ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春季キャンプ打ち上げ、成長株は糸井、金子洋、今成!!

2007年02月28日 00時38分15秒 | キャンプ
本日を持ってキャンプ打ち上げとなりましたね。
最終日に紅白戦をやりたいとヒルマン監督は言っていましたが、やらなかったようで。

このキャンプでの成長株に挙げられているのは、糸井選手、金子洋選手、今成選手の3名でしょうか?
投手の名が無いのが寂しい限りですが・・・。
糸井選手はとにかく身体能力がずば抜けて凄い選手だという事をまざまざと感じました。
課題は守備なんですけど、我慢して使い続けていけば、球界を代表する外野手に成長する可能性を持った選手だと見ています。
(来年当りは稀哲選手を抜くのではないでしょうか?)

金子洋選手はとにかくパンチ力溢れる長打力。
実戦で既に4本ですか・・・彼は開幕1軍はまず間違いないでしょう。
守備に難がありスタメンというのは難しいと思いますが。
右の貴重な代打としてベンチ入りすると思います。

今成捕手の成長振りにはビックリでした。
ドラフト当時、日本ハムが指名しなければ指名漏れか?
という感じでだったのですが、短期間でここまで成長してくるとは思いませんでした。
元々守備力には定評がありましたが、身体がそれほど大きくなかったですし・・・バッティングはどうなのだろう?って不安があったんですけど、先日のホームランと良い・・・なんでもガッツ二世なんて呼ばれているとか・・・将来が楽しみですね。

投手で言えば、須永、菊地、宮本、山本と言った若手投手が1軍に残りました。
これからサバイバルになりますが、須永、宮本、山本の3左腕は全員1軍に残ってもらわないと行けない状況ですのでぜひ結果を残して欲しいと思います。

個人的には2軍に居る、木下、糸数投手にはすぐに1軍に来て欲しいです。

そんな中、今日限りで4選手が2軍降格しました。
投手では、江尻投手清水投手
野手では、尾崎選手紺田選手

期待されていた選手だけに残念でした。
江尻投手と清水投手は期待してただけにはっきり言って情けない限りですね。
特に清水投手は左の中継ぎの一番手として期待していただけに、2軍降格は背信です。
とにかくファームで調整して早く戻ってきて貰いたいと思います。
江尻投手は、子供の為にも頑張りなさい!!

尾崎選手は、アピールが足りなかったと思います。
まだまだ他の内野手が結果を残してましたから当然の結果かな?と思います。
ただ、着実にレベルアップしていますし、プロ入り初の1軍キャンプで大きな経験を得たと思います。
昨年も成績は上がりましたがまだまだ1軍レベルには届いていないと思いますから、今季が勝負です。
ファームで打率3割を狙って欲しいと思います。
安定して結果が出せるようになればきっと1軍からお声が掛ると・・・来年が勝負です。
紺田選手の課題はやはりバッティング。
昨年であれば1軍に残れたのだと思いますが、やはり今年は糸井選手、金子洋選手の活躍が大きかったですから・・・・。
ただ、彼の守備と足はトップクラスですから最終的には呼ばれるような気がします。

さて、これからオープン戦と教育リーグが始まります。
試合も都心に戻ってきますし、ちょいちょいと試合を見て行きたいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ
コメント

練習試合で打線が大爆発!!

2007年02月27日 00時37分28秒 | キャンプ
3試合続けての実戦。
今日はLGツインズとの練習試合だったようですが、22-9という大味な結果になりました。
今日の投手陣は今季初の実戦登板となる金村投手、建山、マイケル投手を初め今季の主力となる、なって欲しい投手が6人登板しました。
先発したのは金村投手
初回こそ5安打を集中されて3失点するものの2回以降の2イニングはノーヒットを押さえた所は流石ですね。
開幕まで時間がまだ1ヶ月ありますから少しずつ調子を上げていって貰えればと思います。
2番手建山投手は2イニングに登板。
2イニング目にエラーや不運な当りなどで5失点。
キャンプ中に一時故障で別メニュー調整などで出遅れた感もあり今季初実戦となりましたが。
建山投手は先発希望で調整して来ているようですが、どうでしょうか?
ちょっと難しいかな?という感じがします。
3番手以降は、武田久投手、マイケル投手、須永投手、押本投手と投げました。
この中で一番気になるのはやはり須永投手
ホームランを打たれましたが、内容が大事ですよね。
今日の日刊スポーツの記事で今キャンプの集大成を見せるという記事が載っていますから、明日の記事で何か載るだろう?期待しています。
今日の押本投手は最後に登板したんですけど、これは中継ぎテストでしょうか?
これは予想以上に先発投手陣が結果を残しているという事でもあると思います。
昨年に比べてかなり期待できるのではないでしょうか?

さて野手では今日は糸井デーですね。
今季初のホームランを含む4安打5得点。
明日のはどんな記事が載るのでしょう?
今日の試合唯一、センターでフル出場と首脳陣の期待が大きいようです。
やはり守備はまだまだのようですが、開幕までに何処まで改善されるか?

それにしても今日は25安打22打点。
韓国チームのピッチャーでやっぱりレベルが低いのかな?

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ
コメント

オープン戦全勝の夢破れたり・・・。

2007年02月25日 22時55分46秒 | 1軍
オープン戦全勝の夢破れたり・・・。
僅か2試合目で敗れるとは・・・それにしても私のイメージではヤクルトには勝てない、過去に神宮球場へオープン戦を何度か観に行った事があるのですが、ことごとく負けているので今日も危ういなーと思ってましたが、案の定でした。
結果は4-8と昨日の試合の全く逆の展開になってしまいましたね。
追いつこうとするのだけれど又突き放されるという展開。
今日は結果的にホームランでした点が取れまないなどファイターズらしい野球が出来なかったのが痛かったです。

さて、今日の投手継投はグリン-江尻-宮本-菊地-清水。
グリン投手以外は1-2軍の当落線上の投手で結果が欲しい所でしたが・・まあ含めて酷い試合でした。
グリン投手は、初回こそ3三振を取るなどこれは凄い投手が入ってきたなと思ったんですけど、2回に4長短打に四球が絡んで3失点。
次の回はしっかり抑えましたが・・・キャンプも中盤から合流してきた経緯をみるとまだまだ調整中という事でしょうか?
次回はもっと良いピッチングを期待したいですね。

江尻投手は、初めの回は抑えましたが、その次の回に先頭バッターをヒットを打たれると2死でヤクルトの新外国人・ガイエルに2ランを浴びてしまいました。
まあ、新外国人ですからどんな球が好きか判りませんから・・・良しとしましょう。
次の試合に期待。
ところで江尻投手は、今季のポジションを何処に配置するのか?気になっています。
まだ、去年の終盤の時の球速は出ていませんが、もし出るようであれば中継ぎを任せたいと思っています。
先発ではちょっと無理かな?
先発の駒もそろってきましたし・・・個人的には中継ぎが希望です。

中継ぎ左腕候補の2投手も投げましたね。
ルーキー宮本投手は1回を無失点で抑えたものの2四球を出すなど制球力に課題が残りました。
左の中継ぎが居ませんから、開幕直前までチャンスはあると思います。
少しずつ課題を改善していって欲しいと思います。

一方今年はやってくれなければ困る清水投手ですが、1回で5安打を集中されて3失点。
もうボロボロでした。
リードが2年目の今成捕手だったという事も原因かもしれませんが、酷かったです。
キャンプ中の実戦登板でも今一つでしたが・・・。
正直ガッカリ・・・開幕まで調整できるとは思えません。
こうなれば、ルーキー2人に頑張って貰うしかないかな?

さて、先発候補から中継ぎでの起用になりそうなのが菊地投手
1イニングのみの登板で先頭バッターを出したものの後続をしっかり抑えました。
菊地投手の場合、好不調時のピッチングの差が激しいと言う課題がありますので、なんとか安定感がついてくれると嬉しいですね。

一方野手に目を向けると、今季の3番候補の最有力の稲葉選手が2打席連続ホームラン。
昨日もタイムリー二塁打を放ちましたし、絶好調ですね。
キャンプでもひたすら身体を苛めて今季に掛ける気持ちがひしひしと伝わってきてますね。
今年は30本行くかも知れませんね。

以外だったのが今成捕手ですね。
まさかホームランを打つとは。
相手はルーキーの増渕投手だったとは言え、5三振を取られた投手ですから、打撃でもアピール。
凄いなー来年はやはりレギュラーかもしれません。
リードは課題が残ってしまいましたが、とにかくリードは実戦経験が大事ですから・・・頑張って欲しいです。

今日の外野手争いは全員がノーヒット。
昨日初打席ホームランで堂々デビューした金子洋選手は今日は4番に入るも4三振。
金子洋選手の持ち味は思い切りの良いバッティングですから、今日の成績でスイングが小さくなる事が無いように。
坪井選手も3打席凡退。
途中出場の糸井、紺田選手も無安打でしたね。
今日の外野手争いは一休みでしょうか?
一方外野手登録ながら、一塁でスタメン出場した小谷野選手が2安打と活躍。
今キャンプの小谷野選手は2軍スタートながらキャンプ途中で1軍に合流し、ちゃくちゃくと結果を残しています。
私の中では右の代打要員としてみているのですが、木元選手が腰痛と付き合いながらの試合出場を考えると、案外一塁のスタメンなんて事もあるかもしれません。
今季は勝負の年。
同タイプの金子洋選手が入ってきて一番発奮している選手かもしれません。
意外なところで競争が勃発しています。
金子洋効果といったところでしょうか?

さて、明日は練習試合です。
そろそろ金村投手や須永投手の登板があるのでしょうか?
楽しみです。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ
コメント

オープン戦は快勝!!金子洋選手がいきなりホームラン!!

2007年02月25日 00時05分07秒 | 1軍
今季初のオープン戦。
今季のオープン戦は全て勝つ!!その自信がある・・・なんて事ヒルマン監督が言っていましたが、開幕戦は見事7-4で見事に横浜に勝ちましたね。
先発は八木投手
4イニング投げましたが、3回に崩れて3安打を集中され、エラーも入って2失点。
打たれはしましたが、後続をしっかりと抑えた訳ですし、開幕へ向けて順調な仕上がりだなと思いました。
2番手はスウィーニー投手
3イニングを投げて、横浜・吉村選手にホームランを打たれるなど5安打を喫すも点はホームランの1点のみ。
どうなんでしょうね。
試合を見ていないから判りませんが・・・次回の登板で見極められると良いと思います。

3番手は左の中継ぎ候補として急浮上してきた山本投手
球が高めに浮いて1点を謙譲しましたが、三振も一つ取るなどなかなかの投球を見せたようです。
後は球が低めに集まればですね。

4番手は伊藤投手
1死から三塁打を打たれるものの、後続を三振、ファールフライに打ち取って0点に押さえましたね。
今季は安心して観ていられますね。
なんでも今キャンプの出来は3年前の絶頂時に近い状態だそうで、今季は開幕当初から中継ぎとして大きな戦力になりそうです。

一方打者に目を移すと、今日はかなり本格的なスタメンでしたね。
 1二:田中賢介
 2中:森本稀哲
 3右:稲葉篤紀
 4指:セギノール
 5一:木元邦之
 6捕:高橋信二
 7三:稲田直人
 8左:糸井嘉男
 9遊:金子誠
三塁、左翼以外はほぼベストメンバー。
初戦という事でメンバーを揃えたといったところでしょうか?
今日の試合で爆発したのが稀哲選手
3打数3安打の猛打賞の活躍ですね。
今季もかなりやってくれそうですね。

木元選手もホームランを含む2安打の活躍。
昨季は怪我で不調に終わったものの、今季はバッティングが好調ですね。
これで今季の実戦で2本目です。
今の所1塁候補一番手ですね。
今日のように木元選手が5番に入ってくれると打線が厚くなります。
腰の調子が悪いようですが、上手く付き合って調整して欲しいと思います。

ホームランと言えば、金子洋選手が6回に代打で出場し、いきなりホームランです。
凄いですね、何か持っていますね。
ただ、守備に難があるという事でスタメンからは外れましたが、シーズン中も右の代打の切り札として使えそうですね。

さてさて今日の攻撃で一番印象的なのが7回の攻撃ですね。
キャンプ中のバント攻防の成果が出ましたね。
先頭の糸井選手が四球が出た所で、次の打者が送りバント。
それを相手がフィルダースチョイスで無死1、2塁となると、送りバントで1死2、3塁とすると、セカンドゴロをまたしてもフィルダースチョイスで1点を取ると、犠牲フライでもう一点。
無安打で2点を取りました。
今年もソツのない攻撃が期待できますね。
それにしても、この攻撃で自慢の足を披露したのは糸井選手。(だと思うんですけど)
彼の武器は足。それもベース前で速度が落ちないスライディングは大きな武器ですね。
それで、2つのフィルダスチョイスをゲットしたのかな?と思うんですよ。
バッティングでは無安打となったのですが、足ではしっかりアピールしたのだと思います。
それにしても、初戦のレフトのスタメンに選ばれ、途中からセンターに回るなどフル出場を果たしました。
やはり糸井選手の課題は守備ですし、向上の為には1にも2にも実戦経験ですからとにかく1つでも多く試合に出場させて欲しいですね。
その為には使って貰えるように打ちまくって欲しいところです。
(はっきり言って、糸井選手の今日の活躍ぶりは希望的予測です・・・すみません。)

明日はヤクルト戦ですね。
明日も勝ってオープン戦全勝への足掛かりを掴んで欲しいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ
コメント (1)

ルーキー植村投手ホロ苦デビュー!!市川卓今季飛躍なるか?

2007年02月24日 12時58分58秒 | 鎌ヶ谷
流石、北海道の高校卒という事で、植村投手が2軍キャンプ最終日にフリーバッティングに登板し、プロの打者を始めて対戦したようです。
先頭打者の高口選手には5球続けてボールと制球力を見出し、市川選手にはセンターバックスクリーンに130メートル弾を打たれるんなど、69球を投げてヒット性11本と初実戦登板はホロ苦いデビューとなったようです。
ただ、初めてのキャンプで不動のセットアッパー・武田久氏投手とキャンプ出来た事は非常に大きかったようでかなりのレベルアップが出来たのではないでしょうか?

さて3月1日から教育リーグが始まる訳ですが、その初戦に登板する可能性があるようです。
さて、どんなピッチングを見せてくれるか、楽しみです。

さて、この記事で隠れがちですが、植村投手が130メートル弾を打った市川選手も今季は期待した1人です。
入団後暫く低迷した居たものの、昨シーズン終盤に打撃フォームを入団時のものに戻してから打撃が上向きとなり、フェニックスリーグでは安定感のあるバッティングで49-18で打率.367、本塁打1三塁打1二塁打4と打ちまくりました。
今キャンプで打撃フォームを変えたかどうか判りませんが、昨秋のフェニックス・リーグでの良い流れをそのまま持ち込んで来たのではないでしょうか?
確か、1回だけ呼ばれた紅白戦でタイムリーを放ちましたし、そして植村投手からの130メートル弾。
良い方向に向かってきましたね。
ドラフト時は三重のゴジラと呼ばれ、ファームの4番・鵜久森選手よりも評価が高かった市川選手。
さて、今季どれだけ成長するのか?
楽しみにして見て行きたいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ
コメント

今日からオープン戦!!課題は左の中継ぎ!!

2007年02月24日 12時30分43秒 | キャンプ
本日からオープン戦が始まりますね。
今日は名護で横浜との対戦。
先発予定は八木投手ですが・・・さてどうなりますか?

先発かどうかはわかりませんが、八木、スウィーニー両先発ローテ候補投手が投げるのは確実なようです。
個人的に最大の注目は、左中継左腕投手の穴を誰が埋めるか、その候補選手の誰かが投げるものと思われます。
誰がその座を射止めるのか?というを期待したいんですけど、今年の日本ハムの場合、誰か出てきて下さい!!
と叫びたくなる状態なのが寂しい限りですが。

最近の小耳に挟んだ情報としては、希望枠ルーキーの宮本投手
実戦では結果を残せていませんが、ブルペンではかなり良い球と放っているとの事。
それが実戦に生かせるようになればという事のようです。
たしかドラフト時は実践的な投手というフレコミで入団したはずが、まさか実戦で実力を出せない投手とは思いませんでしたが。
後は佐藤投手コーチの腕に掛っています。

一方、同じくルーキーの山本投手
変則投法で球威抜群との事ですが、まだまだ制球がおぼつかないようです。
ただ、開幕までに課題である制球力を調整する能力はあると見ての1軍抜擢だったようですし、この投手についても佐藤投手コーチの腕に掛っていますね。

経験は一番の清水投手
今年こそは安定感のある投球を期待しているのですが、実戦登板ではなかなか結果を出せないで居ます。
経験から開幕1軍の可能性が一番高いとは思いますが、今のままでは首脳陣の安定感は得られないと思います。
シッカリしろ!!ってハッパ掛けたい所です。

先発ローテ候補の須永投手が中継ぎに回る案も浮上しています。
個人的には先発で勝負して欲しいと気持ちがあるのですが、台所事情を考えると仕方がないかな?と。
今キャンプの実戦登板で試合途中からの登板でもしっかりと結果を残していますし、今後の成績次第によってはかなり可能性が高いと思います。
一昨年の鎌倉投手のように開幕時は中継ぎで1軍経験を養い途中から先発転向という事もあるかもしれませんし。
とにかく須永投手には今季は1軍で投げて欲しいと願っています。

残念なのが、今季中継ぎとして期待されていた中村渉投手
入団3年目でやっと訪れたチャンスでしたが、掴む事が出来ませんでした。
社会人からの入団で年齢も高いですから、今季1軍登板、または来年に向けてやっていけるという実力を身につけないと、自由契約なってしまう可能性が高いと思います。
なんとか今季中に1軍昇格してほしいと思います。
頑張れ!!畳職人!!

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ
コメント

ファーム帰郷、

2007年02月24日 09時00分22秒 | 鎌ヶ谷
2、3日御無沙汰しています。

さて、昨日ファーム組が帰郷の途についたようです。
その2日前ですか?
紅白戦があり投手陣は全て2軍投手が投げた訳ですが、その中で今季期待していた木下投手が投げましたね。
昨年のフェニックス・リーグでチームでただ1人完封勝利を挙げていて今季は先発ローテ候補の1人として期待していました。
ただ、なぜだか判らないけれど春季キャンプは2軍スタート。
2軍スタートだとなかなか記事が流れてこない。
さて、どうしているか?と心配していたところ、やっと記事が。
なんでも調整遅れだったようでやっと水曜日に今季初実戦登板する運びに。
結果は、先発して2回をパーフェクトピッチング。
流石、格が違うという結果でしたね。
ただ、そのピッチングをしてもルーキー山本投手のように1軍昇格という事になりませんでしたが・・・。
やはり、現1軍戦力の補強ポイントでないというのが大きな理由でしょうか?
1軍の先発候補は今の所10人弱ぐらいですか?
まだ若いですし、ファームで大きく育てたいという事かもしれませんね。

さて、ファームは3月1日から教育リーグが始まります。
13試合開催されてその内、9試合が鎌ヶ谷で開催ですね。
スケジュールの関係上10日の試合しか観戦に行けそうにありませんが(^^;)
春の教育リーグの観戦ポイントはやはり若手野手やルーキー野手になると思います。(投手はどうしても1軍ローテ投手の調整登板が多くなってしまうので)

ファームで注目の若手選手はキャンプ途中からファーム落ちした川島両選手がどんな状態なのか?見てみたいですね。
ただ、個人的には全ての選手が気になっています。
ハワイ帰りの鵜久森選手、フェニックスリーグで好成績を収めた、工藤、高口、佐藤、市川選手
ルーキー今浪選手はどんな選手なのか?
これから鎌ヶ谷ファンには楽しみな季節が始まりです。

野手ばかり書いていますが、教育リーグでも投げさせて欲しい投手、観たい投手は糸数投手木下投手ですね。
2人とも先発候補と言われましたが、糸数投手は故障、木下投手は調整遅れでファーム居残り。
教育リーグで少ないチャンスしか与えられないとは思いますが、その場でアピールして開幕1軍を目指して欲しいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ
コメント   トラックバック (1)

ルーキー山本投手はチーム内左腕1の球威!!

2007年02月20日 23時38分25秒 | キャンプ
第5クールから1軍に合流したルーキー山本投手
早速ブルペンで101球の投込みを行ったようです。
制球に課題があるものの変則フォームから投込まれる球の力はチーム内の左腕では1番!!との事(佐藤投手コーチ)
予想外の事態に正直驚いています。
もしかしたら今年1番の拾い物なったりして・・・そうなって岡島投手の穴を埋めるようであると連覇が見えてきますね。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ
コメント

金村260球、八木200球超の投込み!!

2007年02月20日 23時28分54秒 | キャンプ
そろそろオープン戦が始まるという事で主力投手陣の仕上げの投込みが行われていたようですね。
金村投手今キャンプ最多となる260球の投込み、前回の実戦登板で調整不足が露呈した八木投手も200球を超える投込みを行ったとの事。
更には、先日合流したグリン投手フリー打撃に初登板したそうです。

金村投手はまだ実戦登板は果たしていませんが、手術上がりの昨年と打って変わって絶好調のようです。
本人のコメントからもその充実振りが伝わってきます。
実戦登板の状況を見てみないと判りませんが、一昨年に痛みに苦しみながら13勝を挙げた事を考えると、自己最多の15勝も行くかも知れません。
それぐらい期待させて欲しいですね。
抜群のコントロールをもう一度。

八木投手は去年のアジアシリーズの最終登板で肩を故障した事もありスロー調整してきた訳でまだまだ出来上がっていないようです。
更には今キャンプで挑戦してきたワインドアップ投法についてもバランスが悪いと封印することになりましたし・・・まさにこれからです。
八木投手には開幕時に間に合ってくれればと思っています。
なんか2年目のジンクスがありそうな不安がありますね。

さて今までキャンプを見てきた中で今季の先発候補は
 ダルビッシュ有
 八木智哉
 金村暁
 武田勝
 ブライアン・スウィーニー
 ライアン・グリン

という年末時の6名に加えて
 押本健彦
 須永英輝

を加えた8名と言ったところでしょうか?
これから昨年に比べてば候補が減った機もしますが、レベルが高くなったというのが実感です。
新外国人投手も今季の2投手は一昨年、昨年と比べてばかなりやってくれそうな予感がしますし。

この中から誰が生き残るか?
楽しみです。
個人的には須永投手、今年こそローテ定着を!!

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ
コメント

ルーキー金子洋外野手、高橋捕手が一塁特守!!

2007年02月20日 22時36分53秒 | キャンプ
今日の日刊スポーツの速報記事によると、金子洋外野手と高橋信捕手が1塁守備の特守を課せられたとの事。
以前、金子洋選手のポジションについて、守備力を考えると外野は厳しいかな?と書いた気がします。
普段のレギュラーシーズンならともかくここぞという大事な試合にはやはり守備力の優れた選手を入れたい所です。
しかし金子洋選手のバッティングは捨てがたい・・そうなると一塁で使えるのならば・・・と思うのが普通です。
まして、外野の候補には、坪井、糸井、紺田という有望な候補も居る事を考えると・・・。

本日初めての守備でエラー連発したようですが、じき慣れるでしょう。
現在の1塁候補は、幸雄さん、木元選手、小田選手、小谷野選手。
個人的には幸雄さんに長く守って欲しいと思いますが、年齢的なことを考えるとなかなかフルシーズン活躍と言う訳にはいかないと思いますし。
基本的には、木元、小田の両選手が軸になる考えていますが、2人とも左ですから、右の若手が欲しい所。
狙って欲しいですね。

一方、高橋捕手は・・・どうなんでしょうね。
前々からあのバッティングを生かすために1塁で使ってみたらという思いはありましたが・・・。
1塁守備を課せられるという事は右の長距離砲として常時試合に出したいという首脳陣の思いがあるのと同時に、捕手でのフル出場させるまでの圧倒的な強さが無いという事も言えますね。
昨年ブレークした鶴岡捕手は、ダルビッシュ、八木の若き2人のエースの専属捕手となりつつあり、打ち込まれない限り、このバッテリーを替えるという思いを首脳陣は持たないと思います。
更には、2年目の今成捕手が予想以上に評価が高いというもあると思います。
先週のGAORAのキャンプ番組で秘密兵器に挙げられる程に急成長しています。
もしかしたレギュラーシーズンで先発マスクを被る事があるかもしれません。
となると、高橋捕手の捕手としての出場する機会が減る一方、しかしあのバッティングは使いたい。
そういう考えが首脳陣にあるのだと思います。
本人は捕手・高橋にプライドを持っているようですが、切り替えて一塁もこなすか?それとも捕手にこだわるか?
個人的には高橋選手のホームランに魅力を感じますが・・・。
クリーンナップが手薄になっていますから。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ




コメント