―TSUREZUREGUSA―

つれづれと、日々のおもひをつづること。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

他人事にも思えず・・・

2011-11-04 09:21:18 | エトセトラ
前勤めていた会社の同期の同僚の娘さんが、
1歳1ヶ月で余命半年を宣告され、ご両親はカナダでの心臓移植を決意されたとのこと。
11月2日に厚生労働省で記者会見をされた。
微力ながら、なんらかのお手伝いが出来れば、と・・・。

あおいちゃんを救う会 公式サイトに以下のようなご両親からのあいさつ文が載せられている。

碧は1歳の誕生日を、東京女子医大病院のICUで迎えました。
先生方、看護師さん、祖父母と私共夫婦でベッドを囲み、歌を唄って祝いました。
碧は呼吸器をつけ、沢山の点滴の管の中に埋もれながら、静かに眠っておりました。
我が子を抱きしめることもできない。
来年2歳の誕生日は、元気な笑顔の碧が見たいと、その時に強く思いました。
私たち夫婦は心臓移植することを決心しました。

碧は産まれて間もなく、心臓に雑音があるのがわかり、その後、東京女子医大病院に検査入院し、様々な異常が発覚し、いずれ心臓移植が必要になると説明がなされました。
夫婦二人で衝撃を覚え、不安を抱えながらも素直に受け止めました。
検査入院から自宅に戻った碧は、頑張って母乳をのみ、体重も順調に増え、よく笑い、大きな声で泣き、このまま症状はなく治ってしまうのではないかと思いました。
親子3人の普通の穏やかな生活が幸せでした。

しかし病状は悪化、再び、入院となりました。
症状が悪い中、点滴をしながら寝がえりをうち、離乳食を食べ初めました。
抱っこが大好きな碧は、病室で大きな声で泣き、廊下にも響き渡るほどでした。
7月に手術をし、少しずつ快方に向かっているように思えましたが、9月に入り再び呼吸器が必要な状態、ずっと寝たきりの碧です。
歯が生え背も伸びているようですが、徐々に力を失い、やせ細っています。
今一番つらいのは、碧が訴えるような目で見て涙を一筋流すときです。

私たちの願いは、心臓移植を成功させ、碧を思いきり抱っこし、あの親子3人の普通の穏やかな生活に戻ることです。
身勝手なお願いではありますが、どうぞ皆様のお力を碧にください。お願いいたします。

阪田謙一・茜



自分にも息子が誕生した中、
子供のニュースや、今回のこういったご両親の言葉を
以前よりも強く自分のものとして感じるようになりました。
ちゃんのご両親の立場に自分も成っていたかもしれない。
自分の子供が大きな病気を抱えていたらどんなに心配で不安なことか・・・。
あおいちゃんを思いきり抱っこしたい、というご両親の言葉。
息子を抱っこしてあやしながら、何度かこのご両親の文章を思い返して、
胸がつまる思いがしました。

あおいちゃんを救う会 公式サイトに募金方法も記載されています。
微力ながらお手伝いするつもりです。
よろしくお願いいたします。

どうかあおいちゃんが無事手術が受けられますように!
ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
« 孫の力 | TOP |   
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとう (SHIN)
2012-02-11 04:52:42
今さらだけど(笑)

おかげさまで無事に渡航できて経過は今のところ順調だと聞いてるよ。
街頭募金にも立ったけど、人の優しさと温かさに触れた瞬間だったよ。
よかった! (とも)
2012-02-11 09:51:03
本当に良かった!
たくさんの人の少しずつの温かさが、集まるとすごいパワーだね!
手術の成功、心よりお祈りします。

post a comment

Recent Entries | エトセトラ