ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6度目の正直!!糸数が6回2安打1失点でプロ入り初勝利!!

2009年06月30日 23時16分49秒 | 1軍
プロ入り3年目で初の1軍登録された、糸数敬作投手
プロ6度目の先発登板で、ようやっと、ようやっとで勝ちましたね。
ここ数試合は、味方が点を取った後に制球を乱して失点して、序盤で交代させられて・・・という登板が続いていました。
今日も1回に点を取って貰って後に山崎に同点ホームランを浴びるも、その後は安定したピッチングを展開して、終わってみれば6回をわずか2安打ですから、良かったと思います。
現在、ダルビッシュ投手に続く若い右の先発が居ないですから、この初勝利で自信を持ってくれると、嬉しい所ですね。
このまま定着して欲しいと思います。

7回以降は糸数投手に勝ち星を与えるべく、林-菊地-武田久と自慢の継投ラインで1安打に抑えてくれました。
それにしても菊地投手と武田久投手の安定感は抜群ですね。
シーズンが終わって投手陣で一番の収穫は菊地和正投手の成長となりそうな予感がしますね。

まずは初戦を制したのでこのまま連勝と行きたいですね。
特に楽天戦は負け越していますから・・・。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (2)

大平選手が2ランを含む初の4安打固め打ち!!

2009年06月28日 09時21分58秒 | 鎌ヶ谷
昨日の横須賀スタジアムで行われたイースタン・リーグ対湘南戦で、7番指名打者に入った大平成一選手が、2ランホームランを含む4安打の固め打ちを見せましたね。
身体能力の高さから中田翔選手と並んで将来のスラッガー候補として期待していたものの、高校時代は中央球界とは縁が無くて、技術レベルが低くてなかなか結果を残すことが出来なくて、正直大丈夫なのだろうか?と心配していました。

今年も序盤はバットでなかなか結果を残すことが出来なくてどうなる事やらとは思っていましたが、ここにきてバットが振れてきましたね。
先日の試合で、圧巻の特大ホームランを見せてくれたと思ったら、昨日の試合は4安打と多分、プロ入り初の4安打固め打ち。(猛打賞も今まで無かったような気がします)
ホームラン数も昨年の記録と並ぶ3号を放つなど、ようやっとプロの水に慣れて来たのかなーという感じがします。
甲子園で活躍した選手と比べて1年のアドバンテージを見るようにすれば、良いのかも知れませんね。
期待の左のスラッガーですから、今後の成長に期待です。

交流戦終了後にファーム行きを命じられた中田翔選手も本塁打王独走の16号ホームランを放つなど、打撃は好調を維持しているとうか、レベルの違いを見せつけて居ます。
梨田監督は3割5分ぐらいの成績を期待している様ですが、確かにイースタンではそれぐらいの成績が残せないと1軍で今の野手陣に割って入るのは難しいかも知れませんね。
ファーム行きの理由もベンチで遊ばせておくのであればイースタンで試合経験を積ませたいという思いがあると思いますので、イースタンでは圧巻の結果を出して欲しいですね。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (1)

リーグ戦再開!!ダルビッシュ、八木で2連勝!!

2009年06月27日 21時18分55秒 | 1軍
金曜日から、リーグ戦が再開しましたね。
エース・ダルビッシュ投手に託した、初戦はダルビッシュ投手の7回までノーヒット・ノーランという素晴らしいピッチングを披露。
9回は、宮西-江尻の継投で終わってみれば5-0で完封勝ちでしたね。

打線も、初回に稀哲選手のソロ・ホームランで先制すると、7回は金子誠選手のタイムリーで2点目を上げると、8回にはスレッジ選手の2ランホームランを含む3点を挙げるなど9安打5得点と相変わらず打線は好調でした。

なんだかんだ言ってもやっぱりダルビッシュ投手ですか?
苦手だった千葉マリンで快投で、リーグ一番乗りとなる10勝目を挙げましたし・・流石はエースというピッチングでチームを勝利に導きました。
この状態なら、20勝行くかも知れませんね。

そして今日の2試合目。
先発は今シーズン5勝負けなしの八木智哉投手
リーグ戦再開の2戦目を任せるという事は、後半戦は大きな期待を掛けられている考えてよいと思います。
今日も序盤から今シーズンの安定感を象徴するようなピッチングでしたが、4回、5回に2本のホームランを打たれて結局6回を投げて3安打3失点。
打たれた3本のヒットの内、2本がホームラン・・・なんか勿体無い気がしますが、打線の援護もあって無傷の6勝目を挙げましたね。
個人的には、5、6回辺りで降板してリリーフの援助を仰ぐというのが気になる所なので、7回ぐらいまで投げられると嬉しいですね。
逆に言えば、リリーフ陣が安定しているというのが大きいと思います。

今日も5-3でリードした7回から自慢の中継ぎ陣と投入。
昨日も投げた江尻投手が登板、ホームランを打たれたものの安定感のあるピッチングを披露しましたし、巨人の林昌範投手も貴重なリリーフ左腕として結果を残しました。
8回からは菊地和正投手が登板でしたね。
もう、セットアッパーに定着しつつありますが、今日も三者凡退に抑える素晴らしいピッチングで、今後の活躍も期待できそうです。
そして最後は、守護神・武田久投手が四球を一つ出したものの安定感のあるピッチングで見事に抑えて13セーブ目。
この調子なら、今後もリリーフ陣は安心して観て居る事が出来そうです。
出来れば、夏場に備えてリリーフの代わりが2投手ほど居れば問題はなさそうです。

一方の打線も11安打5得点と好調を維持していますね。
二岡智宏選手の先制2塁打と4点目のホームラン。
そして糸井嘉男選手の追加点となる2ランホームランに、決勝打になった満塁からの詰まった当たりをパワーでセンターまで持っていった5点目のタイムリーヒット。
クリーンナップでチャンスを作って下位打線で全打点ですから、切れ目のない打線になりました。
シーズン序盤は金子誠選手と小谷野栄一選手の右打者2人が打撃絶好調で打線をけん引すれば、中盤は二人に代わり高橋信二選手と、糸井嘉男選手が絶好調と巧い具合に交互に打撃陣が活躍しているのが大きいですね。
そして、実力者の田中賢介選手と稲葉篤紀選手が安定して3割をキープしているのも非常に大きいと思います。
この調子なら今後も打撃陣の活躍は期待できそうですし、リーグ優勝も観えてきましたね。

後は先発投手陣が整える事が出来れば問題ないのですが・・・。
明日の先発はスウィーニー投手ですか。
個人的には良いイメージが無いのですが、あんとか好投して3タテを狙いたい所です。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

代理3番・糸井の打棒止まらず、2ラン、2二塁打を含む4安打!!

2009年06月14日 22時18分34秒 | 1軍
今日の試合は先制して大逆転されて、中盤以降、徐々に点を返して1点差まで追いついたんですけど・・・惜しかったです。

今日の先発は先発で好投を続けるも未勝利の糸数敬作投手でした。
初回に4点取って貰って、今日は初勝利なるかと思ったんですけど、この4点が逆に守りのピッチング入ってしまって2回2/3で8安打10失点(自責点8)と非常に残念な結果になってしまいました。
これを糧に次回は攻めのピッチングを続けて欲しいのですが、この大量失点を首脳陣はどう見るかな?
ファーム落ちかな?出来ればもう1試合チャンスを与えて欲しいのですが・・・。

試合には負けましたが、稲葉選手の代役で3番に入って居る糸井嘉男選手が今日も打棒爆発でした。
単打、二塁打2本に本塁打で5打数4安打。
3番に入ってから打撃が絶好調で、恐ろしい活躍ですね。
この状態だと稲葉選手が戻って来ても3番を変えづらい感じですね。
稲葉選手を4番か5番に入れる打順もありえるのではないでしょうか?

個人的には近い将来クリーンナップにと思っていたのですが、意外に早く3番に座るチャンスを貰って今の所それをモノにしそうな活躍ぶり。
糸井ファンとしてはこのまま主軸を担って大きくなって行って欲しいなあと思う今日この頃です。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (3)

鵜久森打撃好調で3試合連続ホームランで自己最多タイ10本に!!

2009年06月14日 21時28分56秒 | 鎌ヶ谷
昨日の鎌ヶ谷で行われたイースタン・リーグ、対巨人戦は取って取られてのシーソーゲームになりましたが、佐藤吉宏選手の選手の決勝2ランホームランで結果8-6で制しました。

昨日、途中出場で延長10回にホームランを打った鵜久森淳志選手
今日はスタメン3番で出場しましたが、初回の無死1、2塁のチャンスでライトフェンスギリギリ入る先制3ランホームランを放ちましたね。
あまり風の無い中での右打者がライト方向へのホームランを観て、鵜久森選手のバッティングの好調ぶりが伺えますね。
なんか今日も試合も2ランホームランを放って3試合連続ホームランで過去最多タイの10本に達したようです。
シーズン中盤で最多タイですから凄い成長ぶりですね。(まあ、中田選手は14本ですが彼と比較するのは可哀想)
昨年は、確実性を挙げるフォームの獲得で本塁打2本に終わりましたが、今年は同じフォームに中島コーチの少し体を上げてみたらというアドバイスで、あっという間にスラッガーに戻りましたね。
この調子なら17、8本ぐらいは行きそうですね。
後は、打撃の安定感が出て来て常時3割打てるようになると1軍もかなり近くなるかな?と思います。
今後の更なる成長ぶりを楽しみです。

大平成一選手、打ちましたね。
今日は中日ファンの友人と観に行って居たのですが、バッティング練習では凄い長打力があるんだけど実戦になるとさっぱりで・・・なんて話していた矢先の特大のホームラン。
いやー観たいと思っていた大平選手のホームラン、凄い当たりでした。
外野手一歩も動かず・・・。
噂どおり当たると凄いんですね。
なんか最近は1試合1本づつヒットが出て来ている様なのでやっとプロの球に慣れて来たのかな?という感じがしてます。
徐々に経験を積んで行って欲しいと思います。

今浪隆博選手は2試合連続の3安打猛打賞の活躍ですね。
守備では連係ミスでチョンボしてしまいましたが、打撃では相変わらずの好調ぶりで頼もしい限りです。
1軍から呼ばれるのはまだまだ厳しい状態なのでどうせならイースタンで首位打者を取ってしまうぐらいヒットを量産して欲しいと思います。
盗塁技術は無いみたいなので、堅実な守備と自慢のバットコントロールで打撃技術を磨いて1軍から呼ばれるぐらいの実力を身に付けて欲しいと思います。

昨日のヒーローインタビューは佐藤吉宏選手でした。
決勝の2ランホームランを含む3安打猛打賞の活躍でした。
昨年は初めて1軍に上がってプロ初安打が初ホームランで初お立ち台を経験した佐藤選手ですが、今年は糸井選手のブレークでほとんど出番が無くなってしまった状態とかなり厳しい立場なのですが、必死にアピールを続けて居ます。
肩の弱さが気になるのですが、安定してきたバッティングと足があるのでまた1軍のチャンスもという感じです。
この調子で頑張ってほしいですね。

土曜日の先発は、須永英輝投手でした。
6回を投げて9安打9奪三振6失点と不安定なピッチングを披露しました。
球の切れとかは申し分なく4者連続三振を奪うなど素晴らしいピッチング見せるものの、ランナーを出してからのピッチングに課題がありますね。
精神的な問題ですかね?
八木投手はランナーを出してからの点を取られない粘りのピッチングに定評があるのですが、そのピッチング技術が須永投手にもあれば1軍の先発ローテも任せられるのですが・・・須永投手はタイプが違うから難しいかな?
リーグ戦開催後の先発ローテ入りはまだまだ難しそうです。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

中日戦も勝って3連勝!!糸井2安打2打点、村田2安打2盗塁!!

2009年06月13日 22時29分44秒 | 1軍
今日の中日戦を勝って、3連勝!!
前の試合から稲葉篤紀選手が怪我で欠場している中で、9点、9点と打線が爆発しての勝利。
主力が居ないという事を感じさせない得点力は目を見張るばかりです。

稲葉選手の代わりに3番に入ったのは、成長著しい糸井嘉男選手
前の試合では3安打1打点、今日の試合でも先制打を含む2二塁打で2打点と穴を埋める活躍を見せてくれました。
あまり3番というプレッシャーを感じないのが良いのかも知れませんね。
個人的には近い将来クリーンナップの一角を任せたい選手ですから、この経験は非常に大きいのではと思っています。
この調子で更なる飛躍を期待したい所です。

外野手として稲葉選手の穴を埋めたのが2年目の村田和哉選手ですね。
今日は2安打1四球2盗塁とシュアなバッティングと自慢の快足ぶりを発揮して1軍定着を強烈にアピールした試合となったと思います。
昨年に比べてレベルアップしたバッティング、元々定評のあった俊足と守備範囲の広い守備力で1軍でも十分通用する力はあると思います。
将来的にはリードオフマンを担ってほしい選手ですので、このままアピールを続けて行って欲しい所です。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

どうなる遊撃のポジション。九国大・加藤を上位指名候補に。

2009年06月13日 08時04分44秒 | 鎌ヶ谷
陽仲壽選手の外野手転向の記事から、4試合連続で外野での出場、今はセンターでの出場という事で外野手転向は本気っぽいですね。
足も早いし、強肩ですから慣れてくれば走攻守3拍子そろった素晴らしい外野手になれる素質は十分に持っていると思います。
それに、右の若い外野手は昨年から補強ポイントでソフトバンクに指名された立岡宗一郎外野手を外れ1位候補と名前も挙がったぐらいですから。
(まあ、これはニセ情報かも知れませんが・・・)

となれば、高齢化が問題視されているショートのポジションはどうするんだという話になります。
昨日の、鎌ヶ谷中継の話だと今年は行ったルーキーの中島卓也選手をだいぶ勝っている様です。
守備に関しては堅実との事。
そうですね・・・高卒ルーキーとは思えない守備だと思います。
連携を除けば・・・まあこれもいずれ合って来ると思うので問題ないでしょう。
足も現時点で4盗塁するなど積極的な走塁を見せているので、技術が上がってくると楽しみです。
一方打撃面はまだまだで、1軍レベルに達するまで当分掛かりそうですが将来て居気には田中賢介選手レベルまで期待しているみたいです。

更に、今秋のドラフトでは九州国際大・加藤政義遊撃手の上位での指名を検討している様です。(スポニチ
1メートル73センチ、77キロを小柄ながらガッチリした体格で50メートル5秒8と走塁能力も高く、今春は打率.468、3本塁打で首位打者と本塁打王の2冠を獲得した俊足強打を誇る遊撃手みたいです。
肩の強さなど守備面については良く分かりません・・・(
スポニチの記事では好守見せたそうですが)。
このポジションは陽仲壽選手がコンバートされたとおり守備面で安定感が無いと厳しいかな?という印象なので守備面の実力が知りたいですね。

ちなみに野球小僧の評価は◎。
「入学即レギュラーで活躍。プロ級のヘッドスピード勝負強いパンチ力、走塁能力光る」
とのコメント。
かなり良い選手観たいですね。
これだけの好素材ですから他球団も狙っている様で、厳しいと思いますが獲得するとすれば2位指名でギリギリですね。
多分、1位は菊地雄星投手でほぼ決まりだと思うので。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (4)

存在感抜群の中田翔が14号3ランを放つ!!

2009年06月07日 21時52分12秒 | 鎌ヶ谷
本日、3週間ぶりかな?
横須賀スタジアムへイースタン・リーグを観戦して居ました。
試合は、5-4でリードした9回裏に金森敬之投手が、サヨナラ逆転2点タイムリー二塁打を打たれてまさかな逆転負けでした。
まあ、正直に言えば、9回裏に金森投手が出て来た時に、そんな予感がしました。
それほど良い球行って居なかったですし、雰囲気がそんな感じでしたし、過去もそんな事があったなーと(デジャブかな?)

今日は、先ほど書きましたが、陽仲壽選手が外野コンバートされて初めての出場という事だったらしいですが、今日の守備を見る限り、まあこんなものかな?という感じです。
落下点を入るのがまだまだぎこちなくて、当分は掛かりそうですね。
その影響は、バッティングでも5打数1安打といま一つでした。
一カ月ぐらいは苦労しそうですが、シーズン終盤に慣れてくれば1軍もあるかも知れませんね。

今日の試合は1軍も都内で試合という事もあって、1軍帯同中の中田翔選手村田和哉選手が5回まで出場しました。
二人ともなかなか1軍で出場機会が無いので久しぶりにスタメンという事でアピールしました。
村田選手は、3打数2安打1盗塁で自分の武器を大いにアピールしましたし、中田翔選手はやはり持ってますよ。
4回の第2打席で、中田選手らしいライナー性の強烈な弾道のレフトへの犠牲フライを放つと、圧巻は5回に訪れた第3打席。
2死1、2塁のチャンスで、センターの林に飛び込む特大の3ランホームランですよ。
打った瞬間わかる当たりでしたからね・・・凄いの一言でした。
やはりファームではレベルが違うかな?という感じでした。
1軍では三振が多く、まだまだ1軍レベルでは無いという評価観たいなのでもしイースタンでやるからには、以下に三振せずにファールで逃げて好球を逃さず打ち返すかという事になるのでしょうか?

それにしても中田翔選手の4番の存在感は素晴らしいですね。
中田選手が抜けたとたんファームはなかなか勝てなくなりましたし・・・やはり打線に軸がいるのといないのではかなり違うようです。
こうなると来年は、若いスラッガー候補を獲得しないと苦しいかも、現在所属するスラッガー候補がもっと成長して来てくれると良いのですが。

6回以降は、中田選手、村田選手が抜けたせいで、急に打線に迫力が無くなるし、ニ遊間が、中島卓也杉谷拳士の高卒ルーキー二人になったが痛かったですね。
私が中島選手を見るといつも何かしらヘマをする。
今日も、エラーに見えないプレーが結構ありましたね。
きわどい判断が求められる時に、焦って決断が遅れてしまう・・・これは本当にそう簡単に身に付くものではないと思いますが、今日に至ってはこれが勝敗を分けてしまいました、この経験を次回に生かして欲しいと思います。

今日の先発は須永英輝投手
今日は緩急をつけてまずまず調子は良かったと思います。
4回を投げて4安打2失点。
初回と4回に点を取られたのですが、初回は失策も絡みましたし、レフト線の二塁打は、グラブを掠めたもので個人的にはファールだと思うんですけど・・・。
だから正直4回に打たれたホームランが失投かなというぐらいで。
しかし5回に中田翔選手の3ランが出た後の5回裏のピッチングはあれれという感じで、ストレートの四球、次の打者もストレートに近い四球と突如制球を乱して降板。
これをやっている様では信頼は得られないかな?と思います。

2番手は坂元弥太郎投手
1軍に結果を残せずにファーム調整中ですが、いやー調子戻って来て無いですね。
制球が定まらなくて、まあ酷いものでした。
2回を3四球ですからねー。
まだまだ時間はかかりそうです。

一方調子が良かったのが、3番手で登板した山本一徳投手
2イニングを投げて5奪三振。
8回は三者連続奪三振は圧巻でした。
山本投手はハマる時は素晴らしいピッチングをするのですが、悪いときは単調になって打たれたり四球を連発したり・・・。
元々、細かい制球力が無いので、ストレートがキレて居れば空振りを取れるのですが、キレがいま一つとだと、見られて四球を出してしまう。
ここが改善されないと難しいかなと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (4)

陽仲壽選手が外野へコンバート?!

2009年06月07日 21時25分58秒 | 鎌ヶ谷
最近チェックして居なかったのですが、道新スポーツ陽仲壽選手の外野コンバートの記事が載ってましたね。
ちょっと想定外なので、どこまで本気なんだろう?って思ってしまいます。
スローイングが安定しないからという理由ですけど・・・今年に限ってそこまでスローイングが安定しなかったかなーという感じです。

確かに久しぶりに、本日横須賀スタジアムでイースタン・リーグを観に行ったのですが、1番レフトでスタメンフル出場でした。
この情報を知らなかったので、外野手が足りないか?陽選手の打席数を確保する為に外野で出場させているのだと思って居ましたが。
ちなみに今日の守備は、まだ素人という事もあって落下位置を計るのに結構苦労して居ましたね。
スムーズになるにはまだまだ時間が掛かりそうです。

水上2軍監督も外野で勝負した方が1軍入りが近くなると言っている事を考えると現時点で1軍では金子誠選手が絶好調で、今の所怪我で離脱する可能性は低いという事を考えると、陽選手の打撃を生かすために外野も経験させる事で起用の幅も広がるのではないか?と考えている様に思います。

過去を顧みても、田中賢介選手もレフトで起用されていましたが、小谷野栄一選手もサードとレフトの併用でした。
陽選手も、今季1軍を狙うのであれば外野で勝負した方が早いと思います。
金子誠選手が、故障で離脱したら、その時は陽選手もショートに戻せば良い訳ですし・・・。
と、個人的にはそれほど大きな事には考えて居ないんですけど・・・まさかこのまま外野一本という事は無いよなー。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (3)

陽仲壽3発含む5打数4安打6打点の大活躍!!

2009年06月02日 23時07分35秒 | 鎌ヶ谷
3試合連続で中止のなってしまったイースタンリーグ。
久しぶりに快晴となった今日の試合ですが、陽仲壽選手が大爆発でした。
3回にソロホームランを放つと、4回にもソロホームラン、そして7回には3ランホームランと1試合3発で5打数4安打6打点と大爆発でした。

今季は中田翔選手と同じく1軍定着を期待された若手の有望株ですが、金子誠選手が絶好調の為、早々にファーム落ちとなり、調整中。
同じように期待されていた中田翔選手が先に1軍に上がり結果を出している中での活躍でした。
これは中田翔選手の活躍に大いに発奮したのではないでしょうか?
これで一気にホームラン数を9本に載せ、中田翔選手(13本)に次ぐ2位の位置に付けました。
この調子で、活躍して行けば1軍からお呼びが掛かるものと思うんので頑張ってほしいですね。

今日の先発は八木智哉投手でした。
1軍での左肩不安で途中降板してファーム調整を命じられてから初めての登板だと思います。
5回を投げて7安打を打たれるものの失点1。
今季の八木投手に見られる粘りのピッチングを見せてくれたと思います。
今日のピッチングで問題がなければ1軍昇格も早いかも知れませんね。

最近、2番で起用されている高卒ルーキーの中島卓也選手ですが、二塁打1本を含む5打数2安打1打点で2盗塁を決める活躍でした。
初めはかなり危なっかしかったですが、最近は結果が付いてき始めたのではないでしょうか?
ソフトバンクの川崎選手が目標という中島選手ですが、このまま順調に成長すれば面白いかも知れませんね。
正直、打撃センスは買うけれど盗塁0が厳しいかなと思う今浪隆博選手より将来性は高いかなと感じます。
シーズン終盤が楽しみです。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (1)