ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダルビッシュで札幌ドーム戦を制し、CSへ僅かな望みを繋ぐ!!

2008年09月29日 21時39分19秒 | 1軍
札幌ドーム最終戦。
今日負けるとCSシリーズ進出が完全に断たれるだけに絶対に負けられない試合に先発したのはエース・ダルビッシュ有投手
そのダルビッシュ投手は期待に応える素晴らしいピッチングを見せてくれました。
1-0で迎えた7回に2死から四球がらみで同点に追いつかれたものの、9回を投げて5安打1失点12奪三振の完投で、最終戦を見事に勝利を収めてくれました。
これで自己新となる16勝目を挙げると共に年間200奪三振を達成しました。
流石はダルビッシュ投手でした。

千葉ロッテもエース級の小林宏之投手の前に5回迄僅か1安打に抑えられるものの6回に田中賢介選手が0-0の均衡を破る右中間への先制ホームランを放てば、同点に追いつかれた8回の攻撃は良かったですね。
今季売出し中の糸井嘉男選手が、本日2三振の小林投手の外角の球を鋭くレフト線へ流しての2塁打。
次の鶴岡がバント失敗で流れが止まったかと思いましたが、
ここで本日選手登録された坪井智哉選手を代打に起用。
9月はイースタンで絶好調でしたから大きな期待をしていましたが、その期待に見事に応えてくれました。
2ナッシングと追い込まれるものの、内角に沈む変化球を見事に捕らえて一二塁間を破るヒットを放って1死1、3塁と再び流れ戻す。
そして、今日先制弾を含む2安打の賢介選手が、代わった川崎投手からセカンドゴロ。
ダメと思ったとたん、セカンド塀内がハンブル。
急いでバックホームしたものの果敢にホームに突っ込んだ糸井選手の快足が勝って勝ち越しに成功しましたね。
やはり糸井選手の快足は大きな武器ですね。

とにもかくにも今日勝ったのは大きいですね。
これでオリックスが負けてくれると嬉しいのですが・・・。
望みは薄いけれど、後1戦を勝ってCS進出への可能性を繋げて欲しいと思います。

無理な事だとは分かっているけれど、明後日の試合もダルビッシュ投手が先発してくれないだろうか?
と切に願ったりする今日この頃です。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (3)   トラックバック (1)

ファームの2008年を振り返ってみる(先発投手編)

2008年09月28日 23時47分37秒 | 鎌ヶ谷
昨日でイースンタン・リーグの全日程が終了しましたね。
昨日も書きましたが、日本ハムは33勝61敗2分で首位ヤクルトから24.5ゲーム差という想定外の大差を付けられてのぶっちぎりの最下位に屈しました。

この大きな原因は、投手陣の崩壊と言っても過言ではありません。
昨年は防御率3.87でリーグ3位を記録したのですが、今年は防御率5.38で最下位というのが非常に大きかったと思います。
ただ、若い投手が多いチームですし結果は結果として受け止めたいですが、仕方が無いかな?と妥協できる部分ではありますが。
ただ、気になったのがファームから1軍に供給できた投手が少なかった事。
育成で強くしていくチームが・・・。

今回は先発投手について振り返ってみたいと思います。
開幕時、1軍はダルビッシュを中心にグリン、藤井、武田勝、吉川、スウィーニーの6投手を回す事が決定し、ファームではバックアップ投手と、将来を睨んだ若手投手の育成が任務でした。
先発のバックアップとして、八木智哉投手金澤健人投手多田野数人投手の3投手の調整。
若手の育成として、木下達生投手ダース・ローマシュ匡投手須永英輝投手が起用されました。
その他、適性を見る意味で、菊地和正投手や豊島明好投手も起用されましたね。
結果、多田野投手は1試合登板しただけで1軍に抜擢され、若手のホープ・ダース投手も先発に大抜擢されるなど、順調に行っていたと思います。

ただ、その後計画が大きく崩れます。
交流選に入ってから1軍の先発ローテ投手が故障なり、不調で次から次へとファーム調整に。
武田勝藤井秀悟吉川光夫・・・3投手がそろってファーム調整となってしまっては若手選手の登板機会が激減。
更にはその間、ダース、木下が故障や不調で投げられなくなってしまいます。
本当であれば、1軍の先発ローテが不調の間にファームから抜擢される投手が居なければ行けないはずが・・・
誰も推薦できない。

武田勝、藤井の両投手が1軍に戻っても、若手の抜擢が出来なかったのが痛かったですね。
8月以降の主な先発投手は、八木智哉投手須永英輝投手吉川光夫投手宮本賢投手
書いて見ると皆左腕ばかりですね。
宮本投手は、1軍の中継ぎで結果を出せなかったので先発としての適性があるのではと言う事で起用されていると思うのですが・・・結果が全く出せなかったです。

本当であれば、宮本投手の変わりに木下なりダースなりの若手右腕が入っているべきなのに・・・。
更に言えば8月は試合数が極端に少なくなっていたのも大きかったですね。
多分10試合ぐらいしかなかったと思います。

終わってみれば、1軍に供給出来た投手が0だったのが痛かったですね。
多田野投手は1試合しか登板できていないし、即戦力ルーキーだから2軍から供給したとは言えない。
結論から観ればシーズン中盤に1軍の不調をモロに受けたのと期待の若手が故障したのが大きかったですね。
仕方が無いのかもしれませんが、1軍の不調で左右されるファームの起用方針も何とかしないと。
その上、あれだけ実績の有る投手を調整登板させているにも関わらず、1軍で挙げた勝利は八木投手の1勝ぐらいでしょう?
流石に、ファームのあり方を疑いたくなってしまいます。

それにしても今シーズン随分成長したなー!!来シーズンが楽しみだなー!!と思わせてくれる投手が出なかったのが非常に残念です。
(春ごろには五輪で抜ける穴はダース投手が埋めると言っていたのが懐かしいですねー)

来シーズンは、投手の怪我の防止。
それと可能性の高い若手をもっと積極的に使うように変えたいところですね。
厚澤コーチはえらく金澤投手を買っているようですが、個人的には金澤投手を使うよりはもっと若手にチャンスを与えて欲しいですし、須永投手に関しても来年開幕で1軍に入れなければ、切り替えて欲しいです。
高校生を育成して1軍に供給するのを前面にうたっている球団なのだから。

ちょっとキツく記事になってしまいましたが、今シーズンの本音を吐き出させて貰いました。
異論反論が有るかと思います、そこらへんは大目に見て下さい。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

あぁ~、中継ぎが崩れて逆転負け!!CSが遠のく敗戦!!

2008年09月28日 17時05分22秒 | 1軍
千葉ロッテにまさかの逆転負け。
それもホーム・札幌ドームで。
痛い敗戦ですね。
2位のオリックスが気の抜けた西武相手に大きくリードしているようですし、このままオリックスが勝利すると、CS進出に向けて大きく後退する事になります。

今日の試合は、中継ぎ投手が全てでしたね。
GAORAの解説の光山さんが登板過多の建山、登板過多の建山と口がすっぱくなるぐらい言っていましたが、その建山義紀投手
不運なプレーが続きましたが、1死1、2塁のピンチというここぞと言う場面での二者連続でど真ん中への制球ミス。
私はその時にサジを投げました。
不調時の建山投手の課題がそのまま現れる形で終わってみれば4連打で逆転。
その後の武田勝投手も打たれて4失点。
この時点で万事休すでした。
昨日の試合で調子を落としていると分かっていたのに、起用したのは首脳陣の責任。
とは言え、ここ終盤に来て中継ぎを担ってきた武田久投手宮西尚生投手が不調になり建山投手しか頼れる投手が居なかったという複線が有る訳ですが。
その為に建山投手が登板過多になってしまった訳ですし。
本当であれば、終盤の苦しい時期に他の中継ぎ投手を用意出来なかったのはファームの責任と連鎖的になりますね。
菊地和正投手などと試したのだけれど結果を残す事が出来なかったのが大きいのかな?と。
結果的にチームが終盤戦に新たなる中継ぎを投入できなかったのが大きかったのかな?と思います。
それに比べると昨年は、終盤に右の金森、左の山本の2投手を上手く使って他の中継ぎ投手を疲れを分散させる事が出来たのが良かったのでしょうか?
江尻投手を潰してしまったという事もありましたが・・・。

今思えば、中継ぎで昇格させた星野八千穂投手を1試合も登板させずに降格させたのが大きかったのかな?と思います。
(コーチが観て不調だったから下げたのか?それとも故障したのか?原因は分かりませんが)
代わりに上げた陽仲壽選手は全く戦力になっていませんし。
残していれば・・・。
要するに、終盤戦に当って中継ぎを厚くするか?野手を厚くするか?で判断を誤ってしまったという事でしょうか?

まあ、そんな愚痴を言っても仕方が無いので、とにかく明日ですね。
明日負ければほぼCS進出は無いと思って良いので、最後の最後、振り絞って勝ちに行って欲しいと思います。
ダルビッシュ、もう一度チームを奮い立たせる好投を見せてくれ!!

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (6)   トラックバック (1)

稲葉200号メモリアルアーチで5連勝で2位が目前!!

2008年09月27日 20時28分08秒 | 1軍
今日の西武戦。
昨日、リーグ優勝を決めた西武の選手達は朝方6時迄飲んでいたにも関わらず、だいぶ苦戦してしまいましたね。
とりあえず勝ててホッとしましたね。

初回に稲葉篤紀選手が今季20号、通算200号のメモリアルアーチで先制。
最近、記録を意識してか?ホームランがなかなかでなくなってどうなるかと思いました、地元札幌ドームで見事に記録達成ですね。
それも、完璧な当たりでライトスタンド上段へ突き刺さる文句なしのホームラン。
記録を達成した事で、稲葉選手のバットから力みが無くなって、後3試合での大爆発に期待したい所です。

先発のグリン投手も8月以降は調子を取り戻し気が付けば7勝目を挙げました。
いやー良かったです。

これでチームも5連勝を達成し、明日からはCS争いの宿敵である千葉ロッテとの直接対決2連戦。
千葉ロッテもここの所3連勝と調子が上がってきましたので、素晴らしい試合が展開されるのでは無いでしょうか?
その中でも是非2連勝で乗り切って欲しいと思います。
2位のオリックスも楽天に2連敗でゲーム差僅かに0.5と2位が見えてきましたし。
札幌ドームでCSを行う為にも明日の試合の先発・藤井秀悟投手に過去セ・リーグ最多勝に輝いた頃の様な素晴らしいピッチングを期待したい所です。
コメント (3)   トラックバック (1)

多数の選手交代の弊害か?最後は二塁に大平選手が!!

2008年09月27日 20時07分26秒 | 鎌ヶ谷
本日のジャイアンツ球場の試合を持って終了した日本ハムのイースタン・リーグ。

打線の方でも退団の可能性の有る選手が登場しました。
プロ入り8年目を迎えた駒居鉄平捕手
関西創価高から入団した当時無名の捕手でしたね。
1年下に現巨人の野間口投手が居たので、野間口投手の獲得の下地として獲得したのではないかと噂がたっていましたね。
実際は野間口投手は大学進学を希望して入団せずに終わりましたが。
捕手らしい捕手として期待されたものの、ファームでもポジション争いに負けてファームで燻り続けて8年が経ってしまいました。
今季1軍は、高橋、鶴岡が出張り、ファームでは今成、渡部の2選手を競わせてレベルアップを図らせる育成方針の為、ほとんど試合出場が無かったです。
たまに若手投手の相手役として出場するぐらいだったでしょうか?
ただ、日本ハムには捕手数が少ないのでブルペンでの活躍が多かったのかな?と思ったりしています。
5回表に今日は代打で登場し、2イニングでマスクを被りお役御免となりました。
どうでしょうかね?
今年のドラフト会議で、捕手に関しては名前が挙がっていないので。
もし駒居捕手が退団と言う事になると、コーチ兼任の中嶋捕手を入れて6名ですから、必ず捕手を指名することになると思います。
指名するかの判断は、駒居捕手の去就に掛っています。

今秋にドラフトで外野手獲得の記事が多く出回っていますが、1名を獲得する為には1名を解雇されると言うのが道理でして。
ただ、現在籍する外野手を顔ぶれを見ると、解雇されそうな選手を探すのが難しいです。
そんな中唯一名前が挙がりそうなのは7年目を迎えた佐藤吉宏選手
後は挙げるとしたら例の大物ベテラン選手ぐらいしか・・・。
昨年、プレ五輪のレギュラー選手として参加し首位打者を獲得するなど優勝に大きく貢献し、今季は7年目に初の1軍登録されて、札幌ドームで見せたホームラン。
そしてその試合のヒーローインタビューで泣きながらコメントしたのが凄い印象的でした。
ただ、終わってみるとイースタンで打率は2割5分台がやっとで本塁打は僅か1本と言う内容で、後輩(工藤、糸井、村田)らに次々に先を越されて行きました。
流石にこれでは厳しいです。
今日は2打席に立って、四球と見逃しの三振でした。
まあ、今日はチーム全体でも僅か3安打しか放てませんでしたが。
それにしても寂しい限りですね。

さて、そんな訳で今日は沢山の選手が出たのですが、そのせいで最後に野手不足に陥りまして。
なんと大平成一選手が、8回にプロ入り初となる二塁の守備に就きました。
今季5試合ほど2塁の守備に就いた実績の有る市川選手が一塁に居たのだからポジションを入れ替えてあげれば良かったのにと思ったのは私だけ?
守備の最中、どこにポジションを取れば良いのか?そわそわしていました。
どうせなら、セカンドに打球が飛べばどんな守備をするのか?面白いのにと思ったりしましたが、結局一球も打球がセカンド飛ぶことはなく。
守備から戻ってきた大平選手のホッとした表情が印象的でしたね。

さて、今日で全日程が終了し、全96試合で33勝61敗2分とダントツの最下位の沈んでしまいました。
チーム打撃成績はリーグ2位を記録するも投手成績がリーグ7位というダントツの最下位を記録したのが痛かったですね。
1軍にも活きの良い投手を送ることが出来ませんでしたし。
故障した投手が多かったと言う事でしょうか?
ファーム投手コーチの責任問題になるかもしれませんね。
それは後々分かる事だと思いますが。
いずれファーム選手の総括をしてみたいなーと思っている今日この頃です。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

イースタン最終戦、退団可能性有りの投手がズラリ登板!!

2008年09月27日 19時21分56秒 | 鎌ヶ谷
本日のジャイアンツ球場の試合を持って日本ハムのイースタン・リーグの全日程が終了しました。

最終戦となった本日の試合ですが、この頃になるとドラフトに望むにあたっての代わりに退団する選手について考えてしまう今日この頃です。
あの選手が危ないな?この選手も危ないかも?というリストを頭の中に思う浮かべたりしているのですが、本日のその選手達が目白押しでした。

先発は5年目左腕の須永英輝投手
この投手もそろそろ危ない気がしますが・・・まあ今年は無いかな?
実は3週連続のジャイアンツ球場での登板となりました。
3回を投げて3安打1四球。
2回の裏に加治前選手に右中間へ打たれたホームランにより1失点でした。
前回の2度の当番と比べると調子がストレートが走っていなかったように感じましたが、2度も先頭バッター(松本)にヒットを許したものの、ランナーを還さないピッチングは良かったと思います。
彼が、中継ぎで使えると面白いと思うのですが、中継ぎでは結果を残せないのかキツい所。

4回からは例の退団する可能性の高い投手が続々登板して来ました。
まずは金澤健人投手
阪神から移籍してきて2年目の29歳。
先発投手としてファームで調整を続けて、7月にチャンスを貰って3度の先発登板するも、結果を出す事が出来ませんでした。
2回を投げて2安打1失点。
MAX143キロのストレートを軸に纏まるのあるピッチングを披露するも、魅力的なピッチングを感じ取る事が出来ませんでした。
まだまだやれるとは思いますが、年俸が高い事から厳しいかも知れません。

3番手で登板したのは昨年オフに金村暁投手との交換トレードで阪神から獲得した中村泰広投手
必殺のスライダーが武器で昨年ウェスタンで最優秀防御率を獲得し、今年は貴重な中継ぎ左腕として期待されていましたが、制球難を克服できずに1軍登録される事がありませんでした。
今日は1イニングに登板して1死球1安打でピンチを作るも無失点に抑えました。
まだ、移籍1年目ですし年俸も安い事から、あと1年は大丈夫かな?と思うのですが・・・ちょっと危険信号が出ています。

4番手で登板したのは昨年途中にオリックスから移籍してきた歌藤達夫投手
貴重な中継ぎ左腕として期待されたものの、結局戦力になる事は出来ずに移籍2年目が終了しました。
今日は1イニングに登板して先頭バッターを三塁ゴロに仕留めるも中田がまさかの悪送球でランナーを出してしまうと、その後右中間へのタイムリーを浴びて1失点と言う内容でした。
先日、子供が生まれたと言う事で心苦しい所ですが、かなり可能性が高いかなと思います。

5番手は10年目を迎えた伊藤剛投手
1イニングを2安打1死球で満塁のピンチを作るもなんとか無失点に。
ファームで見る限り球威はありますし中継ぎとして期待したい所ですが、今季1軍で4試合に登板するも3試合で失点するなど1軍では全く通用していないのが痛いところですね。
そろそろ見切りを付けられそうな感じがします。

その他のブルペンでは、菊地和正投手金森敬之投手糸数敬作投手がの3投手が待機していましたが、登板機会はありませんでした。
正直、糸数投手は久しぶりだったので是非観たかったです。
残念。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (2)

ハワイ・ウィンターベースボールは本日開幕!!

2008年09月27日 07時19分21秒 | 秋季リーグ
本日からハワイ・ウィンターベースボールが開幕しますね。
日本ハムからは、吉川光夫山本一徳の両2年目の左腕が参加する為に既に現地入りして居るとの事。
2投手は、ワイキキ・ビーチボーイズに所属してリーグを戦うようで、その模様については公式の携帯サイトでは専用のページが開設され、吉川、山本の両投手が日替わりでブログで掲載するとの事で楽しみにしたいと思います。

野球の結果や記事についてはこちらのハワイ・ウィンターベースボールの公式サイトを確認するのが一番だと思います。

今季は1軍の戦力として大きく期待されながら伸び悩んでしまった2投手。
ハワイの海に揉まれてどう成長して帰ってくるか?楽しみにしたいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント   トラックバック (1)

元日本ハムの上田佳範外野手が現役引退へ

2008年09月27日 00時31分14秒 | ハム以外の野球ネタ
現中日、前日本ハムに所属していた上田佳範外野手が今季限りで現役引退する事を決めたそうです。
今季は、名前を聞かないなーと思っていたらずうっとファーム暮らしだったとか。

上田選手と言えば東京ドーム時代から日本ハムファンだった人にはもう忘れられない選手だと思います。
松商学園から投手として入団も肩の故障から野手転向。
高校選抜で、現ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手を追いやって4番に座ったほどの打撃センスの持ち主で、チームのクリーンナップを期待されていました。又、投手出身でと言う事もあってイチローと双璧と言われた強肩も大きな武器でした。
強肩ぶりに関しては、良く東京ドームの外野から観戦していた時に披露してくれたものです。
確かその当時は、現ソフトバンクコーチの井出竜也選手と一緒に鉄壁の守備陣を敷いていましたね。
又、長野の有名人として良く名前が挙げられて居たのを良く覚えています。

打撃の覚醒に大いに期待されていたもののなかなか結果を出せない中、97年にバットを短く持った打撃フォームが成功して年間打率3割を記録、このまま一気に覚醒かと期待したものの、その後プラス長打力アップを目指して打撃フォーム更に改造が失敗し、それ以降好成績を残す事が出来ませんでした。
2005年に戦力外通告を受けて、中日にテスト入団。
落合監督が、日本ハム時代に上田選手の打撃コーチを買って出ていたツテなのかなと当時が感じていましたが、日本シリーズで顔を観た時に頑張っているなと感慨深く観ていました。

その上田選手がとうとう引退ですか。
ずうっと応援していた選手でしたので寂しい限りです。
本当にお疲れ様でした。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (2)   トラックバック (1)

スウィーニー9回1死迄2安打の快投で12勝目!!

2008年09月26日 21時48分58秒 | 1軍
2位オリックスが楽天に大敗した為に、西武の優勝が決まってしまいましたが、今日の試合は、西武相手に日本ハムらしい試合を見せてくれました。

前回の西武戦でKOされるなど、ここ2試合連続KO中で不安があったスウィーニー投手
2回に2四球で無死1、2塁のピンチを招くなど序盤は不安定なピッチングでどうなるかと思いましたが、尻上がりに調子があがり、気が付けば9回1死迄僅か2安打に抑える好投で、12勝目を挙げました。
9回1死1、2塁のピンチから登板した建山義紀投手も危なげないピッチングでクリーンナップを料理して、継投での完封勝ち。
ピッチャーに関しては昨年を思い出すような素晴らしいピッチングだったと思います。

打線も6安打と打てませんでしたが少ないチャンスをしっかり掴んで2点をもぎ取りました。
賢介選手も2打席連続の2塁打と調子を取り戻しつつありますし、今日はボッツ選手が良かったですね。
特に2点目のタイムリー二塁打は大きかったです。
これで4連勝で2位オリックスと1.5ゲーム差。
オリックスが調子を落としているので十分2位狙える状態になりましたね。

西武が優勝した事で、明日は主力が欠場するか?それでなくても疲れが残っていると思います。(ついでに言えばデーゲームだし)
連勝する下地が出来た訳で、明日も勝って5連勝、そして宿命のライバル千葉ロッテにも勝って2位に滑り込みたい所です。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント   トラックバック (1)

札幌ドーム4連戦の初戦はスウィーニー投手・・・心配。

2008年09月25日 21時27分42秒 | 1軍
明日から今季最後となる札幌ドーム4連戦。
最初の2戦は首位の西武との対戦ですね。

予告先発はスウィーニー投手
ここに来て、2連敗と調子を落としているのが気になる所。
西武戦も5回途中5失点(2被本塁打)と攻略されています。
なんとか、リベンジとなる好投を期待したいですが・・・最後ですから頼みますよスウィーニーさんって感じですかね。

一方の西武先発の帆足投手は、前回の登板でKOしていますから明日は打線が援護で勝利を掴んでほしいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント