STEP WORLD LL日進駅前教室

ステップワールドLL日進駅前教室:講師のブログ

Primary(小3-6)クラスの学習定着度について

2016-11-22 02:39:39 | 英語教室

 小3~6のPrimaryクラスでは、英語の4技能のバランスをとって学習を進めています。非常に難しいことを学習してる訳ではありませんが、ある程度が進んでいくと、以下のようなご質問を頂く事があります。

『テキストの内容が難しくなってきて、全体での内容は大体把握していても、単語ひとつひとつの意味が分かっていないことがあります。今はそのような覚え方で良いのでしょうか?』
 
上記についての回答です。
 
『大きな問題はありません。クラスの中でも、かなりよくやっているお子様の保護者様からでも、上記のようなご質問を頂く事がよくあります。

  子供は、英語の文を“かたまり”としてとらえています。一つ一つの単語の意味ではなく、かたまりとしてのイメージとしてとらえています。

 なお、日本語を言って、それを英語にするという「英訳」は簡単ではありません。日本語と英語は、言語構造が全く異なるためです。あと1点、当然のことですが、何度も練習をして、頭に英語が入っていなければ、英語は出てきません。

 また、英語を言って、それを「日本語訳」するのも、簡単ではありません。英訳同様、日本語と英語は、言語構造が全く異なるためです。子供は、英語を理屈で考えている訳ではなく、イメージでとらえています。

 しかし、それが完全に出来ていないからと言って、「分かっていない」訳ではありません。
 
 昔、保護者様が中学校で英語を学習した時のようなイメージで「分かっているor分かっていない」と判断するのは、非常に危険です。昔の中学生的な学習で英語を出来ていたとしても、それが英語が得意と言うことは出来ません。むしろ、伸び悩む原因となりえます。実際、まだ小学生ですので。
 
 とにかく、日頃からCD学習をしっかり行い、音読練習しっかりとやり続けて、英語そのものを体に染み込ませる(完全に暗記してしまう)ことが必用です。その際、その英語の意味をイメージして練習することが大切です。
(中学生や高校生のように文法的にも正しい日本語訳をするという意味ではありません。)

 もちろん、「書く」練習もバランスをとって学習することが大切です。

この件につきましては、2015年4月18日付けMIZUNO Katsuyaブログをご参照下さい。

「やる気がない?」「分かっていない?」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/48cc66745ebf82aa91b3984eda99ebb2

 その他の学習方法についても、今までの教室NEWSやブロクに沢山記載させて頂きましたので、お時間のある時にご一読下さい。そして、ご質問等ございましたら、教室までご連絡を頂ければ幸いです。

 よろしくお願い申し上げます。

(水野克哉)


この記事をはてなブックマークに追加

Hello! 三品です。

2016-11-21 09:03:43 | 英語教室

 現在教室では、小学生の該当クラスと中高生の希望者による、海外の人と手紙のやりとりをしようという企画が始まっています。アメリカの大学で日本語を教えている卒業生がおり、担当されている学生さんたちと日本語と英語を使って文通をすることになったという次第です。

 先日その第一便の手紙が届き今は、それぞれの文通相手の生徒が返事を書いている最中です。送られてきた個性的な手紙の数々を見て、そういえば私も中学生の頃やっていたなぁと懐かしく思い出しました。相手は、アメリカのデトロイトに住むメロディという名前の女の子。

 薄い半透明の便箋に書かれていた字体は、学校で習っているものとは何だか違っていました。それが「海外の人なんだ!」という実感につながり、嬉しかったように記憶しています。その頃の英語力からすれば、書くこと自体は大変で、辞書を片手に悪戦苦闘だったと思いますが。

 写真や匂い袋を送ってくれたことなど、今でも鮮明に思い起こすことができるのは、それだけ印象深かったのでしょうね。(かなり前のことなのに. . . 笑)今回、文通をしている皆さんの心には、何が残るのでしょうか。楽しみです♪

(三品律子)


この記事をはてなブックマークに追加

英検準2&3級にライティングテスト導入

2016-10-23 03:33:39 | 英語教室

 英語教育を取り巻く環境は、急速に変化しています。2017年度の英検にも大きな動きがあります。

英検準2&3級にライティングテスト

 以下、日本英語検定協会のホームページに掲載されていることをご紹介させて頂きます。

**************************************************************************************

 公益財団法人 日本英語検定協会(理事長:松川孝一、所在地:東京都新宿区、以下、「英検協会」)は、来年度、 2017年度第1回 実用英語技能検定より、「準2級」、「3級」にライティングテストを導入することを発表いたします。
 
 ここ数年、我が国の英語教育は、グローバル人材の育成を目的に、小学校、中学校、高等学校と継続し4技能(「読むこと」・「聞くこと」・「話すこと」・「書くこと」)を総合的に育成する方向で様々な取り組みが行われています。直近の動向では、 2016年8 月1日の中央教育審議会教育課程企画特別部会にて公表された「次期学習指導要領に向けたこれまでの審議のまとめ(素案)のポイント」において、次期学習指導要領の改訂の方向性として、「4技能の総合的育成」と共に「発信能力のさらなる強化」が掲げられ、今後、「話すこと」・「書くこと」が特に重視されてきます。
 
 英検協会では、このような4技能化の潮流に迅速に対応することが公益法人の責務と認識し、早くから実用英語技能検定 全級の4技能化に着手し、まず今年度(2016年度)第1回検定から「2級」にライティングテスト、「4級」、「5級」にスピーキ ングテストを導入しました。そして、来年度(2017年度)第1回検定からは、「準2級」、「3級」にもライティングテストを導入します。これにより、「4級」、「5級」を除く 、「3級」以上の全級で4技能化が実現します。

 なお、「4級」、「5級」においても、できるだけ早い時期での実現を目指し、ただいま鋭意、準備を進めております。こちらにつき ましてはリリースできるタイミングが来ましたら速やかにご報告いたします。

「準2級」「3級」ライティングテストのポイント

  2017年度より導入する、「準2級」、「3級」でのライティングテストの方針は以下のとおりです。
 
1) 実用英語技能検定の各級の程度を示す協会独自の審査基準に基づくレベルの設問である。
2) 中学校、高等学校の学習指導要領の目指す方向性と合致した設問である。
3) 国際標準規格 CEFRレベル(準2級はA2レベル、3級はA1レベル)と整合性を持たせた出題である。
4) 記述式の自由英作文で、与えられた質問に対し自分の意見とその裏付けとなる理由を、適切な語彙と文法を使用しな がら英文で論述する能力を問う。
5) ライティングテスト導入に伴い、短文中の語句整序問題(3級は日本文付き)の出題は廃止する。
6) 形式改定に伴い、準2級と3級の筆記試験の解答時間をそれぞれ10分延長し、準2級は65分から75分に、3級は40 分から50分とする。その他の級については、試験時間の変更はない。
 
*************************************************************************************

  以上が、英検協会のホームページに掲載されている内容でした。
     http://www.eiken.or.jp/index.html

*上記の太字および色の文字は、皆様にとって読みやすくするように、教室の判断で付けさせて頂きました。

*準2級&3級のライティングテスト問題例は、著作権法の関係で、掲載を差し控えさせて頂きます。
(サンプル問題を見る限り、面接試験の4つ目・5つ目の質問=自分の意見や好みを答える質問と内容が類似しています。)

教室の皆さん、チャンスです

 準2級と3級のライティングテストは、「4技能の総合的育成」と共に「発信能力のさらなる強化」の一貫として導入されます。昨年から予告をさせていたことですので、驚くことではありません。当然の流れです。

 学習する上での注意点として、ライティングテストだからといって、文法や「書く」練習(単語の綴り練習)ばかりするのはいけません。時代錯誤です。

 「聞く」「話す」「読む」「書く」という4技能の練習をバランス良く行って下さい。

 あと1点、忘れてはいけないことがあります。発信するための内容です。英語力だけを高めても、何の役にも立ちません。世の中の様々な事についての自分の考えを深めておきましょう。

 世の中の動きは、ますます教室の目指している方向に進んでいます。答えの決まった「問題を解く」だけでは通用しない時代が来ています

 生徒の皆さん教室でしっかりと学習をして行けば、心配は不要です。逆に良いチャンスだと考えましょう

 そして将来、様々な分野で英語が必要になってくると思います。その時、その英語力を世界中の人に喜んで頂くために使って下さい

 これからも、楽しみながら英語学習を続けてゆきましょう

(水野克哉)


この記事をはてなブックマークに追加

Hello!! 浅野です。

2016-10-21 08:10:08 | 英語教室

 今年のノーベル平和賞は、南アメリカ、コロンビアの大統領に贈られました。20年以上も続いた内戦(国の中での戦争)を終わらせるのに、大きく貢献したからです。コロンビア内戦はまだ完全に終わっていません。が、大統領側と対立していた、敵のトップも言いました。「我々は和平を求め続ける。武器ではなく、言葉だけを使う。」

 現在私たちは、飛行機や鉄道で、世界のあちこちに行くことができます。インターネットで世界中のことが分かります。なので、世界中の人達と助け合い、協力することが出来ます。世界中の人達と協力していくとき、使われる言葉は、英語が多いでしょう。英語を身に着けることは、平和の道具を手に入れることです。

 この大きな目標に向かって、毎週の授業、毎日の英語学習、学校の英語の授業、英検・英検Jr、毎年行われるスピーチコンテスト、楽しく取り組みましょう\(^O^)/

 そして忘れてはならないのが、身近な人達への、分かりやすく、優しい言葉です。自分勝手に相手を責めたり傷つける言葉は、誰にも通じないばかりか、自分のことも傷つけてしまいます。先生も、毎日反省です…”(-“”-)”

 同じくノーベル文学賞に輝いた、平和と平等を、分かりやすい言葉で、心地良いメロディ―で歌ったボブ・ディランさん、かっこよすぎます♡

(浅野人映)

 


この記事をはてなブックマークに追加

2016スピーチコンテスト教室大会が終わりました

2016-09-22 02:19:39 | 英語教室

  「全国ジュニア英語スピーチコンテスト」LL日進駅前教室大会は、2016年9月11日(日)、東郷町民会館ホールで実施されました。

 「コンテストの部」では、P1(小3)~中学生までの皆さん(小学生:36名+中学生:14名)が参加をしました。皆さん上手に発表することが出来ました。入賞した皆さんも、惜しくも入賞することが出来なかった皆さんも、差はほんの僅かです。そのために、今年は従来の1位~5位という順位の付け方を辞めて、最優秀賞(小中各1名)と優秀賞(小:4名・中:2名)に変更したのです。

 これからも日頃からしっかりと練習を続けて下さいね。そうすれば、もっともっと上手になります

 「クラス発表の部」では、Green1&2(小1-2年生)の皆さん(16名)が全員で元気に歌をうたい、1人ずつ“好きな動物”(G1クラス)と“将来何になりたいか?”(G2クラス)を発表しました。大きな声でのびのびと発表することが出来ました 聞いていて、とても嬉しい気持ちになりました。Great P1クラス以上になったら、コンテストの部で1人で発表することになります。堂々と発表することが出来るように、これからも楽しみながら英語の学習を続けて行きましょう

 なお、低学年クラス発表の時には、中学2年生のお姉さん2人が、1人で発表する部分のお手本を発表してくれました。Good job

 そして、今年も卒業生(大学生)の2人のお姉さんたちが、コンテストの進行を手伝ってくれました。本当に助かりました。Thank you

 ところで、今年も教室大会に出場する皆さんに伝えました。つまり「自分が教室大会に出場することを絶対に当たり前だとは思わないで下さい。自分が英語の学習をしてコンテストに出場することが出来るのは、ご家族の皆様をはじめとする大勢の方々の助けがあってのことです。また、教室大会に出場しているのは、教室の生徒全員ではありません。出場する皆さんは、出場することが出来ない皆さんから、ある意味「時間を頂いている」ということを心に留めておいて下さいそして、与えられた機会に感謝する気持ちを忘れないでいて下さいね

 教室大会に出場者の皆さんは、このことを心に留めて本番に臨んでくれたと思います。中日本ブロック大会代表になった4人は、これからもこの「感謝」を絶対に忘れないで下さいね。そして、自分の出来る最高の発表をすることが出来るように、努力を続けて下さい

 スピーチコンテストは、皆さんの英語力向上のためだけではなく、人として成長するきっかけにもなることを願って実施してます。これからも、日頃から「当たり前」の「基本」をおそろかにしないで、しっかりと英語学習を続けて下さい

(水野克哉)

<追伸その1>

スピーチコンテスト教室大会出場者の感想は、教室HP以下の部分クリック
http://llnisshin.com/speech2016.htm

<追伸その2>
その他関連事項は以下をクリック

「2016スピーチコンテスト教室大会を終えて」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/c5e24b559cc8fbbd57e529f6fd643321

「スピーチコンテスト教室大会の出場者決定!」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/cba3039faddc2f262f6b69e00312891c

「スピーチコンテストを行う目的」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/284c7ff9412c8d1d44ffc1d5e1833ef4

「LL日進駅前教室の年間行事」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/4c3b4eac12360692c071b530f505fdd4

「“型”を身に付けることの大切さ」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/ac7df49eeb89f9281fe1b3c7f6936295

「やるべきこと」をやり続けよう!
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/9e5bec026d7cfd7e397e1a70cf192b00

 


この記事をはてなブックマークに追加

Hello!! 榛葉です(^o^)

2016-09-21 15:30:39 | 英語教室

 皆さん、スピーチコンテストお疲れ様でした。学校や部活、習い事などもある中での練習は大変だったことでしょう。

 何度スピーチコンテストで発表をしてきても、本番いざ舞台に立つと緊張しますね。私も、毎年司会をやらせていただきましてもやはり緊張して喉が乾きます。

 いつも。頑張れという気持ちを込めて一人一人名前を呼んでいます。そして、無事発表を終えるとホッとします。お家の方も同じ気持ちでいらっしゃると思います。

 そんな中でも、生徒さんたちが毎年一歩一歩成長しているのを感じ、嬉しく誇らしい気持ちになります。一生懸命練習を重ねて舞台に立ち暗記した他国語を発表するという、日常では出来ない経験と緊張感を経て、大きく成長されるのでしょう。それを目の当たりにし、私も幸せを感じます。

 普段の授業をきちんとこなし、また来年も大きく羽ばたきましょう

 そして、入賞し中日本に出場する事になった生徒さん、まだまだ練習が続きますが、頑張りましょう

(榛葉永美花)


この記事をはてなブックマークに追加

合格してもまた同じ級の英検にチャレンジ!

2016-08-23 00:00:39 | 英語教室

 LL日進駅前教室では、合格していても、また同じ級の英検を2回、3回と受けることをお勧めしています。そして、教室の保護者様と生徒の皆さんには、この方針を十分にご理解頂いていて、毎回のように2回目3回目という皆さんがいます。

 この理由は、以下の2つです。

理由:その1
その級の内容を本当に理解して合格しているとは限りません。

 現に、ギリギリの点数で合格している場合、同じ級に再度挑戦すると、前回よりも点数が下がってしまったり、今度は合格することが出来なかったという例は少なくはありません。

 英検は、約60%出来れば合格します。でも、学校のテストで60点だったら、どう思いますか?90点以上は出来ていないと、納得しない皆さんが多いのではないでしょうか?

 つまり、90%以上は確実に出来ていなければ、すぐに上の級にチャレンジするのではなく、まずはその級の内容をさらに確実にした方が良いです。基本をおそろかにしてはいけません。基本がしっかりと出来ていれば、その上の級も近くなってきます。

 現に、90%以上余裕で出来ている皆さんは、初めて上の級の問題をやっても、いきなり合格基準点に達している例はよくあることです。夏期&冬期英検講習や通常授業で、過去問に取り組むと、毎回のようにこのことを再認識します。

 逆に、60%程度出来ているだけで上の級を受験した場合、大抵の場合は、合格することは出来ません。80%程度で上の級を受験した場合は、今までの様々な例を見ていると、ギリギリ合格出来るか出来ないかというレベルです。

理由:その2
英語は、「“わかる”と“使うことが出来る”というのは、別の問題」です。

 例えば、準2級に合格している人でも、4級どころか5級レベルの英語をコミュニケーションの手段として、“ことば”として自由に使うことが出来ているでしょうか?3級&準2級&2級には英語での面接試験があります。5級&4級でもスピーキング試験が始まりました。筆記試験に合格しているからといって、そのレベルの英語を使うことが出来るとは限りません。

沢山の練習をしましょう

 今後は、英語を「使うことが出来る」ことの重要性がさらに増してゆきます。そして、“ことば”として「使うことが出来る」の英語力を身に付けるためには、単に「分かる」ということだけではなく、何度もCDを聞いたり、声を出して練習をして、沢山の英語をインプットして、体に染み込ませことが大切です。

留意点

 注意点としては、常に完璧を求めていては、逆に“ことば”として「使う」ことは出来ません。少しくらいの間違えは恐れずに使ってみることが必要です。つまり、進んだことも学習しつつ、ごくごく基本もおろそかにしないように学習を進めるということが大切だと思います。

 また、特に中学生や高校生の皆さんの場合、早めに受験した方が良いという日程上の都合があります。「また今度」と言っていると、その“今度”の時には、部活などのために都合が悪く、受験するのが随分先になってしまったという例はよくあります。

これからも、積極的にチャレンジしましょう

 合格した皆さんも残念だった皆さんも、これから受ける皆さんも、90%以上は余裕で出来るように努力を続けましょう。そうすれば、学校のテストや入試に役に立つだけではなく、将来にも役に立つ英語力を身につけることが出来ます

(水野克哉)

<追伸>
関連事項は以下のクリック

「英検スピーキング&面接とライティング試験の対策」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/9f3f952e405804320bc88635b3dcc265

「英検スピーキング&面接とライティング試験の対策:その2」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/f4fcc82b44e8d8f263d637b24123e978

「英検のスピーキング&面接試験について」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/f52ab1557e827dfda9f388b93379cc3b

 


この記事をはてなブックマークに追加

Hello! 大脇です。

2016-08-22 08:45:45 | 英語教室

 この8月はRioでオリンピックが開催され、連日、日本のアスリート達の活躍に心躍る日々でしたね。41個のメダルを獲得し、これはロンドンオリンピックの38個を超え、最多となりました。
 
 NHKのworld newsで配信された英語の表現を、見てみましょう。
 
 Japanese athletes won more medals at the Rio de Janeiro Olympics on Friday, bringing Japan's total medal count to 41, the highest-ever at an Olympics.
 
 陸上400Mリレーでは、史上初の銀メダルを取りましたね。英語では、
 The Japanese team claimed silver medals in the men's 4-by-100 meter sprint relay .
 となっています。

 私ごとですが、水泳を趣味でやっていて、最近はマスターズ登録をしてレースに出場しています。個人で泳ぐより、リレーの時の方が、良いタイムが出ることが多いです。そしてチームのco swimmerと泳げることが、とても楽しいです。

 皆さんも共に高めあえる仲間を見つけてくださいね。

(大脇葉子)

 


この記事をはてなブックマークに追加

スピーチコンテスト教室大会の出場者決定!

2016-07-20 08:06:39 | 英語教室

 7月5日~11日、「全国ジュニア英語スピーチコンテスト」LL日進駅前教室大会の出場者を決めるため、P1(小3)~中学生の該当クラスで、「クラス大会」を実施しました。大勢の皆さんが緊張しながらも暗記で発表すること出来ました。教室大会の当日、都合で参加が出来ないのに、しっかりと暗記で発表してくれた皆さんもいました!

 素晴らしかったです

本番と練習とは違います

 クラス大会では、「覚えたはずなのに、クラスのみんなの前では緊張してことばがスラスラと出てこなかった・・・という皆さんもいます。

 本番は、1人で練習しているのとは違います。教室大会では、ホールという大きな会場である上に、クラス大会よりも遥かに多くの人が目の前にいます(@_@)。出場者、ご家族の皆さん、運営スタッフを合計すると、150人以上です。

「本番では、緊張なんかしないよ!」とは言いません。緊張すると思います。

 だから、とにかく、沢山練習をしてください!どんなに頭の中がまっ白になっても、何も考えなくても、英語が口から出て来る位に練習をするのです。

 100%覚えた!で満足していてはいけません。300%以上は覚えて練習をして下さい。「もう飽きた!」なんて言ってはいけません。そんなことを通り越して、自分とスピーチが一体化する位に、何十回どころか、何百回、たぶん千回以上、数えることが出来ない位に練習するのです。

 そうすると練習が自信に繋がり、緊張が恐くなくなります。そして、それくらい沢山練習をするから上達するのです。さらに、本番では練習では分からないことを経験します。例えば、会場の独得の空気感、お客さんの表情&反応などです。そのように本番を重ねている生徒は、発音だけではなく、観客に語りかける表現力も上達して行きます。

 練習だけで終わるのと、本番に出るのとでは、大きく異なります。だからこそ、本番に出ることに、大きな意味があります

少し上のことをやり続けて下さい

 教室大会で発表することは、簡単ではありません。かといって、決して「“小学生史上初”のことをやろう!」と言っている訳ではありません。今まで大勢の皆さんがチャレンジしてきたことです。

 当教室では、極端に高い目標を設定している訳ではありません。やるべきことをやり続ければ、誰でも手の届きそうな身近な目標です。しかし、3年、5年、10年とやり続けていれば、自分では信じられない位のところにたどり着くことが出来ると思います。

自分のことは分からない

 相手の顔に泥が付いているのはすぐに分かりますが、自分の顔が汚れているのは、鏡を見るまでは気が付かないものです。それと同じ事がスピーチにも言うことが出来ます。

 他の人が正確ではない発音をしていたり、言い方が間違っているのは気が付いていても、実は自分も「正しく言えていない」ということがあるはずです。自分では「言ってるつもり」になっているのです。

 そのため、自分の英語を録音してみることをお勧めします。(スマホや携帯でも録音できます。)録画してみるとさらに良いです。自分では気が付かない間違いや改善点を発見することが出来ます。(録画もスマホや携帯が使えます。)

感謝の気持ち

 スピコン教室大会は、教室の全員が参加する訳ではありません。出場しない(出来ない)皆さんがいないと、人数が多すぎて大会を実施することが出来ません。また、出場者の個人練習のために、先生が使う時間と労力にも明らかな差があります。そのために、毎年出場する皆さんに伝えて来ました。

 『出場する皆さんは、出場しない又は出来ない皆さんから、ある意味「時間を頂いている」ということを心に留めておいて下さい!そして、与えられた機会に感謝する気持ちを忘れないでいて下さいね

 今回のスピコン教室大会に出場しない(出来ない)皆さんは、引け目に感じなくても良いですよ。今回練習をしたことは無駄にはなりませんので、これからも楽しみながら英語の学習を続けて下さいね

“あこがれの存在”になって下さい

 教室大会で、上級生のスピーチを見て、「あんなスピーチが出来たらなあとあこがれた皆さんは多いはずです。

 高学年や中学生の皆さん!今度は、自分が後輩の“あこがれの存在”になるような発表を目指して下さい

 そうすることが、皆さん自身の未来にも繋がっています

参加する皆さん!

 先生達は、皆さんがのびのびとした発表をしてくれることを楽しみにしています そして、英語だけはなく、人としても大きく成長してくれることを願っています

(水野克哉)

<追伸その1>

 2016年度「全国ジュニア英語スピーキングテスト」LL日進駅前教室大会は、9月11日に東郷町民会館ホールで実施されます。

<追伸その2>
関連事項は以下のクリック

「スピーチコンテストと英検の目的」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/e3e3da6568a46e8d7d6e333fece910c0

「LL日進駅前教室の年間行事」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/4c3b4eac12360692c071b530f505fdd4

 


この記事をはてなブックマークに追加

Hello! 北島です。

2016-07-19 13:03:48 | 英語教室

 先日、能登にある塩田村へ見学に行ってきました。江戸時代以前より続く揚げ浜式塩田法で塩を製造している所で、塩作りの歴史と伝統を再発見し、継承するために造られた施設だそうです。

 機械を使わず、人の手と太陽と風の力で海水から塩を作るのですが、見学しているだけでもめまいがしそうな作業工程でした。特に最終工程の窯炊き(かん水を17時間、薪で炊き続ける)が行われる小屋は、暑くて暑くて5分といられません。

 私たちが生きていく上で必要な塩を、昔の人々はたいへんな思いをして作っていたんですね。その塩を使ったおにぎり(具は無し)を食べたのですが、これがまた、本当に美味しいんです。

 自分の食べている物と生産者が繋がることができれば、もっともっと感謝の気持ちがわいてきて、ごみ箱にポイということも減ってくるかもしれませんね。

 塩田村で購入した塩を大事に使っています。「いただきます」「ごちそうさま」の気持ちを忘れないでいきたいと思います。

(北島みち江)


この記事をはてなブックマークに追加

スピーチコンテストと英検の目的

2016-06-22 02:39:39 | 英語教室

 教室では、スピーチコンテストと英検には力を入れています。

 その目的は、コンテストで“順位を付けること”、英検に“合格すること”ではありません。「将来にも役に立つ英語力を身に付けること」です。

 但し、英語だけ出来ても何の役にも立ちません。教室では、生徒の皆さんが、スピーチコンテストや英検に挑戦することを通じて、人としても大きく成長してくれることを願っています。

 先生たちは、皆さんが今だけではなく、将来も笑顔で過ごすことが出来るように、GAMBARI MASU.

(水野克哉)

<追伸>
関連事項は以下のクリック

「スピーチコンテストを行う目的」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/284c7ff9412c8d1d44ffc1d5e1833ef4

「英語で発信-未来のために」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/6f9f6663cad1e823cbdc7ce6bd74d628

 


この記事をはてなブックマークに追加

Hello! 三品です。

2016-06-21 08:03:47 | 英語教室

 以前、知人のオーストラリア人と以下のような話をしたことがあります。

 「日本人は、相手に対して気にしないでの意味で、Don't mind. ってよく言うけど、どうしてなのかな。間違っているよ。」

 「前に、聞いたことがあるわ。確かNever mind. とは言えるのよね。他にも正しい言い方あると思うけど。日本では、スポーツの応援とかで、ミスした人に対して気にしないでの意味でドンマイって言うことがよくあるの。だから、英語の時もDon't mind. って言ってしまうのよ。」

 「なるほど、よくわかったよ。」

 昨年度担当していた中3クラスでは、この内容についてお話した覚えがあります。初耳の人は、この会話から外国語を学ぶ時に注意すること、意識することを自分自身で見つけてみてください。

 もちろんLLの授業で自由に話をする時は、間違いを“気にしないで”、英語で会話しましょう

(三品律子)


この記事をはてなブックマークに追加

英検2級のライティングテスト

2016-05-21 08:06:39 | 英語教室

 2016年度第1回より、英検がリニューアルされます。その変更点の1つに、英検2級の1次試験にライティングテストの導入されることがあります。

 受験者は、日頃の生活や学習を通じて身に付けた知識の活用を求められます。そして、与えられたトピックに対して、意見とその裏付けとなる理由を適切な語彙と文法を使用しながら英文で論述する能力が試されます。

 そして、以下の4つの観点に基づく「観点別採点」が導入されます。

内容・・・課題で求められている内容が含まれているか?

構成・・・英文の構成や流れが分かりやすく論理的であるか?

語彙・・・課題に相応しい語彙を正しく使えているか?

文法・・・文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか?

著作権の関係で、サンプル問題は、ここに掲載することは出来ません。

 具体的にどのような問題で試験が行われるのかは、以下の公益財団法人 日本英語検定協会のホームページをご参照下さい。
   http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/

英検ライティング試験の対策

 以下のMIZUNO Katsuyaブログをご一読下さい。
  http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/9f3f952e405804320bc88635b3dcc265

(水野克哉)


この記事をはてなブックマークに追加

Hello!! 浅野です。

2016-05-20 07:10:08 | 英語教室

 あるバイオリニスト話です。そのバイオリニストは、幼くして素晴らしい技術・表現力に恵まれ、有名な交響楽団との演奏会を度々行い、『天才』『神童』の名を欲しいままにしていました。…が、20歳近くなると演奏技術が格段に落ちてしまいました。その頃の演奏は、バイオリンの音がガチガチで、速いパートになると旋律がもつれて、大変聞き苦しいのです。なぜそうなったのでしょう?

 彼はバイオリンの基礎練習を全くやっていなかったのです( ゜Д゜) 普通のバイオリニストなら、子供の時や習い始めに、指や手、腕を駆使するこの退屈な基礎練習を頑張って続けるそうですが、そんなことをしなくても、子供の頃の彼は、すごい演奏が出来てしまったのです。が、大人になるにつれて、普通の人と同じく、身体が固くなり、手指が動かなくなってしまったのです。

 「CD聞きましょう」「教科書のターゲットセンテンス、読む練習しましょう」LL教室で繰返し言われていることですね。「もう聞き取れるよ~」「ターゲット覚えたよ~、多分」と思わず、「英語の基礎練習徹底!」と思って、楽しみながら、繰り返しましょう!高校・大学と、学習内容が濃く・難しくなるほど、この基礎練習が活きてきますよ(^-^)◎。

 因みにバイオリンの基礎練習は、プロになっても、プロだからこそ、怠らないバイオリニストがほとんどだそうです。体操選手の柔軟体操のようなものでしょうか?
その後、そのバイオリニストはどうなったでしょう…?

 続きはweb で‼ 興味のある人は、LL日進駅前教室ブログにアクセス&チェックしてくださいね(^◇^)

―続き=教室NEWSに載せていない部分です―

 バイオリ二ストの名前はユーディ・メニューイン。基礎練習をしないまま、身体の成長が止まった、取り返しの使いないことになった、と気づいたメニューインは、食餌療法・ヨガ・アレクサンダー療法、と様々なセラピーをしながら、諦めずに基礎練習を繰り返し、見事に世界的バイオリニストに返り咲きました。返り咲いてからの彼の演奏は、それまで以上に素晴らしいものでした。しかも、自分の失敗を皆に繰返させないために、と、自分の体得した練習方法を体系化し『メニューインメソッド』と名付け、新しいバイオリン練習法として、広く世に知らしめました。

 「基礎練習の徹底」「諦めない!」「皆に自分と同じ失敗をさせない」メニューインというバイオリニストの一生には、見習いたいことがたくさんあります。更にメニューインは人道主義者としても知られています。第二次世界大戦という困難な時代を、体制や権力にこびることなく、自分の信じた道を突き進み、若手音楽家を育てるために音楽学校を設立したり、心身ともに苦難の中にある音楽家仲間を積極的に援助したり、と活躍の場は、生涯、自分の演奏だけにとどまりませんでした。素晴らしいですね(*^_^*) 

 今回メニューインについて調べるうちに『アレクサンダー療法』と再会し、現在、研究?・授業にて実践中です。うまくいきますように(^-^)

(浅野人映)


 


この記事をはてなブックマークに追加

英検のスピーキング&面接試験について

2016-05-14 03:19:39 | 英語教室

 2016年度から英検4&5級にスピーキングテストが導入されます。そこで、3級以上の面接試験との違いについてまとめてみます。

受験対象

英検3級以上・・・・1次試験(筆記試験)合格者

英検4級~5級・・・1次試験の合否に関係なく、申込者全員

受験方式

英検3級以上・・・・面接委員の先生との対面式

英検4級~5級・・・自宅や学校などで、パソコン・スマートフォン・タブレットなどを使用した録音方式

受験会場

英検3級以上・・・・英検協会が指定する会場(大学・高校・専門学校など)

英検4級~5級・・・自宅や学校など、インターネット環境の整った場所ならどこでも受験可能(LL日進駅前教室に通う皆さんの場合は、自宅での受験となります。)

受験日

英検3級以上・・・・年3回(英検協会が指定する日)

英検4級~5級・・・受験日の指定はなく、2次試験日から1年以内ならばいつでも受験可能(受験出来る回数は申込回次ごとに1回)

級認定

英検3級以上・・・・1次と2次の両方に合格した受験者に与えられる。

英検4級~5級・・・1次試験(リーディング・リスニング)の結果のみで判定。スピーキングテストは級認定とは別に「4級or5級スピーキングテスト合格」として判定。

成績結果の提供方法

英検3級以上・・・・ウェブサイトでの閲覧および郵送による提供

英検4級~5級・・・ウェブサイトによる閲覧(ダウンロード可能)

成績表の内容

英検3級以上・・・・合否/英検CSEスコア/英検バンド

英検4級~5級・・・合否(スピーキングのみ)/英検CSEスコア/英検バンド

試験内容

英文の黙読と音読=3級以上の面接試験も5&4級スピーキング試験も同様。

質問&応答=英文の黙読音読の後に課される。

5級スピーキング試験・・・合計3問:以下がその内訳
  英文についての質問=2題
  受験者自身のことなど=1題
  *問題カードには、イラスト(1つの絵)もある。

4級スピーキング試験・・・合計4問:以下がその内訳
  英文についての質問=2題
  イラスト(1つの絵)についての質問=1題
  受験者自身のことなど=1題

3級面接試験・・・合計5問:以下がその内訳
  英文についての質問=1題
  イラスト(1つの絵)についての質問=2題
  受験者自身のことなど=2題

準2級面接試験・・・合計5問:以下がその内訳
  英文についての質問=1題
  イラスト(2つの絵)についての質問=2題
  受験者自身の意見など=2題

2級面接試験・・・合計4問:以下がその内訳
  英文についての質問=1題
  イラスト(3コマの絵)についての質問=1題
  受験者自身の意見など=2題

態度(Attitude)3級以上の面接試験の場合、態度も採点されます。

 英語で積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度も採点の対象になります。(5&4級は、インターネットによる録音形式なので、態度の採点はありません。)

◎著作権の関係で、サンプル問題はここに掲載することは出来ません。

 具体的にどのような問題で試験が行われるのかは、以下の公益財団法人 日本英語検定協会のホームページをご参照下さい。
   http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/


スピーキング試験&面接試験の対策

 以下のMIZUNO Katsuyaブログをご一読下さい。
  http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/9f3f952e405804320bc88635b3dcc265

(水野克哉)


この記事をはてなブックマークに追加