ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

外野のレギュラー争いのライバル紺田、糸井の契約更改!!

2008年11月29日 22時20分12秒 | 契約更改
今季、守備固めから脱皮して先発出場も試合数も増やした紺田敏正選手が、500万アップの2100万で契約更改を果たしました。(スポニチ北海道北海道新聞社日刊スポーツ
アップの理由は、代走など途中出場が多いながら、その中での32得点、14盗塁とどちらも自己記録を大きく更新したのが大きく評価されたとの事。

今季は、稀哲選手が故障の時にちょうど打撃も好調でレギュラー獲得まであと一歩という所まで行ったんでしたね。
その直後に、糸井嘉男選手が復帰してきてポジションを取られてしまった訳ですが・・・。

来年はもう29歳ですが、実力は年々レベルアップしてきていますし、来季は更なるアップが見込めると思います。
守備、代走要員としては既にポジションを獲得していますが、来季は両面で更に成績を残して欲しいと思います。

正直来季のレギュラーの獲得を考えた場合、1歳下に糸井嘉男という強烈過ぎるライバルが居ますのでなかなか難しい所。
首脳陣も糸井選手に賭ける期待というのは、高いものがあってその期待を超えてまで紺田選手を起用させる気にさせると言うのはかなり結果を出す必要があると思います。
盗塁技術を磨いてバンバン走り、途中出場でも30を超えるぐらい目指して欲しいですし、打撃に関しては、単打でいかに塁に出るかといういやらしいバッターを目指して欲しいですね。
今季は稀哲選手が不調でしたし、まだ右肩の故障が癒えていないようですから、来季も同じようだと、外野の出場機会も増えてくると思います。


ちょっと前の話ですが書けなかったので、外野手繋がりで糸井嘉男選手の契約更改の話も。
26日に契約更改を行い倍増近いアップで1800万で契約更改を果たしました。
スポニチ北海道北海道新聞社日刊スポーツ

チーム№1と言われる高い身体能力でずうっと期待されてきて怪我もありましたがようやっと今季1軍定着しましたね。
63試合に出場して打率.239 5本塁打21打点13盗塁。
打撃も粗かったですが、5本塁打とスラッガーとしての片鱗は見せてくれましたし、13盗塁と快足ぶりも大いにアピール。
守備面でも快足を生かした守備範囲の広さもアピールし更にはチーム随一の強肩ぶりで相手走者の出足を鈍らせるケースがなんど逢った事か。
今回の倍増近い年俸アップ率はこの強肩を生かした守備力で勝ち取ったと考えても良いと思います。
本人も、守備、走塁面では大きな自信を持ったと思います。
シーズン序盤は、全ての面に不安がありなかなか全てを出し切ることが出来なかったと思いますが、守備走塁で自信を持った事により来季は課題である打撃により集中できるのではないでしょうか?
来季は、とにかく今季以上の打撃成績を目指して欲しいですね。
打率は2割7分以上、本塁打は15本以上・・・ついでに盗塁は30は行ってほしいところです。
ちょっと過大に期待しすぎかもしれませんが。
逆に、来季も同じような成績であれば、首脳陣も考え直すかもしれませんが、工藤隆人選手を放出した理由として糸井選手の成長があったと思いますし、とにかく来季、勝負の年としてレギュラー取りに勝負して欲しいと思います。

来季は、工藤隆人選手が抜けたものの外野手のレギュラー争いはかなり激化してきそうですね。
稲葉篤紀選手が身体の具合を考えてレフトや一塁、DHでの起用もあるようですし、森本稀哲選手のレギュラーポジション剥奪となりレギュラーは白紙状態となりました。
センターのレギュラー候補としては稀哲、紺田、糸井、そしてイースタンで盗塁王に輝いた村田和哉選手の4選手。
新庄選手から引き継いだセンターを守ってきた稀哲選手がやはり実績が一番ですが、怪我をしてから好守共に精彩を欠いてきたのが気になるところ。
来季はこの不調をバネに奮起が予想されるものの、シーズン終盤に痛めた右肩の故障が未だ癒えていないという情報もあり、万全な状態で来春のキャンプに入れるか?
気になるところです。
次候補としてあげれられるが糸井選手。
新庄選手が引退した翌年、実はポジション争いでダークホースとして名前が挙がったのが糸井選手でした。
その時はまだまだ野手としての経験不足が露呈して見送られましたが今季は68試合に出場するなど経験もだいぶ積んできましたし、何よりあの強肩は大いに魅力です。
紺田選手は、守備の経験では稀哲選手に匹敵するものがあります。
まずはレギュラー争いに勝ち残る事が大事ですが。
村田選手はイースタンではセンターのレギュラー。
快足を生かした守備範囲の広さもありますし、肩もまずまずと言う事であとは打撃が1軍に通用するか?となると思います。

正直来季のセンターのポジション争いは稀哲VS糸井の一騎打ちとなるような気がします。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (2)

金子誠選手、二岡選手にポジション譲渡も!!

2008年11月29日 21時16分56秒 | 契約更改
昨日、金子誠選手の契約更改が行われましたね。
今季は度重なる故障の影響で3年ぶりに出場試合数が100試合を切り、打率も.216と低迷、この成績が大きく響いて、900万ダウンの8100万で契約更改。(スポニチ北海道北海道新聞社日刊スポーツ
年俸1億まで後一歩という所まで手が届いていたのに・・・もう厳しいかな?

更には契約更改後の発表で、遊撃のポジションをスケールの大きな二岡選手に譲るとも取れる発言も出た様です。
冷静に自分の実力を把握しているというか、チームが強くなる事を考えれば二岡選手が遊撃を守って、クリーンナップに入るのが良いと考えるもの判らないわけではないです。
正直、私も今季の金子誠選手ならば来季は二岡智宏選手か?陽仲壽選手が守るのがベストと思っています。
そして金子誠選手は内野の守備要員として準備してくれれば、心強いと思いますけど。

が、6年間も遊撃も守ってきて選手会長も担ってきた金子誠選手には俺がファイタイーズの内野も率いてきたというプライドを出して欲しかったかな?とも思います。
金子誠選手らしいといえば、らしい発言ですけど。

冷静に分析すれば来季の金子誠選手は他選手との争いではなくて、まずは自分との戦いとなると思います。(記事にも書かれていますが)
長年、プロ野球生活をしてきて慢性の怪我もあるのですが、いかに怪我をしない状態でキャンプに入れるか?シーズンを乗り越える身体が作れるか?になると思います。
怪我が無ければ、総合力で二岡選手ともポジションを争えるとも思います。
来年は34歳ですか。
あとどれくらいプロ野球選手で居られるか?分かりませんが、ベテランらしいプレーをみせて頑張ってほしいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (2)

1軍の契約更改が始まる!!

2008年11月28日 00時12分25秒 | 契約更改
昨日から、1軍選手の契約更改が始まりました。
武田勝、多田野、坂元、宮西、中嶋、飯山、小田、糸井、高口の9選手が契約更改しました。

まずは武田勝投手
今季は20試合に登板して8勝7敗、防御率2・96とまずまずの成績を挙げたものの、練習中に打球を左手親指に受けて骨折、2ヶ月間戦線を離脱したのが大きく響いてプロ入り初となる900万減俸の7600万で契約更改。
北海道新聞社スポニチ北海道
怪我が無ければ2桁は確実でしたね。
終盤の体力が切れる頃に調子を落としたのも気になる所で、来季は1年間通した体力づくりに励んで欲しいと思います。
来季も安定感抜群のピッチングを期待したいです。

次に多田野数人投手
自主トレ中に不注意で骨折をして出遅れたものの5月に1軍復帰、その後は先発ローテの一角として19試合に登板して7勝7敗、防御率4.78とまずまずの成績を残しました。(北海道新聞社
ちょっと防御率が悪い気がしますが、武田勝投手とは元々貰っている額が違いますから、こちらは800万アップの3800万。
どの球団も初戦は好投しましたが、2戦目は攻略されているのが気になりますね。
来季は、更に研究されてくると思いますから、そこでどう結果を残していくか?勝負になりますね。

宮西尚生投手
ルーキーながら左の中継ぎとして孤軍奮闘、50試合に登板した事が評価されて倍増の2000万で契約更改。(日刊スポーツ
登板過多で疲れが来季に残らないかちょっと心配ですが、今季の経験は来季に大きく活きると思います。
それに来季は左の中継ぎが1枚と言う事はならないと思いますから、負担は減ると思いますので、来季も左の中継ぎとして期待です。

坂元弥太郎投手も、予想外にロングリリーフとしてこんなに活躍してくれるとは思いもしませんでした。
31試合に登板して6勝1敗、防御率3.18で、年俸は850万アップの2400万で契約更改。(日刊スポーツ
坂元投手のおかげで何試合を勝利に導いてきたかは勝ち星が物語りますね。
なんでも来季は抑えという話も出てきている様ですが、適正的には先発向きと言う事で、抑えよりは今季のようなロングリリーフが適任だと思います。

なんか時間がなくなってきたので、今日はこの辺で。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (2)

林投手も入って左投手陣は今季以上に期待が持てるはず!!

2008年11月27日 23時09分19秒 | 入退団情報
昨日は時間が無くて書けませんでしたので、林昌範投手について。

背番号は19番。
ほぼエース級の期待度でちょっとビックリしています。
単身赴任にするかどうか悩んだ末に、札幌に家族そろって移住を決めるなど日本ハムで暫くは活躍する覚悟を示してくれましたので、応援したいと思います。

球団としてはポジションは先発か?左のセットアッパー?抑え?か現状では明言しませんでしたが、本人はマイケルの抜けた抑えを希望しているようですね。
怪我の回復具合が分かりませんが、大きく期待したい所です。

これで補強ポイントだった左腕投手をだいぶ厚く出来たのでは無いでしょうか?
来季の1軍戦力として期待したい左腕投手は

藤井秀悟(32)、武田勝(31)、ウイング(27)、八木智哉(26)、林昌範(26)、宮本賢(25)、須永英輝(24)、宮西尚生(24)、吉川光夫(21)、豊島明好(20)

の11投手でしょうか?
2年目の浅沼投手、ルーキーの土屋投手の2投手以外は全員候補になると思います。

この中で今季戦力になったのが、以下の3投手ですね。
 先発:藤井、武田勝
 中継:宮西

来季の戦力としてバランスを考えると先発1、中継・抑えで2の3投手程出てきて欲しいと考えます。

先発として期待したいのは
 本命:八木、吉川
 対抗:ウイング、林
 穴 :須永

中継ぎ・抑えとして期待したいのは
 本命:林、ウイング
 対抗:山本、宮本
 穴 :吉川、豊島

という感じでしょうか?
名前だけ観るとだいぶ期待できそうですね。
昨年よりはだいぶマシだと思います。
ウイング投手が未知数ですし、林投手の故障の復調具合が大きな鍵を握っていると思います。
後は八木投手の復調具合と、ハワイ帰りの吉川投手の成長度に期待ですね。
同じくハワイ帰りの山本投手も居ますが、中継ぎをやっていた割には登板間隔が長いのが多少気がかりな所です。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (2)

噂のライアン・ウイング投手との契約合意を発表!!

2008年11月27日 21時43分41秒 | 外国人・補強
以前、記事に上がっていたライアン・クリストファー・ウイング投手(26歳)との契約が合意し、獲得の発表がありましたね。

今季3Aで中継ぎとして47試合に登板して防御率2.33と安定した成績を残したので、基本的には左の中継ぎとして期待されていると考えるのが妥当でしょうか?
適性によっては先発も考えているとの事ですが。
速球派?剛腕派?技巧派?どんなピッチングスタイルなのか良く分かりませんのでなんとも言えませんが、活躍して欲しいと思います。

ライアンと言えば、ライアン・グリン投手との契約交渉は未だ続けられているのでしょうか?
基本的には日本ハムは、余剰戦力となる外国人は保有しない方針だと思っているので、すぐに出ると思うのですが・・・明日出るかな?

これで来季の戦力はほぼ確定ですかね?
投手に関しては、かなり先発、中継ぎ、抑えのシャッフルがありそうなので難しいのですが、週末に時間があったら来季の戦力予想を考えてみたいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (2)

二岡、8500万減の1億1000万で契約。背番号は23。

2008年11月26日 22時58分17秒 | 入退団情報
1日遅れで記事を掲載して行きますが、昨日、二岡智宏選手と、林昌範投手の入団会見がありましたね。

二岡智宏選手は、今年の推定年俸1億9500万から野球協約が定める40%を超える8500万減の1億1000万+出来高払いで契約、背番号は、今年まで尾崎匡哉選手が付けていた23番に決定しました。

各新聞社の記事です。
スポニチ北海道道新スポーツ北海道新聞社

まあ個人的には、出来高払いはあるけれど良くそこまで下げられたな?二岡選手が納得したな?と思います。
個人的な予想では1億5000万を切れれれば御の字と思っていたので。
逆にこれだけ下げられると計算していたのかもしれませんね。
これなら、目的の一つである経費削減トレードが成功と言えると思います。

梨田監督は、二岡選手に対して5番か6番を考えているようです。
順当に行けば、ショートかサードのポジションをゲットするのか確実で、大きな戦力になってくれると思います。
その上、二岡選手の存在のお陰で、中田翔選手、陽仲壽選手のライバル心に火を付けてくれましたので、2人のレベルアップに大いに役立ってくれそうです。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (4)   トラックバック (1)

幸雄さんが早ければ10年にもコーチで現場復帰へ!!

2008年11月25日 23時37分43秒 | その他
今日のスポニチ北海道の記事に驚きの記事が掲載されていましたね。

07年に引退したミスターファイターズ・田中幸雄氏が早ければ10年にも打撃コーチ就任する可能性が出て来た様です。
話によると、昨季に引き続き今季も打撃コーチの就任要請をした模様だが、長年プロ野球生活をしてきた結果の身体の故障が思うように改善されずに固辞してきたとの事。
ただ、その身体もだいぶ改善してきたと言う事で、もし来年オフにでも就任要請があれば前向きに検討したいという考えるようです。
球団としてもそれを考えて、来季の打撃コーチに関しては福良ヘッドを打撃コーチとの兼任としたようです。
それを考えると、10年にも打撃コーチへの就任要請と大いに考えられると思います。

記事によれば、史上35人目となる通算2000本安打を達成するなど実績もあり、更には良き兄貴分としてナインに慕われ、理路整然とした打撃理論も定評があるとの事。

ただ個人的には名打者がコーチに向いているのかというとそうではないと考えています。
別に幸雄さんのコーチ就任を反対している訳ではないのですが、実際、一度もコーチ経験が無い訳ですし、いきなり1軍の打撃コーチと言うのは荷が重いのではないかと思います。
以前の白井一幸元ヘッドコーチや、今年の大村巌打撃コーチのようにファームでコーチ経験を積んでそれから1軍に上がってくるのが筋ではないかと思っています。
将来的には監督と言う思いも持っていますが、まずはファームのコーチから一歩ずつ進んで言って欲しいと思う今日この頃です。

その為にも幸雄さんには今季はコーチになると言う目でしっかり勉強して欲しいですね。
今の所、解説者の専属契約はしていないようですが、ぜひ行って欲しい所です。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

左肩も癒えた八木投手、来季こそ復活を!!

2008年11月24日 19時58分38秒 | 選手評価
ルーキーイヤーに12勝8敗で新人王に輝いた左腕・八木智哉投手も左肩の故障が長引きで昨年は4勝6敗、今季に至っては1勝1敗という首脳陣を裏切る成績で900万減、2年合わせると1700万の大幅減となってしまいました。
昨年はともかく、今季の成績では仕方が無いですね。
正直2000万台まで落ちるかと思いましたけど。

ただ記事に寄れば、2年間の不調の原因だった左肩の故障はほぼ完治とのこと。
ピッチングフォームも新人王を獲得した時から大きく変えて来季に挑む事になりますね。
今年の1年を観る限り、調子の良い時は素晴らしいピッチングを披露するものの、時々ある1イニングだけ、嘘のように打たれてしまう。
ピンチの時に粘りが無いのが玉にキズ。
ここはどうしても克服できなかった感じがします。
来季にどう修正してくるか?
ここが修正できれば、復活が期待できると思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (5)

ハワイで自信を掴んだ吉川光夫投手の来季に期待!!

2008年11月24日 17時51分39秒 | 選手評価
昨年は高卒1年目ながら先発ローテの一角に入り4勝3敗、防御率3.66と及第点の成績を残し、今季の大きな飛躍を期待された吉川光夫投手
今季も、威力の有るストレートを軸に開幕時は先発ローテ入りを果たしたまでは良かったのですが、7試合に登板して2勝4敗、防御率6.23という散々なピッチングで交流戦前にファーム落ちして、そのまま1軍に戻ってくる事は無かったですね。
イースタン・リーグでも17試合に登板して3勝7敗、防御率6.48。
完全に2年目のジンクスにハマってしまった感じですね。

それでも球団の期待は大きく秋にはハワイ・ウィンターベースボールには派遣されると、ワイキキ・ビーチボーイズの先発ローテの一角に定着して8試合に登板し4勝2敗 防御率4.21とまずまずの成績を残す事が出来ました。

 1試合目:4.0回3安打0失点1四球7三振
 2試合目:4.2回4安打4失点1四球4三振
 3試合目:5.0回2安打0失点1四球3三振
 4試合目:5.0回5安打1失点3四球5三振
 5試合目:6.0回4安打0失点0四球9三振
 6試合目:4.0回8安打5失点1四球6三振
 7試合目:3.0回7安打6失点4四球3三振
 8試合目:5.0回4安打1失点2四球6三振

安定感に欠けた印象ですが、36.2回で43三振とイニング数を上回る三振数は評価しても良いと思います。
それに8試合目は優勝決定戦での先発登板で見事にチームの優勝に貢献した訳ですし、この経験は来季に生きて来るはずです。

スポニチ北海道版の記事によれば、成績以上に現地のコーチにチェンジアップ、ツーシーム、フォームなどの球種を教わり、その中でチェンジアップがモノになりそうとの事。
チェンジアップが完成すれば投球の幅も広がり、ニュー吉川が観られそうとの事。
契約更改では100万ダウンの1400万でサインしたものの、気持ちは既に来季に向かっているようでよほそハワイでの経験が自信になったのだと思います。

来季は、梨田監督から抑えをやらせたらという腹づもりもある様でどこで投げる事になるか未定のようですが、本人曰く、とにかく1軍で働きたいという強い意思が見えていますので来季は大いに期待したい所です。

個人的にはダルビッシュ以降、若い先発ローテ投手が出てきていないだけに吉川投手には先発をやってほしいという気持ちの方が強いですが、将来を考えると一度は中継ぎでピンチの中で投げるのも大きな経験になると思います。
あの金村投手も初めは中継ぎから入りましたしね。

将来のエース候補に期待です!!

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

WBC1次候補として日本ハムから5選手が選出!!

2008年11月24日 09時48分33秒 | その他
ここ数日間色々ありまして(・・・まあ社員旅行なんですけど)、お休みしていましたが、今日からまた再開です。

先日の日刊スポーツの記事によりますと、WBCの1次候補選手として日本ハムから5人の選手が選出されました。

 ダルビッシュ有投手
 武田勝投手
 稲葉篤紀選手
 高橋信二選手
 田中賢介選手

名誉なことだと思いますが、北海道新聞社梨田監督の発言ももっともな事で、早く決めて欲しい所ですね。

この中で個人的に正直WBC入りして欲しい選手は、ダルビッシュ有投手田中賢介選手
ダルビッシュ投手は怪我などが無ければ、間違いなく代表入りするでしょう。
賢介選手は、是非WBCに出場して更に大きく成長して欲しいと願っています。
二塁手のポジションは激戦区ですが、抜群の守備力でぜひ勝ち残って欲しい所です。

一方、稲葉篤紀選手は今季は怪我で泣かされましたから、1ヶ月早くピーク時を持ってくるのはかなりの負担になってくると思います。
2000本安打を目指している訳ですから、もう別の負担を与えたくないというのが本音です。
武田勝投手は、1年間を通して体力が続かないので、1ヶ月早くピークを持ってくるのはシーズンに大きな影響を与えそうなので・・・。
高橋信二選手・・・WBCに選ばれるのは正直驚きです。
他にもっと良い選手が居るだろう!!ってな感じです。

この中から実際にだれが代表に選ばれるか分かりませんが、選ばれたら頑張ってほしいですね。
最終召集は2月15日ですか?
もっと早くならないですかね?
梨田監督ではありませんが、外された選手のモチベーションは体調維持を考えると出来れば今年末ぐらいに30人に絞って欲しいですね。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (2)   トラックバック (1)