ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊藤剛投手、復活登板!!

2005年08月29日 21時00分18秒 | 鎌ヶ谷
 8月28日に鎌ヶ谷で天津ライオンズ(中国)との試合がありました。試合は13対0で快勝したのですが、この試合の勝ち投手はなんと伊藤剛投手。昨年、4月に5セーブをマークし、守護神と期待したものの、その後右肩の故障でリタイアし、6月22日手術に踏む切りました。その後手術後の経過が思わしくなく、リハビリに取り組んでいましたが、昨日、待ち待った復活登板があったようです。(と、日本ハムの携帯HPに書かれてました。)
 2番手として5回から2イニングに登板して2安打無失点だったそうです。やっと実戦で投げられるようになったんですね。ホッとしました。昨日のピッチングの内容が分らないのですが(どなたか教えて頂けると嬉しいです)、来シーズンの本格復活に向けて今シーズンを良いイメージを終われる事を祈っています。
コメント

金子選手、プロ入り初グランドスラム!!

2005年08月29日 00時55分09秒 | 1軍
 金子選手は、プロ入り12年で初めてグランドスラムを打ったんですね。いやービックリしました。金子選手といえばで新人王獲得の決め手となった送りバントと、難しい打球を簡単に裁いているように見せる玄人好みの守備が有名です。昨年のアテネ・オリンピックでは内野の控えとして出場しましたし。送りバントは彼にとって運命の道を開きました。(送りバントで新人王を獲得し、そのお陰でテレビ朝日番組・久米宏さんの「ニュース・ステーション」に出演、その時に今の夫人(白木清かアナ)と出会った訳ですから。多分。嘘だったら御免なさい)
 しかし、彼はパンチ力もあるんです。シーズン12本の本塁打を打つなど11年間で46本の本塁打を記録。今シーズンもファームでは8本打ってますから。もっと打撃に欲を出してくれれば、シーズン2桁本塁打を打つ力はあるはずです。ただ、目立ちたがり屋じゃない性格。1本のホームランよりも1つの送りバントの方が好きと言っています。ファンとしてはもっと出来る、もっと活躍できるはずなのにとヤキモキしていました。
 今年は遊撃手が穴だと言われてアルモンテの獲得されて(今季限りで退団になっちゃいましたが)開幕をファームで過ごしたり、ドラフトでは重要補強ポイントに挙げられたりしています。(まあ、これは金子選手だけの問題ではありませんが)これを機会に金子選手には奮起して欲しいです。まだ30歳と老け込む歳ではありませんし。今季も後僅、今季も勿論ですが来季は金子が居れば後5年は安泰と首脳陣に思わせるほどの活躍を期待します。
コメント

今年のドラフトは即戦力左腕重視!!

2005年08月28日 01時36分33秒 | ドラフト
 今年は、高校生、大学・社会人の分離ドラフトになった事により、ドラフトの情報が早いうちから飛び交っていますね。日本ハムの一番の補強ポイントは即戦力左腕投手。各スポーツ紙でもそう書かれていますし、私が見てもそう思います。
 特に今年は散々でした。先発左腕の若き新星と思われていた須永がフォーム改造が裏目に出て、1軍どころか2軍でも8月27日現在最多の8敗と状況。さらには唯一開幕1軍に残った正田も2勝6敗と結果を残せずシーズン途中でリタイアしてしまう始末。中継ぎは吉崎が頑張っていましたが、登板過多の疲労でシーズン途中から調子を崩してリタイア。それ以外の左腕は泣かず飛ばずですね。佐々木は?加藤は?高橋憲は?新人・中村は?
なんとか、途中入団のコリー・リーが安定したピッチングで先発ローテに入り、前半ノーコン病だったトーマスが復調して中継ぎ、抑えとして活躍していますが、現在はこの外国人2人だけですから。

即戦力左腕としてドラフト候補として上がっているのが、
  高宮和也(ホンダ鈴鹿) 
  岩田稔 (関西大)
  八木智哉(創価大)
  武田勝 (シダックス)
の4名。
高田GM曰く、高宮は中継ぎで即活躍出来そうとの事。岩田は150キロ左腕で素材としては申し分ないそうですが、制球力が課題なんだそうです。未だコントロールに苦しんでいる糸井が頭を過ぎりますが。化けてくれる事に期待の投手だと思います。ただ化けた時には左のエースとして活躍が期待出来ます。八木は大学選手権で49奪三振の大会記録を作って頭角を表した左腕で実践的で即戦力として評価は高そう。武田はよく分らないですが、27歳と年齢の事を考えると経験を生かした投球を期待してるのでしょうか?
私が思うにこの4名の中の2人は欲しいですね。他球団の兼ね合いを考えると、高宮or岩田or八木+武田という縮図になりそう。現在、高校生ドラフトでアマ最速左腕(日本球界?)の辻内は回避しそうなので状況なのでもし、高宮・岩田・八木の内誰も獲得出来なかった場合はドラフトは失敗という事に・・・。スカウト陣頑張れ。
コメント

祝1000打点!!田中幸雄選手

2005年08月28日 00時37分30秒 | 1軍
 本日は、首位ソフトバンクにリベンジの思いを込めたダルビッシュの投球を観ようと家でテレビ観戦!!しかしこんな劇的な場面に出逢うとは思いませんでした。
 4対4で迎えた延長10回2アウト満塁と1000打点という記録を達成するには最高の場面。こんなチャンスは狙っても得られません。まさにファイターズ一筋の田中幸雄選手に神が用意してくれたのではないでしょうか?
この場面に流石に千両役者の田中幸雄選手。見事にセンターオーバーのサヨナラタイムリーで達成しました。いやーテレビを観てて両手を高く振り上げてしまいました。ブラウン管の中の田中幸雄選手とまったく同じ格好・・・ちょっとビックリ。今日の試合、本当であれば2本の同点本塁打を放った小笠原選手が当にMVP級の活躍だったのですが、今日に限っては、田中幸雄選手の舞台を整えた脇役に回ってしまいましたね。
 本人の興奮、感動ぶりはヒーローインタビューで伝わってきて貰い泣きしそうでした。普段は寡黙という感じでヒーローインタビューも淡々と喋るのに、今日に限ってはあまりの歓喜に涙ぐみ言葉が詰まってました。いやー本当に良かったです。
 これで勢いに乗って大逆転のプレーオフ進出したいものです。当に昨年の再来のように。
 最後になりましたが、一言。
「おめでとう!!田中幸雄選手。感動をありがとう」
コメント   トラックバック (1)

初めまして。キョロ兵衛と申します。

2005年08月24日 00時15分53秒 | 1軍
 実は私設HPで「私的野球道・今日のつぶやき」という野球日記を書いていまして、今日からこのブログの方へ移転しました。今まで観て頂いていた方、初めて御覧になる方共にこれからも宜しくお願いします。
 さてこのブログの主なネタは私の愛する北海道日本ハムファイターズネタを中心に日々感じる事を載せていきたいと思います。プレーオフ進出黄色信号が点灯している今現在、10月3日に開催されるドラフトネタが多くなると思います。

 所で今日の試合、腰痛から復帰した鎌倉が先発・5回を2失点に抑え、打線は猛打爆発で19点を荒稼ぎして結果19対3で大勝・・鎌倉は5勝目を挙げました。復帰戦という事で打たれながらも粘って勝ってホッとしましたが、個人的にはこの試合7回ぐらいまで投げてほしかったというのが本音でしょうか。(中堅投手だったら完投せい!!と言いたいですけど、まだ3年目だし完投経験が無い訳だから)
 今後、ローテーションを4人で回す様で、金村、入来、リー、ダルビッシュが残りそうで今後のポジションは中継ぎかも知れませんが後残り少ないシーズン頑張って欲しいですね。
コメント