ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年のドラフト補強ポイントを考える(投手編)

2009年08月30日 22時46分03秒 | ドラフト
今日は、良い試合でしたが中継ぎが打たれて逆転負けでしたね。
タラレバなのですが、いくら宮西投手が調子が良かったとは言え、病み上がり3連投させたのはどうかと思いました。
まあ、3連勝してしまったらパ・リーグの火が消えてしまいますから、良しとしましょう。

さて、今年のドラフト補強ポイントを考える「投手編」を考えたいと思います。
バッサリ切り分けられる訳ではありませんが、現時点のポジションで先発と中継ぎ・抑えで切り分けて考えたいと思います。

[先発投手]
35:スウィーニー
32:△藤井
31:△武田勝
29:多田野
27:矢貫、ウィング
26:△八木
25:糸数
24:△須永
23:ダルビッシュ
22:木下
21:△吉川、植村、ダース
19:△土屋
※年齢、名前の順に記述(△は左)

私が補強ポイントに挙げている先発投手陣。
現時点の先発投手陣は、ダルビッシュ、藤井、武田勝、多田野、スウィーニー、八木の6投手が中心で、そこに若い糸数、須永らが入る感じですね。
ダルビッシュ投手、八木投手を除けば30近い、それ以上の年齢の投手陣が多く近い将来に世代交代があると思われます。
今年の成績を見ればスウィーニー投手の解雇も考えられますし、藤井秀悟投手はFAで移籍も想定されます。
ダルビッシュ有投手もあと数年で移籍という言葉チラついてくると考えると、若く新しい投手の台頭が望まれます。
ダルビッシュ投手が移籍する頃には武田勝投手も年齢的に先発は外れる可能性もありますし・・。

もし4人が抜けたとすると・・・。
 多田野数人八木智哉の両投手を中心に糸数敬作須永英輝吉川光夫植村祐介ダース・ローマシュ匡土屋健二投手の中から誰が出てくるか?となると思います。
新外国人投手の獲得も必要になると思いますし、現在中継ぎの林昌範投手榊原諒投手の先発転向をあると思います。

個人的にはダルビッシュ投手に続くと思われた木下達生投手が怪我で全く出てこないのが大きな誤算ですね。

ただやっぱりチームを担う大エースになりうる素材となると少々寂しいものがありますから、補強が必要だと思います。
下馬評に上がっている花巻東の菊池雄星投手の指名が出来たら大成功なんでしょうけど・・・。
個人的には先発が担える即戦力投手を狙っても良いと思うのですが、昨年即戦力投手が3名(榊原、矢貫、谷元)を指名したので今年は高校生で行きたいのかなと思う今日この頃です。

[中継ぎ・抑え]
34:建山
33:伊藤
32:江尻
31:武田久
29:星野
27:菊地、坂元
26:△林、△山本
25:△宮本
24:△宮西、金森、榊原、谷元
20:松山、△豊島、△浅沼、津田
※年齢、名前の順に記述(△は左)

こちらも主力投手の高年齢化が気になって居ましたが、若手の成長やトレードなどでかなり充実してきましたね。
菊地、宮西、林の定着は大きいですね。
坂元弥太郎投手の不調は誤算でしたが・・・。
特に、剛腕・菊地和正投手の急成長は待ちに待ったという感じでした。
2年目の宮西尚生投手も勝利の方程式にしっかり組み込まれましたし、巨人から移籍してきた林昌範投手も実績そのままの活躍を見せて居ます。
正直、林投手をもっと大事な場面で起用していも良いのではないかと思います。

3年目の左腕コンビ、宮本、山本投手も1軍にちょくちょく顔を出すようになってきましたし、金森投手も出てきそうですね。
榊原谷元の両ルーキー投手もその将来性を感じさせてくれたのが大きいですね。
更に若い世代も着実に成長してきていると思いますね。
なので現時点では中継ぎ投手に対して今年の関して言えば補強はあまり必要なのではないかと考えています。

投手は基本的には先発を担える投手をピンポイントで指名して来ると思われます。
ドラフトとして考えると
 投手2
 捕手1
 内野手1~2
の5名を中心でテスト入団組が0~2でしょうかね?

一方で解雇されそうな人を挙げて行くと最大で7名ぐらいですかね?

まあ、あくまで個人的な予想なのでどうなるか分かりませんが。
(昨年も予想して大分外れましたし・・・)

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

今年のドラフト補強ポイントを考える(野手編)

2009年08月30日 08時04分27秒 | ドラフト
8月も終わり、来週はもう9月に入ります。
来週の週べもドラフト特集号という事で、ドラフトが近くなると、私としてはどうしてもチーム編成が気になってくる季節です。
入る選手が居れば同じ人数が出て行くのが道理なので、誰が戦力外になるのか?というのが気になってしまいます。
とりあえず野手から考えて観たいと思います。

[捕手]
40:中嶋
28:鶴岡
25:尾崎
24:渡部
22:大野、今成
※年齢、名前の順に記述

ここで大きいのが中嶋選手兼コーチの体力的な衰退と、高橋選手の膝の影響による一塁コンバートでしょうか?
高橋選手の膝は持病の様になっているので捕手復帰は難しいのかな?と最近思っているので除きました。
となると、実質捕手は5選手のみ。
1軍で3名登録すると2軍は2名のみ。
2名怪我をしようモノなら・・・捕手不足で大変な事態です。
ただ、質的に不足しているのか?というとそうでは無い。
正捕手として鶴岡慎也捕手が居て、ルーキーの大野奨太捕手も将来の正捕手候補として1軍で英才教育を受けています。
ファーム調整の今成亮太捕手も実力は既に1軍レベルと言われていて後は1軍での経験を積めばという状態です。
となれば、獲得するとすれば将来性有望な高卒の捕手を指名するのが良いのでは?と思って居ます。


[内野手]
34:金子誠
33:二岡智宏
31:★高橋、★小田
30:飯山、稲田
29:小谷野、★ボッツ
28:田中
26:高口
25:今浪
20:★中田
18:中島、杉谷
※年齢、名前の順に記述。★は一塁手

一塁手は省くと10名ですね。
レギュラーを見ると、二塁は賢介選手、三塁は小谷野選手、遊撃は金子誠選手。
怪我の不安もありますが、賢介選手と小谷野選手は年齢的に充実している一方で金子誠選手は34歳と年齢的に引退がチラついてきている状況です。
巨人から獲得した二岡智宏選手も33歳とそう年齢は変わらないし足の怪我の不安に常時なまされている状態です。
後を継ぐ若き選手となると、今季序番までは陽仲壽選手で決まりだと思って居たのですが、イップス持ちで外野へコンバートされてしまいました。
残るは、伸び悩みを見せている高口隆行選手と高卒ルーキーの中島卓也選手のみ。
正直、高口選手は次のレギュラーの為の繋ぎの選手かな?という印象ですし、中島選手はセンスの良さを見せているもののまだ1年目で早くても後3年は掛かると思います。
即戦力遊撃手の補強が不可欠だと思って居ます。

というより、中田翔選手の一塁コンバート、陽仲壽選手の外野へのコンバートでファームで内野(二塁、三塁、遊撃)の選手が高口、今浪、中島、杉谷の4選手のみとなってしまって明らかに野手不足の状況です。
現時点は今浪選手が1軍に行っているので3選手のみ。
昨日の試合は市川選手が暫定的に三塁に入る始末。
最低でも1、2名の補強は必要になってくると思います。


[外野手]
37:稲葉
35:坪井
32:スレッジ
29:紺田
28:森本、糸井、金子洋
26:佐藤
24:村田
23:市川
22:陽、鵜久森
20:大平
※年齢、名前の順に記述

内野手登録の市川は選手は外野での起用が多く、陽選手は外野コンバートされたので追加すると13名。
こちらは多過ぎかな?という感じがします。
レギュラーとして稲葉、糸井、スレッジ、稀哲が居て、バックアップ、守備要員として坪井、紺田選手が居ます。
将来のレギュラー候補として村田、陽の2選手が控えている状態です。
鵜久森選手もスラッガーとしても覚醒を見せてきました。
外野手の中で大きかったのが、糸井嘉男選手の覚醒と、陽仲壽選手のコンバートですね。
糸井選手は既に首位打者を争うぐらいの活躍と球界トップクラスの守備範囲と強肩でレギュラーポジションを獲得しつつあり、陽選手も外野に慣れてくれば自慢の打撃に専念できるので大きく成長する可能性を秘めて居ます。
これによって、中堅クラスの外野手の人員削減がありそうです。
補強もあるかも知れませんが、優先順位としては低いかな?と思います。

こう考えてみると、今年のドラフトの補強ポイントを優先順位で考えるとこんな感じを予想します。
 遊撃手(即戦力)
 捕手(育成)
 内野手(育成)
 外野手(育成)※この時点で候補者が居れば。

逆に解雇されそうなのは人員はこんな感じでしょうか?
 捕手0名
 内野手0~1名
 外野手2~3名
今年も辛い決断が迫られそうです。

時間があったら、投手も考えて観たいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

ダース先発で5回5安打2失点!!中島3安打2盗塁!!

2009年08月29日 22時27分25秒 | 鎌ヶ谷
今日のジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグの試合で、久しぶりにダース・ローマシュ匡投手が先発しましたね。
ダース投手のピッチングを観たのはシーズン序盤のみ。
昨年の秋季キャンプから大きな期待をされていたダース投手も私が観た試合のピッチングは制球難で不甲斐ないものばかり。
それから5カ月ですから、どんな感じになったのか?
もしかしたら小林コーチにまたしてもフォームを変えられているかもしれない。
その辺も気になって居たので、知っていたら試合を見に行きたかったです。

そのダース投手ですが、5回を投げて5安打1四球2奪三振2失点(自責点1)という内容でした。
球数が80とやっぱり制球に苦しんだのかな?という感じですが、5安打されて2失点ですし、1四球ですから粘りのピッチングが出来たのかな?という感じがします。
期待の先発右腕ですから、次の試合のピッチングも期待したい所です。

2番手で登板したのは、ルーキー左腕の土屋健二投手
同じく先発として期待されています。
土屋投手はシーズン序盤は調子が良かったんですけど、やっぱり高卒上がりという事もあって体力不足が露呈でしょうか?
中盤以降打ち込まれるなど調子を落としていてどうかったか?と思いましたが、今日は3回を投げて2安打無四球2奪三振無失点とまずまずの好投だったようです。

この2投手が投げたのならやっぱり観に行きたかったです。

打線で目立ったのは1番に入ったルーキーの中島卓也選手
5打数3安打の上に2盗塁を決める活躍。
最近、調子が良くてヒットが出て居ますね。
今日の3安打でようやっとですが打率が2割を超えました。
盗塁も14と伸ばしてチーム2位、リーグでも6位ぐらいの成績ですか?
どうしても中央球界では無名の選手なので本当に期待できるのか?不安だったのですが、スカウトが春季大会で見た時に既に獲得を決めていたと噂されているセンスの良さは確かなのかも?と最近思えるようになってきました。
今シーズンはともかく来シーズンにどこまで成長してくれるのか?楽しみにしたいと思います。

中田翔選手の1軍昇格で、代わりに4番に座っているのが5年目の鵜久森淳志選手
若手選手の優先的に起用方針の為、以前ほど出場機会は与えられていませんが、そんな中着実に成長を見せていて今季は、イースタンではありますが過去最高の成績を残そうとしています。

打率.295(210-62)、13本塁打、41打点、5盗塁。

本塁打は既に自己新ですし、打点もあと5点で自己新です。
打席数を考えれば、大きく成長したなと思いますね。
更に言うと走塁への意識が強くなったと思います。

鵜久森選手に関していつも思うのは、いったいどこのポジションで使うのだろう?というのが気になる所ですけど。
現時点では外野手というポジションですが、守り勝つ野球を実践しているファイターズにとって外野手には高い守備力を要求されている事を考えるとやっぱり難しいかな?という印象です。
身長があるのでファーストという考え方もあるのですが、球団にはその考え方は全く無い観たいですし。
いつも言って居ますが、鵜久森選手にはもっともっと打撃力を上げて1軍で勝負して欲しいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

首位決戦に連勝してマジック27!!

2009年08月29日 21時55分35秒 | 1軍
インフルエンザショックから、抜けだして迎えた2位ソフトバンクとの首位決戦。
前回はインフルエンザショック中で見事に3連敗。
今回はどうなるか?と思って観て居ましたが。
復活した勢いは凄いですね。
昨日、今日と見事に連勝。
今日に至っては、過去4戦4敗のホールトンに対して、2本のホームランで3点を奪ってKOは出来ませんでしたが、中継ぎから決勝点を奪って結果的に勝利しました。
ちなみに昨日、今日で勝ち星を挙げたのは、宮西菊地のインフルエンザで登録抹消されていた2投手。
ここ2試合で2投手の大きさを改めて感じましたね。
流石は、1年間を中継ぎでチームを支えた実績だなーと感じました。
逆に言えば、そろそろ疲れが溜まる頃にインフルエンザで休む時間を与えられた。
昨日、今日の宮西投手の見事な火消し役、菊地投手の相手の攻撃意欲を削ぐピッチング。
いやー素晴らしかったと思います。
この連勝で昨日はマジックが点灯し、今日勝って27迄減って来ました。
マジックが付くと本当に優勝できるかも?と思えるようになってきました。
昔であれば、優勝を知らないメンバーが多かったから心配でしたが、今は優勝を知っているメンバーが中心メンバーとして居ますから心配も全くしませんし、楽しくなってきました、あともう一歩です。

明日のファイターズの先発は体調不良から復帰の八木智哉投手ですが、復帰した選手は皆活躍しているので、こちらも好投を期待したいです。
一方、ソフトバンクは前回15三振を喫した杉内投手が相手です。
なんとかリベンジを果たして3連勝してソフトバンクの息の根を止めたい所です。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

インフルエンザショックから脱出の兆し!!

2009年08月27日 23時46分59秒 | 1軍
インフルエンザショックで6連敗してどうなるかと思いましたが、糸数、多田野両先発投手の好投で連勝、なんとか持ち直して来ましたね。
いやーホッとしました。

月曜日に打ち込まれた建山、武田久の両投手も今日はしっかりと仕事をしたので一安心です。

宮西、菊地、金森ら中継ぎが抜けてどうなるかと思いましたが、榊原、谷元、山本ら若い投手が穴を埋めて投壊を防いでくれたのも大きいですね。
その宮西、菊地、金森の3投手は今日のイースタンリーグに実戦登板しましたし復帰までわずかという状態まできました。

後はダルビッシュ投手が抜けた穴をどう埋めるかだけですね。
KOされてしまいましたが、火曜日には3年目の植村祐介投手が先発しましたし、昨日の試合は糸数敬作投手の見事な投球を見せるなど、若手の成長が目立って来ましたね。
ファームでは、昨日の試合で吉川光夫投手が9回完投しました。

先日、藤井秀悟投手のFA権取得の報道がありましたが、本人曰く行使するか否かはシーズンオフに考えるとの事。
どうなるか分かりませんが、移籍しそうな予感がします。
個人的には若手投手が育つまで後1年ぐらいは居て欲しい気もしますが。

藤井投手の件もありますし、将来を考えると先発投手をどれだけ育てられるか?が常勝軍団になる為のカギになりそうです。

やっぱり今年のドラフト1位は先発ローテ候補になりうる素材ですね。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

高卒1年目の中島、杉谷の両内野手が活躍!!

2009年08月23日 21時48分30秒 | 鎌ヶ谷
本日、一ヵ月ぶりに鎌ヶ谷へファーム観戦に行ってきました。
インフルエンザ騒ぎで、ファームの主力選手が抜けた影響で、ちょっと寂しいスタメンでしたが、普段は控えの選手が見れたので個人的には満足でした。

今日の先発は、先日東京ドームで外国人は3被弾した須永英輝投手でした。
3回迄は1安打ピッチングだったんですけど、2点先制してくれた後の4回に西武の5番坂田にセンターバックスクリーンへ同点2ラン。
先頭バッターをヒットで出した後、2人を打ち取ったまでは良かったんだけど・・・。
ちょっと一発病かなーという感じがします。
結局、この回で降板しました。
ダルビッシュ投手が抹消されたので正直期待していたんですけど・・・。

2番手は、2年目の松山傑投手
ちょっとピッチングフォーム変わりましたね。
また、小林ピッチングコーチですか?
ちょっと多田野投手の様な立ち投げみたいな感じが・・・。
春先と比べると、ストレートに勢いが無くなった気がしましたが。
まだまだフォームが固まっていない様で、1回2四球2失点。
それでも三振を2つ奪うなど、成果の片りんも見せてくれた気がします。

3番手は、同じく2年目の豊島明好投手
2イニングを投げて3安打無失点。
2イニング目の2死迄はパーフェクトだったんですけど、そこから3安打されて2死満塁とピンチを招くも最後は内野フライに抑えてくれました。

4番手の坂元弥太郎投手は、いきなり先頭バッターに同点ホームランを浴びると更に勝ち越し点を奪われて負け投手に。
今季はずうっとスランプが続いているようでちょっと無理っぽいです。
とにかく、来シーズンに昨年の様な状態に戻して欲しい所です。

野手で目立ったのはとにかく高卒1年目の中島、杉谷の両内野手。
中島卓也選手は、2安打は2本ともタイムリー。
特に2本目は右中間を抜ける2点タイムリー3塁打。
春先では守備は安定しているものの、バッティングは力不足かな?と思って居ましたが、バッティングも徐々にレベルアップしていきましたね。
日刊スポーツのコラムで紹介されていましたが、打撃センスもあるようなので、今後が楽しみです。

一方杉谷拳士選手も三塁でスタメン出場して、第一打席に三遊間を抜くヒットで塁に出ると、中島選手のヒットで先制のホームを踏むなど、2安打の活躍でした。
守っても6回に三遊間のライナー性のあたりを横っ飛びキャッチするなど、ハッスルプレー連発でした。
元気者杉谷は健在でした。

二人にはもっともっと頑張って、今、停滞気味のチームを盛り上げて欲しいと思います。

今日は代打の1打席だけだった大平誠一選手
今シーズン5本塁打と2年目にしてようやっとスラッガーの片鱗を見せつつあります。
正直、スタメンで見たかったです。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

メンバー揃うも勢いなく、杉内に15奪三振!!

2009年08月23日 21時41分01秒 | 1軍
メンバーだけはそろったものの一週間のブランクはすぐには取り戻せないもので。
ソフトバンクの杉内投手に2安打15三振と軽く捻られてしまいましたね。

今週は仕方がないです。
火曜日からのオリックス戦のまず初戦に勝つ事。
一勝さえすれば、流れは変わると思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (1)

今年のドラフト1位は高校生で!!

2009年08月23日 10時07分27秒 | ドラフト
話は遡りますが、20日にスカウト会議が開かれ、今年のドラフト会議での高校生の指名候補を40人に絞り込むと同時に、1位は高校生を位指名する方針だそうです。
筆頭はやはり花巻東の菊池雄星投手
その他の候補として、選抜優勝の清峰の今村猛投手
室蘭市出身である東海大望洋の真下貴之投手と横浜の筒香嘉智内野手の名前も挙がって居るとか。

確かに現状のチーム状態からすると即戦力より将来性を取ったという事なのでしょうね。
それだけ、大学・社会人に即戦力と言われる選手が少ないという事なのでしょうか?
まさ昨年は珍しく大学社会人の選手を多く取った事もあるのだと思います。
彼らが台頭してくれれば問題はありませんが、個人的には先発投手の年齢を考えると、若い先発投手の補強が不可欠だと思って居ます。
後は、金子誠選手の後を担う遊撃手ですね。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

神の試練か!!インフルエンザ感染で4連敗!!

2009年08月23日 09時48分54秒 | 1軍
先週までは勢いからして優勝は8割方決まったと思って居たんですけど、思わぬ伏兵が現れましたね。
まさかインフルエンザが蔓延するとは・・・。
そのあおりを受けて4連敗・・・・。
更にはエース・ダルビッシュ投手の離脱。
神が試練を与えたもうたのか?と思うぐらいの試練の連続です。

今日から主力野手が揃うとの事ですが、今日の試合はどうでしょうか?
ソフトバックはエース・杉内投手が先発です。
今日を勝つ事が出来れば、優勝へ向けて非常に大きいのですが、負けると優勝争いが分からなくなってきます。
注目したいと思います。
ぜひ勝って欲しい。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント

3年目の植村投手が20日にプロ初先発へ!!

2009年08月16日 21時26分16秒 | 1軍
チームが絶好調の中、将来のチームの主力として期待されている3年目の植村祐介投手が20日の楽天戦で初先発するそうです。(日刊スポーツ

チームとしてはダルビッシュ投手に続く若い先発右腕の台頭を熱望しているだけあって、好投を期待したいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
コメント (1)