空耳 soramimi

あの日どんな日 日記風時間旅行で misako

ジョン・ハットン「偶然の犯罪」 ハヤカワ文庫 秋津和子訳

2010-10-06 | 読書


この本は、もう読むのが辛かった。
英国推理作家協会賞ゴールドダガー賞受賞というので、105円ならまぁいいかとつい買ってしまった。

* * *

師範学校の教師、コンラッドは、派遣先に行って研修生の様子を見て、指導する仕事についている。

生徒がいる学校に行っては帰るという日常である。

途中でヒッチハイクをしている女子学生をのせるが、あまりの態度の悪さに、途中で降ろして腹立ち紛れに彼女のバッグをドアから外にぶちまけて走り去った。

その頃ヒッチハイカーの連続殺人事件が起き、彼は参考人になって尋問を受けてしまう。

おりしも彼の学校は統合されるという噂で、職を失うかもしれない不安がある、気に入らない同僚が他校の校長に抜擢され、それは我慢するとして空いた椅子がどうしても欲しい、そんな折も折、変な言いがかりは迷惑千万だった。

そこでちょっとした嘘をつく。女子学生は乗せてない。時間があったので映画を見た、上映していた二本のうちポルノでない方を見たという。

それで捜査は大混乱、前々から不満を抱えていた妻は家出。警察の家宅捜査や、呼び出しで昇進の面接もフイになる。

* * *

というような、小さな嘘が大事になってしまうのだが、まぁこのコンラッドという人物が姑息でいやらしい。

その上話が進まない。スピーディなミステリに慣れると付いて行くのが辛かった。

やめるのもどうかと思うし、シルバーでなくてゴールド受賞作だというと、そのうち面白くなるのかと欲張ってしまう。

最後まで我慢して読んだが、私にはどうも合わなかった。
イギリスでは面白い本なのだろうか。教育制度に不案内だからだろうか。

最後の場面で少し溜飲を下げた。これでよしとしよう。
読んでしまったからメモしておくけど(また忘れて買わないように)、でも本棚には入れないでおこう。


★★★

コメント

トマス・H・クック 「沼地の記憶」 文春文庫 村松潔訳

2010-10-04 | 読書
フロリダのレークランド高校が舞台になっている。
「MASTER OF THE DELTA」という原題なので沼地にしたのだろう。
記憶シリーズに続くスタイルで、ファンとしては何もかも嬉しくてすぐに読み終わった。

* * *
レークランド高校の特別教室で「悪」について講義をしている、ジャック・ブランチは地方では名家の生まれで、苦労もなく育ち、周りからは一目置かれる存在だった。

彼の教室にエディという目立たない生徒がいた。彼の父親は殺人犯だった。ブランチはレポートの課題を出し、エディには父親のことを書くようにいう。そうすることで彼は今より自由に生きることができるのではないかと考えた。
そして、エディは過去の事件を調べ始める。

ブランチの父も同じ高校の教師で、狭い町にすむ子供たちはほとんどが教え子だった。

当時の新聞や関わりのあった人を訪ねてエディはレポートを書いていく。彼は成績は優れていいとは思えなかったが、文章は彼の思いやりのある人柄と感受性を反映していて、ブランチは彼の将来を引き受けようかとまで思うようになる。

貧困層と富裕層にきちんと住み分けられた土地にある学校で、あえて「悪」についての授業は、恵まれない彼らの将来にいい影響があると信じていた。

美しい女生徒が、見栄えも、環境も最低だと言うことで相手にもされなかったエディを選んだことが、生徒間にトラブルを起こし始めていた。

ブランチもその間、同僚の高潔な教師と恋仲になる。

そして、それらの事柄を巻き込んで悲劇の種子は徐々に膨らんでいった。

* * *

クックの作品では「死の記憶」の評価が高い。
それに加えて「蜘蛛の巣の中へ」という父親と息子の心の交わりが書かれた作品が特に好きだと思っている。

これもそれらのように、ブランチと父親のかかわりが繊細に書れている。

これも老ブランチの回想で、話されるこの時はすでに彼は老いて父親も亡くなっている。

当時はまだ未成年であった生徒たちも、今では中年を迎えそれまでの人生の軌跡を見せている、美貌には影が差し、幾人かは亡くなり、中には刑に服していたり、町も面代わりしている。

ブランチ今でも立ち直れずにいる、過去の悲劇が何時までも尾を引いて、解決されない罪の意識に、悲しんでいる。
そして足の長さの違う郵便配達が外のニュースを届けてくれるのを待っている。

親友の批判ができないように、好きな作家の作品は黙って読むしかない。


---
憔悴した父の体は人生の終わりになってようやく編み上げられたものが、息をするたびに少しずつほぐれていくように見えた。あたかも人生をつかみとろうとして怒りを買い、人生からしかえしされて、生きることが生理的に苦しくなり、生きることが少しも重要でなく、これっぱっちも楽しくなくなってしまったように
ーーー

こういうフレーズが特に好きで、、、。

http://www.sora-m.jp/honf/h/1-1/





コメント

有川浩 「阪急電車」 幻冬社文庫 など。

2010-10-02 | 読書
昨日のような休日前の金曜日は、のほほ~~んとしてしまって、夕方外に出てうろうろしたくなる。
夕方子供が会社から帰ってくると、さぁ明日から休みだと前祝のような気分でうきうきする。

そこで3Dデビューだというので、バイオハザードⅣを見た。
面白かった。この映画はやはりⅠがベストだなぁ。
メガネの上からメガネをかけないといけないというのはどうも慣れなくて困ったものだ。

見終わってもまだ9時だというので本屋めぐり。11時までかかって6冊(内4冊がブックオフ)ゲットした。
読み残しが少なくなるとなんとなく不幸な風が吹いてくるように淋しくなる、さぁ読もうと枕元に積んでおくと嬉しくて、ニコニコしている間に不覚にも眠ってしまった。

そして今日、中の一冊、「阪急電車」をささっと読んでしまった。とても面白かったのにもう終わった。

「阪急電車」の西宮北口から出る今津線に乗って各駅停車で進んでまた折り返す人たちそれぞれ話で、話はどこかしら連結している。というか今で言えばリンクしている部分がある。

仁川や宝塚のあるこの電車は関西人には馴染み深く、私など友達がいたり甲山にたびたびハイキングに行ったり、沿線の大学になんども見学に行ったこともあってとても親しみがある。

この連作がなんとも愉快なエピソードの塊がつながっていくというのがとてもいい。

愉快で、爽快で、ほのぼのしていて、後味がいい。

児玉清さんの解説を読むと一目瞭然、もう一言もない。

帯に「映画化決定、中谷美紀主演、2011年公開」と書いてあった。
コレも映画になるのか。


そうだ、今日からテレビで「カイルXY]が始まる。
最初はとても面白かった。
シーズン2が出たのでもう放映するのかな。途中で話は「青春白書」ふうになってきたので期待した内容とは少し違ってきたかなと思ってはいるが。
コメント