ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年の正捕手争いが激戦必死

2006年01月29日 23時23分59秒 | キャンプ
 昨日の1軍キャンプメンバー発表を受け各誌新聞記事を楽しみに見ていましたが、スポニチ北海道の鶴岡捕手ネタを始め、スポーツ報知のルーキー小山捕手ネタと捕手に関する記事が多かったですね。
 鶴岡選手のコメントにも載っていましたが1軍キャンプに抜擢されたメンバーはほとんど同世代。高橋信二捕手を除けば1980~81年と集中しています。実績からすれば高橋信二選手が一歩リードしているものの、怪我の影響もあり昨シーズンは打率.226、5本塁打と低迷したのでほぼ同一線上と考えてよいのではと見ています。
 ただヒルマン監督は打てる捕手を望んでいる様で、一昨年の高橋信二の26本塁打が強力ですが、他の捕手も打撃でアピールできればチャンスは十分にあると思います。個人的にはやっぱり捕手はリードを含めた相互的な守備力が重要だと思っているのですけど、守備力のある捕手は目を覆いたくなるほど如何せんバッティングが悪いんですよね。中嶋、實松は打率1割台。實松はファームでは打っているのですが・・・。昨シーズン3年目にして1軍初出場を果した鶴岡もそれほどバッティングをアピールできるものは無いと思いますし。小山捕手はアピールポイントはとにかく肩でバッティングには課題が多いと聞きますし。そうなるとやはり守備面は目をつむっても高橋信二捕手を使うと言う選択肢にならざるおえないでしょうか?(なぜ、バッティング重視の捕手をドラフトで指名しなかったのだろうか疑問です。)
 そんな悲観的な事ばかり考えても仕方がありませんね。高橋信二選手も経験を積み重ねれば守備力が上がると思いますし、實松捕手もファームではかなり良い成績を残しています。鶴岡捕手も初めての1軍キャンプで化けるかもしれません。ルーキー小山捕手は、なんといってもシダックスで野村監督に鍛えられた逸材で二塁送球1.8秒を連発し、走っても5秒8の俊足です。プロの指導でバッティングが化ければ、正捕手に納まる可能性もある訳ですから。とにかく今年のキャンプは捕手も注目です。個人的な注目は小山の肩。目の前で見てみたい!!
 
コメント

フェリックス・ディアス投手獲得!!

2006年01月29日 22時14分14秒 | 外国人・補強
 本日の日刊スポーツHPの速報記事によると、ドミニカ共和国出身の元ホワイトソックス、フェリックス・ディアス投手(右投げ右打ち)の獲得を発表しました。
 04年にホ軍でメジャーデビュー。18試合に登板して2勝5敗、防御率6・75の成績だった。昨年はホ軍傘下3Aで21試合に登板し、6勝8敗との事。どんなタイプかわかりませんが、昨年の登板数から見ると先発候補と言う事でしょうか?
 それにしてもまだ25歳を若いですね。育成目的なんでしょうか?年俸5000万という数字から見ると即戦力としての獲得かのでしょう。それにしてもタイプが判らないですね。明日の新聞各誌には載るのかな?待つとしましょう。
コメント

春季キャンプメンバー発表

2006年01月29日 00時43分49秒 | キャンプ
 春季キャンプ迄後2日ともう目前と迫ってきてそろそろ今季の野球シーズン到来です。それい先駆けてキャンプメンバーが発表されましたが、例年と比べて新人選手が多く抜擢されましたね。八木、川島、武田勝、小山、陽の5名。この内陽選手はWBC台湾代表に選出された為の異例の抜擢だと思いますが、才能溢れる選手ですから1軍キャンプで何かを掴んで欲しいものです。
 ところで今年、優勝する為にはやはり昨年の千葉ロッテのように若い選手の台頭が不可欠だと思っているのですが、私が今年台頭して欲しい若手選手は、投手で言えば
 先発 :須永 英輝投手(左)
     八木 智哉投手(左)新人
     押本 健彦投手(右)
 中継ぎ:清水 章夫投手(左)ベテラン
     糸井 嘉男投手(右)
     武田  勝投手(左)新人
     佐々木貴賀投手(左)
     菊地 和正投手(右)
ですね。先発で言えば今年は須永、八木のどちらかが台頭してくれる事を望みますね。須永投手は昨年最後の投球で9回無失点で抑えたもののまだまだ安定した投球する所まで行っていないですが、オフはかつての同僚・今成亮太捕手というパートナーを得て順調に調整出来ているようですし、この春季キャンプ次第では大きくなる要素はあると見ています。
ルーキー八木投手はとにかく新人合同自主トレで球を受けた同じルーキー小山捕手曰く「ボールの回転が見たことがないほどいい」と驚かれるなど、コーチ陣の評価がすこぶる高いですね。左脇腹の違和感が出て心配しましたが検査の結果、問題なしとの事で一安心。彼の台頭が先発陣を一新させる力を持つと思っているので課題な期待はプレッシャーを与えるだけで禁物ですが、期待せずにいられないです。とにかく怪我には気を付けて順調に仕上がってくれる事を祈っています。
押本投手は先発か中継ぎ両方で期待したい選手。ルーキーイヤーの時のようなピッチングが出来ればと思っています。
 中継ぎでは課題である左をどう埋めて行くかですけど、フォームを再度に変更した清水、佐々木、ルーキー武田勝投手の内一人でも出てくれれば・・・これはもう願うだけです。それ以外だとやっぱり今年になって一度コメントを載せましたが糸井投手。自由枠入団も3年目。もう1軍での登板が無いと後が無くなってきます。豪腕投手にありがちな制球難が課題となりますが、是非克服してもらいたいです。
昨年、評価を上げた菊地投手も注目している一人。自慢のストレートで開幕1軍も見えるのでは?期待しています。
あと、2軍メンバーになってしまいましたが、金森投手も昨年秋季リーグで評価を上げたましたし注目したいです。

一方野手で台頭して欲しい選手は
 田中 賢介内野手(左)
 川島 慶三内野手(右)
 飯山 裕志内野手(右)
 紺田 敏正外野手(左)
 工藤 隆人外野手(左)

野手で注目№1は田中賢介選手でしょう。とにかく昨年ファーム+秋季リーグの成績は抜群で後は守備力さえ安定感が出てくればという状況でしたから。公式戦終了後には元名二塁手と言われた白井ヘッドにマンツーマンで指導を受けかなり安定感が増したようで今年はブレイク必死と言われています。フル出場すれば20本塁打は固いと思ってます。
その田中賢介選手の対抗馬として期待したいのがルーキー川島選手。とにかく動物の感的な二塁守備は素晴らしいとの事。小柄で俊足ながらパンチ力も秘めていて打撃を除けば田中賢介選手より上ではないでしょうか?何処までアピール出来るか?期待して見ていきたいですね。
鎌ヶ谷の星・飯山裕志選手は、貴重なサブプレイヤーとしてとにかく頑張って欲しいです。
外野手としては俊足コンビ紺田・工藤が注目です。特に紺田は今年も正月の12球団対抗の短距離走で優勝し2年連続優勝。課題の粗い打撃が向上すれば甘いマスクも含めてポストSHINJOの1番手だと思います。
工藤選手も昨年1軍を経験。春季キャンプこそファームスタートとなりましたが阪神・赤星並みの走力は魅力です。

この中から何人でも台頭してくれればホームプレーオフも夢ではないと思うのですが、これ以外の選手の台頭もあるかもしれませんし非常に楽しみです。
コメント

フェルナンド・セギノール内野手との契約合意

2006年01月28日 23時23分12秒 | 外国人・補強
 26日(木)にやっとの事でセギノール選手との契約合意にこぎつけましたね。ホッとしたというのが第一声です。これで4番は確定ですね。不安はいつも書きますが、昨年の様な故障に悩まされないか?キャンプ中旬以降からの参加予定でコンディションを開幕に持っていけるか?でしょうか?
 とにかく1年目のような活躍を期待です。
コメント

マシーアス契約、セギノールも契約へ

2006年01月25日 21時51分05秒 | 外国人・補強
 ホセ・マシーアス内野手が正式に契約が結ばれ、北海道新聞社のHPによれば交渉決裂かと言われたフェルナンド・セギノール内野手との契約も、長期化によりセギノール陣営が軟化した為、なんとか無事に収まりそうと言う事で一件落着となりそうです。とりあえず一安心と言ったところでしょうか?気になるのはセギノールの膝の具合ですね。昨年は膝の影響で期待されたほどの活躍が出来ませんでしたから。
 その他マシーアス選手のポジションについて「ヒルマン監督」の「二塁か三塁が良いのでは?という発言が気になるところです。
 ヒルマン監督の発言を考慮すると個人的希望としては
 一塁:小笠原
 二塁:田中賢介
 三塁:マシーアス
 遊撃:木元
 DH:セギノール
という布陣でしょうか?
ただ、マシーアスの守備力には疑問が残りますので、どちらにしてもマシーアス次第ですね。田中賢介選手にしてもキャンプでアピール出来なければ厳しいと思いますし・・・。ひそかな期待としてルーキー川島選手の二塁守備を見てみたい気がしますが、やっぱり打撃上位で賢介かな?
コメント

ガンちゃん引退

2006年01月23日 22時26分10秒 | 入退団情報
 ガンちゃんこと、岩本勉投手引退へ。とうとう来るべき時が来てしまったという感じですね。唯一の頼みの綱であった楽天からのオファーも無かったようです。他の球団へ移籍するぐらいならファイターズのガンちゃんのまま引退して欲しいという気持ちもちょっとあったんでちょっとは嬉しかったりしています。ただやっぱり寂しいですねー。あの「まいど!!」が聞けないかと思うと・・・今後は芸能界入りとなるのでしょうか?ただ最終的には来年か再来年あたりにコーチとして復帰して欲しいですね。待ってますよガンちゃん!!
コメント

木元、最多安打が目標

2006年01月22日 22時27分13秒 | 1軍
 木元選手が今シーズンは最多安打のタイトルを狙うと宣言したようですね。まだまだそれほどの実力がないのそんな大言壮語して大丈夫かと始めは思ったのですが、主力選手として3年が経った今、それぐらいの目標も逆に持ってくれないと。今シーズンオフ、ガッツ・小笠原選手のFA移籍が囁かれている昨今。今年こそは真の主軸選手としてチームを引っ張る頼れる選手として独り立ちしてくれなければ。とは言っても、今シーズンはまだポジションが決まっていないというハンデもある訳ですが、それを乗り越えて見事、
割25本、最多安打というタイトルが取れるように頑張って欲しいです。
コメント

糸井投手、今年こそは1軍で!!

2006年01月21日 22時23分07秒 | 1軍
 いつもスポニチ北海道版は独自の記事を載せてくれるのですが、本日は忘れ去られそうになっていた3年目を迎える糸井投手の記事が載ってましたね。同じ3年目の須永投手が昨年最終戦に好投を披露して今シーズンの飛躍を期待されているのだが糸井投手は期待されながらも1軍登板なし。このまま終わってしまうのか?と不安に思ってしまうのですが、今年はやる気が違うようです。一つは昨年末に結婚して責任が増えた事。もう一つは今シーズンの大学・社会人ドラフトの超目玉といわれる近大・大隣投手獲得に向けてアピールが必要な事。大隣投手は近大時代の先輩・後輩の間柄で大隣投手は糸井選手の世話係だったそうで、今でも電話でのやりとりしているとの事。大きなパイプですよね。でもそれを大きく影響させるにはやはり糸井投手が1軍で活躍しなくては・・・。 紙面では大隣投手獲得に向けてと言われていますが・・・身体能力はピカイチで、その身体が繰り出される剛球はチームでもトップクラス。チーム内では野手転向という話も出ていますが、そんな話は払拭して1軍で堂々としたピッチングする姿を今年は見たいと思っています。
コメント

横山投手の復活なるか?

2006年01月21日 22時00分52秒 | 1軍
 ずいぶん遅くなりましたが、横山道哉投手の契約が無事に完了し、日本人選手は全員が契約が終了しました。横山投手はチーム最多登板を果したものの、幾度となく救援失敗し、中継ぎに降格した後も結果を残せずにファーム落ちも経験し、400万ダウンとの事。ファンから見ると当然の結果だと思います。
 しかし今年は、それを踏まえて精力的に自主トレに励んでいるようです。新球カットボールの習得したりと脱皮を図っているとの事。横山の復活すれば、リリーフの層は更に厚くなり、登板過多になりがちなヒルマン監督の起用に1年間保ちそうです。去年はオープン戦から全く結果出していなかった事を考えるとオープン戦で横山投手の好調さはある程度把握できると思うのでチェックしてみようと思っています。
コメント

石井、入来、マシーアス・・・

2006年01月21日 21時44分09秒 | 外国人・補強
前回の掲載から一週間ほど経ち、色々決まってしまいました。石井一久投手は案の定、ヤクルト入りが決定してしまいましたし、入来投手も残留かと思われていたのに一転、メッツと契約。本人には夢が叶って良かったなーとは思いますが、ファイターズにとっては痛い放出でした。そしてセギノールの交渉も未だ決まらず。
 このまま行ってしまうのではと心配していた矢先に新外国人情報が各新聞に掲載されました。前カブスのホセ・マシーアス内野手(33)。何でも大リーグ通算659試合出場、打率・256、26本塁打、173打点を挙げたのスイッチヒッターでポジションも内野がメインですが、外野もこなすユーティリティープレイヤーで、WBCパナマ代表候補にも選出されているとの事。タイプは大砲というよりは俊足堅守の1、2番タイプと先頭バッターに苦しんでいるファイターズにはもってこいの選手ですね。ただ、最近はファイターズの新外国人って外れが多いのでシーズンに入ってみないと判りませんが。
 今後の補強についてもセギノール選手の決裂に備えて第4の外国人と、入来投手の穴を埋める先発投手のリストアップを進めるとの事。スカウトの力の見せ所ですね。シーズンイン時には外国人がガラリと代っているかも知れません。
コメント