MIZUNO Katsuya

STEP WORLD LL日進駅前教室 代表講師のブログ

英検ライティング試験について

2019-08-16 00:00:39 | 英語教室

 英検ライティング試験はとても大きいです。確かな情報によると、筆記とリスニングで満点だったとしても、ライティングで0点だったら、合格点に達しないとのことです。

質問される内容

3級では、身近な日常生活レベルでの話題です。

準2級では、日常レベルに多少の社会性が加わった話題です。

2級以上になると、より知的な要素が入った社会性のある話題になります。

 3級では、日常的なレベルですので、英語で表現することが出来るかどうかを除けば、内容的には一見簡単なように思われます。しかし、自分の好みでさえ、なかなか「発信」することが出来ない場合があります。その理由を答えなければならないのでなおさらです。

 さらに、2級以上になると、日常レベルでの話題ではないので、それについての自分の意見がなければ、答える事が出来ません。

 しかし、いくら完全な英文を書いていたとしても、伝えたい「内容」そのものがなければ、その英文は何の意味もありません。まず“伝えたい「内容」ありき”です。

知っている英語を使うこと

 難しい英語を使おうとしなくても良いです。当然、試験では、辞書を使うことが出来ません。知っている英語の範囲内で表現してみて下さい。2級までならば、中学レベルの英語を駆使すれば、最低限のことは、話したり、書いたりすることが出来るはずです。

 この件については、以下のブログをご一読下さい。

 「中学英語を軽く見ないで!」

 https://blog.goo.ne.jp/mizuno-katsuya/e/b787ba74044c3b453772c3f4d14d5788

論理性の問題

 論理的に成り立っていない場合がよくあります。ある問題について、自分の意見を述べると共に、その理由が2つ必要です。しかし、その理由が論理的に飛躍していたり、ズレているのです。

 例えば、次の解答例の改善点が分かるでしょうか?

QUESTION:What country would you like to visit?    

解答例:I would like to visit Italy. I have two reasons. First, I like delicious food. Second, I like pizza very much. But I don't like spaghetti.

 まず1つ目の理由ですが、イタリアに行きたい理由が「おいしい食べ物が好き」となっています。しかし、おいしい食べ物は他の国にもありますね。2つ目の理由は、「ピザが好き」と言っていますが、1つ目の理由の続きになっています。さらに、「スパゲッティは好きでない」というのは、前に述べたことと矛盾して(ズレて)います。これは書かない方が良いです。

  これをどう直せば良いのか分かりますか?

ライティング試験の対策

毎日の生活でも、筋道を立てて話したり、筋の通った文を書くように心掛けましょう。日本語での日常生活で何を言っているのかよく分からない人は、英語でも何を言っているのか分かりません。(但し、日本語で考えた内容を直訳的に英語にするのは良くないです。奇妙な英語になります。)

英検3級以上を受験する場合には、教室独自で行っている「ライティング試験の添削指導」を受けましょう

日頃からしっかりと授業を受けて、CD学習や宿題をコツコツとやり続けること、これが一番大切です

 

<追伸>

 関連事項は以下のクリック

「英検CSEスコアについて」

 https://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/a924823835a54e1c783698a69a3ebf70

「英検面接試験について」

 https://blog.goo.ne.jp/stepworld-llnisshin/e/e6cf0cf87380275ff14da01527a61dbc

 

この記事についてブログを書く
« CD学習を続けていますか? | トップ | 2019スピーチコンテスト教室... »