―TSUREZUREGUSA―

つれづれと、日々のおもひをつづること。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再び、WICKID

2010-10-03 17:20:24 | ミュージカル
エルファバは強い。
あれだけまっすぐな意思が私にもあれば。


劇団四季のミュージカル、「WICKID」。
ちょうど一年ほど前にも観にいった
去年は友達と行ったので、今回はだんなさんと…。
ほぼ1年の間をあけて観にいったので、ちょうど良かった。
小さく楽しみにしていた会場限定のWICKIDロール、
堂島ロールのWICKID限定品なのだけれど、
去年はピスタチオ味だったのが、今回抹茶味にリニューアルしていた。

劇団四季 ウィキッド :: 大阪公演プロモーションビデオ

(youtubeより)

観にいったあと、前回観にいった時に書いたブログのエントリーを読み直すと、
今回も思ったことを書いていた。

エルファバは強い。

エルファバの強さ。強さの中の弱さ。
グリンダの素直さ。弱さ。
グリンダの弱さは、私の中にもあるもの。
まっすぐな強さが、私にもあれば。


公演が始まってすぐ、だんなさんが、
「あのグリンダ、クリスティーヌと同じ人じゃないか?」と聞いてきた。
クリスティーヌは二人で3年前に観に行ったオペラ座の怪人の主人公。

…同じ人じゃないか?と言われても…、分からないよ
クリスティーヌも確かに高い声の人だったけれど、似てるような、似てないような。
だんなさんは、同じ人だと確信している様子。
普段から、家でテレビを見ている時も、声に敏感なだんなさん。(私が鈍感?)
結構、今の様なやりとりが家でもしょっちゅうある。

今回も家に帰ってキャストを調べたら…、
結果3年前に観たオペラ座の怪人大阪公演のクリスティーヌが、
今回のグリンダ役で、同じ人だったことが判明。
・・・3年前に観た公演の声をなんで分かるのか。
全く分からない。


生でミュージカルを観るのは、
8月ロンドンで観たビリーエリオット以来、約1ヶ月半ぶり。
生歌の迫力は、やっぱり良い。
音の厚みは、生歌ならでは。
ただビリーエリオットを観にいった直後なだけに、
音楽についてはビリーエリオットの生演奏と否応がなく比べてしまった。
Comment

ビリー・エリオット@ロンドン ヴィクトリアパレス

2010-09-12 11:15:36 | ミュージカル
自然と、standing ovationしていた。
心の底から、惜しみなく拍手をおくった。
カーテンコール、大好きだ。


「ビリー・エリオット」


日本名「リトル・ダンサー」で公開された映画の舞台作品。



「ビリー・エリオット」の劇場は、ヴィクトリア・パレス。
ロンドン中心部のビィクトリア駅から歩いてすぐ近くにある劇場。


劇場の中のしつらえも重厚。
下部にはオーケストラピットがある。


Billy Elliot Musical
(youtubeより)

ストーリーは原作の「リトルダンサー」と大枠は同じ。
舞台は北イングランドの炭鉱町。
ビリーの父親やストに参加し、
息子に強い男になって欲しいとボクシングを習わせている。
ボクシング教室と同じ場所でやっていたバレエ教室にビリーは参加するようになり、
バレエの才能が開花していく。
男がバレエなんてと偏見にもあいながら一途なビリー、
一癖ある友人、病気がちなお母さん、おばあちゃん、バレエの先生、
登場人物がいい味を出している。
炭鉱のストというダークなテーマも。

生演奏でのミュージカルは、とにかく音が良かった。
エルトン・ジョンの曲も良かったけれど、
舞台に合わせて演奏される生演奏の音の厚みが、
ぶわっと劇場内を満たす。
音に「厚み」は確かにある、と思う。

Billy Elliot - Swan Lake -
(youtubeより)


舞台の見所はなんといっても、ビリー役の子の歌声とダンス。
正統派のクラシックバレエを踊り上げるシーン。
透明感のある歌声。
クライマックスの、バレエ学校での試験での
「なんで踊るの?」という問いに答えて、
歌い、踊り上げるシーンは圧巻だった。

ビリー役の子の透明な歌声にダンス。
味のある家族のコミカルな歌声。
バレエ教室の先生、少女達の可愛らしいダンス。
炭鉱夫達のストの行進に歌。
炭鉱夫達の合唱は、迫力があった。

All for one!
One for all!
Solderity forever!

エルトン・ジョン作曲の挿入歌は、
テンポを変え、一人で、もしくは大勢で、
何度も同じメロディやリフが出て来る。
日本に帰ってからCDを聞いているけれど、
炭鉱夫達の歌が一番好きかもしれない。
炭鉱夫達の歌とバレエ教室の歌が溶け合っていく。

英語は訛りのある英語で難しかったけれど、
ストーリーは知っていたので、歌声とダンスに、
あっという間の時間だった。
生演奏、生演劇と共にの、至福の時間。
カーテンコールでは、思わず立ち上がってしまった。
周りの人達もStanding Ovationで拍手をしている。
心から感動出来て胸一杯になれている自分も、嬉しかった。


日本に帰ってから少し調べていると、
英語の記事で2011年に日本公演が予定にはいっていた。
予定なので、結構その通りにはいかないようだけれど、
日本公演が視野に入っているのは嬉しい。

気になるのは、ツアーで来るのか、日本キャストでやるのか?という点。
今韓国で行われている韓国公演は、韓国語、韓国キャストのよう。
日本で日本キャストで出来るんだろうか?
ビリー役の子の歌とダンスの実力とテクニックの高さ、
出演時間の多さは半端じゃない。
学校というものがある中、ここまで時間を割いて公演に費やすということを
日本の子役で出来るんだろうか?
ビリー以外にも、子役たくさん出てくるし・・・。

もう一つ、日本公演をするとしたら十中八九四季がやるのだろうけれど、
ビリー・エリオッとの演目には、
子供から老人まで聞きやすい、あの四季独特の発声法の台詞まわしは
似つかわしくないような気がする。
四季の発声法が似合う作品はあって、
むしろ四季の作品はいつも好きなのだけれど、
ビリー・エリオットのような現代劇で、特に訛りも魅力の一つの作品では、
あの独特の発声法の聞き取りやすさはどうなんだろうか。
四季のウエストサイドストーリーを観に行った時に
ぼんやり感じたことでもある。

ただ、日本公演が実現すればものすごく嬉しいし、
ぜひ観に行きたい!

それまで、今回ロンドンで観た講演の記憶が自分の中にたくさん残しておきたい、と思う。

最近毎日ビリーエリオットのCDを聴いているので、
もう一度、映画の方の「リトル・ダンサー」も見たくなってきた。
Comment

互いを想いながら、それぞれの道へ。

2009-12-12 18:40:01 | ミュージカル
劇団四季の「WICKID」
公演が決まって早々にチケットをとっていた。
取ってくれただんなさんが仕事で行くことが出来ず…、
友達を誘って先週行ってきた。

オズの魔法使いの、もう一つの物語。
劇団四季 ウィキッド :: 大阪公演プロモーションビデオ

なぜ、二人が悪い魔女、善い魔女となったのか。
テーマは友情であり、愛情であり
「親友」。

エルファバは強い。
あれだけまっすぐな意思が私にもあれば。
グリンダは自分に素直。
ああいう子、いるなぁ。
少しおバカだけど、時々シンプルにすごくいいことを言う

劇団四季は演目が変わるごとに観にいってるけれど、
ここ数年は割と王道ものを観にいくことが続いていた。
オペラ座の怪人、ウエストサイドストーリー、美女と野獣…。
これらを観にいった時はいかにもミュージカルを観た!という感じだったのだけれど、
WICIKDはどこかミュージカルを観た余韻と劇団を観にいった後の余韻の中間のような、
いい意味で不思議な余韻が残った
作品が実験的だからかな?
王道ものが主人公が愛だったり綺麗なメロディラインで歌いあげるものが多いのに対し、
WICKIDのエルファバは、孤独だったり、夢だったり、決意だったり、
迫力ある歌声で、時に荒々しく、時に壮大に歌い上げていた
鳥肌が立つような迫力!
ホール中に声がぐわっと響き渡る。
聴いていて鳥肌もの。
wizerd and Iもめちゃめちゃ良かった!!

お話の筋も色々な伏線があり、練りに練られた内容。
「もう一つのオズの物語」という触れ込み通り、
オズの魔法使いの話への伏線がちらちらあったり、
エルファバの父親は実は…、という今回のお話単体の伏線があったり。

ラストもめちゃめちゃ感動した。
そしていつも感動するカーテンコール!
何気に、カーテンコールが一番ぐっとくる。
席が前から9列目の真ん中でとっても良い席だったので、
カーテンコールのラストでは周りは総立ちのスタンディングオベーション!
ああいう観客の中に自分の身を置いてみると、相乗的に感動して気持ちいい。
いい席でいつも観たいなぁと思った。
公演を見ていても出演者の表情もはっきり見えたし。


贅沢な時間を過ごしました。
やっぱり生はいいなぁ
Comment

でも家で謡うのはオペラ座の怪人

2009-05-30 22:11:11 | ミュージカル
つい先日、京都劇場に劇団四季の美女と野獣を見に行ってきた

美女と野獣のショーを生で見るのは
4年前にニューヨークのブロードウェイに見に行った時以来。
ニューヨークで美女と野獣をチョイスしたのは
ストーリーが簡単だっていうのと英語が簡単だという
極めて単純な理由だったけれど、
「生のブロードウェイで観る」っていう
否応がなくテンションが上がる状況だってのを差し引いても、
本場の美女と野獣を観た時の感動は今でもまだ覚えてる。

今回観に行った劇団四季の美女と野獣!
これまた生歌が素晴らしく良かった
劇団四季を観に行ったのは、
去年のウエストサイドストーリー以来だから、半年ぶり?くらい。
美女と野獣は物が擬人化されてしゃべるっていう面白さと、
耳にしたことがある分かりやすいメロディが心地いい
随所にコミカルな要素が含まれていてそれも面白い
コーラスもコミカルで迫力が
ディナータイムのラインダンスとか、華やかで素敵
オペラ座の怪人を観に行って以来、
我が家ではオペラ座の怪人に出てくる歌を歌ってる時があるのだけれど、
美女と野獣を観に行ったら美女と野獣の歌にチェンジするかと思いきや、
まだオペラ座の怪人を歌ってみてたりしてる。
なんでなんだろう、クリスティーヌ?

ぼんやり嬉しいなぁと思ったのは、
素直に生の歌声や生のお芝居に感動出来ていること。
素晴らしいものを観てるんだから感動するのは当たり前かもしれないけれど、
心から感動出来ることは幸せだと思う。
体調が良くない時、気がかりなことがある時、自分の余裕のない時、
そんな時は、素晴らしいものを観ていても、
どこか客観的な自分が居たり、
少し感動の仕方に自分自身違和感を覚えたりしてしまう
でも今回の美女と野獣は、心から生の歌がいいなぁと思ったし、
音楽に身を任せれた。
そういうのって、やっぱり、いいなと思うわけで。

次は10月から公開の、WICKEDを観に行こう
WICKEDは大阪の四季劇場だしね
京都劇場もベルビュークリーク置けばいいのに
Comment

テノールな夜

2008-09-30 23:47:01 | ミュージカル
たまには親孝行でも、と。

先日、声楽をやっている母を誘って錦織健さんのコンサート、
「錦織健 テノール・リサイタル」@シンフォニーホールへ

演目は2部構成で、
第一部は、河原忠之さんというピアニストと共に、
「からたちの花」「椰子の実」「この道」など、
少し懐かしい日本の童謡などが中心。

第二部は、ロッシーニやドニゼッテイのオペラの歌を中心とした
華やかないかにも声楽な歌モノでの構成。

何気にこういう一人で歌い上げるリサイタルは、
見た目には派手さにはかける分、
実力がストレートに出る気がする

生歌は、やっぱり良かったなぁ。
丸みのあって深い声がホールによく響き渡って、
高らかに歌い上げているときなんて、
声に包まれているよう。
第一部のピアニストのソロも間にあって、
ピアノの音色にひたる時間も。
生で聴くその音色は、とても優しくて繊細

忙しさに取り紛れると、
行こう行こうと思いつつ行きそびれたりするけれど、
たまにこういう時間を持つことはやっぱり大切。
心と頭のリフレッシュ
音楽を愛でたり、絵を愛でたり自然を愛でたり、
そういう心の余裕を大切にして日々をおくりたいもんだなぁ、と、
常々思っていることをまた改めて思ったり
Comment

劇団四季な夜

2008-08-05 01:05:16 | ミュージカル
ウェストサイド物語/劇団四季@京都劇場

アメリカの西海岸。
対立するジェット団とシャーク団。
そこにロミオとジュリエットのように、
敵対するもの同士の中から恋が生まれて。
人種の違い、決闘、悲劇、死別。
最後、ジェット団がトニーの遺体を運ぶ時にシャーク団が手を貸すシーン。
それが和解を暗示しての、カーテンコール
見終わった感は、結構ダーク
去年観に行った「オペラ座の怪人」より歌も少なかったかなぁ。
ストーリーがストーリーなだけに、男性中心で、
歌うのも男性が多かった。
その分ダンスが多く、キレのある動きを堪能。
中盤、様々な旋律をそれぞれが歌い上げ、
それぞれの歌が絶妙に絡まりあっていく様は、四季ならではのハーモニー
生の歌声と、ダンス。
CDや映像では出せない生ならではの迫力
今後も、ちょくちょく、観に行く機会を増やしたいもの。
Comment

ひさびさの生歌

2007-12-23 11:58:32 | ミュージカル
三連休初日、ひさびさにミュージカルなど。
観に行ったのは、劇団四季のオペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)

ミュージカル自体、
2年前にニューヨークのブロードウェイで観た
「BEUATY AND THE BEAST」以来。
オペラ座の怪人、
生歌を聴くのがほんと久々で(ライブは別にして)、
声の迫力がすごくキモチよくて
旋律も歌もバリエーションやアレンジを変えて
何度も出てきたので耳が覚えちゃった。
CDお買い上げー。
クリスティーヌ役の人の声がソプラノだけど
キンキンしないいい感じに落ち着いた声で良かった。
四季劇場自体、ハービスに移ってから行くのは初めてで、
それも楽しみだったことの一つ
思ったよりデコラティブさや非日常感ははなかったかなぁ。
舞台装置の仕掛けが思いもよらぬところから
思いもよらないものが出てきたりして、
気になるバックヤードの造り。
東京の四季劇場観に行ってみたいなぁ
Comments (2)