―TSUREZUREGUSA―

つれづれと、日々のおもひをつづること。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いかめし

2011-10-06 21:03:33 | 料理(和)
夫の実家からさんまとイカを送っていただいた。
夫婦二人で食べるには十分すぎる量!

さんまは晩御飯と朝御飯に美味しく塩焼きに・・・。

イカは、日持ちもしないのでいかめしにしてみた。
ストウブでことこと。

いかめし、簡単なのに手が込んでみえる。
和食のおもてなしの時にいい。
もち米がもっちりっ。


明日は夫のお弁当も、いかめし。
駅弁でいかめし弁当ってあるし、きっと冷めても大丈夫。
Comment

食卓にも、春

2011-04-25 09:51:31 | 料理(和)
山菜、木の芽、たけのこ・・・。
春の香りがするお野菜を買うと、春を感じる。

木の芽とたけのこの炊き込みご飯。
基本、ご飯を炊くのは二人なのでこのストウブの17cmを愛用。
白米なら2合、炊き込みご飯なら1.5合がジャストサイズ!


揚げだし豆腐にも木の芽を添えて・・・。


Comment

そろそろ煮付けの季節

2010-10-01 22:42:30 | 料理(和)
平日ごはん。
暑い季節はお魚も煮付けよりも塩焼きが多かったけれど、
そろそろ季節も秋めいてきて、煮付けが美味しい季節に・・・。

新鮮な連子鯛があったので、煮付けに。


連子鯛が3匹だとお得だったので、
2匹を煮付けにして、残り1匹は鯛めしに。
小ぶりの連子鯛だったので、二合炊きの鯛めしに丁度良い大きさ!
前日の春巻きに使ったたけのこの水煮の残りも一緒に炊き込んで、
たけのこ入りの鯛めし。


お米はミルキークィーンなので、
少しおこわ風のもちもちした鯛めしに。


この日の晩御飯は、
他にはたこときゅうりとみょうがの酢の物と冷奴にお味噌汁。
そんな感じの平日の夕食。
Comment

2010新米 ミルキークイーン

2010-09-25 17:43:46 | 料理(和)
そろそろ新米の季節。
先週から、我が家も2010年の新米を食べている。

品種は、「ミルキークィーン」。

存在を知ってから食べてみたかった品種。
ミルキークィーンはコシヒカリを超える新しい米と言われている
コシヒカリをさらに改良して生まれた低アミロース米。
アミロースが低いほどもち米のようなもちもち感が出るらしい。
通常のお米がアミロース17%~20%ほどのところ、
ミルキークイーンは約10%なのでもち米のように粘り気が強く、
食べるとモチモチした食感を味わうことができるとのこと。

お値段は、こしひかりより高め……。
なので、試したいなぁと思いつつ手を出していなかったのだけれど、
新米でお安くてお得なのがないかなぁとネットであれこれ探して、
今回ミルキークィーンの新米が予約限定でお安く出ていたのを発見!
即予約!

先週から食べ始めているけれど、
明らかにコシヒカリよりもつやつやしていて粘りがある食感。
おこわが好きな人は好きな食感。
新米らしい香り高いお米の風味に、もちもちした食べ応え。
白米は毎日食べるものなので、白米が美味しいとおかずも一層美味しいわけで。

しばらく、秋ならではの新米を楽しめる日々が続きそうです
Comment

ゴルフ場の帰りには・・・@丹波篠山

2010-09-18 15:55:52 | 料理(和)
丹波篠山は、黒大豆の名産地。
ゴルフ場への道中には収穫間近の丹波黒大豆の枝豆がずらり。
丹波の黒大豆の枝豆は、丹波黒大豆の「若サヤ」らしい。
本来はお正月の煮豆用の高級な黒大豆を、
若いさやの時期に食べるのが、黒大豆の枝豆。
見た目は枝豆に似ているけれど、似て非なるもの。

旬は10月の上旬のようで、この時期になると、
ゴルフ場への道は黒大豆の若サヤの露店がずらっと並ぶらしい。
ちょっと早いのかぁ、今日は買えないなぁとがっかりしていたのだけれど、
いつごろが時期なのか、
黒大豆の枝豆を売るであろう畑のおじさんに聞いてみると、
今年は暑さが続いて、まだ実が十分に大きくなってないサヤがあり、
来週あたりから売り出すとのこと。

ところが、気のいいおじさん!
ちょっと早いけど、畑から獲ってきてあげるよーと、
両腕一杯にかかえきれないほどの枝豆をくれた。
小さいサヤもあるものの、大きなサヤもたくさん!
枝つきの枝豆はお店で売ってるのみるけれど、
葉っぱつきの畑から収穫したての枝豆って初めてみた


家に帰って、一心にサヤを枝から収穫し、
水洗いして塩もみ→沸騰したお湯で茹でて、仕上げに塩をパラパラ。


晩御飯は炊き込みご飯に・・・。
帆立と枝豆の炊き込みご飯。


豆がふっくらとして旨みが濃厚!
Comment

炊飯事情

2010-05-14 22:42:58 | 料理(和)
我が家のご飯事情、炊飯器はめっきりご無沙汰で、
タイマー使用する際の炊飯のみ。
普段使いはもっぱらストウブでの鍋炊飯。

↓或る日の炊き込みご飯。
 たけのことうすいえんどうと塩昆布の炊き込みご飯


はじめは強火で、あとは弱火にするタイミングさえ気にしておけば、
キッチンタイマーをセットして最後に強火で20~30秒加熱すればOK。
慣れると手軽だし、何より美味しい。

白米の違いはもちろん、
個人的には炊き込みご飯の方が炊飯器との違いがはっきり分かる。
ストウブで炊くと、ふっくらと水分を吸ってお米が柔らかいのに、
粒離れが良くて、べちゃっとならずにお米一粒一粒の形がしっかりとつるんとしている。
炊飯器での炊き込みご飯は具の量や具自体の水分量で炊き上がりが変わって、
ややべちゃっとなったり、やや固めに炊き上がったりするけれど、
ストウブでの炊飯だと最後で調整出来るので気にせず具沢山で炊ける。
炊くお鍋も、白米2合まで・炊き込みご飯1.5合まではストウブのオーバル17cm。
それ以上の場合はストウブのラウンド20cmで、と使い分け出来るのも良い。
意外に小さなオーバル17cmが使い勝手が良く、
1~1.5合の少量の白米炊きでも美味しく炊けるので重宝。

他の方のブログ等みていたら、
元々お鍋炊飯をしている方で、ストウブでの炊飯に変えると味が違う、と書いている方が多いので、
ストウブだから美味しい、というのもあるのかもしれない。
私はストウブでしかお鍋炊飯したことがないから分からないけれど。
Comment

焼き鳥@庭

2010-05-05 21:42:21 | 料理(和)
連休最終日、だんなさんと二人で家のお庭で串焼き


夕方6時くらいから食べ始めたけれど、
暗くならず十分明るい。
陽が長くなったなぁ、来月夏至だしなぁ、としみじみ思う。

串焼きの材料、メインは焼き鳥。
定番のねぎまに、もも、ずり、皮、軟骨。
えのきベーコン、ししとう、新玉葱、海老。



焼き鳥のたれは醤油・みりん・はちみつを煮切ったもので。
たれに漬けながら、焼く。食べる。飲む。
直火、最高!


次々串を焼きながら、ビールにチューハイ。
夕方の涼しい風が心地よく・・・。
家での庭飲み、手軽で良い
Comments (2)

馬と、菊芋と。

2010-01-15 22:07:57 | 料理(和)
年末にツテがあり購入した熊本の馬刺
塊肉で買ったので600g強。
購入当日、美味しく馬刺で頂いたものの
なんせ量が量なもんで半分くらいが残り…。
年末年始は家をあけるため、
もったいないなぁと思いつつ、残ったものをえいやっと冷凍。

年も明け、昨日冷凍していた馬刺を一日かけて自然解凍し、
一度冷凍したものを刺身で食べるのもなんとなくこわかったので、
馬肉のたたきにしてみた
たたきといってもレア部分にも火が通るように
表面焼き付けたあとしっかり低温で火入れしたので、
たたきというよりは赤身がピンクに色づいてローストビーフのような感じに
馬なのでローストビーフでなくローストホース?
ホースでいいのか?

そもそもが馬刺として食べれる美味しい国産馬肉なので、
赤身の肉の味が抜群に美味しい
刺しで食べれる肉を火入れするというのは、贅沢だー


ついでに写真をとった菊芋と岩津ねぎの揚げあんかけ煮↓

先週末泊まりで蕪なボードに行った帰りに道の駅で買ったお野菜達
特に絶品なのが菊芋!
長いもとかぼちゃの中間のような食感と甘みと。
他の根菜類では他にない食感と甘み。
天麩羅にしたり炒め物にも使ったけれど、
天麩羅がやっぱり美味しいかな、こっくりとした甘みが増して
菊芋を揚げた味が好きなので、
岩津ねぎと共に揚げ煮にした一品。

菊芋、もう一袋買って帰っても良かったなぁ
Comment

くさっても、鯛

2009-12-08 23:55:29 | 料理(和)
とっても新鮮な鯛をいただいて…
鯛のあら煮とおつくりに。

おろした状態でいただいたので助かった。
自分で兜割はさすがにムリだもんね
鯛のあらはとってもいいお出汁が出る。


半身を新鮮なうちにおつくりにしてあら煮と共に
我が家ではおつくりを造るのはもっぱらだんなさん担当
さしみ包丁はだんなさん専用です


大きな鯛なので全部おつくりにしてもその日は食べきれないので、
残った半身は甘酢で柔らかくした昆布で昆布締に

ラップで包んで冷蔵庫に保存。
昆布締にすると2日ほど日持ちするので、
お刺身の大きなサクを買ったときにおすすめ
そのままのお刺身も美味しいけれど、
昆布の旨みののって身がぎゅっと締まった鯛もまた美味し
Comment

海のみるく

2009-11-20 19:30:42 | 料理(和)
宮城県のだんなさんのご両親から
宮城県の松島湾の牡蠣が大量に届いた。
私の実家にも送って下さって…、感謝です


殻付の岩牡蠣がごろごろ。
岩牡蠣を取り出すと、その下にもその下にも岩牡蠣。
剥き身の牡蠣も、見た目以上にたくさん入っていて、
袋ぱんっぱんに入っていたので1パックにびっくりの50粒以上
岩牡蠣は友達夫婦の家に持参して食べて、
後は連日牡蠣しゃぶにしたり、生のまま色んな薬味で食べたり、
天麩羅にしたり、最後は青梗菜とオイスター炒めにして完食
ぷるっぷるでジューシーで、
臭みがなくて生で食べてもとってもミルキーなお味。
贅沢な食べ方をしたなぁ…。
栄養いっぱい取れた気がする。
Comment