MIZUNO Katsuya

STEP WORLD LL日進駅前教室 代表講師のブログ

世のため&人のため

2014-03-28 02:23:35 | 英語教室

 春は、別れと出会いの季節です。高3まで教室に通って卒業をしていった皆さんがいれば、新たに教室で学習を開始する皆さんもいます。終わりと始まりの時ですので、新たな気持ちになります。

 卒業をしていった高3生の皆さんは、学校の先生や保育士さんなど、全員が将来の進路希望を持っています。(偉い

  最後にこんなことを伝えました。

 「大学生になっても、英語はやらないと忘れちゃうので、やり続けた方が良いよ。もちろん、将来の目標のために、自分の専門の勉強もしっかりとやって下さいね。」

そして、「無事に自分の目指している仕事に就いたら、お金とか数字が気になるかもしれないけど、多くの人に悦んで頂けるように、“世のため&人のため”になるような事をして下さいね

 「何を格好良い事を言っているんだ」という感じでしょうか

 私が今の仕事を始めた時、「損得や数字を抜きにして、周りの人のためになる事をしたい」と考えていました。そのための手段が英語だったのです。社会に出て様々な現実に直面すると、それは簡単な事ではないと感じることはあります。しかし、今も若い時の純粋な気持ちは絶対に忘れないようにしたいです。

 私たちが様々なことを行うのは、決して自分だけの力では無理です。一人では生きていくことは出来ないのです。スピーチコンテストの時にも繰り返し伝えてきました。・・・「自分一人の力で出場することが出来たと思うのは、大間違いだよ。“感謝の気持ち”を忘れないで

 とても忙しく、目の前のことで精一杯な時など、つい周りに対する配慮を忘れてしまうことがあります。これは、私自身、反省すべきことです。しかし、落ち着いて考えてみると、周りの人の温かさを身にしみて感じます。・・・「周りの人に支えられて生きているんだ。自分一人では生きていくことは出来ない。」

 その“恩返し”として、まずは自分の周りの人たちに感謝の気持ちを何かの形で伝えなければなりません。そして、さらに言えば、世界中の人たちに“恩返し”をすることが出来ればと思います。直接は知らない人たちでも、この世の中は、みんながどこかで支え合って生きているからです。(例えば、どんな時だと思いますか?例をあげるときりが無いので、ここでは省略をします。)

 「自分には、世界中の人のためなんて、大きな事は出来ない」と考えてしまうでしょうか

 そんなことはありません小さなことの積み重ねでも、きっと世界中の人のためにつながっていくはずです。

 まずは、皆さんの身近な目標として、英検スピーチコンテスト、そして、入試などがあります。まずは、そうしたことをしっかりこなして行くことが大切です。そして、英語のみではなく、それらを通して得た様々な経験が、きっと“世のため&人のため”につながっていくのだと思います。

 私共の教室は、数ある英語教室の中から選んで頂いた生徒の皆さんや保護者様に支えられて成り立っています。私共講師一同は、そうした多くの皆様の信頼を裏切ることのないように、出来るだけ多くの人に悦んで頂けるように、これからも努力を続けます。

 そして、生徒の皆さんが、教室での英語学習を通して、世界中の人の役に立つような人に育ってくれることを願っています。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。