ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラフト指名選手・最終寸評

2009年10月29日 22時41分24秒 | ドラフト
2009年度ドラフト会議が無事に終了しました。
ファイターズは1巡目で菊池雄星投手の指名獲得へ向けて手を挙げるも6球団競合の中での抽選の結果、西武が指名権を獲得しました。
う~ん、残念でした。

今日の指名選手は以下の通りですね。
 1巡目:中村勝投手(春日部共栄高)
 2巡目:大塚豊投手(創価大)
 3巡目:加藤政義内野手(九州国際大)
 4巡目:運天ジョン・クレイトン投手(浦添工高)
 5巡目:増井浩俊投手(東芝)
 6巡目:荒張裕司捕手(徳島インディゴソックス)

投手4、内野手1、捕手1。

細かく分類すれば
 即戦力投手2、育成投手2、即戦力内野手1、育成捕手1ですかね。

多分狙って居た外野手が残って居れば指名に踏み切ったと思います。
残って居なかったので、1名投手に切り替えたのだと思います。
後、事前に左腕を狙って居る報道が多くされていましたが、フタを開けてみたら左腕はゼロですか。
正直、高卒左腕は数は揃って居たのであまり気にしてはいないですが・・・逆に津田投手が退団した事もあってエース候補の高卒右腕が欲しかったので良かったと思います。

内野手は前々から狙って居た加藤政義選手が指名出来ましたし、薄い先発ローテ候補投手が欲しいと思っていた中での大塚豊投手を指名出来たのは大きいですね。捕捕手は、狙って居た帝京高・原口捕手を寸前で阪神にさらわれて、代替選手として荒張選手を指名。
正直どんな選手が分からないのですが、今後色々な情報が出てきそうなので楽しみです。

正直、今年のドラフトは地味な指名選手になった感じがします。
4巡目以降が地味に感じるんだと思います。
きっと私が名前を知らないだけだと信じたい所で、自分の思いを覆す活躍を期待したいと思います。


最後に本日指名された選手の情報を纏めてみたので載せておきます。

1巡目:中村勝投手(春日部共栄高)
この春急成長で関東№1右腕と言われるまでになった本格派右腕。
MAX143キロながら急速以上の伸びがありフォームのバランスも抜群。
ピッチングも角度をつけた低めの制球力があり、ストレートと同じふりのスライダーを交えた緩急をつけたピッチングは打者を翻弄、今夏の県大会では9連続奪三振をマークした。
身体もまだまだ成長途中でプロで身体を作って言えば、スケールの大きな投手になれると将来性豊かな投手との評。
性格も強気でプロ向きとの事で将来のエース候補に成長できる逸材。

なんでも目標はダルビッシュ有投手との事で、本人の下で良い所を盗んで大きく成長して欲しいと思います。


2巡目:大塚豊投手(創価大)
現ファイターズの先発投手・八木智哉の後継者として大学に進学、1年目からエースとして活躍。
新東京大学リーグ新記録となる23連勝と通産41勝を記録した即戦力右腕。
ストレートのスピードこそ140キロそこそこだが、3種類のフォークと今年の大学選手権で4試合無四球という抜群の制球力を持つ。
また同大会で3試合連続完投勝利をあげるなどタフネスぶりが伺い知れる。
正に実戦的な右腕として即戦力として期待されます。

ファイターズの補強ポイントである右の先発ローテ候補として持って来いの投手だと思います。
今季途中に糸数敬作投手が急成長を遂げて先発ローテの一翼を担ったものの、後から出てきてほしい木下、植村、ダースはまだまだその芽を見せてくれない状態ですから。
ポジション的に榊原投手が中継ぎ、先発のどちらに回るのか?というのも気になりますが、切磋琢磨して欲しいと思います。


3巡目:加藤政義遊撃手(九州国際大)
前々から指名の噂が出ていた遊撃手ですね。
東北高校出身でダルビッシュ投手の1年後輩で、大学では1年目からレギュラーを獲得して、
今年の春は打率.468 3本塁打で2冠王、リーグMVPを獲得、日米大学選手権の代表にも選ばれて全試合で安打を放つなど大活躍、大学球界屈指の内野手。
遠投115m、50m5秒8の高い身体能力を兼ね備え、俊足、好守、強打の高いレベルで3拍子そろった即戦力遊撃手で、同大学からファイターズに入団し、ヤクルトへ移籍した川島慶三選手より体が柔らかくて強いから、ヘッドスピードが速いと打撃レベルは上との事。
守備に関しても本職の遊撃は勿論のこと三塁に守らせても抜群の守備を見せる様です。

チームとしては金子誠選手の後釜の遊撃を任せられる逸材でもあり、中田翔選手が三塁守備を干された経緯もあり、小谷野選手のバックアップとしても期待できる選手だと思います。
とにかく個人的にも期待の大きな選手ですね。
1年目からレギュラーを取るのは難しいと思いますが、小谷野、金子誠、二岡選手らに大いに刺激を与えて欲しいと思います。


4巡目:運天ジョン・クレイトン投手(浦添工高)
投球フォームやルックスから沖縄のダルビッシュと言われている、本格派右腕。
現在のピッチングはピッチングと呼べない程のモノだが、それでも140キロ後半のストレートと切れ味抜群のスライダーは超高校級でその素材だけ観たらプロの素材。
まだまだ伸びシロの長く、体が出来て、ピッチングを覚えれば素晴らしい投手になると思われる。
正直、時間の掛かる素材だと思って居ますから長い目で見守っていたい投手だと思います。


5巡目:増井浩俊投手(東芝)
181センチ67キロというスラリとした体躯から腕を柔らかくしならせて投げ込むストレートは常時140キロ超、MAX150というストレートに切れ味鋭いスライダー、フォークが武器で日本代表にも選ばれた本格派右腕。
ここぞという時に三振が取れる球威はピカ一との事で実力も十分で、即戦力として期待できる様です。
課題は、コントロールと安定感との事。
気になりますね。
プロで食っていく為いにはどれだけ安定感を出てくるか?悪いときには悪いなりのピッチング出来るか?
だと思って居るので。
やっぱり先発候補として期待していると考えてよいのでしょうか?
中継ぎは層が厚いですからね。


6巡目:荒張裕司捕手(徳島インディゴソックス)
日本航空二高(石川)から愛知学院大に進学するもプロへの夢を諦められずにたが数か月で中退し、徳島の入団テストを受けて入団。
入団2年目となる今年は、正捕手に収まり全試合に出場し以下の成績を残すなど実力を認められてフェニックスリーグの四国・九州ILの選抜メンバーに選ばれ、そこでスカウトの目に止まったものの思われる。

 打率.301(292-88)3本塁打33打点11盗塁

遠投110メートル強という強肩と、打率3割を記録したバッティングに加え、11盗塁とそれなり足があるようです。
それより、プロ入りしたいという芯の強さを買いたいですね。
来年21歳でチーム最年少捕手という立場になりますが、2年先輩である大野、今成捕手にどこまで近づけ、追い越せるか?
これからが大事だと思うので頑張ってほしいと思います。


今度は時間が出来たら、現有戦力に含めて考えてみたいと思います。
それより日本シリーズが先ですね。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

ドラフト6巡目は荒張裕司捕手(徳島インディゴソックス)

2009年10月29日 18時27分03秒 | ドラフト
ドラフト6巡目は荒張裕司捕手(徳島インディゴソックス)を指名してきました。
大学1年目で中退して独立リーグに入団した強肩110メートルを誇る強肩捕手だそうです。
20歳と若い捕手ですね。

予定:投手3、捕手1、内外野手1~2
 1巡目:中村勝投手(春日部共栄高)
 2巡目:大塚豊投手(創価大)
 3巡目:加藤政義内野手(九州国際大)
 4巡目:運天ジョン・クレイトン投手(浦添工高)
 5巡目:増井浩俊投手(東芝)
 6巡目:荒張裕司捕手(徳島インディゴソックス)

残り:投手0、捕手0、内外野手0~1

原口捕手は阪神に取られてしまいましたね。
残念です。
その変わりが荒張捕手だったのだと思います。
これで、今年のドラフトは終わりですかね。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

ドラフト5巡目は増井浩俊投手(東芝)

2009年10月29日 17時58分03秒 | ドラフト
ドラフト5巡目は増井浩俊投手(東芝)を指名してきました。
181センチ67キロと細身の右腕ですね。
正直、情報足らずですね。

予定:投手3、捕手1、内外野手1~2
 1巡目:中村勝投手(春日部共栄高)
 2巡目:大塚豊投手(創価大)
 3巡目:加藤政義内野手(九州国際大)
 4巡目:運天ジョン・クレイトン投手(浦添工高)
 5巡目:増井浩俊投手(東芝)

残り:投手0、捕手1、内外野手0~1

投手を4人行きましたね。
予定外でビックリでした。
後は、帝京大・原口捕手を指名できるか否か?

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

ドラフト4巡目は運天ジョン・クレイトン投手(浦添工高)

2009年10月29日 17時23分09秒 | ドラフト
ドラフト4巡目は運天ジョン・クレイトン投手(浦添工高)を指名してきました。
過去に指名の噂は聞いていましたが、ダース・ローマシュ匡投手とダブってしまいますね。
素質はあるけど、なかなか開花しない。
どうでしょうか?

予定:投手3、捕手1、内外野手1~2
 1巡目:中村勝投手(春日部共栄高)
 2巡目:大塚豊投手(創価大)
 3巡目:加藤政義内野手(九州国際大)
 4巡目:運天ジョン・クレイトン投手(浦添工高)

残り:投手0、捕手1、内外野手0~1

左投手を1枚指名したいですね。
眞下投手は先に指名されてしました(残念)
後は、帝京大・原口捕手、早稲田大・楠田投手を指名が予定されてます。
楠田投手はあるかな?

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

ドラフト3巡目は加藤政義遊撃手(九州国際大)

2009年10月29日 17時16分07秒 | ドラフト
ドラフト3巡目は加藤政義遊撃手(九州国際大)を指名してきました。
加藤選手は事前の情報通りですね。
金子選手の後釜として大いに期待されている即戦力遊撃手です。
三塁の守備力も高く、将来のチームの内野を支えてくれそうな選手です。

予定:投手3、捕手1、内外野手1~2
 1巡目:中村勝投手(春日部共栄高)
 2巡目:大塚豊投手(創価大)
 3順目:加藤政義内野手(九州国際大)

残り:投手1、捕手1、内外野手0~1

左投手を1枚指名したいですね。
眞下投手が残って居ますが、次まで残るかな?
後は、帝京大・原口捕手、早稲田大・楠田投手を指名が予定されてます。
楠田投手はあるかな?

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

ドラフト2巡目は大塚豊投手(創価大)

2009年10月29日 16時44分07秒 | ドラフト
ドラフト2巡目は大塚豊投手(創価大)を指名してきました。
いやーファイターズは確かに創価大とはつながりが強いですが、大塚投手の情報は全く入ってこなかったのでちょっとびっくりしました。

名前こそそれほど知られていないものの、即戦力右腕としてもしかしたら先発ローテ候補として数えられるだけの実力を秘めていると思います。

(投手3、捕手1、内外野手1~2)

1巡目:中村勝投手(春日部共栄高)
2巡目:大塚豊投手(創価大)

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

ドラフト1巡目は菊池外して、春日部共栄高・中村勝投手!!

2009年10月29日 16時18分30秒 | ドラフト
ふぅ~、菊池投手は西武ですか。
蓋を開けてみれば、6球団に絞られた菊池投手の指名権争い。
一番最初にくじを引いた西武が見事に菊池投手を引き当てましたね。

外れ1巡目で指名したのは春日部共栄高・中村勝投手でした。
この春からの成長著しい関東ナンバー1右腕でした。
左で行くと思ったんだけど・・・・

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

ドラフト会議直前情報!!

2009年10月29日 15時40分32秒 | ドラフト
今日4時から、運命のドラフト会議が始まりますね。

日本ハムのドラフトの記事によると今回のドラフトでは投手3名、野手2~3名の計5~6名を獲得する予定だそうです。

ドラフト1位に指名するのは、最多8球団の競合が予想される花巻東の菊池雄星投手。
もし外した場合は、智弁和歌山高・岡田俊哉投手、西条高・秋山拓巳投手、東海大望洋高・真下貴之投手の名前が挙がる一方で、即戦力候補として法政大・二神一人投手、立命館大・藤原正典投手、トヨタ自動車・中沢雅人投手やトヨタ自動車・荻野貴司外野手、NTT東日本・清田育宏外野手の名前もあがりました。

この事を考えると、他球団に指名されなければ外野手の指名も検討して居るみたいですね。

一方で高校生捕手として、帝京・原口文仁捕手を筆頭候補として下位指名を検討している様です。

又、四国・九州アイランドリーグ、高知の西本泰承内野手の指名も検討して居るとか。
こちらは、九州国際大・加藤政義遊撃手が他球団に指名された場合の代替選手としての様です。
となると加藤選手の指名順位は中位ぐらいを考えて居るのかも知れませんね。

さてどうなりますか?
結果はもうすぐです。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

佐藤吉宏選手が現役引退!!

2009年10月26日 23時40分21秒 | 入退団情報
今日になって佐藤吉宏外野手が現役引退を発表しました。

◎佐藤選手コメント
「このたび8年間の現役生活にピリオドを打ち、ユニフォームを脱ぐ決意をしました。今まで支えてくださったファンの皆さまへは感謝の気持ちでいっぱいです。特に札幌ドームで受けた歓声は生涯忘れられません。本当にありがとうございました。今後は球団スタッフという立場でこれまでと変わらず、ファイターズに貢献していこうと思います。」

との事です。

フェニックス・リーグの初戦に出場して4安打6打点と荒稼ぎしたのでまさかと思いましたが・・・。
時期もちょっと微妙ですし・・・本人からの希望でしょうか?
正直、昨年あたりからちょっと厳しいなあとは思って居ました。
昨年あたりから糸井、村田の両選手が外野の一角を狙うようになって居たので、今後出番はないかなーと思って居ました。
今年に至っては、糸井選手がレギュラーに定着し、村田選手も控えとして1軍に帯同するようになりました。
年下の鵜久森選手が20本塁打をかっとばして成長を見せれば、陽仲壽選手も外野にコンバート、中田翔選手も外野に挑戦という話も出て来ました。
こんな状態の中で来季があるのか?という思いは持って居たので・・・正しい判断だったのではと思います。

昨年初めて1軍に登録されて初打席で初本塁打、そして初ヒーローインタビューで流した涙は忘れません。
これからは球団職員として頑張っていくそうです。
お疲れ様でした。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

花巻東・菊池投手が国内表明で、ドラフト戦線が激化!!

2009年10月25日 20時10分21秒 | ドラフト
花巻東の菊池雄星投手が国内のプロに入団すると表明しましたね。
これで面白くなってきました。

山田GMの今日のコメントでは春から既に菊池投手を1位指名すると決めていた様なので競合覚悟で指名するのは確実ですね。
現段階では最大で9球団が指名しそうな状況です。
指名権を獲得できれば今年のドラフトは大成功ですが、確率は相当低いですからやはり、目下の注目は外れ1位になると思います。

さて、今年のドラフト戦略のマスコミからの情報は
 1.1位は高校生で行きたい。
 2.ドラフト指名人数は5~6名。
こんな所でしょうか?
また、先週発売の週刊ベースボールの記事に寄れば、下位指名で高校生捕手を指名するとの事。
ここら辺も予想通りにですね。
補強ポイントとしては
 1.先発を担える即戦力投手
 2.金子誠選手の後釜となる内野手(遊撃手)
 3.大野、今成に続く高校生捕手

ポジション別の指名予想を考えると、
 投手2~3(即戦力1、育成1~2)
 捕手1(育成1)
 内野手1~2(即戦力0~1、育成0~1)
という感じになるのだと思って居ます。

1位:菊池雄星投手(花巻東高)
外れ:岡田俊哉投手(智弁和歌山高)、眞下貴之投手(東海大望洋高)、
   今宮健太内野手(明豊高)、山田修義投手(敦賀気比高)
   伊東昂大投手(盛岡大付高)
2位以下:
   加藤政義内野手(九州国際大)、川原弘之投手(福岡大大濠高)
   河野元貴捕手(九州国際大付属高)、楠田祐介投手(早稲田大)

こんな感じでしょうか?

1位は菊地投手で決まりで、外れ1位候補としては岡田、眞下、山田、伊東ら有望な高校生左腕を中心ですが、場合によっては身体能力が高い今宮の指名に方向転換すると思われます。
2位以下では、遊撃の即戦力候補として加藤遊撃手の可能性が高いですね。
遊撃に加えて三塁も守備力も高いがの大きいです。
中田翔選手が三塁を守れないというのが分かったので、小谷野選手の後釜としても期待されていると思います。
下位指名で高校生捕手や、楠田投手と言った準即戦力投手の指名となるのでしょうか?

クライマックス・シリーズも終わり、日本シリーズが31日ですから今週のプロ野球界はドラフト一色になると思われます。
これから各球団の指名選手の情報がどんどん出てくると思いますから、その情報には敏感に反応していきたいと思います。
可能であれば、ドラフト当日は午後は休暇を取って準備したいと思っています。

去年はマスコミも同様に相当予定を外したからなあ・・・今年はどうなることやら。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (1)