ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

来季ドラフト情報第3弾!!マカベッシュ投手をリストアップ!!

2007年12月31日 16時46分02秒 | ドラフト
来季ドラフト情報第3弾ですね。
スポニチ北海道の記事によれば、来季のドラフトの上位候補として東北高校時代にエース・ダルビッシュ投手と共に甲子園で活躍した、現東北福祉大・マカベッシュ投手こと、真壁賢守投手(21)をリストアップしているとの事。

記事に寄れば当時日本ハムはダルビッシュ投手と共に両獲りを目指していたそうで、それ以来ずうっとマークを続けていた事になりますね。
高校時代からマークし続けていたスカウトによれば順調に成長しているとの事で現在のストレートのMAXは144キロとの事。
横手投げというのもなんだか縁がありますよね。
今年、立石、鎌倉という右のサイドスローが辞めていますから、現在は建山投手だけですか?
目先を替える意味でも、彼が中継ぎに入ってくれると戦力になってくれると思うので彼の指名には賛成したいですね。
もともと評価の高かった投手ですし、来年の活躍次第では上位候補として名前が挙がってくると思いますが、まあ他チームも黙ってみていないと思います。
さて、どうなりますか?
それにしてもここ数日の報道によると即戦力選手の名前ばかり名前が挙がっていますね。
高卒選手を育てるというチーム戦略を考えるとどうなるでしょうね?
現時点で言えば、

1巡目:田澤純一投手(or 長野久義外野手)
2巡目:高校生or 大物野手
3巡目:真壁賢守投手

という感じでしょうか?
2巡目に該当する高卒選手が居なければ一つ順位を上げてきそうですが。
二人続けて即戦力投手と言うのは無い様な気がします。
2巡目あたりに将来性豊かな大物野手を狙ってくるのでは無いでしょうか?
まあ、まだまだ先の話ですね。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

来季は実戦主体のキャンプ?ダルビッシュ投手はスロー調整

2007年12月29日 13時52分07秒 | キャンプ
梨田監督、まわペラペラ色んな事喋りますね。
今の所、ファンとしては気になる情報ばかり流してくれているので嬉しいですが、シーズン中でもそんな事されるようだと・・・ちょっと心配です。

その梨田監督のポロリネタですが、来シーズンの春季キャンプで2月10日に練習試合を行う予定だそうです。
相手は同じく沖縄でキャンプを張る阪神、横浜のどちらかが相手になるようです。
更にはそれまでに、5~7イニング迄の紅白戦を1、2試合やりたいという構想も見せました。
ヒルマン監督もキャンプ中に多くの実戦を入れて若手にチャンスを与えていましたから、個人的には好意的に思っています。
となると、来季1軍を狙う若手選手達は、自主トレ中に完全に身体を作り上げてキャンプが始まると同時にいつでも実戦OKという状態にしておく必要がありますね。
折角、沢山のチャンスを与えられる訳ですから若手選手達にはこのチャンスを生かすべく準備をして欲しいと思います。
さて、来年はファームから何人の若手選手が伸びてくるか・・・楽しみです。

それはさて置き、来シーズン、ダルビッシュ投手はスロー調整となるようですね。
今シーズンはフル回転の登板でしたし、それぐらい特権が無いと早く潰れてしまいそうでしたから良い事だと思っています。
となると初登板は3月以降のオープン戦になりそうですね。
オープン戦では1、2試合に登板するだけにそのまま3月20日の開幕戦で先発というスケジュールでしょうか?
来シーズンは北京五輪もありますしどんな活躍を魅せてくれるか?
今から楽しみにしたいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

来季ドラフト情報第2弾!!因縁の長野選手をリストアップ!!

2007年12月29日 09時43分00秒 | ドラフト
昨日のサンスポの記事によると、来年のドラフト会議の上位候補として昨年ドラフト4巡目で指名して拒否された、ホンダ・長野久義外野手をリストアップしているようです。
球団関係者の話では、

「去年は(入団を)断られたけど、今年1年見て順調にきている。改めて推薦したい選手の1人」

と高い評価をしているとの事。
日本ハムファンにして見れば、一度は断られた選手ですから、再度指名するなんて考えられないという拒否反応を起こすファンもいるだろうなとは思います。
個人的にいうと実は、昨年は、昨年、来年は来年という思いで長野選手に対して特別な感情は持っていません。

プロ入りを拒否した社会人野球に進んだ今年は、
  3月の社会人東京大会で新人賞を受賞。
  日本代表として出場した11月のワールド杯(台湾)ではチーム最高打率(.457)をマーク
  07年の社会人野球ベストナイン
と、着実にレベルアップし、現在社会人の中ではトップクラスの実力の持ち主となりました。
来年は堂々のドラフト1巡目候補となると思います。

という事なのでもし指名する事になったとしても別に反対したりしませんが、2度目の拒否なんていう事にならないように事前に調査して欲しいなと思いますね。
(記事によれば関係者を通じて、巨人オンリーだった長野の心変わりをキャッチしているようですが・・・日大の監督の元を離れたからかな?)

さて、長野選手の実力の高さは認めるとして、実際問題、長野選手が補強ポイントに合っているかどうかがドラフト指名されるかどうかのカギとなると思います。
走攻守3拍子揃った右打ちの外野手。
今の所、日本ハムの中では右打ちの外野手として名前が挙がるのは1軍レギュラーとしては稀哲選手のみで巡レギュラー候補としての名前は金子洋平選手川島選手が居ますが金子洋平選手は守備走塁が課題、川島選手はバッティングが課題と少々物足りないという印象です。
ただ一方で外野手全体を考えると、稀哲選手の他に稲葉選手工藤選手坪井選手
加え来季に大きな期待を受けている糸井選手がいるなど、ハイレベルな争いが予
想され、糸井選手が開花するようだと外野手としての穴は埋まるのかな?と考え
ます。
となると、補強ポイントの優先度からすれば他のポジションよりは低くなるのではないでしょうか?
今季は、アマのスピードスター・村田和哉外野手、身体能力が高い未完のスラッガー・大平成一外野手を獲得していますし。
気になるのは、村田、大平は両方とも左打者なんですよね。
来季も、攻撃力の改善が見られないようだと指名がありうるかも知れません。

現時点で考えると個人的には一昨日に抑え候補としてはスポニチ、北海道新聞社で名前の挙がった田沢純一投手の方が補強ポイントとして妥当なのではと思います。

本日の記事によると長野選手には相思相愛の巨人も1巡目候補としてリストアップしているようです。
本人の気持ちを思うなら巨人に指名された方が良いのかな?とも思います。
ただ、巨人は他チームから即戦力を取り捲っている巨人の事ですから入団しても結果を出なければ使ってもらえずそのまま潰れてしまう可能性の方が高いと思いますから、本人の将来を考えると巨人入団は勧められませんが・・・。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (2)

来季ドラフト情報第一弾!!田澤純一投手をリストアップ!!

2007年12月27日 21時56分45秒 | ドラフト
いやー来ましたね。
来年のドラフト情報第1弾ですね。
スポニチ北海道新聞社の記事によると、来年のドラフトの上位候補として新日本石油ENEOSの153キロ右腕・田沢純一投手(21)をリストアップしたそうです。

田澤選手と言えば、今季もドラフトの目玉投手としてプロ入りを表明していれば横浜が1巡目指名が確実と言われた投手ですね。

実は私も気になっていました。
マイケル投手の後釜。
マイケル投手の年俸の急騰ぶりが気になっていました。
2年契約で今季の年俸は据え置きとなりましたが、来季も活躍すると年俸問題が発生するのでは?と考えてました。
逆に言うと抑えは何年も続けて出来ないポジションとも言いますし、マイケル投手が故障した場合の事を考えるとMAX153キロ右腕・田澤投手はうってつけの人材だと思います。
現在チーム内で抑えタイプの投手が今の所居ませんしね。

今の所、以前のダルビッシュ投手や中田選手のように決まりという雰囲気ではなく、上位候補の1人としてマークして行くという事の様です。
日本ハムと言えば、高校生の有力選手を指名して育てていくというイメージが定着しましたが、来年に限って言えば、ダルビッシュ、中田翔級の大物選手は高校生には今の所居ませんから、大学・社会人の大物選手に行くのは賛成です。

例年この時期にドラフトで上位指名する選手を発表していくのは恒例となっていますが、大体この時期に名前の挙がった選手を指名する可能性が高いので、名前を頭の中に入れておきたいと思います。
(きっと忘れないと思いますが・・・)

来季の指名で言えば、川島選手のコンバートもありますが、将来を担っていける高校生の二塁手の指名が必要かな?と考えている今日この頃です。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

川島選手は古巣二塁へコンバート検討へ

2007年12月27日 21時13分53秒 | 選手評価
本日の日刊スポーツの記事によると、即戦力として高く評価されながら結果を残せずに居る来季で3年目を迎える川島慶三選手の古巣である二塁へのコンバートが検討されているようです。
これは本人の意向というより梨田監督の要望の様ですが・・・。

私も前々から二塁手の賢介選手が怪我をした時のバックアップメンバーはどうするのか?今年のドラフトで指名はしないのか?と心配していたポジションでした。
まさか、川島選手を当ててくるとは?そういう手で来るとは思いませんでした。
まあ、冷静に考えて見れば有りかな?と思います。
現状の賢介選手の後釜だと、高口選手の名前が挙がってきますが、守備面では評価できてもバッティング面ではまだまだレベルの差が大きく、穴を埋める存在とまでは来ていません。
チーム内から探すとすれば、川島選手が正にうってつけの選手と言えると思います。

そもそも川島選手は大学4年間は二塁手として活躍。
抜群の身体能力を生かしたバッティングと足。そしてアクロバティックな守備で走攻守三拍子揃い、特に走塁守備面ではプロ並という評価だったと思います。
ただ、06年にドラフト指名時点で既に外野手転向が念頭にあった指名。
個人的にはなぜ?という思いでしたが、入団後、記事に寄ればヒルマン政権下では内野手としては赤点の評価(今日始めて知りましたが(^^;))でシーズン途中から外野を守る事が多くなったと思います。
シーズン中盤には賢介選手が二塁手のポジションをガッチリ獲得してしまいましたしね。
今季は外野手転向も、度重なる怪我などもあり1軍定着とは行きませんでした。
そんな中、外野は工藤選手の台頭でポジション獲得への壁が更に大きくなってしまいましたし、長打力のある糸井選手の評価も高い事から、このまま外野手として続けていても出場機会を得るのは難しいかな?という印象です。
もしファームで調整と言っても来季は大卒の村田和哉外野手、高卒の大平成一外野手の入団により出場機会は減るもの(ファイターズは若手の多くの実戦機会を与える方針ですから)と思いますから、二塁手への転向は良い事なのではないかと思います。
高口選手にも良い影響を与えそうですし。

ちょっと気になるのは毎年ポジションが変わると言うのは選手の心理状態にどんな影響があるのかですね。
外野手としての守備力はチームでもトップクラスと言われていますし、バッティングさえ良ければという状態だと思います。
コンバートすると守備に意識が集中してバッティングが落ちると言われますが、今回は、勝手知ったる古巣である二塁転向ですから問題は無いと思いますし、二塁の守備を極めて複数ポジションが守れるというのは出場機会の増加に大いに役に立ってくれるのではないかと思います。

問題はやはりバッティングと故障しがちな身体ですよね。
バッティングはやはり、粘れない淡白なバッティングが課題です。
ファームでは通用しても1軍では通用しないというのが現状だと思います。
ここをどう改善していくか?
豪快なフルスイングを残した1発狙いをそのまま続けるのか?
それとも足を生かした当てるバッティングに切り替えるのか?
個人的に言えば、川島選手の場合は豪快なバッティングは消して欲しくないのですが。
日本ハムからはここ数年ファーム暮らしの3年目の選手が1軍で活躍していますから、同じ流れを継いでブレークして欲しいと思っているのですが・・・。
故障しない身体づくりにも摂生をして作り上げて欲しいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント   トラックバック (1)

多田野投手、入団会見!!

2007年12月26日 21時59分14秒 | ドラフト
昨日、多田野投手の入団会見が行われましたが、流石に1人ですし、ドラフト1位でメジャー帰りの投手とは言え、中田翔選手ほどのインパクトがあった訳ではないので、それのどスポーツ紙で大きく取り上げる事がなかったですね。
コメントを見る限り、メジャー経験があるせいか、自信タップリでファンから観れば、頼もしいというより少々不安な感じがしました。
本人は、背番号16の元の持ち主、金村投手以上の成績を残すと言っていますが、金村投手を忘れ去れる活躍が出来ますか?
出来る事を期待したいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

鶴岡選手も結婚!!

2007年12月25日 22時03分54秒 | 1軍
鶴岡選手も結婚しましたね。
今オフで言えば、糸数投手、須永投手に続き3人目となるのでしょうか?

今年は、ダルビッシュ投手の専属捕手としてパ・リーグ優勝に大きく貢献しましたが、昨年と比べてば、後退した感が強い1年だったと思います。
今季はバッティングは.241⇒.203と大きく後退しましたからね。
バッティング上位の高橋選手には分が悪かったですね。
高橋選手もバッティングはそれほど当っては居なかったのですが・・・。
来季は打撃力アップが正捕手奪還には必須課題となってきそうです。
さて、正捕手奪還出来ますか?

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (3)

来春キャンプに”稲葉塾”開校へ!!

2007年12月24日 21時55分22秒 | キャンプ
来季の春季キャンプで稲葉選手が自費で”稲葉塾”なる会を開催したいと考えているようです。
来年36歳ですか?
コーチ兼任の中嶋捕手を除くとチーム最年長となりますからね。
この間、稲葉選手が日本代表で星野監督を見て将来は監督をやりたいという話が出た後に、この記事が出たので将来的にコーチ、監督になる為の勉強を兼ねているのかな?なんて思ったりしました。

それにしても稲葉選手の一つ一つのプレーはチームの模範ですからね。
稲葉選手の試合に取り組む姿勢、例えば凡打でも一塁への全力疾走とかを若手選手達に浸透出来れば、頑張ってやっているんだからこっちも応援しがいで出てくると思いますしね。
実際今年の1軍選手はどの選手も頑張っている姿は見て取れましたけど、来春キャンプに1軍に呼ばれそうな、市川、渡部選手らには稲葉選手の経験や姿勢というのは大きく影響を与えると思います。
中田翔選手なんかには稲葉選手の存在は大きいと思いますから、試合に取り組む姿勢など良いところをどんどん吸収して早く1軍定着出来るようになって欲しいと願っています。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

建山投手は来季も先発志望!!

2007年12月24日 21時33分26秒 | 1軍
来季プロ10年目を迎える建山投手は来季も先発に挑戦するとの事。
個人的には、建山投手の決意に賛成です。
今年は、何を今更なんて思っていました。
今年は先発候補は10投手近く居ましたから出番なんて無いと思っていたのですが、気が付いたら建山投手に先発ローテの出番が回ってきましたからね。
来年も、名前を挙げたら沢山居ますがいざ蓋を開けてみると、頭数が足りないなんて事もあると思います。
実際、名前の挙がっている投手と言うのは若手投手ばかりですから、経験豊富なベテラン投手が控えていると言うのは大きいと思うのです。

ただ、今年は怪我に悩まされて2勝4敗と期待されたほど活躍が出来ませんでした。
来季も怪我で悩まされるようだと苦しいと思います。
そう言えば建山投手は毎年怪我で途中リタイヤしていますね。
なんと1年間怪我の無く過ごす事が出来れば、大きなバックアップ戦力となると考えていますから、まずは怪我の無い身体作りを期待したいところですね。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

須永投手、結婚!!

2007年12月24日 09時58分48秒 | 1軍
今日のスポニチの記事によると、須永英輝投手が今月1日に結婚、19日に沖縄で挙式を挙げたそうです。

本人曰く「来年は今までの倍以上頑張らないと。楽させてあげたい」との事。
個人的には、入団からずうっと期待を掛けていただけに倍以上頑張れるなら、いままでは甘えていたと言う事ですか?
なんて、キツイ言葉も投げ掛けてしまいそうですが・・・。
人間、守るもの、支えなくては行けないものが出来ると、頑張れると。

今季は、春季キャンプはかなり期待されていたのが、終わってみれば左肩の故障で後半戦は棒に振った形。
チーム内でもライバルが毎年多くなり厳しい立場ですが、結婚もしたし監督も代わったし、コーチも変わり、切り替えるには良い年だと思います。
私の予想も先発ローテ候補としては最下位なんですけど、それを覆すような大逆転劇を!!

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント   トラックバック (1)