STEP WORLD LL日進駅前教室

ステップワールドLL日進駅前教室:講師のブログ

スピーチコンテスト教室大会の出場者決定!

2016-07-20 08:06:39 | 英語教室

 7月5日~11日、「全国ジュニア英語スピーチコンテスト」LL日進駅前教室大会の出場者を決めるため、P1(小3)~中学生の該当クラスで、「クラス大会」を実施しました。大勢の皆さんが緊張しながらも暗記で発表すること出来ました。教室大会の当日、都合で参加が出来ないのに、しっかりと暗記で発表してくれた皆さんもいました!

 素晴らしかったです

本番と練習とは違います

 クラス大会では、「覚えたはずなのに、クラスのみんなの前では緊張してことばがスラスラと出てこなかった・・・という皆さんもいます。

 本番は、1人で練習しているのとは違います。教室大会では、ホールという大きな会場である上に、クラス大会よりも遥かに多くの人が目の前にいます(@_@)。出場者、ご家族の皆さん、運営スタッフを合計すると、150人以上です。

「本番では、緊張なんかしないよ!」とは言いません。緊張すると思います。

 だから、とにかく、沢山練習をしてください!どんなに頭の中がまっ白になっても、何も考えなくても、英語が口から出て来る位に練習をするのです。

 100%覚えた!で満足していてはいけません。300%以上は覚えて練習をして下さい。「もう飽きた!」なんて言ってはいけません。そんなことを通り越して、自分とスピーチが一体化する位に、何十回どころか、何百回、たぶん千回以上、数えることが出来ない位に練習するのです。

 そうすると練習が自信に繋がり、緊張が恐くなくなります。そして、それくらい沢山練習をするから上達するのです。さらに、本番では練習では分からないことを経験します。例えば、会場の独得の空気感、お客さんの表情&反応などです。そのように本番を重ねている生徒は、発音だけではなく、観客に語りかける表現力も上達して行きます。

 練習だけで終わるのと、本番に出るのとでは、大きく異なります。だからこそ、本番に出ることに、大きな意味があります

少し上のことをやり続けて下さい

 教室大会で発表することは、簡単ではありません。かといって、決して「“小学生史上初”のことをやろう!」と言っている訳ではありません。今まで大勢の皆さんがチャレンジしてきたことです。

 当教室では、極端に高い目標を設定している訳ではありません。やるべきことをやり続ければ、誰でも手の届きそうな身近な目標です。しかし、3年、5年、10年とやり続けていれば、自分では信じられない位のところにたどり着くことが出来ると思います。

自分のことは分からない

 相手の顔に泥が付いているのはすぐに分かりますが、自分の顔が汚れているのは、鏡を見るまでは気が付かないものです。それと同じ事がスピーチにも言うことが出来ます。

 他の人が正確ではない発音をしていたり、言い方が間違っているのは気が付いていても、実は自分も「正しく言えていない」ということがあるはずです。自分では「言ってるつもり」になっているのです。

 そのため、自分の英語を録音してみることをお勧めします。(スマホや携帯でも録音できます。)録画してみるとさらに良いです。自分では気が付かない間違いや改善点を発見することが出来ます。(録画もスマホや携帯が使えます。)

感謝の気持ち

 スピコン教室大会は、教室の全員が参加する訳ではありません。出場しない(出来ない)皆さんがいないと、人数が多すぎて大会を実施することが出来ません。また、出場者の個人練習のために、先生が使う時間と労力にも明らかな差があります。そのために、毎年出場する皆さんに伝えて来ました。

 『出場する皆さんは、出場しない又は出来ない皆さんから、ある意味「時間を頂いている」ということを心に留めておいて下さい!そして、与えられた機会に感謝する気持ちを忘れないでいて下さいね

 今回のスピコン教室大会に出場しない(出来ない)皆さんは、引け目に感じなくても良いですよ。今回練習をしたことは無駄にはなりませんので、これからも楽しみながら英語の学習を続けて下さいね

“あこがれの存在”になって下さい

 教室大会で、上級生のスピーチを見て、「あんなスピーチが出来たらなあとあこがれた皆さんは多いはずです。

 高学年や中学生の皆さん!今度は、自分が後輩の“あこがれの存在”になるような発表を目指して下さい

 そうすることが、皆さん自身の未来にも繋がっています

参加する皆さん!

 先生達は、皆さんがのびのびとした発表をしてくれることを楽しみにしています そして、英語だけはなく、人としても大きく成長してくれることを願っています

(水野克哉)

<追伸その1>

 2016年度「全国ジュニア英語スピーキングテスト」LL日進駅前教室大会は、9月11日に東郷町民会館ホールで実施されます。

<追伸その2>
関連事項は以下のクリック

「スピーチコンテストと英検の目的」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/e3e3da6568a46e8d7d6e333fece910c0

「LL日進駅前教室の年間行事」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/4c3b4eac12360692c071b530f505fdd4

 


この記事をはてなブックマークに追加

Hello! 北島です。

2016-07-19 13:03:48 | 英語教室

 先日、能登にある塩田村へ見学に行ってきました。江戸時代以前より続く揚げ浜式塩田法で塩を製造している所で、塩作りの歴史と伝統を再発見し、継承するために造られた施設だそうです。

 機械を使わず、人の手と太陽と風の力で海水から塩を作るのですが、見学しているだけでもめまいがしそうな作業工程でした。特に最終工程の窯炊き(かん水を17時間、薪で炊き続ける)が行われる小屋は、暑くて暑くて5分といられません。

 私たちが生きていく上で必要な塩を、昔の人々はたいへんな思いをして作っていたんですね。その塩を使ったおにぎり(具は無し)を食べたのですが、これがまた、本当に美味しいんです。

 自分の食べている物と生産者が繋がることができれば、もっともっと感謝の気持ちがわいてきて、ごみ箱にポイということも減ってくるかもしれませんね。

 塩田村で購入した塩を大事に使っています。「いただきます」「ごちそうさま」の気持ちを忘れないでいきたいと思います。

(北島みち江)


この記事をはてなブックマークに追加

スピーチコンテストと英検の目的

2016-06-22 02:39:39 | 英語教室

 教室では、スピーチコンテストと英検には力を入れています。

 その目的は、コンテストで“順位を付けること”、英検に“合格すること”ではありません。「将来にも役に立つ英語力を身に付けること」です。

 但し、英語だけ出来ても何の役にも立ちません。教室では、生徒の皆さんが、スピーチコンテストや英検に挑戦することを通じて、人としても大きく成長してくれることを願っています。

 先生たちは、皆さんが今だけではなく、将来も笑顔で過ごすことが出来るように、GAMBARI MASU.

(水野克哉)

<追伸>
関連事項は以下のクリック

「スピーチコンテストを行う目的」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/284c7ff9412c8d1d44ffc1d5e1833ef4

「英語で発信-未来のために」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/6f9f6663cad1e823cbdc7ce6bd74d628

 


この記事をはてなブックマークに追加

Hello! 三品です。

2016-06-21 08:03:47 | 英語教室

 以前、知人のオーストラリア人と以下のような話をしたことがあります。

 「日本人は、相手に対して気にしないでの意味で、Don't mind. ってよく言うけど、どうしてなのかな。間違っているよ。」

 「前に、聞いたことがあるわ。確かNever mind. とは言えるのよね。他にも正しい言い方あると思うけど。日本では、スポーツの応援とかで、ミスした人に対して気にしないでの意味でドンマイって言うことがよくあるの。だから、英語の時もDon't mind. って言ってしまうのよ。」

 「なるほど、よくわかったよ。」

 昨年度担当していた中3クラスでは、この内容についてお話した覚えがあります。初耳の人は、この会話から外国語を学ぶ時に注意すること、意識することを自分自身で見つけてみてください。

 もちろんLLの授業で自由に話をする時は、間違いを“気にしないで”、英語で会話しましょう

(三品律子)


この記事をはてなブックマークに追加

英検2級のライティングテスト

2016-05-21 08:06:39 | 英語教室

 2016年度第1回より、英検がリニューアルされます。その変更点の1つに、英検2級の1次試験にライティングテストの導入されることがあります。

 受験者は、日頃の生活や学習を通じて身に付けた知識の活用を求められます。そして、与えられたトピックに対して、意見とその裏付けとなる理由を適切な語彙と文法を使用しながら英文で論述する能力が試されます。

 そして、以下の4つの観点に基づく「観点別採点」が導入されます。

内容・・・課題で求められている内容が含まれているか?

構成・・・英文の構成や流れが分かりやすく論理的であるか?

語彙・・・課題に相応しい語彙を正しく使えているか?

文法・・・文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか?

著作権の関係で、サンプル問題は、ここに掲載することは出来ません。

 具体的にどのような問題で試験が行われるのかは、以下の公益財団法人 日本英語検定協会のホームページをご参照下さい。
   http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/

英検ライティング試験の対策

 以下のMIZUNO Katsuyaブログをご一読下さい。
  http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/9f3f952e405804320bc88635b3dcc265

(水野克哉)


この記事をはてなブックマークに追加

Hello!! 浅野です。

2016-05-20 07:10:08 | 英語教室

 あるバイオリニスト話です。そのバイオリニストは、幼くして素晴らしい技術・表現力に恵まれ、有名な交響楽団との演奏会を度々行い、『天才』『神童』の名を欲しいままにしていました。…が、20歳近くなると演奏技術が格段に落ちてしまいました。その頃の演奏は、バイオリンの音がガチガチで、速いパートになると旋律がもつれて、大変聞き苦しいのです。なぜそうなったのでしょう?

 彼はバイオリンの基礎練習を全くやっていなかったのです( ゜Д゜) 普通のバイオリニストなら、子供の時や習い始めに、指や手、腕を駆使するこの退屈な基礎練習を頑張って続けるそうですが、そんなことをしなくても、子供の頃の彼は、すごい演奏が出来てしまったのです。が、大人になるにつれて、普通の人と同じく、身体が固くなり、手指が動かなくなってしまったのです。

 「CD聞きましょう」「教科書のターゲットセンテンス、読む練習しましょう」LL教室で繰返し言われていることですね。「もう聞き取れるよ~」「ターゲット覚えたよ~、多分」と思わず、「英語の基礎練習徹底!」と思って、楽しみながら、繰り返しましょう!高校・大学と、学習内容が濃く・難しくなるほど、この基礎練習が活きてきますよ(^-^)◎。

 因みにバイオリンの基礎練習は、プロになっても、プロだからこそ、怠らないバイオリニストがほとんどだそうです。体操選手の柔軟体操のようなものでしょうか?
その後、そのバイオリニストはどうなったでしょう…?

 続きはweb で‼ 興味のある人は、LL日進駅前教室ブログにアクセス&チェックしてくださいね(^◇^)

―続き=教室NEWSに載せていない部分です―

 バイオリ二ストの名前はユーディ・メニューイン。基礎練習をしないまま、身体の成長が止まった、取り返しの使いないことになった、と気づいたメニューインは、食餌療法・ヨガ・アレクサンダー療法、と様々なセラピーをしながら、諦めずに基礎練習を繰り返し、見事に世界的バイオリニストに返り咲きました。返り咲いてからの彼の演奏は、それまで以上に素晴らしいものでした。しかも、自分の失敗を皆に繰返させないために、と、自分の体得した練習方法を体系化し『メニューインメソッド』と名付け、新しいバイオリン練習法として、広く世に知らしめました。

 「基礎練習の徹底」「諦めない!」「皆に自分と同じ失敗をさせない」メニューインというバイオリニストの一生には、見習いたいことがたくさんあります。更にメニューインは人道主義者としても知られています。第二次世界大戦という困難な時代を、体制や権力にこびることなく、自分の信じた道を突き進み、若手音楽家を育てるために音楽学校を設立したり、心身ともに苦難の中にある音楽家仲間を積極的に援助したり、と活躍の場は、生涯、自分の演奏だけにとどまりませんでした。素晴らしいですね(*^_^*) 

 今回メニューインについて調べるうちに『アレクサンダー療法』と再会し、現在、研究?・授業にて実践中です。うまくいきますように(^-^)

(浅野人映)


 


この記事をはてなブックマークに追加

英検のスピーキング&面接試験について

2016-05-14 03:19:39 | 英語教室

 2016年度から英検4&5級にスピーキングテストが導入されます。そこで、3級以上の面接試験との違いについてまとめてみます。

受験対象

英検3級以上・・・・1次試験(筆記試験)合格者

英検4級~5級・・・1次試験の合否に関係なく、申込者全員

受験方式

英検3級以上・・・・面接委員の先生との対面式

英検4級~5級・・・自宅や学校などで、パソコン・スマートフォン・タブレットなどを使用した録音方式

受験会場

英検3級以上・・・・英検協会が指定する会場(大学・高校・専門学校など)

英検4級~5級・・・自宅や学校など、インターネット環境の整った場所ならどこでも受験可能(LL日進駅前教室に通う皆さんの場合は、自宅での受験となります。)

受験日

英検3級以上・・・・年3回(英検協会が指定する日)

英検4級~5級・・・受験日の指定はなく、2次試験日から1年以内ならばいつでも受験可能(受験出来る回数は申込回次ごとに1回)

級認定

英検3級以上・・・・1次と2次の両方に合格した受験者に与えられる。

英検4級~5級・・・1次試験(リーディング・リスニング)の結果のみで判定。スピーキングテストは級認定とは別に「4級or5級スピーキングテスト合格」として判定。

成績結果の提供方法

英検3級以上・・・・ウェブサイトでの閲覧および郵送による提供

英検4級~5級・・・ウェブサイトによる閲覧(ダウンロード可能)

成績表の内容

英検3級以上・・・・合否/英検CSEスコア/英検バンド

英検4級~5級・・・合否(スピーキングのみ)/英検CSEスコア/英検バンド

試験内容

英文の黙読と音読=3級以上の面接試験も5&4級スピーキング試験も同様。

質問&応答=英文の黙読音読の後に課される。

5級スピーキング試験・・・合計3問:以下がその内訳
  英文についての質問=2題
  受験者自身のことなど=1題
  *問題カードには、イラスト(1つの絵)もある。

4級スピーキング試験・・・合計4問:以下がその内訳
  英文についての質問=2題
  イラスト(1つの絵)についての質問=1題
  受験者自身のことなど=1題

3級面接試験・・・合計5問:以下がその内訳
  英文についての質問=1題
  イラスト(1つの絵)についての質問=2題
  受験者自身のことなど=2題

準2級面接試験・・・合計5問:以下がその内訳
  英文についての質問=1題
  イラスト(2つの絵)についての質問=2題
  受験者自身の意見など=2題

2級面接試験・・・合計4問:以下がその内訳
  英文についての質問=1題
  イラスト(3コマの絵)についての質問=1題
  受験者自身の意見など=2題

態度(Attitude)3級以上の面接試験の場合、態度も採点されます。

 英語で積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度も採点の対象になります。(5&4級は、インターネットによる録音形式なので、態度の採点はありません。)

◎著作権の関係で、サンプル問題はここに掲載することは出来ません。

 具体的にどのような問題で試験が行われるのかは、以下の公益財団法人 日本英語検定協会のホームページをご参照下さい。
   http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/


スピーキング試験&面接試験の対策

 以下のMIZUNO Katsuyaブログをご一読下さい。
  http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/9f3f952e405804320bc88635b3dcc265

(水野克哉)


この記事をはてなブックマークに追加

LL日進駅前教室の年間行事

2016-04-17 03:09:39 | 英語教室

 LL日進駅前教室では、英検とスピーチコンテストに、楽しみながら積極的にチャレンジしています。それらは、定期試験や高校&大学入試だけではなく、将来にも役に立つコミュニケーションのための英語力を付けるために、非常に有効な手段です。

スピーチコンテスト

大勢の人がいる大きな会場で発表できる、まさに晴れ舞台です

正式名称=「全国ジュニア英語スピーチコンテスト」

主催:一般財団法人 日本LL教育センター
後援:株式会社 旺文社、公益財団法人 日本英語検定協会、一般財団法人 日本生涯学習総合研究所
協賛:学校法人 佐野学園 神田外語学院

英検を行っている英検協会にも後援して頂いています

発表内容

 ブロック大会・全国大会では、小学生=課題文(3-4分弱・約260-300単語)、中学生=オリジナルの英語スピーチ(4分以内・約370-420単語程度)を暗唱で発表しますが、

LL日進駅前教室の教室大会では、以下のようになります。

<コンテストの部>

 P1クラス=小3以上~中学生が対象で、英語の物語を1人で発表(暗唱)します。(P1クラスは、英語チャンツ[=歌のようにリズムのある簡単な英語の話]を発表します。)
 教室大会では、出来るだけ多くの皆さんが参加することが出来るように、ブロック大会よりも短く、1-2分30秒・100-170単語程度です。

<クラス発表の部>

 G1&2(小1&2)クラスは、個人でのコンテストではなく、クラス全員で英語の歌を歌った後、1人ずつ簡単な自己紹介をします。

(Mame[幼児]クラスの皆さんは、是非ともお兄さん&お姉さんの発表をご参観下さい。)

練習日程

6月・・・小中各クラス全員で練習開始。

7月上旬・・・コンテストの部(小3以上)の場合、各クラスで「クラス大会」。暗記が前提で、教室大会出場者を決定。

7月20日頃~9月教室大会まで・・・コンテストの部の場合、教室大会出場者に対する個人練習。クラス発表の部の場合、6月から教室大会まで継続してクラス全員(一部ソロ)で練習。

LL日進駅前教室大会の日程&場所
 2016年度の場合は、以下のようになります。

 実施日=9月11日(日)午後

 場所=東郷町民会館ホール

600人規模のホールです。こんなに大きなホールで教室大会を単独開催している例は、全国でも多くはありません。中日本ブロック大会や全国大会よりも大きな会場です。大きな舞台での経験は、ドキドキですが、とても貴重な経験になります

<教室大会後の日程>

2016年12月18日(日)中日本ブロック大会・・・とてもレベルが高いです

2017年2月5日(日)全国決勝大会・・・あこがれの舞台です

スピーチコンテストを行う目的

 以下をご参照下さい。
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/284c7ff9412c8d1d44ffc1d5e1833ef4

*スピーチコンテストに関することは、以下をご参照下さい。

「LL日進駅前教室の全国ジュニア英語スピーチコンテスト:過去の結果」
http://llnisshin.com/eleven.htm

「2015年度スピーチコンテスト全国大会を終えて」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/58793797beda518330a02d211843cfa5

「2015年度スピーチコンテスト全国大会」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/b4dc26ebcca03a3652abb82cb3495966

「2015年スピコン中日本ブロック大会を終えて」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/05f6a3b3bbd39c2116a3051c6ae98bcd

「2015年スピーチコンテスト中日本ブロック大会の結果」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/637c7805d9f0d4235aabac1f1225c7db

「スピーチコンテスト教室大会を終えて」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/f5c8fa1014034b3d9caa9ff8298dba4f

「スピーチコンテスト教室大会が終わりました。」
 http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/54d85b3cdbab63973076695903a41492

「スピコン教室大会の出場者が決まりました!」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/28576c34ee9782f1ce9e04cdcfacb1cf

英検

教室の皆さんは、積極的にチャレンジしています

正式名称=「実用英語技能検定試験」

公益財団法人 日本英語検定協会の試験で、文部科学省が後援しています。

実施日程・場所
 2016年度の場合は、以下のようになります。

<実施日>
 6月12日(日) 第1回英検一次試験
 7月10日(日) 第1回英検二次試験
10月 9 日(日)  第2回英検一次試験
11月 6 日(日)  第2回英検二次試験
 1月22日(日) 第3回英検一次試験
 2月19日(日)  第3回英検二次試験

<場所>
 一次試験=LL日進駅前教室は準会場に指定されていますので、いつもの教室で受験可能です。
(但し、準1級と1級は英検協会が指定する公開会会場のみでの受験可能。)

 二次試験=英検協会が指定する公開会場で受験。

英検Jr.

楽しみながらチャレンジすることが出来ます

英検Jr.とは?

 英検ジュニアのことです。2014年度までは、児童英検という名称でした。「実用英語技能検定試験」を行っている公益財団法人 日本英語検定協会の試験です。

 リスニング問題が中心で、文字はほとんどありません(特にBRONZEの場合)。そして、通常の英検のような「合格・不合格」がありませんので、楽しみながら受けることが出来る育成型テストです。そのため、英語の学習の初心者を含めて、同じ級を誰でも何度でも受験をすることが出来ます。

実施日程・場所
 2016年度の場合は、当教室では以下のようになります。

 6月25日(土) 第1回英検ジュニア・・・LL日進駅前教室で受験可
11月12日(土) 第2回英検ジュニア・・・LL日進駅前教室で受験可

*2月に第3回もありますが、日程の都合上、当教室では実施していません。

オンライン版 英検Jr.

 教室で設定する[会場版]英検Jr.に日程が合わない皆さんは、[オンライン版]英検Jr.を受験することができます。これは、ご自宅のパソコンを使って受験するテストです。

 なお、教室の学習以外に、英検Jr.を受験するしないに関わらず、自主的に学習したいという皆さんは、[オンライン版]ラーニング(ドリル&ゲーム)があります。マウスを使った簡単な操作で、ゲーム感覚で楽しく学習することが出来ます。

LL日進駅前教室での英検の取り組み

*LL日進駅前教室の英検の合格者数は、以下をご参照下さい。
  http://llnisshin.com/eiken.htm

*LL日進駅前教室の英検についての考え方は、以下をご参照下さい。

「英検に合格してもまた同じ級にチャレンジ!」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/72ecbad5b414018b43494e236b10ba51

「英検が変わります!その2」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/04a30ab51863c587531e342185bdc202

「英検が変わります!」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/fb82b4bb7ef00423f29d77efde58cb32

「第2回英検一次試験の結果発表」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/f154f330dbabeee2dad581f50ea87d5b

「英検や定期テスト&入試に役立つこと」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/7ad07fdae5d17a5724150363223ae048

その他の予定については、以下をご参照下さい。
http://llnisshin.com/schedule.htm

(水野克哉)


この記事をはてなブックマークに追加

Hello!! 榛葉です(^o^)

2016-04-15 08:39:30 | 英語教室

 先日、大河ドラマ井伊直虎のロケ地予定であるお寺を拝観して来ました。広大な敷地で、緑深い厳かな場所でした。
 
 お寺には外国からの来訪者も何人かいらっしゃいまして、家紋のモチーフや戦国時代の装飾品などを楽しそうに見てみえました。

 日本の戦国時代に特に興味がある海外の方は多いです。私自身、日本の歴史にあまり詳しくなく、お寺で初めて知る井伊家の歴史もたくさんありました。
 
    日本人として、日本の歴史や文化に関心を持ち、海外の方たちにもきちんと説明できるようにするべきだと、つくづく感じました。

(榛葉永美花)


この記事をはてなブックマークに追加

CD/DVD学習のコツ

2016-03-26 02:19:39 | 英語教室

 教室では、毎日5~10分でもよいので、CD・DVD学習(DVDは低学年のみ)をするように指導しています。こうした音声学習は、「聞く」「話す」という音声面で効果があるのはもちろんですが、「読む」「書く」という文字面にも良い影響があります。

 CD・DVD学習は、「がんばる!」という“根性論”だけでは、長続きしません。楽しみながら続けるためのコツがあります。

 具体的なコツは、2015年3月27日のブログをご参照下さい。(以下をクリックして下さい。)

「CD/DVD学習を続けよう!」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/3fd57194d69f90fdd8e9510885215146

(水野克哉)


この記事をはてなブックマークに追加

Hello! 大脇です。

2016-03-24 08:45:45 | 英語教室

 少し前に韓国出身の大学生が、宅に来ました。
 
 近くの大学の理工学部に留学しています。普段ほとんど日本語を使っていますが、少し難しい内容を伝える時には、英語を話したり、書いたりします。日本語、英語とも流暢です。
 
 ちょうど雛祭りの時期で、女児の健やかな成長を願う行事と伝えましたが、さらに詳しくその由来や精神性に言及され、日本人でありながら知らないことに気付かされました。
 
 彼と話し、まず母国語でしっかり考え正しく伝えられることの大切さを、痛感しました。

(大脇葉子)


この記事をはてなブックマークに追加

2015年度スピーチコンテスト全国大会

2016-02-15 00:59:39 | 英語教室

 2016年2月7日、千代田区立内幸町ホール(東京)でスピーチコンテスト全国大会が実施されました。当教室から出場した2人は、以下のような結果になりました。

                        小6男子くん 小学生の部  入賞=優秀賞

                        中1女子さん 中学生の部  入賞=優秀賞                                    

 今回は、2人の感想と私(水野)のコメントをご紹介します。
                                     
Met(小6男子)くんの感想

 僕は、今回で2回目の全国大会に参加することができました。去年と同じく、緊張していましたが、来賓の方の最初のお話で、「この場にいること自体が、素晴らしいことです」と聞いた時、少し気持ちが楽になった気がしました。上手くできるだろうか、という不安よりも、中日本の代表として自信を持ってやってやろうと思ったからです。

 又、皆んなの想いを、ポケットに入れて本番に臨みました。そのせいか、練習のように落ち着いてスピーチすることができました。

 結果は、優秀賞を受賞し、本当に嬉しかったです。この受賞は、指導して頂いた先生や、応援してくれた皆んな、家族のおかげと感謝しています。ありがとうございました。この気持ちを忘れず、これからも頑張っていこうと思います。

S.F.(中1女子)さん感想

 今回の大会は私にとっての2回目の参加で、また中学生になってから初めての参加でもありました。先生方がいつもおっしゃっているように、誰かの犠牲があるからこそ出させていただいているということを意識して大会にのぞみました。

 発表前は小5の時に出た全国大会で聞いた中学生たちが流暢にスピーチしていたのを思い出して、先輩たちのように上手くできるかどうか心配でした。今回は私が中学生の一番手で、すこし緊張しましたが、小5の時よりも落ち着いてスピーチをすることができて良かったです。

 自分のスピーチを終わらせてからは、他の出場者の方たちのスピーチを聞くことができ、とても良い勉強になりました。入賞者発表の時、名前が呼ばれた時はとても嬉しかったです。そして、優秀賞を頂きました。

 私にはまだ中3まであと2回のチャンスがあります。いつも表現が足りないとご指摘を受けているので、来年もし参加できたら、今回よりもっと良いスピーチができるようにしたいです。最後に、これまで支えてくださったみなさん、先生方、ありがとうございました。

<水野からのコメント>

 全国大会に出場するだけでも簡単な事ではないのに、今年度は、小学生と中学生が同時に出場する機会を与えて頂きました。そして、2人とも入賞するとは、本当にすばらしいことです

 小6男子くんは、小5の時に引き続き、2回目の全国大会出場でした。そして、表現力も発音も、本当に良かったです!今の段階で自分が出来る最高の発表をしてくれたと思います。

 12月20日に中日本ブロック大会が終わってから、さらに練習を進めてきましたが、正直なところ練習の段階で、昨年よりも確実に上達しているということは感じていました。しかし、全国大会のレベルは非常に高いです。簡単に入賞することが出来る訳ではありません。

 そこで、小6男子くんには、全国大会前から「賞のことは考えずに、無欲で発表しよう。今回の課題文"The Straw Millionaire"(わらしべ長者)の元にあるのは、無欲だよね。そして、自分の出来る最高の発表を目指そう。それが出来れば目標達成だよ。そして、どんな結果が出ても、それが一番良い結果だからね。」と伝えていました。その意味で、今年は幸いにも入賞はしましたが、もしも入賞はしていなくても、目標を達成したと思います。

 中1女子さんも、2回目の全国出場です。小5の時に初めて出場して、昨年は教室大会で優勝したものの、事情で中日本ブロック大会に出場するのを辞退したため、2年ぶりとなりました。そして、本番では、練習よりも遥かに良い発表をすることが出来ました。

 中学生の場合は、オリジナル原稿での発表ですので、最初に日本語作文を作る段階から、妥協をせずに何度も何度もアドバイスをして作り替えました。そして、中国と日本との文化的な違いと共に、「固定観念を持ってその国の人を見ないで!」と訴えました。これは、日本と中国だけではなく、世界中の人たちにも当てはまる内容で、反省しなければならない大切な問題です。

 大会前には、「全国大会の中学生はもの凄くレベルが高いので、とにかく賞のことは考えずに、スピーチの内容を皆さんに“伝えるという気持ちを持って本番に臨んで下さいね!」と話していました。そして、その目標を達成することが出来ましたね。

 最後に、2人に教室大会前から全国大会まで、常に伝えてきたことです。このことを忘れないように、“お守り”をポケットに入れて発表しました。

 「自分が大会に出場することを当たり前だと思ってはいけないよ。先生と一緒に練習をするということは、出場しない皆さんから、ある意味、時間を頂いているということにもなるんだよ。だから、与えられた機会に“感謝”する気持ちを忘れないでね!そして、多くの皆さんの様々な「想い」の頂点に立っているのだという事は、絶対に心に留めておいてね

(水野克哉)

<追伸その1>

◆大会終了後の審査員講評

 講評は、審査員の先生方を代表して、小学生の部について久埜百合先生(語学教育研究所参与)、中学生の部について高本裕迅先生(白百合女子大学教授)、全体の総括として大杉正明先生(清泉女子大学教授)よりお話いただきました。

 賞賛や労いの言葉とともに、これからのスピーチ練習に向けたアドバイスもいただきました。

************************************

小学生の部:久埜百合先生

「今日は小学生のみなさんに“小学生でもここまでできるんだよ”というところを見せていただきました。今日をまた新たなスタートとして、これからもいい素材のものを見つけて「読むこと」「聞くこと」をたくさん練習して、自分の力にしていってください。

中学生の部:高本裕迅先生

「私が中学生の時、何百回も大声でスピーチの練習をした結果、大会当日に声が出ず、入賞を逃したという苦い経験があります。しかしその時の悔しい経験があったからこそ、そのあともしつこく英語の勉強を続けてこられたんだと思います。

・・・スピーチにはいろいろなトピックがあり、審査員の個人的な好みがどうしても出てしまうものですが、それを乗り越えるためにどうしたらいいか?一つの例としてアメリカの大作家マークトウェインの例があります。彼は自分の講演の原稿を書くときあちこちの人に聞かせ、意見を聞くたび、25回も原稿を書きなおしたということです。

 みなさんもどうか自分の思う存分のことを書いたスピーチを周りの人に聞いて、意見を聞いて、自分のスピーチをどんどん磨いていってください。あとは寝ていても言葉がでるくらい練習するのみです。今日は楽しませていただいてありがとうございました。」

総括:大杉正明先生

「小学生の暗唱を聞いて、大変感動しました。皆さんほど発音がしっかりしている大学生は本当に少ないです。中学生のスピーチを聞いて驚きました。自分の伝えたいメッセージをしっかり持っていて、しかも英語も素晴らしい。そして、我々審査員は審査をするのに大変苦労しました。今日の皆さんの背後には数千数百名の仲間がいることを忘れないでください。

・・・英語学習の大きな2つの目的は、“相互通行”です。一つは相手についてよく知ること。もう一つは自分をよく知ってもらうこと。この二つの目的を忘れないように、誇りをもって進んでください。このスピーチ大会の練習はどんな言語を学習するのにも非常に優れた方法ですので、ぜひ続けていってほしいと願います。」

<追伸その2>
関連事項は以下のクリック

「LL日進駅前教室の全国ジュニア英語スピーチコンテストの過去の結果」
http://llnisshin.com/eleven.htm
「2015年度スピーチコンテスト全国大会を終えて」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/58793797beda518330a02d211843cfa5
「2015年スピコン中日本ブロック大会を終えて」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/05f6a3b3bbd39c2116a3051c6ae98bcd
「2015年スピーチコンテスト中日本ブロック大会の結果」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/637c7805d9f0d4235aabac1f1225c7db
「スピーチコンテスト教室大会を終えて」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/f5c8fa1014034b3d9caa9ff8298dba4f
「スピーチコンテスト教室大会が終わりました。」
 http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/54d85b3cdbab63973076695903a41492
「スピコン教室大会の出場者が決まりました!」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/28576c34ee9782f1ce9e04cdcfacb1cf
「スピーチコンテストを行う目的」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/284c7ff9412c8d1d44ffc1d5e1833ef4


この記事をはてなブックマークに追加

Hello! 北島です。

2016-02-12 14:33:48 | 英語教室

 最近、観光地へ行くとたくさんの海外からの観光客をみかけます。
特に多いのは、アジアからの観光客ですね。日本の団体ツアーかな?と思っていたら、聞こえてくるのが日本語ではないので、日本人ではないんだなとわかる事がよくあります。

 中国語を話している団体には、旅行するたびに出会います。先日もホテルに滞在中、お茶のセルフサービスのコーナーで困っている様子の方を見かけましたので、「tea or water?」と声をかけてみましたが、通じず去って行ってしまいました。

 英語は世界で共通語といわれてますが、通じない場合もあります。
「わたしも何か簡単な中国語を話せたらよいな」と思いました。
外国を旅行していて、母国語で話しかけられたら、きっとうれしいでしょうね。

 また、笑顔や身振り手振りで通じる事もあります。
英語が通じないからと積極的に手助けできなかった事を反省した出来事でした。

 言葉はもちろん大切ですが、理解しようとする姿勢がより大切かもしれません。
皆さんも困っている人を見かけたら、積極的に話しかけて下さいね。

(北島みち江)


この記事をはてなブックマークに追加

英検が変わります!その2

2016-01-23 02:39:39 | 英語教室

 今まで、変わりゆく英語教育や入試制度についてお伝えしてきましたが、今回は、英検の以下の点に絞ってお知らせします。

4級・5級のスピーキングテストが始まります

 2016年度より以下のように実施されます。

 申込者全員にスピーキング体験

 上位級を目指す励みとなるように、一次試験(筆記・リスニング)の合否に関係なく、申込者全員に受験機会があります。

 1年の間に、録音形式で受験

 面接委員との対面式のテストを行うのではなく、コンピュータ端末を活用した録音形式での実施になります。使用する端末は、自宅や学校のパソコン、およびタブレット等です。
 なお、受験日の指定はなく、期間は1年間を有効となります。したがって、時間的・地理的制約は無く、いつでも・どこからでも受験可能です。

 級の認定(合否)は一次試験(筆記・リスニング)の結果のみで判定

 1級から3級までは、一次試験(筆記・リスニング)と二次試験(スピーキング)の両方に合格した受験者に各級を認定されますが、4級・5級の級認定に関しては、スピーキングテストが自宅でも受験可能であることから、従来どおり、一次試験(筆記・リスニング)の結果のみで合否を判定されます。
 なお、スピーキングテストの結果は、現状の級認定とは別に、「4級(5級)スピーキングテスト合格」として判定されます。

*詳細は、以下の公益財団法人 日本英語検定協会ホームページをご参照下さい。
【プレスリリース】続報! 実用英語技能検定 「4級」・「5級」 スピーキングテストの概要のお知らせ
http://www.eiken.or.jp/eiken/info/2015/pdf/20151225_pressrelease_test4s5s.pdf

2級と準2級の1次試験が変わります!

 2級と準2級の1次試験は、2016年度より以下のようになります。

 2級にライティング試験導入

 自分の意見を英語で書くライティング試験が導入されます。そして、筆記試験の解答時間を、現状の75分から10分延長し、85分となります。(2級以外の試験時間の変更はありません。)

 2級と準2級の筆記試験が変更されます。

 2級と準2級の一部問題形式が変更され、リーディング問題数も変更されます。

*詳細は、以下の公益財団法人 日本英語検定協会ホームページをご参照下さい。
【プレスリリース】実用英語技能検定 2016年度第1回からのリニューアルのお知らせ
http://www.eiken.or.jp/eiken/info/2015/pdf/20151225_pressrelease_1601renewal.pdf

心配は不要です

 LL日進駅前教室で学習している皆さんは、日頃からやるべきことを確実に行っていれば、心配は不要ですこれからも、楽しみながらが学習を続けて行きましょう

(水野克哉)

  <追伸>
関連事項は以下のクリック

「英語教育が変わります!」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/c8e66e4a4d8ba43d19cb972cc2236253

「英検が変わります!」
http://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/fb82b4bb7ef00423f29d77efde58cb32

「大きく変わる英語教育に備えて」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/3151fd5ccf3ef086a54905b261e2eb7e

「発信するために必要なこと」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/c7a343bd9af209ee408dedd64bc35212

「発信するためにさらに必要なこと」
http://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/bbf25b39957657041b578bc0f6e4c19c

 


この記事をはてなブックマークに追加

Hello! 三品です。

2016-01-22 09:03:47 | 英語教室

 今、日本ではカタカナの言葉が多く使われており、英語が源になっている単語も数え切れないほどあります。でも、そんな言葉をカタカナ式で発音したら、英語として通じないことは皆さんご存知の通りです。(教室では、カタカナになっている単語を英語らしく発音するコツを話したりもしています。)

 発音以外にも、カタカナになっている英単語を使う時に気をつけたいことがあります。それは、それぞれの意味が異なっている場合があるので、間違って使わないということです。

 たとえば、「私は、マンションに住んでいます。」と言うつもりで、

  “I live in a mansion.”

と言うと、相手はびっくりするかも知れません。なぜなら、英語でmansionは、「大邸宅、豪邸」のことで、日本でいうマンションとは全然違うからです。

 この場合、英語では“I live in an apartment.” 又は、“I live in a condominium.”と言うのがいいでしょう。

 このように、無意識に思い込んでいると思わぬ誤解が生じることがあるので、注意が必要です。そうならない為には、色々な知識が必要ということですね

(三品律子)


この記事をはてなブックマークに追加