書管理など

の一連の事件はすべて、法律の制定や行政監視における立法府の判断を誤らせるおそれがあるものであり、立法府・行政府相互の緊張関係の上に成り立っている議院内閣制の基本的な前提を揺るがすものであると考えねばなりません。


引用は、ここまでです。

衆議院議長は、「法律による行政」について言及されています。

第196回国会は、筆者にとって、「法律による行政の原理」から重大な疑義がある点について、新たな問題を発見した国会でもありました。「束ね法案」シリーズに続いて、機会を見て書きたいと思います。

(参考)
国会=唯一の立法機関」平成30年5月31日
日本国憲法における三権分立」平成27年5月3日
束ね法案と一括審議-その1」平成27年5月16日
束ね法案と一括審議-その2」平成27年5月17日
束ね法案と一括審議-その3」平成27年5月25日
束ね法案と一括審議-その4」平成27年7月17日
束ね法案と審議時間」平成27年7月18日
第190回国会における束ね法案-その1」平成28年2月7日
束ね法案と一括審議-番外編」平成30年1月19日
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

議会雑感3年半に

議会雑感ブログを始めて、約3年半が経過しました。

国会ルール等の紹介を通じて、少しでも政治に関心を持っていただくことができればとの思い、そして、私自身の備忘録も兼ねて更新頻度は区々でしたが、細々とでも続けてくることができました。

この間、多くの方にご覧いただきましたこと、本当に感謝しております。
誠にありがとうございます。

平成30年7月22日に閉会した第196回国会は、議会人として様々な思いを抱えて過ごした常会となりました。

まだしばらく、こんな思いをすることが続くのかもしれません。

たとえどんな状況になろうとも、立法府に身を置く議会人として、誇りと矜持をもって活動してまいりますので、引き続き宜しくお願い致します。
           

なお、議会雑感ブログは、以下の2点を大事にしつつ、このブログを通じて、政治に関心を持っていただける方が1人でもいらっしゃれば、との思いで続けてきました。

○国会法等を引用しつつ、時々の話題を交えながら国会のルールを紹介すること
○匿名で政策の是非には触れない範囲にとどめること

ただ、紹介したいことを明確に紹介するために、いずれかのタイミングで匿名から実名ブログにする可能性があることをお知らせ致します。

[追記]
いつもご覧いただいている皆さまのご意見・ご感想を頂戴致したく、約1年ぶりにコメント欄を開放することにします。

といっても、これまでと同じく、コメント欄に投稿いただいても私が拝読するのみで、公開しないことが前提です。ただ、コメント欄にいただくご意見が励みとなっています。多くのご意見・ご感想を賜れば幸いです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一事不再議の原則と同一議案の提出例

○国会法第56条の4

各議院は、他の議院から送付又は提出された議案と同一の議案を審議することができない。


国会法第56条の4はこれまでも紹介したとおり、一事不再議の原則を規定しています。

では、実際どのような場合が考えられるのでしょうか。

そして、なぜこの原則が存在するのでしょうか。

たとえば、衆議院で審査中の議案(法律案)があるとします。

これと全く同一の議案を参議院で発議すると、衆議院から当該議案が万が一送付された場合、一事不再議の原則に抵触することになります。

衆議院から当該議案が送付された場合、参議院提出の議案の審査ができなくなるため、衆参で同一文言の議案の提出を避けてきたのが、議会の先人の知恵です。

ちなみに、参議院においてこの規定が適用されるのは、衆議院から議案が送付された後であり、衆議院段階で当該議案が議決されるまでの間に参議院で同一の議案を提出し、議案を審議しても法規には違反しません。

ただ、先ほど指摘したとおり、同一文言の議案を衆参両院で発議し、衆議院から当該議案が参議院に送付された場合、一事不再議の原則に抵触しますので、このような議案の提出というのは避けられてきましたし、ほとんど例がないのは当然のことなのです。

では、実際のところ過去の例はどうなのでしょうか。

以下のとおりですが、議案名は伏せています。

昭和56年5月 第94回国会
平成14年12月 第155臨時会
平成30年6月 第196回国会

(参考)
一事不再議の原則」平成28年7月4日
一事不再議の原則と衆議院の優越」平成30年7月25日
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一事不再議の原則と衆議院の優越

〇日本国憲法第59条2項

衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の3分の2以上の多数で再び可決したときは、法律となる。(以下略)

○国会法第56条の4

各議院は、他の議院から送付又は提出された議案と同一の議案を審議することができない。


約2年前、「一事不再議の原則」について紹介しました。

一事不再議とは、既に議決された問題と同一の問題につき、同一会期中は再びこれを審議し、または議決することはできないという原則のことをいいます。

再議を許せば、議院の審議活動を不効率に陥らせるほか、前の議院の議決は後に覆されかねない暫定的性格となってしまうからです。よって、一時不再議は、会議体としての議院が行う審議に通じる一般原則なのです。

ただ、一事不再議と衆議院の優越には難しい解釈が存在します。

どういうことなのか、具体的に事例を考えてみたいと思います。

たとえば、参議院先議の法律案が参議院で否決されたとします。

参議院で否決されたことを受け、衆議院で同一会期内に同一の法案を提出して審議、採決を行った場合、たとえ同一法案であったとしても、一事不再議は適用されないとの解釈です。

では、この場合、なぜ一事不再議が適用されないのでしょうか。

この場合、この法案が参議院に送付されても当然に否決されますが、憲法は衆議院の優越を規定しています。

つまり、たとえ参議院で否決されたとしても、憲法第59条の規定に基づき再議決等の方法により、衆議院で法律案を成立させることが可能だからです。

よって、この場合、一事不再議は適用されない、との解釈になるのですが、実際には想定されにくい事例だと思います。

(参考)
一事不再議の原則」平成28年7月4日
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

会期不継続の原則(の例外)-その4

3年ほど前、国会法を引用して、会期不継続の原則とその例外とは何かについて紹介しました。

継続審査(閉会中審査)の手続きは、衆議院と参議院で異なっています。

衆議院では、議院運営委員会で吊るされたままでも継続にすることができますが、参議院では委員会付託したもののみ継続することができます。

平成30年7月22日に閉会した第196回国会で参議院では、「水道法の一部を改正する法律案(閣法第48号)(衆議院送付)」が、内閣提出法律案で継続審査となりました。

反対会派もある中でしたが本法案は厚生労働委員会に付託され、厚生労働委員会と本会議で採決され、多数をもって参議院で継続審査となりました。

本法案は、衆議院は通過しているものの、参議院でその会期内に審議が終わらなかったという状態です。

参議院に送付された法案が参議院で継続審査になった場合、次国会、参議院で審議のうえ、衆議院に送付する必要があります。そして、衆議院でも本会議の採決が必要となります。

というわけで、このような場合、衆議院の厚生労働委員会で質疑終局にとどめて、敢えて参議院に送付しないで衆議院で継続にする、という選択肢が往々にして考えられるだけに、今回、個人的には色々不可解です。

第196回国会における参議院先議法案「医療法及び医師法の一部を改正する法律案(閣法第60号)」の審査を後回しにしてまで、衆議院で水道法改正案の審査をしているので、余計にそう思ってしまうのかもしれません。

参議院先議法案の意味合いから考えれば、当初会期内におさめるべく衆議院で審議されて然るべきですし、会期延長になったとしても、別の閣法審議より優先されるべきだと個人的には考えるからです。

で、ここからは余談です。

参議院先議法案が、参議院で審議のうえ、衆議院で継続となった場合も同様ですが、この場合成立した法案は、今までに15法案しかありません。

(参考)
会期不継続の原則-その1」平成27年5月12日
会期不継続の原則(の例外)-その2」平成27年5月13日
会期不継続の原則(の例外)-その3」平成27年8月11日
衆参のちょっとした違い(閉会中審査・継続審査-その1)」平成28年6月26日
衆参のちょっとした違い(閉会中審査・継続審査-その2)」平成28年6月28日
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

内閣不信任決議案の考え方

前回、「内閣不信任決議案とは(再掲)」で日本国憲法第69条の規定を引用して、内閣不信任決議案について紹介しましたが、今回は、その扱いについて学説上の紹介をします。

内閣不信任決議案が出た場合の考え方です。

内閣の存在は、国政にとって1日も欠くことのできないものです。

その内閣を内閣総理大臣の指名を通じてつくるのが国会の責任ですから、その内閣の存立に関わる問題である内閣不信任決議案が提出された場合は、一刻も早く解決しない限り、国政の停滞を避けることができないとされています。

すなわち、内閣が提出した法律案等を審議する国会で、その内閣に対して不信任決議案が提出された場合は、全ての内閣提出法律案も国会で審議できない状態になる、との解釈です。

第196回国会の延長国会最終盤である、平成30年7月20日(金)9時51分、衆議院に内閣不信任決議案が提出されました。

延長国会の最終日は、7月22日でしたが日曜だったことから、実質的な最終日は金曜日の7月20日ということになります。

よって、7月20日は会期末手続きのための委員会等が衆参両院でセットされていましたが、内閣不信任決議案の提出に伴い、これの処理が終わるまで全ての手続きが中断することになりました。

内閣不信任決議案は、別の院であっても委員会審査を中断せざるを得ないような重いものですが、今は与野党の議席差があり過ぎるからか、緊張感に欠ける場面が散見されました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

内閣不信任決議案とは(再掲)

○日本国憲法第69条

内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

○衆議院規則第28条の3

議員が内閣の信任又は不信任に関する動議若しくは決議案を発議するときは、その案を具え理由を附し、50人以上の賛成者と連署して、これを議長に提出しなければならない。

内閣に対する不信任決議権は、衆議院のみに認められた権能です。

国会制度の下、衆議院において、4度不信任決議案を可決しています。

なお、これまでに衆議院での不信任決議案提出は58件で、可決されたのは、4回です。

1回目:昭和23年12月23日 第4回国会
2回目:昭和28年3月14日 第15特別会
3回目:昭和55年5月16日 第91回国会
4回目:平成5年6月18日 第126回国会

前者2回は吉田内閣(第2次、第4次)、3回目は大平内閣、3回目は宮沢内閣に対するものです。

1回目は少数与党であったため、2回目と3回目は、内閣総理大臣の支持基盤が弱く、与党内に大量の棄権者を出したたため、4回目は、与党の大量の議員が賛成に回ったため可決されました。

内閣不信任決議案を発議するには、案を具え理由を附して、50人以上の賛成者と連署して、議長に提出します。

一方、内閣信任決議案が提出されたこともあります。これは、内閣不信任決議案に対するもので、発議手続きは、内閣不信任決議案と同様です。

最近の例として、参議院で福田内閣総理大臣問責決議案が可決された翌日、衆議院において内閣信任決議案が可決されています。

衆議院において内閣不信任決議案を可決した場合、日本国憲法第69条の規定により、内閣は、10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければなりません。

上記で紹介した不信任決議可決4回とも、衆議院は解散されています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

参議院における会期延長議決

○国会法第13条

前2条の場合において、両議院の議決が一致しないとき、又は参議院が議決しないときは、衆議院の議決したところによる。

会期延長は衆議院優越の規定があるため、参議院では多くの場合、延長についての議決を行っていません。

現在延長されている第196回国会も同様で、参議院で会期延長についての議決は行われていません。

昭和42年の第55回特別会以降、これまでに会期延長は59回ありますが、参議院で延長議決を行ったのは、たったの14回です。

その内訳は、以下のとおりです。

[参議院で延長議決を行った回数]
(昭和42年以降)

常会  5回
臨時会 7回
特別会 2回

ちなみに、参議院の野党第一会派が延長に賛成している最近の例は、というと、平成10年の第143回臨時会で9日間の延長でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ