MIZUNO Katsuya

STEP WORLD LL日進駅前教室 代表講師のブログ

UFOの写真?

2022-12-29 02:39:39 | 英語教室

 中学生の頃

 私が中学生の時、「UFO(unidentified flying object:未確認飛行物体)の写真を撮りました」と言ったら、信じて頂けるでしょうか?

 確かに撮りました。但し、トリック写真です。昭和の中学生がCGを使うはずはなく、自宅の窓枠に、細い糸で小さな円盤状の物体をつるして、家の中から青空を背景にして、その物体を撮影したのです。そして、それを友達に見せました。みんな半信半疑でしたが、驚いていました。

 もちろん、すぐに撮影の秘密をバラしました。UFOの写真を撮ったのは、周りを騙(だま)すことが目的ではなく、トリック写真を撮ること自体が楽しかったからです。

 

小学生の頃

 小学生の時には、こんなことがありました。2021年12月30日のブログでもご紹介したエピソードです。つまり・・・

 私が小学生の時、熱を出して学校を休んだ日に雪が降りました。私は2階で寝ていましたが、雪がとても気になっていました。そして、母が1階にいるうちに、熱があるのにバルコニーに出て、小さな雪だるまを作った記憶があります。雪が私に元気を与えてくれたのです。母は驚いていました。

 子どもの頃は、雪が降るととても嬉しかったです。

 

大人になると見えなくなること

 子どもは、些細なことに喜んでいますが、大人になると、子どもの時に見えていたことが見えなくなってしまいます。

 例えば、大人になると、雪が降っても楽しくなくなりました。雪の楽しさよりも、その不都合の方が上回ってしまうからです。UFOのトリック写真も、授業以外の目的でわざわざ撮ろうとは思いません。

 しかし、英語の授業を行う時、子どもの頃の無邪気な気持ちを忘れないようにしたいと思います。それが、楽しく力が付く授業に繋がって行きます。そして、これからも、お子様が笑顔で元気に教室に通ってくれるように、より良い授業を目指して努力を続けます。
 

<追伸>
関連事項は以下をクリック

「子どもの頃の気持ち」
https://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/8c66f20f5821acbe71b919333fc1cdb7

 

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Only time will tell. | トップ | 英語教室の選び方 »